ひろのひとりごと

日本は財政危機ではありません。
日本にはびこっている財政破綻論に異議を唱えます。
「日本経済が頂点に立つこれだけの理由」にて作家としてデビュー致しました。
※当ブログのグラフは自由に使って頂いて構いません。


テーマ:
いつも応援ありがとうございますm(_ _)m


日刊SPA!にて記事を連載しています。
よろしくお願いします。

約半年ぶりの更新ですね。お久しぶりです。
なんで休んでいたのか?というと、単純に昨年、一昨年と色々あって疲れたというのが正直なところです。

色々というのは、ハーバービジネスオンライン、日刊SPAへの記事の投稿と、チャンネルくららへの出演、あとは仕事が様変わりして忙しくなったというところでしょうか。

おかげで平日は仕事、帰ってもブログ書いたり、記事を書いたり、土日はチャンネルくららの収録と資料作成、そのネタ集めをする・・・と、すっかり家族サービスがおざなりになってしまいました・・・

それでまあ、子供たちのストレスが爆発してしまいまして、なんかいろいろと大変な事態に(^_^;)
今では落ち着いていますけどね。

よくよく考えてみると、仕事と家庭だけでも両立が難しいのに、それにさらに執筆までやったら生活が破綻してしまうのはあたりまえの事でした。
自分自身も半分鬱のような状態になっていたので、結構やばかったのかもしれません。

で、半年の充電期間を経てぼちぼち再開と行きたいのですが、上記の理由によりあまり更新頻度は上げられないかもしれません。あしからず


さて、年明けてなんか反論(?)みたいなものを頂きましたが・・・
アベノミクスと雇用について
http://blogos.com/article/205039/
『アベノミクスが期待外れな結果しか残せていないことについてはいまや多くの人々が同意する所となりつつあるが、その一方で今も「アベノミクスは成功したんだ!」と主張する人々が強調するのは雇用の改善である。しかしながらアベノミクス開始以降、雇用が改善しているのは事実であるが、失業率や求人倍率の推移をみるとアベノミクスの前後で明確なトレンドの違いは存在せず、リーマンショックからの自律回復が続いているだけとも取れる結果である。

これに対し、アベノミクス支持派の主張は、「失業率だけをみれば確かにアベノミクスの成果は見えないが、労働力人口や就業者数を見れば、アベノミクスが雇用を大きく改善したことは明らかであり、同じ失業率の改善でも民主党政権下とアベノミクス以降では中身が異なる」というものである。誰がこの主張を始めたのかはよくわからないが、ざっとネットで調べた感じでは山本博一氏の「「アベノミクスは失敗」に反論。どうみても雇用は改善している」という記事が2015年に出されており、又最近では田中秀臣氏なども同じような主張を持ち出して「よくあるアベノミクス(のリフレ政策)への反論になってない反論の例:「いまの経済回復はリーマンショック後の世界経済復活のせい」「民主党政権時代から自殺率も低下し失業率も低下していた(のでアベノミクスの成果ではない)」」とやっている。』(後略)

私は労働力人口のトレンドが減少から増加に転じた事をアベノミクスの成果だとは断じてないんですがね。他に考えられる要素が無いのでそうなんじゃないですか~って程度。それにそれは話の本筋じゃありません

私が記事で言いたい事、本筋は安倍政権移行労働力人口が増加、つまり労働市場に人が増えているにも関わらず失業率が低下している点
民主党政権では逆に労働市場から人が退場(労働力人口が減少)しながら失業率が低下していたわけなんですが、、、

 

グラフは過去の私の記事(ハーバービジネスオンライン)より
「アベノミクスは失敗」に反論。どうみても雇用は改善している
https://hbol.jp/37370

この両者は同じ失業率の改善でも全く中身が違うでしょう?という話。

ちなみに彼の反論はこれだけど

●失業率はリーマンショック後からほぼ同じペースで改善しており、そこにアベノミクスの影響をみることはできない。
●一方、労働力人口や就業者数・雇用者数を見ると2012年後半頃から増加に転じている。


いやね、失業率については上で述べた通り。何度も言ってるけど、安倍政権下では、労働力人口(就業者+失業者)が増えているのにもかかわらず失業率が下がってるんです。民主政権では逆でした。

つまり

(安倍政権)
労働市場へ参加する人が増えている → 就業者数が増えなければ失業率が下がらない
※失業率に上昇バイアスがかかっている

(民主政権)
労働市場へ参加する人が減っている → 就業者数が増えなくても失業率が下がる
※失業率に下降バイアスがかかっている

ということなんですよね。安倍政権、民主政権では失業率にかかるバイアスが全くの逆方向なので、同じ失業率の低下でも全く別物ですよ。と私は述べているのです。

なのに、反論(?)記事はその事には触れず(たぶん理解できていない)に、労働力人口のトレンドが変わったタイミングはあーだこーだ全く的はずれな議論に終止しています。

全く私の記事に対する反論になってないですね。反論したいのであれば、安倍政権時と民主政権時での失業率低下が全く同じもの(条件)であることをきっちりと説明して頂きたいと思います。

あともう一つ、『トレンドの変化のタイミングは2012年後半頃からだ。アベノミクスの成果じゃない』についても、この方は2012年の前半に実施されたバレンタイン緩和を完全に無視しています。

2012年2月14日、当時の白川日銀総裁が、いやいやながらも、規模はショボいながらもアベノミクスと同じ量的緩和を実行しました。やったのが2月14日なので『バレンタイン緩和』と言われています。

この緩和で70円台だった為替も一気に80円を回復しました。

要は、2012年後半頃からのトレンドの変化も『量的緩和』の効果なわけで、この方は図らずとも量的緩和の効果を証明することに一役買ってしまった事になるんじゃないかと。

アベノミクスを否定したかったんだろうけど・・・
策士策に溺れるというかw

まあ、とにかく全く反論になってない。やり直し!ですな

ワークライフバランスの実現は難しいな と思われた方はクリックをお願い致しますm(_ _)m
  ↓

人気ブログランキングへ
 
 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

山本博一(ひろ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。