持分変動損益

テーマ:

近頃、大型の持分変動損益が見られます。

持分変動益とは、子会社や関連会社などがIPOなどをした際に連結上親会社の持分が減り、少数株主持分が増えるのですが、取得原価ベースで計算されていた親会社持分の一部がIPO価額で少数株主持分に移転することから生じる連結上の株式売却益類似のものです。

ただし、実際に株式を売却するという取引があるわけではないので単体上では実際の株式売却まで利益は計上されません。


この原因としては新興市場によるIPOの活発化、が考えられます。

中国で顕著ですが、非上場企業によるIPOが非常に活発になっています。

米会計事務所EYの調査によれば2008年度で1兆円規模のIPOが引き続き予想されるというレポートがあったのを覚えています。中国政府も上場に対して積極的な姿勢を見せているようです。

2007年度はアリババドットコムが香港において上場しましたが、これによって33%を保有していたソフトバンクは550億円の持分変動益が予想されています。

また、住友化学でも石油関連の関連会社がサウジアラビア市場に上場したため280億円の持分変動益が予想されています。


投資資金が流入する市場において積極的に事業売却ないし投資イグジットを進めるような場合には、持分変動損益が生じます。多額の持分変動損益が発生した場合は、それは株式の一部売却とみなして、親会社(投資元)の経営戦略を眺めたりしています。

AD

JAL (raising capital of $3bn)

テーマ:

Today's 3rd theme is JAL, which is expected to raise capital of $3bn in near future.


Though the new stocks seemd to be preferred stocks, It's not clear weather the preferred stocks are convertible to ordinary stocks. If possible, a huge dilution occur. Assuming all stocks are convertible to ordinary stocks, given the equity value of JAL is about $7bn, a dilution effect would be 40%.


As you know, the company issued a lot of new equities, equal to 20% of issued stock, and about $1.4bn in July last year. That also caused a signifcant chinese wall doubt on Mizuho group, which was both lender and underwriter. A share price was down 30% from about \300 to about \210 due to a dilution effect.


Recently, the price has been between \250 and \270. Though Nikkei did not mention if new stock was convertible or not, the price was down about 5% from \270 to \255 on December 28.


JAL is in very difficult situation. Of course the company's financial condition has not been good for long time. In addition, huge capital raising has caused equity investors sensitive to JAL's capital strategy so that JAL does not take any action which decline a stock price more. On the other hand, JAL needs to maintain thier credit from borrowing money.


Issuing stocks without convertible rights seems to be main answer, but not limited. Fortunately domestic trading companies are expected to underwrite the stocks. This issuance will be a private placement and innovative provisions may be included.


For issuing preferred stock, they need to hold sharehoklders' meeting and change an article of corporation. So JAL is probably taking much care of their shareholders.

AD

冒頭にパキスタンのブットさんのご冥福をお祈り差し上げます。このたびの卑劣な犯行には強い憤りを感じるばかりです。一日も早いパキスタンの安定回復をお祈りします。


----


Today's theme is bond assurance companies.


The business model is to give low grade bonds high ratings such as AAA using their high ratings. In return assurance companies receive assurance fees from bond issuers. In Japan, we don't find such kind of business because banks have a lot of funds to lend and companies can borrow the money from banks directly without issuing bonds


In USA, Berkshire Hathaway was reported it was expected to receive a license for bond assurance business from New York regulator. This led share prices in MBIA and Ambac, both are major players in bond assurance field, down about 10% respectively on December 27.


Amid a sub-prime turmoil, almost all bond assurance companies struggled to maintain their credit rating of AAA. Fitch ratings has alerted without raising capital equal to $1bn (about \100bn) they would downgrade the credit ratings three notches or more.


If the ratings are downgraded under AAA, institutional investors who hold bonds assured by downgraded assurance companies would impair the bonds. That leads additional valuation losses for non-structured bonds. The impact would be broad and the amount is crucial for institutional investors.


Given that BH keeps high credit rating, such new player will be welcomed by both bond issuers and bond investors. BH probably is afraid of the downgrade of assurance companies also, and for BH new entry means not only entering into new business for future growth but also defend value of bond they hold from downgrade risk.

At the moment I'm not sure which more important objective is for BH...


In financial market, risk transfer system is so sophisticated that certain problem would cause second losses or third losses in other fields.

AD

順調な?中国経済

テーマ:

まずはJAL関係。

今日、日本証券業協会会長の安東さんがJAL公募増資に不満を漏らしたようです。

「発行する企業には投資家に無用の混乱が生じないよう説明する責任がある」(Nikkei Net 7/18)


そして株価関係。

日経平均は前日比408円下落の14,427円。

いろいろ総合すると地政学リスク、金利上昇、景気楽観の後退、新興市場の大幅下落による投売り等々によるようです。


ところで今日目にとまったのが

中国の4―6月期の国内総生産(GDP)が前年同期比で実質11.3%増えたというニュース(Nikkei Net 7/18)

やっぱり中国は景気いいな。伸びているな。と思いましたが実は手放しにも喜べないようです。

不動産投資の過熱感がみられるからだそうです。


80年代の日本は消費が経済を伸ばしましたが、今の中国は投資が経済を伸ばしています。

投資主導を消費主導に変えていかないと過剰供給・過剰生産のリスク(バブル崩壊のリスク)があるとWBSのコメンテーターは言っていました(Just Now!)。

へえー。


今日の深セン市場では更なる金融引き締め懸念が市場の重しとなっているみたいですね。

[記事]

新日本製鉄の三村明夫社長は16日、鉄鋼世界最大手、ミタル・スチール(オランダ)のラクシュミ・ミタル会長と京都市内で会い、提携関係を継続することで合意した(Nikkei Net 7/17)


[コメント]

世界最大の製鉄会社ミタルが世界2位のアルセロールを合併(事実上の買収)したことに対し、日本の製鉄会社は敵対的買収の危険に脅かされてきました。

対策として神戸製鋼、住友金属との持ち合いや買収防衛に関する合意を行い(06年3月)、買収防衛プランを導入し(06年3月)、三菱UFJ銀行との持ち合いも復活させました(06年5月)。

1,000億円を上限とする自社株買いも実行中です。


アルセロール時代に結んでいた提携関係を合併後のミタル・アルセロールとも継続できることは、新日鐵経営陣にとっては敵対的買収される危険性が少なくなり、安心できる材料のように思います。


しかし鉄の再編はまだまだ予断を許しません。

資本効率を高めて資本市場から評価を得られる経営が求められ続けます。


以上