ホラー研究家ひろゆきのオカルト雑談ブログ

ようこそ!ここではオカルト界の風雲児ひろゆきが全世界のありとあらゆるホラー映画や心霊映像について語っていきます。よろしく!


テーマ:
この人、観念絵夢といってサブカルの世界では有名人ですが、とにかく精神が異常です。ここまで堕ちて行くともう終わりです。




金子真一郎(観念絵夢)プロフィール

1966年長野県出身、水瓶座、AB型。
職業:AV男優、エロライター、先物・音楽・SMなどの講演活動、しかし、その正体はスカウト。

立正大学哲学科を卒業後、日刊工業新聞へ就職、その後、三井物産へ転職。先物取引を担当し、勧業角丸証券(現みずほインビスターズ)を最後にリーマンを卒業した。三井物産在職時に、ライト柳田の出所祝いを自分が住む独身寮で行ったが、あまりの騒音に他の同僚から苦情があり、AV副業までがばれて解雇。 、、、

著書「マゾバイブル」(太田出版)の印税:0円
(当時の担当で現クイックジャパン編集長の北尾氏から、最初に10万くらい原稿料をもらって終わりだった記憶がある)
根本敬著「人生解毒波止場」にも登場する。


人間扱いされない現場の数々
1)人糞強要
2)爆竹全身爆破
3)包茎手術強要(大塚)~今も違和感がある。
4)アムステルダム薬物投与実験
5)フィリピンのイースター祭での磔(はりつけ)で国際問題に発展
6)インド見世物小屋ハメ撮り

理不尽な表参道の交番事件
ひどい警官もいるものだ。6、7年前に表参道を二日酔い状態で歩いていたら、アムスでの薬物(AVの撮影時に使用)によるフラッシュバックで突如白目をむき、潮吹きならぬ泡を吹いて卒倒してしまった。そこが交番の正面で飛び出してきた警官と意識朦朧状態で討論となり、最終的には、サッカーボールキックで腹部を何度も何度も思いっきり蹴り上げられたのであった。よっぽどその警官もストレスを溜めていたのであろうが、許されることではない。「もうおしまいだ。死ぬのでは」と思いながらもなんとか逃げ切り、生まれて初めてタクシーに乗ったのであった。ひどい腹痛に耐えながらもなんとか家までたどり着くのが精一杯であった。結局この事件も泣き寝入り、いまだに病院で胃薬を受け取る有り様だ。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。