麺や 遊大 オフィシャルブログ

ラーメンブロガーからラーメン屋へ脱皮した宮城県黒川郡富谷町の『麺や 遊大』店主 hiroによるブログ


テーマ:

こんばんは、遊大hiroです。

 

 

夜分遅くにすみません・・・

 

 

ツイッターでお伝えしていた通り、明日9月9日(金)夜営業より、秋季限定メニューの販売を開始します。

 

 

お出しするメニューは「油そば」です。

 

 

全くもって季節感はありませんが(汗)、秋季限定として油そばの提供を始めます。

 

 

今ハヤリ?の味は3種類から選べる形で、 「煮干」 「生姜」 「痺辛(シビカラ)」から選んでいただきます。

 

 

「痺辛」を選んだ場合は更に辛さを「小辛・中辛・大辛」から選択できます。

 

 

痺辛には元々痺れは入っておりますが、更に刺激的な味をご希望の方には「シビレ増し」も承ります。

 

 

 

 

麺は今回の油そば用に開発した、オーションを軸に中力粉をブレンドし、ゴワツキがありつつ、適度にモッチリ感を出し、且つ丸刃で切り出すことで筒状の形状にし、スルスルと入って行く喉ごしに仕立てた特製のストレート太麺。

 

 

自分としてもなかなか面白くて美味しい、他にはない麺ができたと思います。

 

 

麺量は並盛(200g)と中盛(300g)が同価格大盛(400g)が+50円特盛は不可とさせていただきます。

 

 

価格は「油そば」(750円)「味玉油そば」(850円)「遊大油そば」(980円)。

 

 

「遊大油そば」は通常の油そばにプラスして、味玉・チャーシュー増し、そしてデフォで乗っている細メンマの他に穂先メンマも乗ります。

 

 

穂先メンマは遊大油そばのみに乗る特製トッピングです!

 

 

タンメンや遊大油そば以外の油そばの細メンマを穂先メンマに変更はできませんので予めご了承ください。

 

 

あくまでも遊大油そば専用具材です。

 

 

仕込みに余裕が出てきたら、メンマトッピングのみ穂先も選べるようにしようかとは思ってます。

 

 

 

 

杯数制限等は特に設けませんが、麺切れの際はご了承ください。

 

 

 

 

ちなみに油そばをお出しする際に、商品と一緒に酢もお出しいたします。

 

 

こちらの酢は酸味がまろやかな「リンゴ酢」になりまして、お好みで後半味変化に使っていただけると最後まで飽きずにいただけるかと思います。

 

 

酸味がまろやかとはいえ、かけすぎるとベースの味が完全に消えてしまうので、味を確かめながら少しずつかけることをおススメします。

 

 

 

 

少々長くなりましたが、こんな感じでしょうか?

 

 

ちなみに提供期間はまだ決めておりませんが、最低一か月はやろうとは思ってます。

 

 

理想は11月くらいまでやりたいと思ってはいますが、あまりに出なくなってきたり、作ってて飽きてきた頃に終了予定です(笑)

 

 

それでは明日よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、遊大hiroです。

 

 

久々にブログの方で失礼いたします m(_)m

 

 

文章が長くなりそうなので、ツイッターではなくこちらで書くわけですが、題名にもあるように久々に金曜限定やります!

 

 

お出しする限定は「冷やし鶏ソバ」です。

 

 

名前からも推測できるとおり、鶏出汁の冷たいラーメンです。

 

 

スープは鶏の旨味をギュギュっと詰め込んだ醤油味のスープ。

 

 

今回どうしても鶏油を使いたかったので、冷やしという名前ですが、鶏油が固まらないよう、キンキンには冷やさず、あえて程よく冷たいくらいに仕上げます。

 

 

麺は石臼挽きした長野県産「ゆめちから」を95%、同じく長野県産「ゆめかおり」の全粒粉を5%配合した非常に風味のよいストレート細麺を合わせます。

 

 

まるで日本蕎麦のようの色合いと風味が特徴の香り高き麺です。

 

 

今回の限定、提供は明日8月19日(金)夜営業~

 

 

杯数は約90食限定

 

 

価格は「冷やし鶏ソバ」(800円) 「味玉冷やし鶏ソバ」(900円) 「遊大冷やし鶏ソバ」(1,000円)。

 

 

麺量は並盛と大盛(+50円)までで、特盛は不可とさせていただきます。

 

 

冷やしながらも、しっかりと鶏の旨味を感じさせられる、自分としても納得のいく一杯ができました♪

 

 

まだまだ冷やしを欲する暑さが続いているので、ぜひぜひ食べてみてください!

 

 

 

 

 

そして限定麺と合わせ、今回は限定ごはんも同時販売します!

 

 

お出しする限定ごはんは「ピリ辛豚ごはん」(200円)です。

 

 

角切り豚チャーシューを乗せた、ややピリ辛仕様の非常に後引くごはん物です。

 

 

そんなに辛くはなく、小辛な味わいです。

 

 

お腹に余裕がある方は、こちらもぜひご賞味ください。

 

 

それではよろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは、遊大hiroです。

 

 

本当に遅くにすみません・・・

 

 

ツイッターで触れていましたが、明日夜から「つけタンメン」の「辛」「黒」に続く、スピンオフ第四弾の品をお出しいたします。

 

 

その品は「胡麻の辛いニボつけタンメン」です。

 

 

名前から何となく想像できるかと思いますが、今回は担担味のつけタンになります。

 

 

ひき肉が乗らないので坦々という言葉は使わない(使えない?)で、あえて胡麻の辛い・・・です。

 

 

つけタンメンのベースの濃厚煮干味に、自家製の芝麻醤(白胡麻ペースト)を合わせた、濃厚且つ刺激的な一杯です。

 

 

あまり辛くすると、辛つけと味があまり変わらなくなることもあり(汗)、胡麻・煮干・辛さが全てしっかり感じられる絶妙な分量で出したいので、辛さは選べない形とさせていただきます。

 

 

自分で食べた感じでは、小辛と中辛の中間といったレベルでしょうか?

 

胡麻は好きだけど辛いのが苦手な方の為、おススメはしませんが「辛味無し」はお受けいたします。

 

 

つけタンスピンオフとはいえ、今回は終日販売ではなく、芝麻醤が無くなり次第終了となります。

 

 

今回の限定、提供は明日7月22日(金)夜営業~

 

 

杯数は約50食限定。

 

 

価格は「胡麻の辛いニボつけタンメン」(880円) 、 「味玉胡麻の辛いニボつけタンメン」(980円) 、 「遊大胡麻の辛いニボつけタンメン」(1,080円)

 

 

麺量は通常つけタン同様、大盛・特盛も可です。

 

 

それでは明日よろしくお願いいたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、遊大hiroです。



ブログを書くのは久々ですが、長くなりそうなのでこちらで。



4月まで当店で働いていたタカシ氏こと、佐藤堯のお店がついに今週オープンいたします。



店名は「麺や二代目夜来香」



店名の夜来香(イエライシャン)はタカシ氏が遊大の前に働いていた、今やなき伝説の中華料理屋の名前を正式に受け継いだもので、それで初出店でも〝二代目”なのです。



お店のスタイルとしては中華料理屋ではなくラーメン屋ということで、”麺や”が付いて「麺や二代目夜来香」となります。




出すラーメンは、遊大で卒業限定として出した「スーラータンメン」を軸に、鶏・豚・煮干を合わせた醤油味の「中華ソバ」 、そしてタカシ氏の限定ファンだった方には馴染みの深い「四川風汁なし担担麺」の3本立てだそうです。



麺は自家製麺。



「本格中華+自家製麺」がどれだけ美味しいか、ウチの業連様方は分かっていただけてるかと思います。



夜営業では麻婆豆腐や回鍋肉などの中華定食も出すようです。





さて、その「麺や二代目夜来香」の詳細ですが



・オープン日 : 7月15日(金)


・住所 : 秋田県秋田市飯島道東2-14-15 小野ビル1F


・営業時間 : 11:00~14:30 / 17:00~売り切れまで

          (7/15(金)~7/19(火)は昼営業のみ)


・定休日 : 不定休

        (7/20(水)と21(木)はお休み)



・駐車場 : 20台以上

        (30台近くあるようです)




そんなところですが、秋田の有名ブロガー筋肉酒店さんのプレオープンの際の記事の方がより詳しく書いてありますのでこちらをご参照ください(笑)↓

http://ameblo.jp/spc48up9/entry-12179761127.html?timestamp=1468283037




秋田に行く機会がありましたら、ぜひお立ち寄りいただけたら幸いです。



麺や遊大共々、「麺や二代目夜来香」をよろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

夜分遅くにすみません・・・

 

 

遊大hiroです。。。

 

 

ツイッターで触れていましたが、明日7月1日(金)夜営業より毎年恒例、夏季限定のつけ麺を開始します。

 

 

昨年までの物を知らない方の為に簡単に遊大のつけ麺の説明をしますと、つけ汁に炒め野菜が入った、いわゆる「つけタン」スタイルです。

 

 

変更点としましては、まず去年まではメニュー名は「つけめん」でしたが、今年からは「つけタンメン」となります。

 

 

特別深い意味はないのですが、タンメン屋ですし、炒め野菜が入ったつけ麺なのでこっちの方がいいのかな?と。

 

 

 

 

今年のつけタンメンは、つけ汁は昨年同様、濃厚煮干味になります。

 

 

しかしながら、昨年より煮干を更にガッチリ利かせた仕様になります。

 

 

 

 

麺は完全リニューアルしまして、今年は長野県産の石臼挽き「ゆめちから」をメインに、こちらも長野県産の石臼挽き「ゆめかおり」の全粒粉を配合した小麦の風味爆発なストレート太麺です。

 

 

麺は試行錯誤しながら少しずつ変えていくかもしれませんが、とりあえずまずはこれでスタートします。

 

 

麺量は昨年まで同様、並盛(200g)と中盛(300g)が同価格サービス、大盛(400g)が+50円、特盛(500g)が+100円です。

 

 

ただ最初は新発売特需で沢山出ることが予想され、麺打ちが追い付かなくなる可能性があるので、申し訳ありませんが今週だけは特盛は不可とさせていただきます。

 

 

 

 

価格は「つけタンメン」(850円) 、 「遊大つけタンメン」(1,050円)「味玉つけタンメン」(950円) 「チャーシューつけタンメン」(1,150円)。

 

 

材料費の高騰や今回使う小麦粉が非常に高価なこともあり、申し訳ありませんが価格を昨年より少々改定させていただきました。

 

 

 

 

杯数ですが、昨年は一日40食限定という形でしたが、今年は特別杯数制限は設けません。

 

 

しかしながら、それは常に終日販売という意味ではなく、”出せない日もあるかもしれない”という意味で杯数制限を設けられないという意味になります。

 

 

現在、人手不足がなかなか深刻でして、そういう理由で最初は今年のつけ麺はやらないつもりでしたが、「今年のつけ麺まだなの?」「あのつけ麺は遊大でしか食べれないから今年も食べたい!」など、本当に沢山の皆様のありがたいお言葉に後押しされまして、今年も出すことにしました。

 

 

どうしてもレギュラー麺の製麺を優先しなくてはならないので、つけタンメン用の麺を打てない日も出てくる可能性がある為、そうした場合は出せない時もあるということご理解していただければ幸いです。

 

 

もちろんできるだけそうならないように頑張りますが、もし出せない場合や出せる杯数が少ない場合はその都度ツイッターでお伝えいたします。

 

 

とりあえず今日100食分くらい打ったので、明日の夜営業は売り切れずに出せるかと思います。

 

 

夜遅くに長々と書いてしまいましたが、とりあえず「つけタンメン」 、明日7月1日(金)夜営業よりスタートです!

 

 

それではよろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。