1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年02月08日

梅の温もり(月刊誌『小原流挿花2月号』より抜粋)

テーマ:ブログ
暦の上では立春を迎え、既に春ではある2月ですが、
体感的に春を感じるにはまだ少し遠いこのごろ。


ここ数年の2月のことを思い返してみると、
まだまだ寒かった中での記憶がつらつらと浮かんできます。


特に、昨年は高野山金剛峯寺で、
凍てつく寒さの中行った、「小原流挿花」特集のロケが強烈でした。
靴下に貼ったカイロは、寒さのため、
最後まで一度も発熱することはなく、役目を終えました(笑)。
奥之院へと続く、静謐な空気に満ちた参道を歩き、
荘厳な灯籠堂で花をいけていると、
花も自分も浄化されていくように感じたのは貴重な体験でした。







この続きは、本誌にて。「小原流挿花」の
ご購読は、下記よりお申込みください)


小原流挿花ご購読サイト
小原宏貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016年01月01日

詣でる(月刊誌『小原流挿花1月号』より抜粋)

テーマ:ブログ
読者の皆さま、本年もよろしくお願いいたします。


年のはじめ、この1月号がお手元に届くころには、すでに皆さまも行かれているであろう、初詣。
初詣の起源を調べてみると、そもそも「年籠り」という風習に端を発するそうです。年籠りとは、大晦日の夜から元日の朝にかけて、家長が祈願のために氏神の社に籠る習慣をさします。これが大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」に分かれ、そのうち元日詣が現在の初詣の原型になったといわれています。
なるほど……、現在ほど食料事情がよくなく、医療が発達していなかった時代、家族や親戚の無病息災を祈願する父親の大きな愛情を感じる由来だなぁ。


そして、現在のように初詣が年のはじめの一大イベントとなったのは、なんと鉄道会社の影響が大きいとのこと!
江戸時代には、元日詣はりとも呼ばれ、年の恵方にある近くの神社やお寺に参拝し、その年の幸福を祈願するようになりました。明治以降、鉄道網の発達にともなって、成田山新勝寺や川崎大師など、郊外にある有名な寺社仏閣にも、行楽を兼ねて恵方と関係なく参拝するようになり、初詣として一般化していったそうです。





この続きは、本誌にて。「小原流挿花」の
ご購読は、下記よりお申込みください)

小原流挿花ご購読サイト
小原宏貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015年12月01日

光と格闘(月刊誌『小原流挿花12月号』より抜粋)

テーマ:ブログ
秋の心地よさを感じる間もなく日々が過ぎ去るほど、
今年の秋は濃密でした。


花材が豊富になる春と秋は、いけばな人にとって最も幸せな時季であり、
またその分忙しくもなりますが、錦のごとく鮮やかな秋の色が、
エネルギーとなって自分を鼓舞してくれるように思います。
生命力溢れる実りの秋がもたらしてくれるのは、
美味しさだけでなくて(笑)、見て感じる元気もあるかもしれません。


昨年は洋種やまごぼう、紐鶏頭、粟にハマって
何度もいけた話をしました(2014年12月号)が、
今年も今年でハマったものがありました。





この続きは、本誌にて。「小原流挿花」の
ご購読は、下記よりお申込みください)

小原流挿花ご購読サイト
小原宏貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。