1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年12月01日

熱狂(『月刊誌挿花12月号』より抜粋)

テーマ:ブログ
世の中には爆発的で、ある意味、無責任な熱狂=ブームがあります。
かつて、いけばなもそうであったように、
私の世代でも、ナタデココとか、たまごっちとかがありましたし、
現在ではふなっしーなんかのゆるキャラもそうでしょうか。
そして、このブームというのは、
日ごろ我々が手にする花材にもあるように思います。
ふと思い出してみると、
10年くらい前にアブラナ科の‘ロマネスコ’というカリフラワーの変種が
「おもろい形」ということで、よく花屋さんが持ってきたり、
花展でいけられたりしているのを見かけましたが、
花材としてはほぼ登場しなくなり……。
今は野菜として一般的に定着しつつあります。

同じように、大好きな花とは少し違った「マイブーム」の花材があります。
初めて手にする真新しいものでもないし、
今までだったらあえて使わなかった花材に突然ハマって、
そればっかり選んでいけてしまう……。
でも、それもせいぜいワンシーズン限りでそんなに長続きもしない。
服にもそんな不思議な感覚がありますよね。






(この続きは、本誌にて。「小原流挿花」の
ご購読は、下記よりお申込みください)

小原流挿花ご購読サイト
小原宏貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014年11月01日

夜長の思索(『小原流挿花11月号』より抜粋)

テーマ:ブログ
秋も深まってくると、もう来年再来年の仕事の段取りが
いろいろな所から聞こえてくるようになり、
お決まりの「今年もあっという間」というフレーズを
ついつい口にしているような気がします。
「年齢を重ねると時間の経過が早く感じるようになる」という、
ジャネーの法則✽というものもあるそうなのですが、
ふと考えてみると、1年が365日とするなら、
60秒×60分×24時間×365日で、1年は3153万6000秒。
そのうち人間の一生の3分の1は睡眠時間だというので、
1年間で活動しているのは2102万4000秒。
……意外と少ない!!
何百億だ何十兆だと単位がニュースなどで膨大に飛び交っていて
慣れてしまっているのかもしれませんが、
1年を秒に換算してみると、
「今年も早いなー」と感じてしまうワケにも、少し納得しました。


(この続きは、本誌にて。「小原流挿花」の
ご購読は、下記よりお申込みください)


小原流挿花ご購読サイト
小原宏貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014年10月03日

秋の色(月刊誌『小原流挿花10月号』より抜粋)

テーマ:ブログ
朝と夜の風が冷たくなり、日中には空が高く感じられるようになって
きました。夏の終わりの切なさとともに、秋の足音が少しずつ近づい
てきているように思います。
季節の変わり目の感じ方は人それぞれでしょうが、皆さまは何でそれを
感じ取るでしょう? 蝉の鳴き声が控えめになってきたり、手にする
花が秋の花材になってきたり、秋の味覚にワクワクしたり……。私は
そんなところです。


ところで、秋といえば紅葉もの、実ものや秋の草花など、美しい花材
が豊富で、一年の中で最も色彩が華やかな時季でもあります。
春の桜色、藤色などの優しい淡色に比べると、楓やいちょうの紅葉
した赤や黄色、柿のオレンジなど、明るく原色に近い自分好みな色が
多いせいか、最近は春より秋の方が好きになってきました。
そんな秋のささやかな楽しみは、神戸の盛花記念センターの紅葉を
眺めることと、その写真を撮ることです。

小原流挿花9月号より

(この続きは、本誌にて。「小原流挿花」の
ご購読は、下記よりお申込みください)

小原流挿花ご購読サイト
小原宏貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み