動きたい人の一歩踏み出すスイッチ~布から始まる~

心で感じる・布が手伝ってくれる・楽しくてパワフルな空間。無限の輝きを持つ未知の自分に会いに行くためのスイッチを入れに来て下さい。


テーマ:
2014年ケアバル神奈川で始まった
「ケアカフェをつなぐ虹の架け橋」企画が完成しましたクラッカー
 
 
 
続く2015年ケアバル神奈川、2016年ケアカフェ全国大会と3回にわたって、
参加者の方に多くのヨーヨーキルトを縫って頂き、それをつなげて虹を作り、
それがどうなって行くのかと思ったら
ケアカフェのロゴをいれたタペストリーになりましたベル
 
 
 
(直径8cmの丸い布をチクチクして出来るヨーヨーキルト)
 
 
各イベントでは、皆さん無心になってチクチク
家庭科の授業以来針を持つ事もなかった方
仕事が忙しくて手芸から離れていた方
 
職種も様々
農家、療法士、介護職、薬剤師、医師、司書、事務職など
その他本当に多職種の方に縫って頂いて
 
その数 451個 
 
 
(虹になって来た頃はこれがどうなって行くのか
良くわかってませんでした汗
 
 
ロゴは3種類の色味の違う茶色の布の上に白の布を重ね
くりぬいて下の茶色をそれぞれ必要な部分に出すリバースアップリケと言う手法
 
左上のマークは布に印刷してひとつひとつにキルティングをして
立体感を出しました。
 
 
キルト綿の貼った裏布の上にしっかりと縫いつけ
どこででも飾れるよう棒通しもつけ
長く使い続けてもらえる様にしました。
 
(本当に多くの人の手で作られたキルトなので
サイズが多少揃わないのは味・・と言うことですニコ
 
出来上がりのサイズは100×70cm
 
 
3年に渡ったプロジェクトも私の手を離れ
発案者であるケアカフェあつぎ&中央林間の主宰者の元へ
 
そして今日、主宰者の手も離れてケアカフェ・ジャパン
 
このタペストリーはみんなで作り上げた。
そこが最も重要な点です合格
 
 
誰もが誰かのケアをしている
誰もが誰かからのケアを受けている
 
これは、医療、介護の世界だけでなく
それぞれの仕事、日常生活すぺてに言える事
 
私は、このケアカフェの精神が大好きで
関わらせてもらってます。
(最初は、私なんかケアする立場じゃないし・・・なんて言ってたのですけれどあせる
 
ケアカフェあつぎ&中央林間の変化は止まることを知らず
今年も更に何かが起こりそうですにやり
 
私も変化、進化をとどめることなく
今年も進んで行こうと思いますハイヒール
 
 
ちょうど、旧暦の新年になる手前で私の手を離れたタペストリーは
新たな旅に出ましたロケット
 
ケアカフェってなあに?って思った方はこちらをご覧下さい
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一昨日はピンクの写真でしたが

 

今日はこれ

 

 

ティファニーブルー(実物と少し違う色なのは、ごめんなさい汗

この写真は、12月に観た「ティファニー・ニューヨーク五番街の秘密

と言うドキュメンタリー映画で頂いたクリアファイルです。

 

残念ながら、ティファニーブルーのボックスを頂いた事はないですが

このブルーは女性をワクワク、ドキドキさせるパワーがあります乙女のトキメキ

 

ブランドとしての威厳や職人たちのこだわりも感じさせつつ

少し頑張ったら買えるものもある

それが愛される秘密でしょうか?

 

 

クリスマス少し前の電車の中で、隣に座った大学生らしい

男子ふたりの会話

「クリスマスプレゼント今日、届くんだ」(どうやら、彼女へのプレゼントらしい)

「ティファニーのオープンハート」

「頑張ったね~」と友人

「いや、オープンハートはそんなしないんだ、○○円」(2万円弱ですね)

「へ~」

 

彼女は喜んだでしょうねラブラブ

 

 

色として見ても、落ち着く色

なのに、ワクワク感があるのはブランド力かしら

滅多に、映画のパンフレットは買わないのですが

買って帰って、時々眺めてます。

 

情熱的な色に引き付けられる時、

落ち着く色ばかり探す時

 

自分の内面を鏡の様に見るのにも色は役に立つのだと思いますゆめみる宝石

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

時間はあっと言う間に過ぎて行きます。

もう2017年、もう1月5日、もう○○歳

 

箱根駅伝を見て、学生時代がはるか昔であることを思い知り

子供の年齢から人の成長のスピードを知る時計

 

友人と出会った西暦を確認して、私は変わったのだろうか?と

自問自答します。

 

歳をとったからと言う意味ではなく

大人になっても中身が成長しているのか、変化をしているのか、です合格

 

様々な所にスイッチを見つけて、一歩ずつ先へ進んで行く

そして、先へ進む人達と共にある

 

それが、私の「ファブリック・ワーク」の中にあり

それを強化して行くのが私の日々続けることですサンダル

 

常に肩肘張ってもいられず、時々ゆるんでしまうのですが、

何度も何度も諦めずにネジを締め直す

 

諦めないのですよ、私ニコニコ

 

今年も、沢山の出会いがありますようにラブラブ

 

 

伊東屋さんの包装紙

キラキラが好き乙女のトキメキ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)