麺や 遊大 オフィシャルブログ

ラーメンブロガーからラーメン屋へ脱皮した宮城県黒川郡富谷町の『麺や 遊大』店主 hiroによるブログ


テーマ:

夜分遅くにすみません、遊大hiroです。

 

 

タンメンリニューアル作業に予想以上に手間取り、ブログを書く時間が今しか無さそうなので、遅い時間に失礼いたします m(_)m

 

 

ツイッターの方でお伝えしたとおり、 5月13日(金)よりタンメンをリニューアルいたします。

 

 

それほど大きく変えるわけではないので、しばらくウチで食べていない方の場合は「どこが変わったの?」くらいにしか感じないかもしれませんが(汗)、オープン以来初めて目に見えて変わる部分がありますので一応お伝えしておきます。

 

 

まずスープは作り手の自分にしか分からないような部分しか変更しないので今回は触れません。

 

 

続いて麺ですが、ここが私的には一番変わるところだと思います。

 

 

麺の詳細を書く前に一つ説明しておきたいことがありまして、今回のリニューアルしようと思った一番の理由と言いますか、コンセプトは「完食率のアップ↑」です。

 

 

大概のお客様は完食していただけますが、麺量も決して少なくなく、且つ麺量以上の野菜が乗るので、特に女性のお客様で美味しいんだけどちょっと多いと残されていく方もチラホラいらっしゃいます。

 

 

開業前から女性のお客様から喜んでもらえるようなお店作りをモットーにやってきた当店にとって、「一番喜んでもらいたい人が食べ切れないのでは意味がないのでは?」とずっと葛藤してきました。

 

 

量を減らせば簡単ですが、そうしては食事満足度自体も下がってしまうので、今まではスープの濃度や粘度、油分の方で美味しく且つ食べやすい味を目指して日々調整してきましたが、今回は麺に焦点を当ててやってみることにしました。

 

 

今まで何度か麺の変更を試みたことはありましたが、現在の麺も開業前に数えきれないくらい試作を経て生まれた麺ですので、タンメンの麺としてはそれを上回る麺を作ることができなかったのですが、毎週限定で色々な麺を打ってきたおかげもあり、今回美味しく且つ完食しやすい麺を作り上げました。

 

 

今までの麺は平打ち気味の手もみちぢれ太麺でしたが、新しい麺は平打ちのストレート麺になります。

 

 

もちろんただの平打ち麺ではなく、自家製麺をやっているお店のほとんどが麺が四角く切り出す「角刃」を使用しているのに対し(以前の手もみ麺も角刃でした)、今回の麺は麺を角が無く丸く切り出す「丸刃」を使用します。

 

 

丸刃を使用することで、驚くべきほどの喉越しのよさがあり、ストレスなくスルスルと口の中に入って行き、いつの間にか完食してしまうという寸法です。

 

 

しかも今回の丸刃は、以前よりも太い番手の切刃使い、それを平たく切り出すので、麺の断面としては「楕円形状」になります。

(この楕円形状というのがポイントです)

 

 

更に今回の麺は以前よりも更に茹で延びに強く、且つ仮にゆっくり食べて後半少々柔らかくなってきてからも、延びたと感じるのではなく、モッチリ食感に変わってきたと感じられるような、最後まで美味しく食べられる麺に仕上げました。

 

 

それにより更に完食しやすくなるかと思います。

 

 

今まで100種類以上の麺を打ってきた自分の知識と経験全てを注ぎ込んで開発した「丸刃楕円形状平打ちストレート太麺」が今回のリニューアル麺になります。

 

 

 

 

麺で話がかな~り長くなってしまいましたが(汗)、他の大きな変更点はデフォのチャーシューが変わります。

 

 

以前同様、鶏チャーシューですが、以前の一口サイズの物が2ヶでしたが、リニューアル後は、よりしっとりとしたスライス鶏チャーシューが2枚乗ります。

 

 

チャーシューの質量としては以前のほぼ倍になりますので、肉好きの方には朗報かと思います。

 

 

 

そして「辛タンメン」ですが、麺との相性を更に向上させる為、ラー油のレシピも変えることにしました。

 

 

香辛料の種類や火入れの仕方を一から見直し、今まで以上に複雑且つ爽やかな風味がありつつ、香ばしくパンチも兼ね備えた味わいに生まれ変わりました。

 

 

それと合わせ、今まで別皿で提供していた「別辛」は廃止し、その代わりに花椒を加えた「シビレ増し」ができるようになります。

 

 

シビレ増しはこちらからはお聞きいたしませんので、ご希望の方はスタッフに食券を渡す際に「シビレ増しで」とお伝えください。

 

 

ちなみに新しく作る辛タンメンのポスターなど表向きには「シビレ増し」できますとしか書いてありませんが、辛さの激辛同様、裏メニュー的に「シビレ増し増し」も承りますので、なんなりとお申し付けください。

 

 

 

 

その他、少々変わる部分もありますが、その辺は頼んでもらってからのお楽しみということで(笑)

 

 

 

 

そして、今回リニューアルに合わせ、一部商品の価格改定をさせていただきます。

 

 

オープン以来、消費税8%増税時も含め一度も値上げせずに頑張って参りましたが、度重なる原材料費の高騰で、もはや企業努力ではカバーし切れないくらい原価が上がってきてしまい、本当に断腸の思いでありますが、今回一部商品の価格を改定させていただくことになりました。

 

 

価格が変わるのは券売機一番上の列の「濃厚タンメン類」のみで、30円~50円値上げとなります。

 

 

「辛タンメン類」や「魚黒タンメン類」を初め、他サイドメニューはそのまま価格据え置きです

 

 

自分としましては最低限の値上げで抑えたつもりです・・・

 

 

ご負担おかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします m(_)m

 

 

 

 

長々となってしまいましたが、リニューアルタンメンは5月13日(金)からです。

 

 

それではよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

AD
いいね!(25)  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは、遊大hiroです。

 

 

限定麺「煮干と昆布の塩そば」 、明日5月7日(土)にお出しできる杯数は約50食です。

 

 

昼営業より お出しいたします。

 

 

それでは明日もよろしくお願いいたします。

AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、遊大hiroです。

 

 

GWということで連日沢山のご来店ありがとうございます m(_)m

 

 

GW中の限定は毎年万人受けする物を出すと決めているので(初訪のお客様が多く、タンメンしかないと知ると帰る人が多いんですよ・・・)、今年もそんな感じのやります。

 

 

今週の限定は「煮干と昆布の塩そば」です。

 

 

片口鰯煮干スープをベースに、かな~り濃縮させた昆布の塩ダレを合わせたあっさり塩ラーメンです。

 

 

表面に浮かべる油も昆布を使った香味油を浮かべます。

 

 

塩ラーメンといっても、普段は香り付け程度に薄口醤油や白醤油を入れたりすることが多いのですが、今回は醤油を一滴も入れない完全なる塩ラーメンです。

 

 

スッキリ・じんわりな誰が食べても美味しいな~と思えるような塩ラーメンに仕上げます。

 

 

麺は太麺の切刃で1mm厚で薄く切り出した平たい中太ストレート麺。

 

 

加水40%の多加水麺で、滑るような喉越しとシコシコとした食感が特徴の麺です。

 

 

 

 

今回の限定、提供は明日5月6日(金)夜営業~

 

 

杯数は約100食限定

(GWということで沢山準備しました♪)

 

 

価格は「煮干と昆布の塩そば」(780円)「味玉煮干と昆布の塩そば」(880円)「チャーシュー煮干と昆布の塩そば」(1,080円)。

 

 

麺量は並盛と大盛(+50円)までで、特盛は不可とさせていただきます。

 

 

それではよろしくお願いいたします。

AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは、遊大hiroです。

 

 

タカシ氏卒業限定、本当にご来店ありがとうございました m(_)m

 

 

最初から最後までお客様が途切れることなく、夜営業最高記録の大盛況でした!

 

 

沢山の方から、タカシ氏に温かいお言葉もかけていただき、本当にありがたいかぎりです。

 

 

さて、タカシ氏卒業限定「伝説の酸辣湯麺」 、明日4月30日(土)にお出しできる杯数は約60食です。

 

 

昼営業からお出ししますが、恐らく夜営業にも出せるかと思います。

 

 

タカシ氏の最後の限定ですし、出勤も明日が最後なので、ぜひ食べに来ていただけたら光栄です。

 

 

それでは明日もよろしくお願いいたします。

いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、遊大hiroです。

 

 

ここを見ている方はほとんどが知っておられるかと思いますが、遊大のスーパー社員、タカシ氏こと佐藤 尭が独立開業の道に進む為、今月をもって卒業いたします。

 

 

タカシ氏が作る中華な限定のファンの方も沢山おられたということで、3週連続タカシ氏による限定を出すことになったわけですが、今週がその最後の第3弾です。

 

 

タカシ氏のハイレベルな中華な技術と、こだわりの自家製麺が合体すると、とてつもなく美味しいラーメンができるというのは、食べていただいたお客様が一番感じていただけたかと思います。

 

 

タカシ氏の中華技術と私の製麺技術のコラボも今回が最後です。

 

 

今回が本当の意味での卒業作品となります。

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、最後の限定も、もちろん「中華+自家製麺」の品です。

 

 

今回の限定は「伝説の酸辣湯麺(スーラータンメン)」です。

 

 

なぜ最後にこの品になったかというと、実はタカシ氏が最も得意とするのが、この酸辣湯麺だからです。

 

 

タカシ氏が遊大で働く前は、昨年まで青葉区の五橋にあった「夜来香(イエライシャン)」という中華料理屋で修行していたのですが、そこの親方は中華歴50年以上の匠で、その腕と人柄の良さで、今までに中華料理屋だけでなく、現在大繁盛店になっているラーメン屋の中にもその教えを受けたお弟子さん達が沢山います。

 

 

親方の高齢を理由に昨年で惜しまれつつ閉店したのですが、タカシ氏はその親方の最後の弟子になります。

 

 

そのお店で絶対的看板メニューとして君臨したのが酸辣湯麺なのです。

 

 

その中華の匠直伝の酸辣湯麺というだけでなく、親方の教えを受けた人は沢山いますが、酸辣湯麺のレシピを受け継いだ人間はタカシ氏含めわずか2人しかいなく(しかももう一人は今お店をやっていないそう)、この酸辣湯麺を作れる人間は実質タカシ氏のみということで、”伝説の”と付けさせていただきました。

 

 

その伝説の味に自家製麺を合わせ、更なる高みを目指したのが今回の限定になります。

 

 

元々素晴らしい味なので、今回の麺はできるだけ麺の主張は抑え、酸辣餡が生きるような味にしつつ、自家製麺ならではの歯ごたえのよさ、茹で延びの強さを実現した中細のストレート麺です。

 

 

今回の酸辣に合わせる麺としては、自分としても現状で打てる最高の麺が打てたと思います。

 

 

 

 

今回の限定、提供は明日4月29日(金・祝)夜営業~

 

 

最近のタカシ氏限定は売り切れも早いので、今回はできるだけ多くの方に卒業作品を食べていただきたいというタカシ氏の気持ちもあり、杯数はいつもより多めの約130食限定です。

 

 

なので、土曜日にもまとまった杯数が出せるかと思います。

 

 

価格は「伝説の酸辣湯麺」(800円)

 

 

今回はタカシ氏のこだわりもあり、味玉入りやチャーシュー乗せはなくワンメニューです。

 

 

麺量は並盛と大盛(+50円)までで、特盛は不可となります。

 

 

辛さは「小辛・中辛・大辛・激辛」から選べます。

(おススメは中辛です)

 

 

ちなみに大辛と激辛はかなり辛いので、本当に辛い物が好きな方以外は中辛以下にしておいた方が無難かと思います。

 

 

あと酸辣湯麺ということで、酢がそこそこ効いているので、おススメはあくまでもデフォですが、酢があまり得意でないという方は酸味弱めもできますので、その際はスタッフまでお申し付けください。

 

 

せっかくの伝説の味、最後の一滴まで食べてもらいたいということで、残ったスープに入れて食べる「〆の肉そぼろ飯」(100円)もやります!

 

 

酸辣スープに入れて食べると、極上の中華おじやに早変わり♪

 

 

かなりおススメなのでこちらも合わせてぜひ!

 

 

ちなみにタカシ氏の最終出勤日は4月30日(土)となりますので、限定目当てだけでなく、お別れ目当ての方もぜひ!!

 

 

それでは明日よろしくお願いいたします。

いいね!(12)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。