ひろのひとりごと

日本は財政危機ではありません。
日本にはびこっている財政破綻論に異議を唱えます。
「日本経済が頂点に立つこれだけの理由」にて作家としてデビュー致しました。
※当ブログのグラフは自由に使って頂いて構いません。


テーマ:

毎日新聞相変わらずですね(-_-;)

社説:視点:財政再建 北欧の大変身に学ぶ=福本容子
毎日新聞 2013年02月14日 02時30分
http://mainichi.jp/opinion/news/20130214k0000m070122000c.html
『 欧州に財政の優等生国がある。単年度の赤字はほぼゼロ、国の借金残高も12年末推計で国内総生産(GDP)比49%とユーロ圏平均の100%や日本の214%よりはるかに少ない。リーマン・ショックからも、いち早く脱出し、好調を続けている。北欧のスウェーデンだ。
 ただ、いつも優等生だったわけではない。90年代前半には厳しい経済危機を体験した。深刻な不況と金融不安、債務危機に見舞われ、失業率は一時2桁に達した。最近のスペインのような窮状にあったという。
 どうやって大変身を遂げたのか。いきさつが、先月東京で開かれた国際シンポジウム「財政をめぐる選択-新たなルールか、それとも危機か」(財務省財務総合政策研究所・アジア開発銀行研究所共催、一橋大学・毎日新聞社協賛)で紹介された。
 危機に陥ったスウェーデンが採用したのは、高い財政健全化目標だった。93年にGDP比約12%と先進国で最悪水準だった財政赤字を97年までに3%以下、98年にはゼロにするものだ。また達成後は平均でGDP比1%の黒字確保をルールとした。
 その実現のため、3年先まで歳出の上限を議会で決めておく予算の枠組みを作り、改善が一過性のものに終わらないよう、財政を点検する有識者の委員会「財政政策評議会」を設立した。議会(1院制)の任期を3年から4年に延ばし、選挙に影響されにくくもした。そして、インフレ目標採用と同時に中央銀行に高い独立性を与えた。
 予想以上の成功を収めた秘訣(ひけつ)は、与野党問わず政治家が財政再建に本気になったことだ。短期間の急激な健全化は当然、増税や歳出削減による痛みを伴う。失業保険の給付額削減など社会保障にもメスを入れた。それを政治家が実行できた裏には、国民からの要請があった。「財政規律を重んじない政治家は有権者から見放された」。財政政策評議会のヨアキム・ソネガード事務局長の説明である。
 財政再建と同時に、長年先送りしてきた税制改革、年金改革、規制緩和も一気に進めた。危機を「改革の好機」(同事務局長)と最大限利用し、競争原理の働く経済に生まれ変わった。
 日本が試されているのは、厳しい経済危機が起こる前にスウェーデンのような改革を始められるかということだ。借金残高も国の規模も日本はスウェーデンの比ではない。つまり危機になってから「改革の好機」などと言える余裕は恐らくないのだ。その重大さを日本の政治家と国民がどれくらい早く、強く感じられるか、である。(論説委員)

スウェーデンは優等生と言うことなのですが、政府債務対GDP比を見てみると・・・・

 グラフ保存

出典 IMF

確かに増加し続ける日本を尻目にスウェーデンの政府債務対GDP比はどんどん減り続けていますね。
しかし、記事中に90年代前半にスウェーデンは財政危機に陥ったと書かれていますが、その当時のスウェーデン政府の債務は日本とほとんど変りません。

なんでスウェーデンは財政危機に陥っていたのでしょうか?

その秘密はこれですね。経常収支赤字。
出典 IMF

スウェーデンは80年に入って進められた「金融自由化」により不動産や株式のバブルが発生。海外から多額の投資を受け入れて経済を急成長させた為(10年間でGDPが約3倍にふくれあがっています)、経常収支は赤字に。つまり対外純債務を積み上げていたということです。

やがてそのバブルが弾けて景気が減速。不動産、株価が暴落したため、資金が引き上げられ(キャピタルフライト)、スウェーデン国内には多額の対外債務だけが残ったと・・・
他人のカネで成長した経済がはじけ飛んでしまった、つまりはそういうことです。

日本もバブルにはなりましたが、バブル景気の間も経常収支は黒字で推移しています。(84~90年前後)
つまり、自分たちのカネで膨れ上がったバブルであったため、資金の引き上げ(キャピタルフライト)は起こらず金融危機にはなりませんでした。
その代わり需要が落ち込んでデフレにはなりましたけどね。

しかしまあ、これだけ状況が違うのに日本はスウェーデンを見習えとは良く言ったものです。
経常収支は常に黒字で世界一の対外純資産国。外国に借金・・・はおろか海外にガンガンお金を貸している様な状況ですからね。

もうこの時点で毎日の社説はでたらめだと言ってしまって構わないと思うのですが、もう少し続けますw


で、この毎日の社説では、

「スウェーデンが財政健全化できたのは高い財政健全化目標、歳出削減のおかげだ」

と言っているわけなのですが、とんでもない。
これ、日本とスウェーデンの政府支出の推移ですが、(1990年=100)
出典 IMF

あれま・・90年代の政府支出推移は日本とたいして変わらないじゃないですか(^_^;)
しかも2000年に入ってからの日本の緊縮財政っぷりが凄まじい。

日本はスウェーデンよりはるかに厳しい緊縮財政を行なっているのになんで財政は悪化し続けているのでしょうか?教えて毎日さん。


というか、スウェーデン経済が復活したのは財政規律を守ったから・・・ではありません。
金融危機発生後、経常収支が大幅に改善し、対外債務が縮小したためです。

なぜ経常収支が改善したのか?
それは金融危機発生による通貨暴落ボーナスです。

Source: tradingeconomics.com


危機が起こった92年にスウェーデン・クローナが暴落したため輸出競争力が増加したんですね。
これのどこに日本が学ぶべきところがあるのか私にはさっぱりわかりません。

学ぶべきはこっちでしょう。
出典 IMF

スウェーデンは大幅に経済成長しているのにもかかわらず、日本は全く成長していません。
これでは政府債務対GDP比が日本だけ膨らんでしまうのも無理はないのではないでしょうか。

ですから、日本に必要なのは歳出削減ではなく経済成長ですね。
その経済成長に必要なのは歳出拡大です。
出典 IMF

政府の歳出拡大と経済成長には密接な相関関係がありますので、政府が支出を拡大すれば名目GDPが成長し、政府債務対GDP比が圧縮されることになります。

よく、アベノミクスは財政問題を無視していると言われますが、とんでもないですね。
むしろ財政問題を解決するためにこそアベノミクスによる歳出拡大、経済成長が必要なのです。

・・・あと、ちょっと余談ですが、このスウェーデンの経済を調べていると妙なことに気が付きました。
出典 IMF

日本、スウェーデンの公的債務の推移(2000年=100)ですが、スウェーデン政府は全く債務を増やしていません!!
いやはや驚きましたねこれは。

普通資本主義において経済を成長させるには、誰かが借金をして、信用創造を働かせマネーストックを増大させ、そのお金をぐるぐる回してGDPが増えるわけです。
この30年間スウェーデンのGDPは6倍以上に増えておりますので、マネーストックは当然増えているはずだろ?と思って調べてみたら。

Source: tradingeconomics.com

やはり増えていました。

つまり、政府は借金を増やさず信用創造を放棄しているわけですから、政府以外の誰かが借金を増加させてマネーストックを拡大したということになります。
その誰かって一体誰なのか?

ハイ、もう政府以外には民間しか無いですね。
よって、今のスウェーデンの民間債務はとんでもない額にまで膨れあがっているのではないかと予想します。
(時間があったら実額を調べたいですが、民間債務を掲載しているサイトってなかなか無くて・・・)

スウェーデンは高税率で有名な国です。つまり、国民が借金をしてそれで得た資産を政府が税金として吸い上げているという構図になっているのではないでしょうか。

日本のマスコミは、

「スウェーデンの政府債務比は日本に比べて格段に低い。素晴らしい!」

と言っていますが、蓋を開けてみれば何のことはないスウェーデン政府の低い政府債務対GDP比は「国民の借金の上」に成り立っていたのです。

なんというか、政府の債務を減らすのが政府の役目なんですかね。
「救世済民」の意味を再確認させられました。


このような民間の借金に偏った経済成長はどこかで限界が来ると思います。スウェーデンはどうなってしまうのか心配です。

逆神がスウェーデンに学べ!と言っているのも偶然ではないと思うんですよね~

大前研一の日本のカラクリ

http://president.jp/articles/-/8304

経済、政府の役目は国民の生活を豊かにすること。けっして政府の借金を国民に押し付けるのが役目ではない と思われた方はクリックをお願いしますm(__)m
   ↓

人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(31)  |  リブログ(0)

山本博一(ひろ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります