2006-03-09 07:55:08

ヨーロッパ旅行記 ~モン・サン・ミッシェルで感動

テーマ:旅行記
今朝は7時30分にオペラ座近くに集合と言うことで、5時45分に起床。
遠足前の小学生よろしく、2時30分くらいに目が覚めるという有様・・。

集合場所に行くと日本人の集団を発見。
どうやら様々なツアーが集合しているらしい。

受付に名前を言うと伝言メモが。
なんと、翌日に申し込んでいたベルサイユ宮殿ツアーがキャンセルになったとのこと。
明日、午前中にストライキをするかもしれないからとのこと・・・。
ショッキングだが仕方がない。
その分、パリの街を練り歩くことにしよう。

さて、バスに乗り4時間30分で、モン・サン・ミッシェルに到着です。
いや、4時間30分って。

半分はガイドさんの話を聞きながら、半分は寝ながらの旅でした。

パリを出てすぐのところで、ローランギャロスをチラ見。
これで、テニスの4大大会のうち、残すは全豪のみとなりました。
全部チラ見だけど。

さて、モン・サン・ミッシェル、今日は天気が良かったこともあり、
20km先からでも見ることができました。


最初は小さなピラミッド状のものが、どんどん大きくなる感動。


今日は引き潮だったので海に浮かんでいるようには見えなかったのが残念ですが。

ちなみに、これから7年かけて、現在ある堤防を崩して、
満ち潮の時には完全に海に浮くようにする計画があるそうです。
是非ともまた海に浮いている姿を見てみたいものです。

モン・サン・ミッシェルの中に入り、昼食。ここの名物は何故か巨大オムレツ。
まあ、名物にうまいものなしとは言ったもので、全く持っておいしくありません。
是非、試してください。

モン・サン・ミッシェルは昔は修道院や刑務所として使われ、
巡礼地となっているということでしたが、今は完全な観光地と化しています。
もちろん、教会では今でもミサなどを行っているようですが・・。

中から見るとあまりすごさは分かりませんが、
やっぱり外見上の巨大要塞のような体裁。
これに尽きると思います。
バスで前に座っていた人が「ラピュタにしか見えん」と言ってましたが、
まさしく海の上に浮く街です。


これはお薦め。

帰りもバスにゆらること4時間30分、パリに着きました。

今晩は久しぶりに和食を食すことに決めていたので、
前もって調べておいた和食の店へ。

カツ丼を食べて、うまさに何かに挫けそうになりました・・。
何にかは分からないけど。
次はベルリンまでお預けの予定。

その後、元気が出てきたので、夜景ツアーを決行。
オペラ座、


マドレーヌ教会、


コンコルド広場、


オルセー博物館、


フランス学士院、


ノートルダム大聖堂まで。


歩き出したら止まりませんでした・・。

明日は教会巡りに美術館見学、お買い物に決定です。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

hiroさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■飲まなかった・・

昼間から一人で酒ははばかれて。
のんどきゃ良かった・・。

3 ■シードル。

モンサンミッシェルでシードル飲まなかった?
あれは旨いと思う。忘れられない味の1つです。

2 ■ヨーロッパ食

ヨーロッパの食事は意外とOK。タイに行った時は2日に1回は必ず和食を食べていたけど。
今回は地域がコロコロ変わるので、名産を食べるのに忙しいのもあるのかも。

1 ■食生活

週3で和食たべ。体が持たないから。って1年海外で生活してたら、そういうの大丈夫なのかな?。
わたしは和食がないと生きていけないので、長期旅行の場合は週3で和食食べて、体の調子を整えるよ。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。