Hiro SW Fishing Blog

オフショアジギング釣行記 明石~丹後の遊漁船を利用し釣行しています!


テーマ:
 

皆さん こんにちは!

 
一昨日は(6/8)鳴門海峡でリベンジタイラバ!
 
前回の岡山タイラバはアタリすらなく大撃沈だったので、傷んだ心は鳴門で癒してもらおうと、南淡路の人気船 正和丸さんを予約。リベンジタイラバへ出かけてきました!(笑)
 
{F40AB676-2D81-4AA7-A509-D3CB277A489C}
 
午前3時半 出発
あれだけ降った大雨も出発の頃には止みましたが、強風だけが残ってて、大鳴門橋は2輪通行止めの表示。これから快復して良くなる予報なので、気にもせず走行し、午前5時すぎ福良港に到着しました。
 
{A2CC9985-68F1-40CA-9DB2-F33BA051F0BC}
 
今日のお客さんは僕らを含む 6名の乗船。
正和丸さんの釣座は予約の順で決まります、
最初の方がミヨシを選択したので 2番目の僕らは、トモ側のお席を選ばせて頂きました(嬉)

選んだ席から魚探が見えるし、船長さんの後ろなので話しも出来る。それにビールを飲みすぎてもすぐ側にトイレがあるから便利ですわ〜(//∇//)
 
{7E8E4432-D80B-4401-80A0-239A57E0D877}
 
さて準備が整うと、コンビニで頂いたエナジーを注入して、いよいよ出発です(笑)
 
{11F291A8-68E9-4224-8DFC-56C59F2BFB5C}
 
きれいな景色を見ながら福良湾を抜けるとザブザブの海上。
船長さん曰く、好調の南側のエリアに行きたいけど、波が残ってるから北側へ行きますわ〜とのこと。どんぶら揺られながら大迫力のうず潮を見学し、大鳴門橋を越してこの辺りまでやって来ました!
 
{EF89ECA6-239F-489A-9835-5B3C9E6C72C3}
 
水深は100m前後、だんだんと浅くなるポイント
今日はこれくらいのとこ(水深)を狙って行きますから、オモリは100〜120gをご用意くださいとの事。
 
そうそう肝心なことを聞きたいので船長に伺う。
 
ヒロ:船長さん、最近 何色が釣れとるんですか?
 
船長:赤とオレンジ、基本のカラーが釣れてて、
グリーンと何かを組み合すのもええ感じですよ〜!
 
ヒロ:ありがとうございます!!
 
ここはしっかり水深のあるポイント。
曇天だし ここはよく目立つ配色を。
オレンジ色(カーリー)+グリーンをボトムに投入!!
 
{5E7866D5-526D-4522-8A5A-04CD42A496A5}
 
昨日、今日の降雨で、二枚潮を心配しましたが、
そんなに影響もなさそうだし、
濁りもまだ来てないなぁ〜〜、明日くらいか?
まぁ色々考えごとをしてたら、、、
 
船長さん、ヒット〜〜♬♡♡
 
{42B49224-9F04-4D0C-A0C4-83C0D930D9DB}

左舷から聞こえるヒットコール!!
 
ヒットの主は最近好調な正和丸タイラバ女子。
 
ひと流しめからいきなり良型をキャッチ!!

しかも このあとがすごい!

このヒットを皮切りに落とすたび1091、、、
 
 
 
{353EA139-AF1E-4DDA-989B-FC4A9B44B012}
 
{6FF4B370-2796-491E-86A7-4A05B812D873}
 

マダイ→アコウ→マダイ→マダイのラッシュ!

サイズはすべて良型。
 
ヒットカラーを偵察すると、
赤色ネクタイ(ストレート)+オレンジのスカート。
 
とりあえず赤色の点光式、丹後用の残りがあったので、セットして挑みますが、、

確変中のお姉さんはドンドン釣り上げますが、
僕らは完全に蚊帳の外・・・
なにが違うんでしょうか!(涙)
 
 
潮登りの際、カブラを交換、
確か師匠のカブラがどっかにあったはず。
ドカッドの内を物色し見つけましたが、
針が折れてたので修復し投入しました!!
 
 
{C25FFE99-EBF5-4703-B483-28752F7EEECB}
 
若松カブラ、(柿紅色)、
これで釣れると思いきや、
ラッシュは終わりいつもの平穏な海へ。

ポイントを転々としながらゼンサ周辺へ
こちらは水深70mから次第に浅くなるポイント。
 
魚探にはイワシの反応が群がり
マダイや青物が高活性の様子!!
 
70mからエントリーして50m辺りへ到達すると、
 
今度はバタバタと男性陣にヒット!!
 
サワラもあがり興奮度はMAX!!
 
船長:もう一度流すから上げて下さい!!
 
回収の合図と共に巻き上げると・・
 
やっとこさタイラバをひったくるアタリ!!(嬉)
 
オシコンからは気持ちの良いドラグサウンド!
 
ジーーーーーっ!
 
{86AF26AE-7827-46CB-B1CD-695CB5E71835}
 
船長:青物ぽいですねー!全員仕掛けを上げてるからゆっくりやって下さい。回収の合図で一斉に巻き上げたから反射的に食って来たんですね〜と船長さんから言われ、青物だと思って力強いファイトをを楽しんでいると、水面へ上がってきてびっくり!!
 
{4DA4542E-9528-4E3A-B0CC-B1C7794E5E1B}

ロクマル弱のなかなかのサイズ。
フックが尾っぽに掛かったスレ掛かり。
 
そりゃ〜強烈に弾くはずですわw(笑)
 
まぁ掛かり方は別として、
リベンジも叶って後は気分よく巻き巻き。
 
転流が始まり、さげ潮が変われば、
次は本命、阿那賀〜丸山へ移り勝負開始〜!

良さげな潮目へ入りますが、二枚潮が効いてるうえに強風が加わり厳しいタイラバゲーム。
 
難しい条件ですが、幸運にも一枚追加!
 
{D90CFD8A-25E5-4F90-97BF-B3BE2EA62D01}

若松師匠のカブラ、ええ仕事してくれます。
 
しかし本命ポイントは波が高く釣りにくいので、
穏やかな朝イチのポイント周辺へ移動。

しばらく釣れない時間が続きましたが、
タイミングが合えばダブルヒットなどもあり、
プチラッシュ到来!!ここでも一枚追加して、今日はマダイ3枚。

最後は潮が緩んで来たので、
超岩礁ポイントへ入ってアコウ狙い。

この釣りをメチャクチャ楽しみにしてたので、
アコウ狙い鉄板のタイラバをセット!!

ここのポイントは一舜のタイミングしか入れないので、サッと勝負を決めたいところ。

まずは、神がかったお姉さんにビッグなアコウ。

次は男性の方に同サイズ。

掛かれば、うん万円するような良型。

やっと私しにも待望のアタリ!!

じっくり待ってからアワさないと行けないのに、
あせる気持ちが先行し思わす早合わせ⤵︎⤵︎
残念ながらヒットまで持ち込めず・・(涙)

次の流しでもアタリがあり、
今度は慎重に待ってじっくり合わすと、
少し小型ですがアコウがヒット!!

{253BA93A-9F2B-46FA-9DD8-280B507C6D55}

わずかなタイミングでしか味わうことのできない、
激流ポイントのアコラバゲーム。

かなりの高確率で良型をキャッチ出来るのが魅力的です。今日も50センチ近くのランカーアコウが連続してヒット、とてもスリリングでしたよ〜!

まだまだ釣り足りないのですが時刻は14時半すぎ、
船長さんは潮に合わせて残業してくれて(嬉)
今回もポテンシャルの高い釣りを堪能させてくれました(笑)

{BA4EB514-363E-4B1B-AF23-C25570EF07A9}

全体の釣果はこんな感じ。
マダイが20尾以上、アコウが7尾、
今年のワニゴチは平均デカく驚きでした。

今度はいつ乗れるか分からない人気船ですが、
またお邪魔しますのでよろしくお願いします(笑)

{9F80E259-C35D-4977-9E15-EC4242D460E5}


【日時】平成2968日(木)

【場所】鳴門海峡

【船宿】正和丸

【潮汐】大潮

【釣果】マダイ58㎝頭に3枚・アコウ1尾・ワニゴチ1尾


http://ameblo.jp/syowamaru/entry-12282006950.html

写真は正和丸さんのblogより引用しました。


{AC7236F3-12DA-4C6D-8ED4-DBFF6429DAC8}

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ヒロ!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。