眠れない

テーマ:


夜、俄然元気な私

日中は、魂が抜けた様なのに


完全に昼夜逆転だ


夕方、5時30分

エプロンして、嫌々台所に立った



そのままフリーズ


それを夫が発見して

「何?面倒臭そうな顔して」と、怒られた


だから

「だって、面倒だもん」

と、臆することなく返事する愚妻


食べたくないのに、炊事するのは、本当にしんどい


幼子の様に無邪気になった息子が、未だに正視出来ません



あ~ぁ、ネットショッピングが、依存性になりそうで恐い


やっと、薬が効いて来た


全てに、オヤスミ
AD

冠婚葬祭

テーマ:
今は亡き義兄の次女が、11月に都内で挙式を挙げるらしい。


36歳で私立大学病院で薬剤師をしている。


親族一の美貌の持ち主で、スラッとした長身で、でも私が覚えているのは、いつもボーっと牛乳を飲んでいて、大きくなったら何になりたいの?

と、聞いたら

「猫屋(ペットショップ?)」
と、答える様な子供だった。


私はとにかく、夫には出席するんでしょう?

と、尋ねたら行かない…と。


息子もなるはずだった薬剤師。

今の我々の生活とは、かけ離れた華々しい場所は、夫にとっても辛いらしい。


元来、お祭り騒ぎの好きだった夫なのになぁー。


やっぱり、堪えているんだな。
夫関係の甥や姪は、後は義兄の教師の長女が未婚だが、43歳となり結婚はしなそうだし、義姉の二人の甥も、私の甥二人もしなそうだし、我が娘も今の所、全く気配もないから、御祝いの席は当分ないだろう。

その代わり、これからは、悲しみの席が沢山ありそう。


まぁー、世の常だね。


AD

ピロリ菌

テーマ:
夫にピロリ菌の検査をしてよ!息吐くだけで、簡単だから…と、告げた。夫の兄は、50代で胃癌で亡くなった。


お酒が大好きで、お酒を如何に美味しく飲むか…を生活の中心に置き、サプリや足つぼなど、健康オタクの域だった。

それらの全てが、お酒に通じてた。

まるで吉田類だ。

確かに健康で、風邪もひかず、初めての病気が胃癌の様な兄だった。

全く本人は気付かず、相変わらずの日々だったが、周りが痩せはじめて病院を勧め、直ぐに余命6ヶ月を告げられた。


私のリンパ腫のしこりも、痛くも痒くもなく、B症状もなかったから、診断に3ヶ月もかかった。


夫は、こういう経緯を忘れたのかな?


医師にピロリ菌の有無以前に、胃カメラを飲みましょう。と、言われ抗い始めた。


だって、全然なんともないもん!


………………


コヤツは、何からなら学ぶのだ?


AD