ひろのひとりごと

日本は財政危機ではありません。
日本にはびこっている財政破綻論に異議を唱えます。
「日本経済が頂点に立つこれだけの理由」にて作家としてデビュー致しました。
※当ブログのグラフは自由に使って頂いて構いません。


テーマ:

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m




どうも最近財務省が各国会議員に対して

『増税を延期すると国債の金利が1%上がって、利払いが10兆円増える』と吹聴して回っている様です。
これが俗にいう財務省による「ご説明」というやつでしょうか。

ここ最近の景気の後退をみて「このままでは増税できなくなってしまう」という、財務省の危機感の現れなのだと思いますが、この「ご説明」により籠絡される議員が出てこないか少々不安です。

というわけで、この嘘をここで論破しておきましょう。

まず、金利が1%上がると利払いが10兆円増えるという計算根拠は以下の様なものだと思いますが。。。


政府債務1000兆円 × 1% = 10兆円


でも、実際はこの様に単純にはいきません。

というのもこの政府債務残高1000兆円は既に発行されている国債ですので、いくら現状の金利が変化しようとこれらの既発の国債金利は変動しません。

一部物価連動債や金利変動型の国債はありますが、全体から見るとごくごく一部であり、発行されている国債の大半が固定金利のもの。金利上昇分が適応されるのは新たに新規発行された国債からになります。

したがって、たとえ1%金利が上がったとしても10兆円利払が増えることはありません。

ちなみに今年度の新規国債発行額は186兆円ですので、もし仮に1%金利が上がった場合の利払増加額は

186兆円 × 1% = 1.86兆円

となります。財務省の「ご説明」は実に5倍以上もサバを読んでいたわけです。非常に悪質であると言わざるを得ません。

※出典 財務省


また、更に政府の利払について深堀りしてみますと・・・

金利が上昇すると利払い費として出ていくお金だけではなく、当然入ってくるお金、政府の利息収入も増えます。

政府が保有しているのは負債だけではありません。
500兆円近くの金融資産、580兆円の非金融資産(土地、施設など)をもってます。

金利が上昇すればこれらの資産からの上がり(利息収入)も当然増えるはずです。
(非金融資産からの家賃収入などはそれほどでもないと思いますが)

そこでOECDのサイトには各国政府の利払い収支対GDP比の統計データがありますが、これから日本政府の純利払い費(利払い収支額)を計算してみます。
(純利払い費= 利払い費 - 利息収入)

なんと、2006年と2007年は純利払い費がマイナス。つまり利払い費を利息収入(所得収入)が上回ったということです。
この時期は実感なき経済成長とは言われていましたが、バブル崩壊後初めて日本の景気が上向いた時期でした。

つまり経済成長してしまえば利払い費については問題にはならないのです。

増税を強行し、低成長を維持してしまう事の方が返って利払い費を高騰させ、税収も減って日本財政を圧迫してしまうことになるでしょう。

昨年度の名目GDP成長率は1.9%。10%増税を回避し、税率を5%に戻せばこれくらいの成長は可能。利払い費の高騰を気にするならば、むしろ増税は絶対に回避するべきです。

その一方で財務省は何をしているのかというと・・・

国債の大量買い防止 財務省検討、発行の半分までに制限
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H0B_V11C14A0MM0000/
財務省は国債入札に上限制を設ける検討に入った。1回の入札で証券会社や銀行が応募できる金額を発行予定額の2分の1に制限する案が有力で、2015年度にも実施する。一部の金融機関に落札が集中するのを防ぐ。市場での売買を活発にし、価格の透明性を高める狙いもある。


国債があまりにも買われすぎるので、入札業者一社当たりの購入上限を設けようと画策しているのでした・・・
こんなことやりながら、「国債が買われなくなって金利が上がっちゃう」と吹聴するとか、財務省の二枚舌には呆れる他ありません。

財務省さん、国債は破綻するの?しないの?どっちなの?

財務省のご説明のウソについてはこちらもご参照下さい。
   ↓


財務省の「ご説明」は嘘だらけ。増税を強行し景気を悪化させた方が利払い、債務の負担は多くなる! に納得された方はクリックをお願い致しますm(__)m
  ↓

人気ブログランキングへ

※自著の「日本経済が頂点に立つこれだけの理由」が彩図社より出版されております。
  よろしくお願い致します。


フェイスブックツイッターもフォローお願い致しますm(_ _)m
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

山本博一(ひろ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります