現在読書中

 
伊坂 幸太郎
オーデュボンの祈り

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-11-07 21:00:00

オーデュボンの祈り :伊坂幸太郎

テーマ:伊坂幸太郎


コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか 言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去ら れて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?卓越したイメージ喚起力、洒脱な会話、気の利いた警句、抑えようのない才気が ほとばしる!第五回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞した伝説のデビュー作、待望の文庫化。

★★★★☆

江戸時代から外界と交流を閉ざしている島が舞台。
この世界観が現実と非現実の曖昧をぼんやりとさせ、
村上春樹の「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」を連想させる。

ただ「世界の終り~」ほどの非現実感は無く、
文学作品というよりは小説として楽しめる作品に仕上がっているかと思います。

途中の会話の端々に、ラストへ向けたヒントが隠されていたり、
それぞれのキャラクターの行動や特徴に意味がもたらされていたり、
非常に計算されています。
でも、後で振り返って感じさせるのがうまい。

デビュー作とは思えない逸品だと思います。
来年くらい、直木賞とらないかなぁ・・。

 
美しい花と鳥〈1〉オーデュボン
村上 春樹
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-11-06 00:21:26

神様からひと言 :荻原浩

テーマ:荻原浩
荻原 浩
神様からひと言
大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。入社早々、販売会議でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異 動となった。クレーム処理に奔走する凉平。実は、プライベートでも半年前に女に逃げられていた。ハードな日々を生きる彼の奮闘を、神様は見てくれているや いなや…。サラリーマンに元気をくれる傑作長編小説。

★★★☆☆

読んでいて思ったのはあんまりリアリティがないかなぁと。
サラリーマンで、上の意見にビクビクしている人ってそんなにいるのかな?

典型的なYesマン。

前の会社の偉い人が一人そうだったけど、
他の人は上司に対しても間違っていることはNoとしっかり言っていた。
もちろん、私も言いたい放題。
だって、間違った方向に進まれて困るのは結局まわりまわって自分だし。

大体、人事をやれば簡単に首を切れないことはすぐ分かる。

最後のオチは賛否両論の分かれるところかな。
個人的には違う結末を期待していた。
最後まで頑張りぬいて、みたいなやつ。
なんか一番簡単な方法をとってしまった気がするんだけど・・。
それだったら最初っからそっちとっとけよと。

今回の作品はイマイチでしたが、荻原浩はちょっと気になる存在なのでもう少し読んでみます。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-11-06 00:10:26

陽気なギャングが地球を回す :伊坂幸太郎

テーマ:伊坂幸太郎
伊坂 幸太郎
陽気なギャングが地球を回す
嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、思わぬ誤算が。せっかくの 「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ! 奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス!

★★★★☆

またお気に入り作家が一人追加されました。

伊坂幸太郎。
この人の作品を表すなら、「ダンディ&クール」。

例えばこんな会話がそこら中で繰り広げられているわけですよ。

「驚いたか?」
「今までの人生の驚いた出来事ベスト三には入るな」
「一番目は?」久遠が訊ねてくる。
「祥子が、私のプロポーズに承諾したことだな」
「ああ、それはたしかに驚いただろうね。二番目は?」
「その後すぐに、祥子が『どうせ、いつもの出鱈目でしょ』と言ってきたことだ」
「いい話だね、それ」久遠が笑う。

こんな話が随所に出ながらも、話の本筋は硬派。
テンポ良く繰り広げられる物語に引き込まれます。
キャラクターも立っているし、凄いの一言です。

続きも既に購入済み。
楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-10-15 21:16:09

手紙 :東野圭吾

テーマ:東野圭吾
東野 圭吾
手紙
強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたび に、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動 を呼んだ不朽の名作。

★★★★★

東京からの帰りに、本屋をのぞいたら文庫化されていたので買って読みました。
前から気にはなっていた本だったけど、読んで正解でした。

強盗殺人を犯した兄。
でもその兄も犯罪を犯すべくして犯したのではなく、
弟のことを想っての行動が結果として強盗殺人になってしまった。

苛酷な現実に振り回される弟。
本人に非があるわけでは無いのに世間の風当たりはきつい。
何かあるたびに「犯罪者の弟」という眼鏡を通して見られてしまう。

でも実際、犯罪者の弟とか親戚という知り合いがいたらどうだろう?
もしかしたらこの本に出てきた登場人物のように、避けてしまうかもしれない。
ましてや、自分の子供がそういう人たちと接点を持つとなった場合、
避けるようになるかもしれない。

東野圭吾、ひたすら読まされました。
サプライズも無いけど後にズンと残る作品でした。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-10-15 21:11:24

ライオンハート :恩田陸

テーマ:恩田陸
恩田 陸
ライオンハート
いつもあなたを見つける度に、ああ、あなたに会えて良かったと思うの。会った瞬間に、世界が金色に弾けるような喜びを覚えるのよ…。17世紀のロンドン、 19世紀のシェルブール、20世紀のパナマ、フロリダ。時を越え、空間を越え、男と女は何度も出会う。結ばれることはない関係だけど、深く愛し合って―。 神のおぼしめしなのか、気紛れなのか。切なくも心暖まる、異色のラブストーリー。

★★★☆☆

異色のラブストーリーと言うか、異色のSFと言った方があっている気がする。
いろいろなシチュエーションでめぐり合う二人。
その”運命”が何故生じたかもちゃんと種明かしされてはいるけど、
ちょっとややこしいと言うか、分かりにくいと言うか・・。

最後の前の話で、幸せな感じはするけど、
ちょっと恩田陸の中ではイマイチな作品でした。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-10-02 19:00:00

ネバーランド :恩田陸

テーマ:恩田陸
恩田 陸
ネバーランド
舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」。冬休みを迎え多くが帰省していく中、事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた。ひとけのない古い寮で、4人だけの 自由で孤独な休暇がはじまる。そしてイブの晩の「告白」ゲームをきっかけに起きる事件。日を追うごとに深まる「謎」。やがて、それぞれが隠していた「秘 密」が明らかになってゆく。驚きと感動に満ちた7日間を描く青春グラフィティ。

★★★★☆

恩田陸、外れ知らず!
今回の作品も見事に引きずり込まれました。

「夜のピクニック」が好きな人は、間違いなく好きな作品。
高校生を書かせたらうまい人ですね。

にしても思えば自分たちの高校って真面目やったと思うわ。
男子校で隔離された場所にあったというのもあるけど、
女性との交流もほとんどなかったし、
酒やタバコとも全く縁のない生活。
ひたすら運動(筋トレ)の日々だったもんなぁ・・。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-10-02 10:47:54

悪いうさぎ :若竹七海

テーマ:若竹七海
若竹 七海
悪いうさぎ
★★★★☆

少女たちはどこに消えたのか?
家出中の女子高生ミチルを連れ戻す仕事を引き受けた私は、彼女の周辺に姿を消した少女が複数いることを知る。好評葉村晶シリーズ

この作品がシリーズということを知らずに、この作品からスタートしてしまいました。
これより前に2つあるみたいなので、それも読んでみたいと思います。

女性の探偵が主人公にもかかわらず、結構ハードボイルド。
事件自体もきつい事件なんだけど、ところどころにあるユーモアで全体としてはきつさを感じない。
この辺のバランス感覚が絶妙でした。

物語の最初のほうに「悪いうさぎ」が出てくる。
これがどう影響するかなと思っていたら、そういう持っていき方かと。
なかなかびっくりさせられました。

まだ一作しか読んでいませんが、次の一作がよければおいに入り作家に追加ということで。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-09-21 12:23:35

となり町戦争 :三崎亜記

テーマ:その他
三崎 亜記
となり町戦争
天才現わる!? 見えない戦争を描いた衝撃作。
ある日届いた「となり町」との戦争の知らせ。だが変わらぬ日常に、僕は戦時下の実感が持てないまま。それでも“見えない”戦争は着実に進んでいた。「清澄な悪夢」「傑作」と選考会騒然の衝撃作! 第17回小説すばる新人賞受賞作。

★★☆☆☆

この作品、評判が良さそうだったので読んでみました。
・・・、よくわからん。

非常にシュールというのが第一印象。
戦争のすべてがお役所仕事として進んでいく。
戦闘場所の決定やスパイ、予算編成までも・・。

たぶん、裏にいろいろなテーマがあって、
それを読む洞察力の深さを求められているんだろう。

でも、私には伝わらない。

その場での楽しさを求めて小説を読んでいるのだ。
難しいことを考えるためではないのだ。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-09-21 12:13:58

六番目の小夜子 :恩田陸

テーマ:恩田陸
恩田 陸
六番目の小夜子
津村沙世子―とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼 ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝 きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。

★★★★☆

先日、また大量に本を買い込みまして、
そのときに3冊ほど含まれてたのが恩田陸。
真夜中のピクニックとドミノですっかり魅了されてしまったのです。

その恩田陸のデビュー作品がこれ。

ミステリー・・、と思いきやどちらかというと青春モノなのかな?
高校という閉鎖的な空間で行われる伝承というか、何というか・・。
うちの高校にはあんまりなかったなぁ、そういう言い伝えみたいなもの。

ちょっと思わせぶりに書きすぎているところがあるけど、
エンターテイメント性の高い作品でした。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-09-18 20:28:29

空中ブランコ :奥田英朗

テーマ:奥田英朗
奥田 英朗
空中ブランコ
傑作『イン・ザ・プール』から二年。伊良部ふたたび!
ジャンプがうまくいかないサーカス団の団員、先端恐怖症のヤクザ……。精神科医伊良部のもとには今日もおかしな患者たちが訪れる

★★★★★

2004年の直木賞受賞作品。
前作「イン・ザ・プール」に引き続き、精神科医伊良部が治療を全く行わず患者の悩みを解決してしまう・・。
うーん、うまく説明できないな。

とにかく面白い!
みんなが精神科医の自分勝手なペースに巻き込まれてしまって。
読んだ後にほんわかする作品。
前作から読み始めてください!

ちなみに、第三作「町長選挙」が出版されているみたいですね。
近いうちに読みたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。