2013-07-25 22:20:00

もう一つのNew Breath…

テーマ:ブログ
毎日暑いですね(^^)あせる

喉が乾いた時は

既に脱水症状です汗

なるべく

チビチビとあせる

常時水分補給を心がけましょう(*^。^*)

さてさて

舞台の本番が近づいてくると

話題はどうしてもいつもそっち寄りに

なってしまうま


ご存知のように今回は

CLASS-A BALLET全体の公演

なのでCABYSの話をしても

仕方ないんですけどあせる

でもたまたま

最近の"キャビブロ"に

CABYSに復活しました~♪

的なブログがアップされたので

その件に関しては

僕にも多少なりとも

関わりがある以上ニコニコ汗

先ずはそこを素通りせずに

触れておきたいと思いますグッド!

復帰してくれたのは

Fumika虹(松本史佳)

今回は彼女のことをどうしても書いてお

きたいと思ったので、書きますから

どうしても読んでください(・_・)

本人も文中で

CABYSを

こともあろうに本番に向けた

稽古の真っ只中に(笑)

しかも!

Hiro Asari初の

スーパーオリジナル

エキセントリック&ファンタスティック

&インプレッシブ& スペクタクラー

バレエ作品なのに(>_<)(笑)

にもかかわらずそのタイミングで

去る決意をしたことを

自分なりにいろいろ葛藤した上の…

とあの子らしく

サラッと書いてましたが(^.^;

実際は

そんなものでは無かったはずですあせる

もともとCABYSという名の

ユニットを発足させた目的は

"たとえ自他共に認める条件で無くとも、観る人の感情を揺さぶる舞台をしたという経験をする"

といったものでした

もちろんそれは今でも

決して変わることはありません…

本来バレエは

残念ながら

一生懸命目指す者すべてを

受け入れてくれる世界

ではありません汗

これについてあれこれ

説明する余地はないでしょう…

当初、CABYSのほとんどのメンバーが

"そこ"に当てはまることは無かった…のは事実

でも僕は

バレエをして多くを兼ね備えた

人間だけが

人を魅了する権利を

舞台上で輝く権利を手にすることが

出来る

という世界に

正直納得いかなかったし

軽く壊してみたくなった(^^)

ていうより

むしろそんなバレエを愛して止まない

観客たちに

"あれ?なんかワクワクさせられてる…"

みたいな(^^)"新しい感情"を経験して欲しいなと思ったのかもあせる

で当然それをさせるのは

CABYSだと…

彼女たちが醸し出す

そのなんとも言い難いエネルギードンッ

特に当初のメンバーたちは

日々ほんとに

いろんな意味で

"鍛え抜かれた"と言えるあせる

オヤジも燃えに燃えてた(笑)

でもそれは

彼女たちが火を付けてたわけですメラメラ

そしてそれに比例して

まさにメキメキ

変わり始めました

その中で…

今回のふみかが一人。。

正直どうしても周りについていくのが

辛そうでした

それでも彼女は必死に

そして果敢に取り組んでました

だって

周りが普通に3回転してる時

ふみかは1回転すら危うかった。。

でも僕は

知らん顔してた…

そりゃ

辛かった…

だって

そこに放り込んでるのは

誰でもない自分だもん

内心苦しくないわけがない…

この時期

彼女にとっては毎日が必死だったはず

実は…

今だから言える(^^)あせる

ふみかが「CABYSを抜けたい…」

と言ったのは

一度ではなかった(きっとメンバーも知らない(_ _;)

ある日僕に辛そうな顔をして

「CABYSは…私には…。みんなに迷惑を…。辞めようかなと…」

目に涙を浮かべて

そう言ってきた時があったんです

その時は彼女にこう返しました

「ふみか、俺の性格知ってるよね?もしほんとにお前がCABYSに相応しくないとか迷惑かけてるとか思ってたら、俺正直に言うと思わない?」

彼女は頷きました

僕は笑顔で

「心配するな、もしそんな時が来たら俺が正直に伝えるから、だから今CABYSは間違いなくお前を必要としてるんだよ」

その時のふみかは

もう一踏ん張りしてみる約束をしてくれました

でもその結果

やがて3回転をクリアーするようになり

演技の部分では

「自分なりに考えてきたんですけど
聞いてくれますか?こうやっていいですか?」

すべてに対して懸命にベターを目指す…

ある時教師の一人が

「ふみかちゃん綺麗…」

とつぶやいた。。

偶然

自分も同じような目で見てた

人間てそんなもんだよなぁ…って思ったなぁ(^^)

さらに!

プロでも音を上げる

CABYS地獄のお家芸(笑)

"Asariステップ"(スタッフ命名)あせる
(速いDASH!!苦しいドクロ!素晴らしいラブラブ(笑)

がこれでもかと組み込まれた

CABYS第一回作品「All That Ballet」

及びCLASS-A BALLETアンベールシリーズ「白鳥の湖物語」

も周りのメンバーと一緒にしっかりと乗り切りました

そして満を持しての

CABYS第二回作品!

バレエ「スパニッシュサファイア5」

例に漏れず

厳しくも熱気溢れるリハが進む中

夜ふみかが電話をかけてきました

電話口の声はすでにとても辛そう…

彼女は思い切るように話始めました

「今になって本当にすみません…」
から始まって、メンバーやスタッフのみんなへの迷惑を承知の上で悩みに悩んで
絞り出した決断

この時点でCABYSを抜けさせてください…

自分が将来アナウンサーになりたいこと

その為にどうしてもある高校に合格しなくてはならないこと

自分の実力からして今から集中しなかったら、後悔してしまうこと

周りにかける迷惑を考えると苦しくて仕方ないけど…

彼女の一語一句が

事前に用意したものではなくて

紛れもなく今本人の中から思わず

飛び出してきているのが伝わってきた…

必死で喋ろうとするが嗚咽して

うまく話せない

それでもなんとか続けて

僕が過去に伝えた言葉

その時自分が感じたこと…

驚いた…

こんなに的確に

しかも深く

人の話を自分の中に留め置いてるなんて

その時思った

きっと他のメンバーもそうなんだろうなあせる
こりゃ今後はもう少しカッコいいことほざいとかないと…ってべーっだ!(笑)

僕には

もう返す言葉は一つしかなかった

「ふみか、お前がしてくれた話。100%正しいと思う。大賛成だよ。俺でもそうしてる。大丈夫、他のメンバーもきっと理解してくれるよ。」

前にも書いたけど

この時期のCABYSの子たちは

なんかカッコよかった(*^。^*)

とにかく逃げるとか

屈するとかを絶対にしなかった

だから過去になんとなく

そんな形で去ることになった

元メンバーの子たちのことを

今も悪くなんか絶対に思ってないし

本人(親御さん?笑)の意志だから

仕方ないって受け入れてるのがわかるけど

でも逆に

一切話題にもせずに前を向いて進むだけΣ(´∀`;)ってところが

なんかすごい(^.^;

僕がたまに思い出して

「○○今どうしてるんだろうな?」

って振っても

いつも困った顔して苦笑いでかわされる

でもその彼女たちが

ふみかが下した決断に関しては

快く受け入れた

それが逃げからではなく

勇気の決断だとわかったからだろう

だから彼女だけは

その後も変わることなく交流が続いていた

そんな彼女の

今回の復帰が

今の

そしてこれからのCABYSにとって

まさに

"New Breathe(新しい息吹)"

となって

CABYS本来の精神とエネルギー

が再燃し始めてくれることを

おっちゃんは強く願う

今日このごろな訳ですラブラブ!グー

ふぇ~スッキリしたあ( ´∀`)あせる

あッそうそう

ふみかの夢は

アナウンサーになる事らしいテレビ音譜

なるべきだと思う。

ちなみに

物事の失敗は100%自分から発生したもの

物事の成功は99%本人の力+1%の他の力

幸いなことにまんざら縁のない世界ではない。

僕もその1%の中にいると自負してる以上

精一杯の応援はするつもり。

彼女が大学を卒業する時点で

もし本人の意志に変わりがなければ

彼女は100%その職につくことをここでお約束しようと思います(^^)

なので皆さんその時は是非お茶の間で

ふみかの笑顔を見てあげてください(^^)

という事で

今回はこれくらいにして

次回はNew Breath目前の

Hotラブラブな情報をお送りしたいと

思います(^O^)/ラブラブ

Hiro☆Asari
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

愛と正義のヒーローFUNBOMAN




CABYS第2回公演“SPANISH SAPPHIRE5”主題歌動画第1弾




“SPANISH SAPPHIRE5”主題歌“Sapphire5”動画第2弾