2006-07-05 21:30:05

プロフェッショナル論

テーマ:仕事
仕事に対してはプロフェッショナルでありたい。
常にそう思って仕事に取り組んでいる。

この考えを強く持ったのは、前の会社である先輩の働きぶりを見たからだ。

前の会社では新卒で入社して人事部に配属になった。
人事部員というのは、会社の従業員であって従業員ではない。
つまり、会社と一体となっていろいろ考えなければならない事態が多々ある。

入社当初はその折り合いが難しかった。

人間、やはり自分が可愛いと思ってしまう。
自分が不利になるような施策は行いたくないし、
自分が有利になるようにいろいろといじくりたくなるもの。

しかし、Sさんは違った。
徹底して会社の視点に立って物事を考え、
そのために自分自身が多少不利になろうと気に掛けない。

Sさんにはよく飲みに連れて行ってもらっていたが、
そのときにSさんは常々言っていた。
「人事部の仕事は経営者に成り代わって考えなくてはいけない。
会社の最大の目的は会社が継続して行くこと。
そのために何をするべきかを考えなくてはいけない」

まあ、ホントはもっと酔っ払っていて、
くどい言い方だったんですが、それは置いといて。

これは人事部員だけじゃなく、いわゆる「管理部門」といわれている人々に
当てはまる事象だと信じている。

今、自分は会社と従業員のバランスを考えていろいろ考えているつもりだ。
今の立場(従業員のような、経営者のような・・)では、
あまり会社よりになってしまっても問題だし、
従業員よりになるのも後々の影響を考えると避けないといけない。

ところが、この「会社の視点」で考えられる従業員というのが、
実はレアな人材ということに気がついた。

すぐに「従業員に有利になっているか」ばかりを確認する従業員。
管理部門で働くからには、会社視点で考えて欲しいのだが・・。

人の振り見て我振りなおせ。

”プロフェッショナル”として冷静に対処していきたいと思います。

 今日の一言  Tour de France 、始まってます!昔はフジで番組あったのに・・  
 今日の運動  ゴルフ打ちっぱなし30分?、腕立伏せ20回×3  
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

hiroさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■難しい・・

従業員と経営者の利害関係は真逆ではないとは思うのよね。
みんながハッピーになるような方法を考えて行きたいと思います。

1 ■無理よ。

従業員と経営者は利害関係が真逆になる為、なだめすかし乗せていかないとね。

それが経営者の務めで尚且つ一番難しい所ですよね。

頑張れ!!人をうまく使うのは本当に難しい。利益もしっかり上げないといけないしね、勿論。

でも経営者は孤独よね。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。