将棋ソフト一致率鑑定の嘘

テーマ:
将棋ソフトと人間の指かたがどれくらい
似てるか調べる方法として一致率鑑定が
あります。これは当たることもありますが
全く当たらないこともあります。
先ず誰がこの鑑定方法をあみだしたかが
問題です。これを最初にやったのは
2ちゃんねるの将棋板の連中です。それを
公式の鑑定方法として採用したのが
将棋倶楽部24の管理人の久米宏という
人です。この鑑定方法は善意のある人が
行えばそれなりに効果のあるものですが
悪意のある人間が自分の都合で使って
しまうと無実の人を陥れるための手段と
されてしまうのです。前にも書きましたが
人間とソフトの一致率が80%など普通に
あることです。本当にソフト指ししてる
人間であればソフトとの一致率は98%
とかになります。またソフトを使いつつ
自分の手も指す方法で一致率を下げる
やりかたもあり、単純な一致率鑑定は
全く役に立たないどころか悪意のある
人物からの密告によってソフト指しの
冤罪を大量に産み出してきた事実が
あります。将棋ソフトなど星の数ほど
ありますから、将棋指しであれば
棋風(スタイル)によって必ずどれかの
ソフトと手が一致してしまいます。
いままで将棋倶楽部24の管理人の久米宏
はこの手段で自分に歯向かう棋士に
ソフト指しのぬれぎぬをきせて抹殺
してきた歴史があります。さらにどう
考えてもまともとは思えない嫌がらせの
メールを送ってきたりと、さんざん
悪行を働いてきた人物です。僕もそれで
アカウントを削除されましたし、
倶楽部24のソフトまみれの実態を告発
した元奨励界のセミプロにまでソフト指し
の疑惑をきせて追放しています。久米宏
という人間が行ってきた悪行は書いても
書いても足りないくらいです。
そもそも2ちゃんねるの連中がやってきた
ことを公式のソフト判別法とするなど
常識的に考えて異常です。ソフト一致率の
正しい鑑定のしかたは精密に行わないと
冤罪製造機になるので危険なのです。
まずちゃんとソフト特有の手がどの程度
一致しているかを見るべきです。
そして初手から最後の手まで調べるべき
です。驚くことに倶楽部24では全ての
手を調べないで部分的に一致率鑑定を
やっています。異常です。またソフトで
あるならば勝つときよりも負けたときに
癖をさらすものなので負けたときの棋譜
のほうが大事なのに勝ったときの詰みの
手などを証拠にしているしまつです。
これが今の将棋連盟公式アプリ倶楽部24
のやりかたです。ここまで読んできて
良識のある読者ならもう気がついている
はずです。今回の三浦先生の冤罪捏造事件
と将棋倶楽部24のソフト指し捏造犯罪は
手口が同じだということです。何の証拠も
ないのにでたらめな数字を提示して証拠の
ように見せかける。無理矢理に一致率の
高いソフトと一致させてのでっちあげ。
ちなみに倶楽部24のランキングトップ10
は全員がソフト指しです。なぜか本当に
ソフト指しをやっている人間は絶対に
削除されません。それどころか自演や
荒しをして暴れまくっています。
ネット将棋界では有名なソフト指し荒し
のハセラが十年以上にわたり倶楽部24の
ご意見番としていすわり、ランクでも
ソフト指しで一位になっています。
そのハセラの一致率は95~100%です。
それなのにこの人物はいっさい削除
されません。最後に衝撃の事実を書いて
おきます。過去に何度も一致鑑定での
疑惑がかかりソフト一致率が異常なまで
高かった棋士が渡辺明です。ネットでは
渡辺明は間違いなくソフトだと言われて
いました。それがなぜか全く報道されて
いない。なにかあるんですよ。大陰謀と
いってよいでしょう。僕は今回の三浦先生
冤罪捏造事件の黒幕の正体が誰なのか
だいたい検討はついてますよ。
AD