ひろのひとりごと

日本は財政危機ではありません。
日本にはびこっている財政破綻論に異議を唱えます。
「日本経済が頂点に立つこれだけの理由」にて作家としてデビュー致しました。
※当ブログのグラフは自由に使って頂いて構いません。


テーマ:

どうもマスコミは単純に
政府支出を減らす = 財政が良くなる

と考えているようですね・・・

13年度予算案:決定 借金まみれ一直線/復興重視アピール(その1)
毎日新聞 2013年01月30日 東京朝刊

http://mainichi.jp/select/news/20130130ddm010010136000c.html
『 政府が29日閣議決定した13年度当初予算案は、4年ぶりに税収が新規国債発行額を上回り、一見すると財政が好転しているように見える。しかし、足元の景気を下支えするために編成した12年度補正予算案と一体で見れば、新規国債発行額は50兆円規模に上り、借金の増加に歯止めがかからない。当初予算ベースでは4年ぶりに公共事業も増え、小泉政権や民主党政権で進んだ公共事業縮小の流れを転換させた。東日本大震災からの復興事業費もどこまで膨らむか見通せず、先進国最悪の財政がきしむ音はより大きくなった。

 ◇国債残高750兆円 37兆円増、先進国最悪

 13年度当初予算案の新たな借金(新規国債)の額は、税収見込み額(43兆960億円)を下回ったといっても、なお42兆8510億円に上る。このため、13年度末の国債発行残高は12年度末見込み額に比べて37兆円増の750兆円と、過去最悪を更新する見通し。国と地方の債務残高(国債と1年以上の長期借入金の合計)は同35兆円増の977兆円となり、先進国で最悪の財政状況は深刻さを増す。
 安倍晋三首相は「財政規律にも配慮した」と強調するが、実態は異なる。政府は、新規国債発行額とは別に、年金の給付に充てる財源を借金で調達する方針で、これを含めた国債発行額は約45兆円。政府は「消費増税で返済することが決まっている借金だから、別に勘定している」と説明するが、その分、将来の消費税収を前借りしていることになる。
 安倍首相が官房長官・首相として予算を編成した06、07年度の新規国債発行額は30兆円を下回っていた。しかし、その後はリーマン・ショックや東日本大震災といった危機への対応で歳出が拡大。一方で税収は低迷が続き、歳入のどれだけを国債発行に頼っているかを示す国債依存度は13年度当初で46・3%になる。12年度(47・6%)より改善したが、当初ベースでは過去4番目と依然高い。
他の先進国も借金に悩まされているが、日本の状況は突出して悪い。国内総生産(GDP)比の借金残高を見ると、日本は214%に及ぶ。米国や英国、フランスでも08年のリーマン・ショック後に急速に上昇したとはいえ、100%前後にとどまる。いずれも90年代後半に財政健全化を進めていたため、悪化に歯止めがかかっているのだ。


この記事だけを見ると

日本は歳出拡大を抑えられないから財政が悪くなっているのだ。

と、思われがちですが、G7の歳出の推移を見てみるとそんなのは嘘っぱちであることが分かります。
出典 IMF

G7の中で日本が最も政府支出を拡大していません。
2000年から日本の政府支出は減少、横ばい状態ですね。

政府債務についても、
出典 IMF

他国と比べ日本は飛び抜けて速いペースで負債を拡大しているわけではありません。
他のG7各国とだいたい同じペースですね。

よくマスコミは

「国の借金残高過去最高を更新!!」

とかバカな報道をしていますが、こんなの日本以外の国も年がら年中過去最高を更新してますので、珍しくもなんともない。
政府の負債は増加していくのが当たり前なんですから。

しかしながら、他の国と同じペースで債務を増やしているハズの日本の政府債務対GDP比ですが・・・

  グラフ保存
出典 IMF

とまあ、飛び抜けて増大しております。
この理由はなんなのか、考えられる理由は1つだけです。

  グラフ保存
出典 IMF

経済成長していないから、これ以外に考えられません。
他国の名目GDPはガンガン成長しているのにもかかわらず、我が国日本は地を這うような低空飛行・・・

政府債務対GDP比 = 政府債務 ÷ 名目GDP

ですので、分母の名目GDPが成長しなければ政府債務対GDP比、つまり財政が良くなることはありません。

じゃあ、どうやって名目GDPを成長させるのか?
これは先進諸国の過去30年間の政府支出増加率と名目GDP税調率の平均の関係を示したグラフ(散布図)ですが。

  グラフ保存
出典 IMF


ぱっと見て分かるように政府支出増加率が高い国ほど名目GDPが高い傾向があるのがわかります。
でも、よく考えてみると当たり前といえば当たり前です。

GDP = 政府最終消費支出 + 公的固定資本形成(公共投資) + 民間投資 + 民間最終消費支出 + 純輸出

ですから、政府支出を増やせば名目GDPが増える。 というわけです。


つまり、一番最初のグラフを見て頂ければ明らかなのですが、日本の犯した過ちは「政府支出の拡大」を止めてしまったことです。

・政府支出を削減したために、名目GDPの成長もストップ。
・名目GDPの成長が止まったために税収が減少する。
・税収減少分を補うために国債発行 → 債務の増加スピードが他国と同程度なのはこのため

結果 名目GDPが成長しない中、債務だけが増加するという最悪の状態に。

これでは政府債務対GDP比が増大してしまうのも無理はありません。

最後に、引用元の記事に

「フランスでも08年のリーマン・ショック後に急速に上昇したとはいえ、100%前後にとどまる。いずれも90年代後半に財政健全化を進めていたため、悪化に歯止めがかかっているのだ。」

と、書かれていますが、フランスと日本の明暗を分けたのはこれでしょ。

  グラフ保存
出典 IMF

政府支出の拡大を続けたフランスは政府債務対GDP比が100%前後に留まった。
一方「政府支出削減 = 財政がよくなる」という『マスコミのウソ』を信じて政府支出拡大を止めてしまった日本は債務比が200%を越えてしまったと。


しかし、この記事を書いた記者は一体何を見て「フランスは財政健全化を進めていた」と主張するのでしょうか。
いやはや謎ですw

また、今回の予算についてのマスコミ各社の論調はほとんどこんな感じですよね。

「デフレ、景気対策に偏りすぎて、財政問題が置き去りにされている」


いやいや、むしろデフレ、景気対策を疎かにして財政問題を解決できるのかって話です。

いい加減にこの手のいい加減な報道は止めにして欲しい。


借金まみれ結構! 財政健全化とは成長することと見つけたり! と思われた方はクリックをお願い致しますm(_ _)m
   ↓

人気ブログランキングへ



AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

山本博一(ひろ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。