*あいのひろ~心のドアをノックして 

あいのひろ学園主宰。八王子にて、心理カウンセラー・アートセラピスト・チャイルドセラピスト・夢かなマップインストラクター・TCカラー講座開講。八王子市・立川市・多摩市・水戸市など主催講座講師。著書「なりたいあなたになれる夢をかなえる魔法のマップ術」他


テーマ:

「人って、


もらったものを、


あげるものなんだな・・」って思った出来事がありました。



それは先日のできごと。



ご両親から優しさを与えてもらえない境遇の子と、


接する機会がありました。



親から、暴力と厳しさを受けているその子は、


問題行動が多い子と、


周囲から見られていました。



「こっちにおいで」って


その子の肩に触ろうとした瞬間、


怒られ慣れているその子は、


おびえて、私の手をさっとかわしました。



手を挙げられると思ったのでしょうか。



それを見て、


「大人を信じられてないんだな・・・」と、


悲しい気持ちになりました。



そして彼は、


会話中、私を警戒して、


ものすごい変化球を投げてきました。


「目の前のこの大人を本当に信じていいのか」と、試しながら。



でも、やがて


少しずつ打ち解けてくると、


かわいい笑顔がたまに顔を出すんです。



それは、ほんとうのこの子は、


周囲が決め付けてる性格ではないんだろうな


と思えるほどの、無邪気な可愛い表情でした。



この子に必要なのは、


算数や国語より


人を信じるってこと


なのかもしれないって、


思いました。



この子が、


親からの愛情や優しさを、


受け取れてないとしたら、



親から受け取っているものが、


恐怖を伴った力の痛みだとしたら、



周りを惑わす行動に出るのも、


仕方がないのかもしれない


と思いました。



わたしだって、


イライラする出来事があったときは、


つい、周りにあたってしまうこともあるし、



誰かに優しくされたら、嬉しくなって、


誰かにしてあげたくなる。



そこでハッとしました。



もし自分が誰かに優しくできたとしたら、


もしかしたら、それは、


誰かからかつて優しさをもらったということなのかもしれないなって


思ったんです。



あの子だって、


そういうの、たくさんもらえたら、


きっと誰かにあげられる。



もらえてないから、


あげられないだけなのかも。



そんな気がして、


いてもたってもいられなくなって、


それを仲良しさんに話したら、


こんな素敵な言葉をもらいました。



「人って本来、みんな、優しさの火種をもっているんだよ。


優しさの灯火ってね、


そこだけを見てあげて、


そこだけに問いかけて、


両手でつつんであげて、


『あったかいね』って言ってあげるんだ。



ともしびに優しく話しかけてあげると、


ゆらゆらと優しく揺れる。



そうするとね、


まわりの黒い影が消えて、


元のその人に戻れるんだよ。


そして


そのともしびは一生ともり続けるんだ」と。



そうだよね。ほんとに、そうだよね。


とてもとても心に沁みました。



フッて強い息をふきかけてしまうと


すぐ消えてしまうような、ともしび。



優しく両手でつつんであげたら、


ゆらゆらと優しく揺れるのかもしれない。



きっと、あの子のともしびも。


自分の周りにいてくれる人の、ともしびも。



今日の名言


「草の実」

私を
信じたのかい

ズボンの裾に
しがみついている草の実よ


by 星野 富弘さん

今日も数あるブログの中から、私のブログに遊びに来てくださり

どうもありがとうございます。


素敵な一日を☆


ペタしてね





いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)

チャイルドセラピスト*あいのひろ さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります