動画版YOUTUBEヒロカワイチャンネルも見てね!

9/11のCX系スーパーニュースヒロカワイがドキュメンタリー報道されました


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-14 21:47:18

10年間ありがとうございました

テーマ:ブログ

2007年オープンしたヒロカワイスタジオは、2017年4月末で閉店しました

 

今までありがとうございました

 

私、ヒロカワイは、カメラマンとしてやりたいことがあり、拠点を移すことになりスタジオ閉店となりました、このブログを通じて様々な方々とコミュニケート出来たことはとてもいい思い出になりました

 

少し残念な話ですが次のカメラマンの仕事は、ジャンルが変わりますのでこのブログももう少しで無くなると思います。

今まで見ていていただき本当にありがとうございました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017-04-18 23:07:43

GOSSEN露出計を再び使い出しました

テーマ:カメラ
{287B45C0-2EF3-4719-9146-05F2FF7ACE1F}
 
最近、カメラ倉庫を掃除してると、大好きだったGOSSEN露出計出て来ました、このルナシックスFは、おそらく史上最強の露出計でアナログコンピュータ(計算尺)になっている、とても高価なモノだったのと買ったのがカメラ初めて初期段階だったので、写真業界は諸先輩達からの嫉妬激しく
「GOSSENなんて使いこなしやがって生意気なヤツだ」
「伸びる前に潰してやる」
 
なんて事は日常茶飯事に言われていたので小市民ヒロカワイとしてはビビって普段は国産の中級グレードのセコニック408と二刀流使で諸先輩の顔色伺ってました(笑)
 
まあセコニックにしろミノルタにしろデジタル露出計では、露出計概念やアンセルアダムスでおなじみゾーンシステム、ラチチュードなんて考え方が、頭の中に構築されず、ひたすら適正露出を求める事になるので、構図、露出、ライティング、プリントなどがバラバラな技術として分離してしまう、特に手焼きプリントではライティングも構図も露出も同時進行で考えなければベリーベストな写真にはならず、偶然の奇跡を追い求める事になっちまう
露出概念をマスターするならEVを頭に叩き込む事は必須でヒロカワイ流は手持ち限界基準のEV10から、調子良く撮れるEV12、強い光のEV14、弱い光を上手に使いこなすEV8、三脚必須で色も暴れるEV6という感じでEV10を基準に上にEV12、EV14、暗い方にEV8、EV6この5段を九九のように叩き込む、そうすれば写真は大飛躍する。奇数のEVが無いのは、EV11はEV10+1とかEV12-1で思考してるのでワンステップ飛ばせる、これが構築されるとEV10+1/2という中間絞りをこのレベルで使いこなせる、露出を解ってない初心者カメラマンがシャッタースピード1/100とか1/200とか平気で1/3中間使うのを見ると
「おいおい大丈夫か?」
と将来の伸びしろを心配してしまう
絞りを覚える時はF2やF4などEVEN絞りでなく、あえて覚えずらい「一夜一夜に人見頃」でおなじみF1.4 F2.8 F.5.6 F11この4つ覚えるだけでF2 F4 F8 F16は自動的に間に入ってくる「一夜一夜に人見頃や富士山麓」、「人並みに奢れや」を大人になったら使わないって?誰が言ってたんだろう?
カメラマンは毎日使って悩んでるよ。
コレは音楽でいうコードみたいなモノで最初に叩き込まなければ永遠と変なクセついて飛躍しないし、露出を理解できなきゃ現像もライティングも出来ないシステムになっている、現在はGOSSENルナシックスFのような優れた露出計が入手出来ないのが心配になる
 
 
セコニックにスタジオデラックスというアナログ露出計があるが、先輩達は何故かスタジオデラックスを教科書にしていたよ、あれはフラッシュ測れないしフートキャンドルという別な明るさの単位を通訳して使う?謎な露出計でセレン方式で赤いモノを過剰に反応しちゃう、そういうダメ出しをすると、ぎゃーーーって先輩コーハイ大騒ぎになるのも写真業界。
という事でルナシックスFは露出概念を覚えるためにカメラ初期段階で使いました
プロカメラマンでも100人に1人くらいしか持ってないレアモノですがヒロカワイ写真技術を支えてくれた一品です。
{96CFCE21-D61A-41AD-B7FA-B9F57C109704}
白背景に白い犬🐩
同じ白でも沢山種類があるので背景にワンちゃんを同化させるなんて事は絶対しないんです、これがGOSSENルナシックスFで身についた露出概念ですね、露出もライティングもダイナミックレンジも同時進行で考えるんです。
適正露出という呪いから解放されたのもGOSSENルナシックスFの影響が大きいね

 

{FFB01D70-7506-4D27-A522-6AEF9422384F}

 

本当は、一発づつ発光させて計算するのが理想だけど、時間短縮のため、インチキして手でスカイを切ったのとスカイライトだけの差をプラスマイナスで理想に追い込む
 

 

{E468C0C5-8604-476A-9BF8-5A487F8AB251}

多灯ライティングは経験と勘でいく場合が多いですが、露出計で計算すれば意外にすぐにセッティング決まりますね、ラクして同じセッティングばかりしないで、自分のスタジオでもライティングを毎回組み直しする必要性を再確認しましたGOSSENルナシックスFありがとう😊

 

どうしても遊んでるように撮影してるよにしか見えないヒロカワイなので、たまに真面目な写真の部分を書いてみましたよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-27 17:21:39

ミリオンポスター撮影でした『ナウン』

テーマ:カメラ

撮影メイキング&ワークショップ的な内容が、好評なので

またカメラシリーズ風でいきます

 

ミリオンのポスター撮影です

工作が学祭風の手作り感満載でしたね

 

なぜか?

広告撮影現場では風船を膨らませることが多い??

なのでカメラマンは、風船膨らます名人でなければいけません、というか、風船名人になってしまいますね

 

今回のライティングは、シンプルに

 

アンブレラ+オパライト+バンクライト

 

バンクライトは大きなライトですね、ソフトボックスという人もいますが、世代的な言い方だと思います、アンブレラライト全盛期の先輩カメラマンはソフトボックスと呼ぶ傾向があり、バンク時代(90年代以降)のカメラマンはバンクと呼ぶことが多いです

このバンクライトなんですが
『アンブレラライトとどう違う?』
とよく聞かれますが、アンブレラライトの方が光の芯が太いので、光の芯を取り扱う技術が問われます、芯の軸をシフトするフェザーリングというテクニックやシルクやとーレーシングペーパーで絹ごしして芯を落とすなどの工夫がないと取り扱いが難しいのもアンブレラライトの特徴かもしれません、一方バンクライトは、最初から前面デフューザー使うことが前提なのでクセのある芯がそれほどないので扱いやすく、2発3発組み合わせても自然になじみますね

 

バンクライトにも弱点がある

 

万能ライトと思われがちなバンクライトですが、それなりに欠点もあります、まずはスペキュラー度が出ないので、色も鈍く、影も柔いのでファッション撮影のように繊維の色と質感を再現する必要のあるものには、不向きかもしれません、そういう場合は、バンク内の反射板をシルバー素材のものを使うとか、上の写真のようにオパライトを足してスペキュラー度をあげましょう、ファッションの撮影で、見た目の色と質感がバンクで再現できない場合

『色再現より世界観とライフスタイルの提案がテーマ』
などという言葉で逃げないように(笑)

実は歴史が古いオパライトですが

取り扱いが難しい

バンクライトのようにラクに扱えないとても神経使うストロボ

カメラマン泣かせのストロボです





 

照明ライティング任せの撮影では、100パーセントの絵作りは難しいです

 

照明で回りきらない部分は、メイクで反射率をコントロールすることも大切です、テスト撮影するとわかりやすですよ

 

まだ、幼さが残るナウンちゃん

 

とりあえずテスト撮影 背景へのストロボは、調整してムラや色味を安定させます

 

ストロボを複数使います

 

今回は、背景用照明にストロボ2400wsジェネレーターにヘッド3発x2セット計6発を左右からそれぞれ配置しました
左右6発中2発(左右各1発)は、バンクライトにグリッドをつけて人物への軽い逆光でエッジをイルミします、これで立体感アップ!

あまり出力を上げづに弱めの6発でいきます
 

 

アクセントにクリップオン野郎おなじみ、クリップオンストロボにニッシンパワーステーションPS8のセット

 

 

風船を光らせたバージョンと光らせないバージョン

 

それぞれ撮影します

クリップオン野郎を1/4〜1/8くらいでオムニバス発光させたバージョン

風船がイルミしますね

 

青バニーに白背景パターン

 

工作感出ますね

 

若いクリエイターは、なんでもコンピュータ合成でハイパーデジタルやりたがりますが

、こう言ったアナログな広告作りは、コンピューター全盛時代でも大切な作業です

最終的なリアリティーに差が出ます

 

風船素材撮影

 

デザイン的に風船を後で追加できるように風船も貼り付けて素材撮影しておきます

 

 

フラフープで遊ぶナウンちゃん

 

緑色の撮影のために緑に塗装した靴に注目!

 

 

 

こういう美術さんの学祭的な仕事は大事ですね

 

 

ピンクバージョン撮影時には疲労MAXのナウンちゃんですが、フラフープが、目新しいらしく頑張って遊んでます

 

 

という事で、長い長い撮影でした

 

無事ミリオンポスター完成しましたよ

 

また、カメラ撮影解説方式ブログやりますね

 

【ススキノ駅前通本店】Bunny's Bar MILLION(ミリオン)

レビューなし · ガールズバー

中央区南5条西3丁目るりビル2F

 

撮影のご用命は

ヒロカワイスタジオ
札幌市中央区南6条西3丁目セントラルビル3F
TEL080-3293-3344
撮影は1人5000円税別より承り中!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-23 01:10:40

アマチュアを中心に写真業界で流行っている『クリップオン野郎』&『バッテリーストロボ』

テーマ:カメラ

写真の業界でアマチュアカメラマンを中心に今話題になっている『クリップオン野郎』とは、、、、
 

(写真)クリップオン野郎に触発されて、ストロボ遊びを模索中!
ナショナルP480 ガイドナンバー40オーバーの166wsのパワーを単1ニッケル水素x8本で約800発フル発光可能だ、ミニマムの1/4発光なら3000発近く発光できるので、今の時代にニッケル水素で蘇るアイテムだ

 

 

 

 

報道カメラマンなどがカメラの上に乗せて記者会見などで連射発光することでおなじみクリップオンストロボを本来の目的と全く考えもしなかった方法でカメラから離し、アフターマーケットで流通しているオプションを付けてクリエイティブライティングを積極的に行っている総称を『クロップオン野郎』と呼ぶそうだ

 

 

記者会見などでよく登場する報道陣の決定的瞬間を捕らえるために、独自進化してきたクリップオンストロボ、カメラの連射性能に追いつくようなスゴイ連射性能は、圧巻だ
この動画冒頭でクリップオンストロボの連射パワーが確認できる

 

 

このような、報道用の連射性能を誇る報道プロ用ストロボは7万円前後くらいして、この状態では、まだまだ甘いので

 

 

報道プロはさらに外部電源を装着して連射性能を上げるのが一般的だ

 

上の純正のパワーパックでは満足できない場合は、社外のもっとハイパワーな

 

クリップオン野郎という言葉を生んだ『ニッシンストロボ』クリップオン野郎の中では信者が多い

 

この報道用に開発進化されたクリップオンストロボの質より量と連射の硬い光質を、オプションパーツで柔らかくすることによって、スタジオ用のストロボに近い雰囲気を出すことができる?という事から、クリップオン野郎伝説は進化しだした

 

 

全ては、この半透明のキャップみたいなモノから始まった
このプラキャップを被せることでパワーは半分くらいになってしまうが、扱いづらかったクリップオンストロボの硬い光が、柔さを発揮しだした瞬間だ、このアイテムは20世紀末期に登場して、あっという間に普及して、現在は純正ストロボにも付録で付いてくるほどスタンダードなアイテムになっている


そして、スタジオ用ストロボとは?

一般の人には、馴染みが無いと思いますが、カメラマンの機材の中で最も予算がかかるのがレンズではなくスタジオストロボなんです、価格も10万円〜100万円(1発)を、複数組み合わせて使うんですが、スタジオでは最低2台4灯と言われ、こだわるカメラマンは10発以上使うことも珍しくありません(ヒロカワイスタジオでは、通常7〜10発を常時使用、スペアやロケ用いれれば約20発程度あるはずです)
スタジオストロボは、パワーもありますが、欠点もあります

 

大型ストロボとは??全くわからない人に説明する動画がほとんどなかった!
むしろクリップオンを使ってクリエイティブストロボてきな動画が、あるわあるわ〜
大型ストロボの意味がわからない人は上の動画が参考なりますね
 


スタジオストロボの長所は

※圧倒的パワーがあり、パワーを上げればレンズを絞り込んで集合写真で全員にピントを合わせたり、逆にパワーを下げて絞りを開けてボケ味を出し1点のみピントを合わせる柔らかい写真を撮ることも自由にコントロールできる

 

※大型ストロボのヘッドには、様々なオプションが用意されていて、また、自分で光をコントロールするパーツを作ったりして光を柔らかくしたり、逆に硬くしたりすることもでき、綺麗な写真を仕上げる重要な役割をしてくれる

※モデリングランプというハロゲンライト(50w〜300w)が付いていて、撮影前になんとなく写真の仕上がりをイメージできるので、モデリングランプの影を見ながら照明を調整できる

※モデリングランプでピント合わせをできる、クリップオンストロボでは真っ暗闇でピントを合わせる別なテーマが発生する、これには様々な方法で解決しなければいけない

※大型ストロボの組み合わせ次第で、一流の写真と言われる写真とほとんど同じ雰囲気を再現することができる(優れた照明技術があればマネすることはそれほど難しくないです)

大体こんな感じが、大形ストロボのメリットです

 

逆にスタジオ用大形ストロボのデメリットは?

※連射できない
100Vの電圧の日本では、大型ストロボの充電時間が長く不利なんです、まだ西日本の60hzなら2割程度速いですが、東日本では世界で最も不利なチャージ時間を待たされます、パワーにもよりますが2秒〜3秒、大出力なら4秒近いのもある。

 

※デカイ、オモイ、価格が高い

三拍子来ましたね、まあ小さいとカメラアシスタントが失業しちゃうんですけどね
デカイ事は良いことよりデメリットが多いんです、運ぶ時の車もスポーツカーとか無理ですね


(写真)先日の撮影で、ロケ車がまさかの2シーターのスポーツカー、機材がほとんど載らないし、急遽1灯ライティングになってしまったよ、かなりアセったよね。



※大電力使用で、必要要求アンペアが高い
通常の家庭だと40アンペア〜60アンペア契約で充分だと思いますが、スタジオで多灯ライティング組む場合は100アンペアは欲しいところ、ブレーカーを落とさないためにはチャージスピード落としたりモデリングランプ消すんですが、一気に不便になります

※取り扱いが難しい
ライティング組むのが非常にマニアックなので、誰かに手伝ってもらうことがほぼ不可能、そして非常に壊れやすいのでアシスタントにも触らせないほうが安全かも?

しかもメーカーによってスタンドやオプション互換性が複雑だ、スタンドも日本製メーカーであれば17ミリだが、外国製は5/8インチという規格が多くオスメス逆になってる、しかもヘッド固定は国産17ミリより各種パーツがタイトロック出来ないので、これも誰かに手伝ってもらって、強く締めて破壊すればヨーロッパ製なら本国送り、中国製ならその時点で修理不能のゴミ箱行きの可能性大

火災に注意

長年カメラマンをやっていれば、照明機材から出火して消防車出動からの始末書を書いたことは一度や二度では無いハズ、本当に照明機材は燃えやすいし爆破の危険もあるので家電感覚でかうとエラい目に合います、ホームセンターで電動ノコギリやチェーンソー買って使うくらいの警戒心で取り扱わないとダメです。

 

特別な販売店でしか売ってくれない

家電感覚で買えるクリップオンストロボと違って、メーカー販売担当者がついちゃうのに不親切で詳しく教えてくれないのが大型ストロボです、プロは詳しくて当たり前という前提で買うので素人のような質問が出来ない?大型ストロボにガイドナンバー尋ねると『GN30以上は余裕で出ますよ、買ったら測ってみたら?』

くらいのことは言われます(私がカメラ店店員の時はこんな感じで親切丁寧に対応してました)専門用語間違うと恥ずかしい思いもします。
(とはいえインサート金具とスピードリングはよく間違えてました)

こんな感じがプロ用の大型ストロボですね


これらのデメリットを解消してくれるのが、報道カメラマンの飛び道具『クリップオンストロボ』なんです

クリップオン野郎の動画があるわあるわ

一番有名なのは、クリップオンブームの立役者イルコ氏の動画でしょう

 

チャンネル登録者 19,986 人 • 視聴回数 1,384,341 回 

今はやりのユーチューバーですね、約2万人のファンがいるなんてビックリ!

 



普通のカメラマンなら、雨降ったら撮影中止してご飯でも食べに行くところだ、イルコ氏は逆に雨を生かしたシーンをクリップオンで表現!独自の世界を開拓

 

 

夜景とポートレートというクリップオンならではの世界観を、これはファン増えますね

YOUTUBE始めようかなって思っちゃいますよ
 


 

クロップオンストロボブームは、この辺から来てるのでしょうね
そして、クリップオン野郎がプリップオン卒業したら目指すのが!

バッテリー型大形ストロボらしいです

 

 

クリップオン野郎が、最後の目標としているプロ用のヨーロッパの高級ストロボメーカープロフォトのヒット作の充電型モノブロックストロボ


どうして、プロフォトブームなのか?ヨーロッパストロボにカブれた時期もあったヒロカワイが疑問に思うんですが、プロもアマも欲しがってますよコレは

クリップオンストロボが、暗闇や室内で使うストロボなら、充電式大型ストロボは昼間に太陽に負けないストロボということだろう?

これを今、読んでいるクリップオン野郎、もしくわプロフォトB1使いプロは


『ヒロカワイは、今、流行の日中ストロボシンクロできんのかよ?』

って思うかもしれませんね

ご心配なく、できるんですよ、かなり昔からですね

10年以上前メイングラビア担当させていただいてた『すすきのTOWN情報』という地元のタウン誌が、カメラマンの創作意欲をとても理解してくれていて、当時まだ日本では、あまり見かけないハイパワーストロボ日中シンクロやいろんな挑戦を自由にさせてくれました
2005年のグラビア切り抜きファイルを雑な複写ですが見てちょうだい





太陽を入れて、フロントから強い照明入れるのは2005年当時ビックリ技でした
愛沢さん若い!とかは言わないように)




こっちは、さらに0番シャッター1/500という超高速シンクロで青空くっきり
ロクロク版という正方形カメラで狙った一枚です(フィルムですよ)太陽眩しくてほとんどピント外して、生き残っていた数少ないカット

 

プロフォト使いの方なら、どうやってこの時代に撮影したのか?疑問かもしれませんが
答えはコレです

 


スイスの名門ストロボ『エリンクローム』の防水型1100wsのジェネストロボ
スゲー重いし、パワーハンパない、そして光のスピード1/4000秒級の速さ、ジャンプも止まるよ、こんなストロボあるのになぜ使わない?


って、あなたは思うかもしれない!

 

そう、充電式なので充電しないと使えないのよね

充電してみるかな?

動くぞ!


パーン!


 

 

光ったけど絞りこまないと明るすぎだ

 

F16まで絞って

 

今度はOK
 


無事光ってくれました

なぜ?使ってなかったかと言いますと、ヒロカワイスタジオを10年前オープンした時に

コメットストロボ社が全面協力でなんとかオープンできたので、他社のストロボは大人の事情でさりげなく棚の奥へ行っちゃいました、それでもエリンクロームは想い出沢山あるし、超クリエイティブだし大好きなストロボです、これの他エリンクロームのchicスピード1200という高速ジェネもあったし、写真勉強した時の教科書がヨーロッパの教科書でエリンクロームエリンクロームで教えてたのでどうしても欲しかったんです、1ジェネ1灯主義も教科書から守ってきましたね

写真)エリンクロームの秘密兵器ディフレクター

ガラスグローブの他に、円盤の深さと種類でパワーも光の質も細かく微調整できちゃう優れものだ
ストロボのパワーを1/500とか1/2000とかも可能にするディフレクター
色温度維持しつつディフレクターでパワー調整なんて、達人中の達人ワザ、コンピュータ制御で色温度安定させるプロフォトも魅力だが、素人にはできないアナログなディフレクター制御!



エリンクロームバッテリーストロボの電池

鉛蓄電池なので容量大きいが重い
アシスタントに一日中背負わせたら悲鳴あげると思うよ

 

ヒロカワイが得意なのは、写真とブログだけじゃなく実は『買い物』も得意なので、欲しいものは無理やり取り寄せますね、こういうストロボは、バラバラに注文して照明部品として輸入すれば関税で有利とかは、勉強したね〜

 

今日思ったのは、スタジオの動画が少なくクリップオンの動画が多いことにビックリでした、今年はYOUTUBEも初めてみようかな?

 

 

こういう謎の飛び道具もあるし、オモチャはたくさんあるので、あとは、思いっきり遊ぶことが大事だね!


 

これの利用方法考えよう、大型のバッテリージェネもあるんだけど、太陽入れた水着写真は、もういいや

それではまた
 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017-02-21 21:05:49

すすきの『海鮮どんぶりっこ』名物「海鮮丼1000円」&「晩酌セット1500円」撮影でした

テーマ:食べ飲み

海鮮丼と晩酌セットが人気の居酒屋『どんぶりっこ』のメニュー撮影でした

 

札幌でプロのエディトリアル&広告カメラマンをやるには、たとえ人物撮影専門カメラマンでも、スタジオ撮影やロケ撮影以外に料理や商品撮影、イベントスナップにetcなどなどの撮影に対応する必要があります、これでビビって辞めちゃうカメラマン志望者も少なくなく、今回は、飲食店の撮影ノウハウなども書いちゃいます

 

 

元々、グルメ王国札幌には、味噌ラーメンや毛ガニなどを撮影する優秀なカメラマンが多く、実は料理写真の基本レベルが全国的にも高い、そこへ新しく入るカメラマンは、壁の高さにがっくり落ち込み引きこもってしまいがちだ、しかも、料理の写真は一度撮影すると過去に撮影された写真が幸運にも紛失事件が起きない限り、再撮影の可能性が低く、飲食業界に著作権などほとんど理解されず、何度も何度も再利用されるが、そこからカメラマンに写真再使用の恩恵は期待できない厳しさがある。撮影の仕事としては売り上げを上げづらい料理写真ですが、いろいろな料理との出会い、いろんな人との出会いなど楽しい部分にも注目してほしい。

 

料理撮影する前に食べて食べて食べまくれ

 

よく料理の世界では『太ってないシェフを信用するな』とか

『太ってないフルメリポーター』は、怪しい!など言われますが、カメラマンも料理を食べて食べて食べまくって料理を知ることからスタートしよう、ありとあらゆる料理店に足を運び、知らないメニューを、片っ端から注文し通い詰めれば、店主から覚えられるし実際に料理を撮影する段階で、『はじめまして』からでない人間関係が構築されてれば撮影もスムーズに進むこと間違いない、しかもいろんなメニューにも慣れるし、何と言ってもQOL(クオリティオブライフ)が上がる、このQOLが低い人が広告に携わっちゃうと激安店とか貧困層を見込み客に知らず知らず取り込んでしまい、のちに売り上げと客層で大苦戦を強いられることになる

実際に『ぐるなび』や『グルーポン』『ホットペッパー』『たべろぐ』『ポンパレ』などで広告を打って客数は来たけど売り上げで苦戦したり、常連客を失った、客層落ちた、っていう話はよく聞きます。

身銭を払ってQOLを上げれば、各種グルメサイトの目先の売り上げ狙い営業マンの甘い口車(全てのグルメサイト営業マンが売り上げオンリータイプわけではありませんが、怪しいタイプは多いです)に乗らないように客目線を生かし店主との信頼関係を気づくこともカメラマンの大切な仕事です

 

先輩カメラマンたちのお手本をなぞればOKか?

 

上の写真では、メインの海鮮丼を手前に持ってきて、味噌汁を若干ボカすことでメインが引き立ち海鮮丼への注目を集めることができます、よくありがちなのが、過去の先輩カメラマン達が撮影してきた『作品』や『お手本』をなぞってしまう事があります、これはアマチュアのカメラマンが一眼レフ購入記念の日記用に「テーブルフォト」などで晩御飯をワーキングディスタンスが何ちゃら言いながら綺麗に撮影するには良い方法だと思いますが、プロの現場では先人のコピーはNGです、コピーするくらいなら以前撮影した先人に再撮影をお願いした方が、同じような雰囲気に仕上げる事ができるからです、クライアント側も『週刊グルメワールドっぽく撮影してください』とか『〇〇グルメカメラマン風に撮影してください』という仕事の発注は実はヤバイです、プロの撮影現場で『〇〇っぽく』という意味は、リメイクやオマージュを意味して、完成後の仕上がりを、お手本となった先人が見た時に『リスペクトされてる』という形を残さなければいけないルールなので、本来の仕事以外の細かいディテールまで再現する必要が発生、この〇〇っぽくするためだけの作業がかなり難易度高く、本来は『いい写真を撮る』というテーマだったハズが『〇〇の復刻版を作る』とか『〇〇の移植版』という間違った脱線テーマになり、必要以上の実験を開始して知らず知らず最初から失敗してるしまってるので、そのような時にカメラマンは、ハードランディングで激しく失敗するか、ソフトランディングでなんとなく騙し騙し失敗するか?の選択を迫られます。理想はゼロベースで真似をせず自分のグルメ感覚を優先ッセルこと。味噌汁に特別な感動があるカメラマンなら味噌汁を右でも左でも手前に持ってこえばいいし、味噌汁嫌いなカメラマンならレンズアパチャー(絞り)開けて、パワー落としてもっと味噌汁を(若干なら)ボカしても構わないし、逆に全部の料理を学校給食スタイルのように三角形を描いて時計回りで代わる代わる三角食べ(移り箸)が好きなカメラマンなら、丼から味噌汁まで全て鮮明に写した『パンフォーカス』という撮影テクニックで全てをシャープに写し込んでも構わない。大事なことはテーマを決めて、それに従って絵を決めることで、本州の観光客にアピールを狙うなら、彼らの大好きな赤モノ(カニ、エビ、マグロ、肉などを指す)の赤を濃く出すためにスペキュラー上げて撮影するかもしれない。スペキュラーを上げれば当然として副作用の硬さが出るので、刺身のとろける美味しさ感は下がる可能性がある。

 

何かを上げれば、何かが下がる

 

これは、写真の基本中の基本で、シャッタースピード稼げば写真は暗くなるか、明るさ維持するためにはピントの合う範囲を捨てなければいけないし、むやみにゲインアップに頼ると定常光を拾ったりダイナミックレンジを殺したり、ノイズ乗ったり、トーンを失ったりなど副作用が必ずある

『〇〇を出しつつ〇〇を』誰かが言ったら、その撮影現場は失敗への階段を数歩登りだしている可能性がある事を思って欲しい。

捨てる技術こそ完成の道『良いとこ取りスタイル』では結局インパクト弱くなってしまう。

 

 

 

こちらは、晩酌セット1500円、海鮮丼1000円よりお得に見えますが、海鮮丼は注文時1ドリンク+オーダーのルールが確定してしまいました。

 

 

 

焼き魚の石狩のシャケにピントが合ってない!

 

これこそが、カメラマンの感性でのクリエイティブワーク、先ほど説明した学校給食が恋しい三角食べカメラマンにありがちな完全にすべてのメニューにピントを合わせた『パンフォーカス』スタイルと違い、石狩名物のシャケは、石狩鍋撮影ではバッチリ写しても、晩酌セットではシャケにはあえてピントを軽く外し、メインディッシュの刺身に目がいくような仕掛けをさりげなく入れます、醤油の透明度もサラリとした印象を作り、サッポロクラシックとアサヒスーパードライと選べるビールは、刺身と合う麦芽100%で甘みのあるクラシックをチョイスした、アサヒスーパードライビールも個人的には大好きだけど、関西系の辛口スーパードライの相棒は、何と言ってもソース焼きそば、串カツ、たこ焼き、とのソース物関西グルメとの相性バッチリ!スーパードライ飲むと必ずソース焼きそば欲しくなっちゃうのよね。

 

 

海鮮どんぶりっこ
  札幌市中央区南六条西3-10
   
  011-531-0012
 
 
   
   
 

 

次回に続きます

撮影のご用命は

ヒロカワイスタジオ
札幌市中央区南6条西3丁目セントラルビル3F
TEL080-3293-3344

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-19 06:00:00

最強デジカメ?FUJIFILM GFX発表会行ってきました

テーマ:カメラ
たまに、好評な?カメラトークをしようと思います、やはり自分は『間違いだらけのカメラ選び』でおなじみ長徳先生の影響を色濃く受けたので、いわゆるダイレクトビジョンとかレンジファインダーカメラ、今ではミラーレスに特別な思い入れがあります。見たままに撮影できる一眼レフは便利だけど数あるカメラの一部であって、すべての写真を一眼レフで撮影してしまうのはちょっと面白くないと思いますね。最近はデジタルカメラが一眼レフよりミラーレスがだんだん強くなってきて、いよいよFUJIFILMからデジカメ史上最強と噂されるGFXで一眼レフ全盛期の時代が全盛期に区切りがつくかもしれません
 
 
GFXは、カメラ本体+標準セットで100万円
レンズは一本15-50万円
と高級品で、フィルムの色再現を出せるデジタルカメラとしてフィルムメーカーの意地で売り出すカメラなんですが、コレに欠点などあるのかな?
と思いますが、早速色々見つけてしまいました
 
 
FUJIFILM GFXはプロ用のカメラか?
 
『基本セットで100万円もするのだからプロ用カメラに決まってるでしょう』
と、あなたは思うかもしれない、しかし、会場を見て欲しい
 
 
 
 
 
Xシリーズ(左)には、まあ中年の勢が見れるが、GFXのコーナーは、現役のプロカメラマンというよりは、定年退職した老人達が、文化的な趣味として景色を撮影しそうなメンバーが多いことにビビりました

※老人にウケる伝統的なカメラをイメージできる外観

※なぜか?老眼遠視補正調整に重点を置いたファインダー

※メガネをかけたままでも四隅が見えてしまう、見え具合を落とした小さいファインダー倍率

※ダブルクリックできない人でも半押しできちゃう深すぎて長いストロークの老人対応シャッター

※老人好みの緑や青がグングンでちゃい中間色が犠牲になってそうなAdobe RGBフレンドリーなサンプル画像
 
これらの要素満載で、本当にプロ機として役に立つのか?不安になってくる

この手のカメラにプロフェッショナル性を求めるのは、ズバリ、集合写真をバッチリ商品として完成させれるか?どうか?が一番きになるところだが(集合写真をバッチリ撮れたらレンズもカメラもかなりレベル高い証拠になる)そんなサンプル一枚もなく、雪の被った山の写真や、落ち葉のある川の流れをブラした写真、白人の女性が横に倒れている写真、白人のカップルがキスをする0.5秒前の写真など、ジジイ好みのサンプル写真が多くて購入を不安にさせる、
 
テスト撮影コーナーの、派手な発色の造花を撮影できるのだが、元々派手な造花が派手に写っても全く参考にならないのは明白で、どうも素人騙しっぽい展示に一層不安をよぎる

フジフィルム担当者に、値段など色々聞いてみた

ヒロカワイ『これいくらですかね?』

担当者『標準セットで100万くらいですね、あとレンズが、高いので30-40万、もっと高いのも出るかもですね』

ヒロカワイ『だいたいわかりました、ボディ2台とレンズ5本の基本セットで300万-400万くらいって感じですね』

担当者『カメラ2台も買っちゃうんですか??』

ヒロカワイ『撮影現場には、同じカメラを2台持ち込んで使うしメンテナンス出すときは片方づつ出しますし』

さすがに3台ローテーション体制が理想なんて言えませんでした

ウ〜〜ん 購入見込み予定者は、1台体制で考えてるようですので、やはり裕福なアマチュア層をメインターゲットにしてるのかな?

何よりも不安なのが、これだけ大きいカメラに電子制御フォーカルプレーンシャッターをつけちゃっているところですね、15万回動作保証してるけど、構造的にフォーカルプレーンシャッターは小さいほど耐久性があり、ウチのFUJIFILMのカメラは2回目のシャッターが80万回オーバーでも問題無く動いてます、トータル150万回って感じですかね
これがプロに要求される耐久性です

 
写真家 野呂希一先生のトークショー開催

どうも老人向けな気がして不安にさせる要素満載

『私にも使えました』的な売り方が怖いです
 
さくら さくら
 
Amazon
 
野呂希一先生の作品を載せておきますね

結論として、最高の景色であれば、コンデジ、パクデジでもいい写真が撮れるハズなので景色のサンプルは、全く意味がないと思いました

今までのフジフィルムの現像機の展示会や、ピクトログラフィーの展示会などプロ用のイベント多数見てきましたけど、今回のはちょっと???心配です。

もしかしたら、とても良いカメラなのかもしれませんが、色々と考えさせられるイベントでした

同じミラーレスなら
シグマの
 
¥ 124,810 

の方が、同じ画素で、値段約1/10だし、Foveon X3は夢がある感じがしましたね


 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-18 02:03:00

学園てんごく撮影は@寒軍べくたあスタジオにて

テーマ:FUJIFILM
 
久しぶりにブログ投稿
放置気味なのに、全国カメラマンブログ
ランキング5位
という感じで、更新してないクセにランキングでベスト10は申し訳ないので頑張って更新しますよ
 
 
 
 
 
今回の学園てんごくの撮影は、北海道のヲタクサブカルチャーを牽引する、寒軍べくたあ松尾代表が運営する自社スタジオをお借りして学校風な雰囲気で撮影することになりました

 
 
地下鉄北24条駅から歩いてすぐにある『寒軍べくたあ』の秘密基地MKビルに集合
 
と言っても我々は、暖房の効いたクルマでイッキに移動
 
今回の移動のクルマが、訳あってBMWの2シーターオープンカーのスポーツタイプなので
なんと、あまり撮影機材が載らない、、、、、
 
ということで照明機材は1200wsの大型ジェネレータフラッシュ一発のみで
MKビルは古いビルなので2400ws持参してでブレーカー落ちたり火事になったら大変なので
 
ヒロカワイ『ようし! みんな机を運んでセッティング開始!』

女子『机が重くて無理ですよ、無理、無理』

ヒロカワイ『弱音を言わず、学生時代を思い出して懐かしいと想い出を噛みしめてテキパキ動け〜い!』

女子達『は〜〜い』

しぶしぶ机運びさせられる女子達

と言っても女子8人もいれば机の10個や20個は、あっという間に移動完了!
 
 

今回のMKビル訪問で、寒軍べくたあの松尾代表と数年ぶりの再会で、積もる話も沢山あり話が弾んで、撮影準備が遅れ気味、松尾代表の運営する『寒軍べくたあ』の話、共通の友人で元Adobeで現在アップルコンピュータに勤めてるIさんの話や、何と言ってもMKビルオーナーである木村正則さんの話が一番盛り上がりました、木村正則さんは、1987年にパソコンショップ北大前の『パソコンワード』運営時からのお世話になっていて、パソコンワードは当時北海道中から集まるパソコンマニアの溜まり場で中古PCの売買や京都メディア系のプロテクト解除などを扱っていたため、当時札幌にまだ多数あったソフトハウスから狙い撃ちされXXXXXになり全国放送ワイドショーにも登場しちゃいました、その後1989年に店名をパソコンショップ『イヴ』に改名、引っ越しを手伝ったウチらから、引っ越しの最中ずっと『イヴ』の微妙な発音を
『イヴ イヴ イヴ イ〇〇』
といじりすぎて心折れて店名を会社名のMKにされてしまう、MKは興和産業ビルの2フロアで下が店舗、上が倉庫兼ソフト開発室であり木村正則さんの店泊寝床でありウチら5人くらいはダンボールの上に寝袋で常時寝泊まりしていたし、お腹すいたらご飯もごちそうになってました(当時高校3年生)そして、なぜか? ウチらが居ない木村さん1人で寝ているところに武装した強盗が店舗に潜入、木村さんは強盗と格闘して大怪我して入院、後日ウチら全員、刑事さんから事情徴収に出頭
『怪しいヤツ居ないか?』と刑事さんに聞かれて、絶対強盗しそうにない新川高校に通う真面目なTと数週間前から行方不明になっていたYの捜索願を兼ねてYとT(Tはギャグで言ってみたのだが)
怪しいと言うと!
まさか!パトカー新川高校に直行&Tが!強盗傷害事件参考人として署まで連行されるハプニングに、、、たぶん現場は大騒ぎだったと思うよ、進学校で事件なさそうだからね(笑)
先生からイロイロ怪しまれただろうね!
Yの捜索願を出した事を仲間に伝えると、みんなから大ブーイングされて
『なんでアイツを捜索しちゃうのよ、ウルサイから行方不明で丁度良かったのに』
だって!
友達の定義に悩む10代だったよ
MKパソコンショップ時代の事を書くと一冊の本になりそうなので、この辺で切り上げるとして

木村さんは、最近クルマに轢かれてしまって大変らしく、寒軍べくたあ松尾さんが、MKの運営もアシストしてるそうだ
波乱万丈の木村さんだけど不死鳥のように復活するのも木村さんなので早く元気になってほしいです。
 
 
話を、撮影に戻して
 
これは『涼宮ハルヒ』に登場するSOS団長のアイテム
 
涼宮ハルヒシリーズは、『エヴェンゲリオン』にアンサーリングとして作った?
と言われ
 
シンジ ー キョン
綾波 ー 長門
アスカ ー ハルヒ
 
など諸説言われてますが『エヴァンゲリオン派』と『涼宮ハルヒ派』が、別れるところですね。
「デジャブ」や「パラレルワールド」「偶然の一致」などが好きなタイプなら『涼宮ハルヒ』派の可能性が高いね、一度見てみる価値ありますよ
 
まだ見たことない人には
ハルヒの名シーン『ライブアライブ』載せておくので見たことない人は見てみてください
 
 
撮影ということで
 
無音設定で女子の携帯を集められました
 
学生時代を懐かしむリアちゃん
 
 
今回は、ロケ車がスポーツタイプだったため機材に制限があり
伝統の白アンブレラ1200ws

をあえて逆付け、発光部を傘に向けないで、発光部を白壁にバウンス
光の芯だけをホワイトアンブレラでトランスさせる、スペキュラー度数を○くするヒロカワイ式1灯フルパワーライティング、いかにスペキュラー落とすか?という目標でやってみましたよ



まずは、オフショット専用に持ち込んだニコンで、ライティング無しでテスト撮影

これで完成でもいいような気もしたが、蛍光灯のライティングとは芸がなさすぎるし
 
 
今度はニコンでなく、本番用のFUJIFILMで撮影、FUJIFILMの発色はフィルムに近いのと人肌が自然なのと、ストロボの相性が抜群なので、大型ジェネレーターでのストロボ撮影ではFUJIFILMを使うようにしている。
ニコンでは中々出てくれないブレザーの色が出てくれたよ

これでも無難なんだが、まだまだスペキュラーが高くて面白くない

どうせだったら逆光1灯の1200ワットライティングでドンとやってみようと思い
とりあえず全員10分の休憩
 
休憩中のMKビルスタジオでの一コマ

あまり撮影が長いと、疲労してくるので10分休憩をマメに入れるところが、ポイントだ、ダメな現場ほど休憩を入れず我慢大会になってしまう場合がある、ダメな会社の社員が休憩しないのと同じだと思う。
 
撮影は必ず休憩をマメに入れよう
 
 
ストロボ逆光一発フル発光
 
まずまずの仕上がりです
 
あとは、カポック的な感じで回して回して整えて
 
寒軍べくたあ松尾さんにお願いして

『松尾さん〜カポック的なモノを貸して欲しいのですが、できれば2セット』

松尾さん『これでいいですか?』

若干蛍光入ってそうだったが無いよりは100人力

龍一くんとZくんにカポックやってもらい

本番撮影行きますよ
 

カポックX2で
キターーーーー!

スペキュラーも理想通り落ちて

あえてガラスの多いズームレンズならではの、通常欠点と言われる部分がいい味出してくれましたね

これこそ!ヒロカワイ流の1灯ライテイング

白傘のストロボが理想通り完全消滅してくれたよ

写真は逆光だね!

ということで

学園てんごく寒軍べくたあスタジオでした


撮影帰りにニーヨン付近名物のラーメン店『大将』へ
{EC5D5864-EC16-4B13-B84D-D02AA4DA1D21}
寒軍べくたあ付近にある人気ラーメン店「大将」で懐かしの肉味噌ラーメンを食べたんですが?
肉がバラ肉でした、昔は挽肉だったような記憶が、、、、、? 昔からバラ肉でしたっけ?



学園てんごく
札幌市中央区南5条西3丁目ニューススキノビルB1F 
TEL 011-520-8838

撮影のご用命は

ヒロカワイスタジオ
札幌市中央区南6条西3丁目セントラルビル3F
TEL080-3293-3344

撮影は1人5000円税別より承り中!
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-22 23:41:26

海外VPN契約してみました

テーマ:ブログ

海外VPN契約サービスというのがあって(初めて知りました)

日本に規制されているテレビや映画を見てやろうと格闘中

 

これで日本語字幕見なくて済むね、かといって字幕なしで英語版のテレビや映画をそのまま見るのは正直キツイ、わからない単語を調べようないからね
そこでCC(クローズドキャプション)という耳の不自由な方のサービスを利用することで一時停止かけて辞書引ける訳です、日本ではCCサービス環境は最悪で、DVDやブルーレイにあるんだけど、ウソのセリフだったり、端折っていたりインチキが多いので買ってみるまで使えるかわからないのが問題だね、そこでhuluUSバージョン契約しようとしたけど支払いでやたら現住所確認が厳しく断念??ペイパルの詳細までチェックされるのよ、次にNETFLIXのUSバージョンを契約成功! VPN接続からUSiTuneカード横流しサービス(最近手数料安めのアメリカ中西部にある会社見つけたよ)や現住所なりすまし作戦などなどグレーゾーン??を攻めまくらないと海外のテレビが見れない??
インターネット時代なのにテレビは鎖国時代なのですね、とりあえずいろいろなサービスを探してトライアル&エラーやってみます

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-02 18:10:55

VANITY1周年、いよいよPKCZが再び帰ってくるよ!

テーマ:クラブイベント



いよいよVANITY1周年PKCZ

チケットの説明をしますね


 

※VIPチケット1名2万円 シャンパン1本付き(男女共)

VIPルームの座席です、1〜2名で来場ですと他のお客様と相席になる可能性があります4名以上ですと仲間で座れます

 

 

※レディースプレミアムシート1名13,000円2ドリンク付き(女性のみ)

レディースプレミアムシートはホールの高い位置の席で、アーティストが良く見える座席で30名限定ですのでお早めの申し込みをお待ちして居ります

 

 

※一般入場チケット1名3,500円 1ドリンクオーダー

一般入場チケットと当日直接来場は同じ値段ですが、当日の行列が予想されますので、チケットお持ちの方は優先的にスムーズに入れます

チケットはヒロカワイの方でまだ在庫ありますよ
特にVIPご希望の方はお早めに連絡ください


前回の、あの興奮が帰ってくる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌 CLUB VANITY SAPPORO(札幌 クラブ ヴァニティ サッポロ)

営業時間:PM22:00~AM5:00

札幌市中央区南4条西5丁目 F45ビル 3F

TEL/011-272-7000

http://vanity-sapporo.com/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-17 23:20:20

フリーマガジン『すすきのバイブス』人気キャバ嬢リオナちゃん

テーマ:ブログ

フリーマガジン『すすきのバイブス』ファン待望のアラサー美人キャバ嬢『リオナ』ちゃん

撮影でしたよ

 

詳細は本誌で

 

すすきのバイブスでは、美人アラサーキャバ嬢発見強化月間中!

 

アラサー美人キャバ嬢指名してバイブス上げていこう!

 

『すすきのバイブス』は、メインストリート、すすきの交差点、駅などで、ダウンタウン地区を中心に全スタッフ総動員で配布中! キミもゲットしようぜ!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。