Hiro SW Fishing Blog

オフショアジギング釣行記 明石~丹後の遊漁船を利用し釣行しています!


テーマ:

皆さん こんにちは!

今回はTeam 若松精舎のメンバーで、
ハイシーズンの鳴門海峡でタイラバのお勉強会(笑)

若松パパさん、若松師匠takaさん明石釣原人さん、私ヒロの計5名で行ってきました(笑)


{52964511-A426-461E-81D6-30532F93001B}

待ち合わせ場所は、
神戸市長田区若松町 中華飯店 若松。
午前3時半集合!早っ!!

明石釣原人さんの愛車、原人号(ハイエース)に、
重いタックル5名分を押し込んで、、
鳴門の室港 高進丸さんへいざ出陣!

{9EA047C5-E25C-49E1-843D-112D0A272D4F}

久しぶり会うので話がはずみ タコ談義で盛り上がっていると、あっと言う間に到着。(原人さんいつも運転ありがとうございます!)
 
海況は風もなくベタ凪、絶好のタイラバ日和です。

ゆったり大きな高進丸さんは僕らだけの貸切便。
若松師匠に釣座を決めてもらって準備開始〜

竿ビシカブラの若松さん親子はミヨシ側。
タイラバ組の僕らはトモ側へ分かれ乗船しました。

{3C1901F5-3ABD-4F6F-923C-C4E3CD3B3C6D}

午前5時半、船長さんが来られると、
スパンカーを上げロープが放たれすぐに出船。

まずは島田島の沖合、海峡部中央付近から。
ここは前回の正和丸戦でラッシュのあったところ。

若松氏:ヒロさん、今日は若松カブラでバンバン釣って宣伝してやぁ〜!

ヒロ:りょーかい、 師匠、頑張って釣るわ〜

とか言いながら前回、正和丸女子の使ってた、オレンジ色 自作カブラを投入!!その次はレッド。(笑)
若松カブラは最後の切り札で使う予定ですww


ボトムから20m〜30mをじっくり巻き巻き・・・
カブラのスピード、誘い、レンジ、カラーを変えながらヒットパターン探すが・・・

う〜〜ん、中々釣れない。アタリもない。

まったりとした無の時間が流れます、

船長:今日は潮が小さいけん流れんわっ!
カブラより活エサ(ウタセエビ)の方がよう食うんやけんのう〜。魚はようけ居るんやけどなぁ〜。

思わぬ展開に手を焼く船長。

そんな重っ苦しいムードを払拭し口火を切ったのは、やはりこのお方。

{B7F10FB9-B9A9-4AA6-AAA1-39103AE8646C}

若松師匠、状況に合わせてオモリやカブラ、ハリスの長さを調整し、ゴーマル弱をゲット!!
さすが通い慣れてるだけあってお手の物ですわ〜!

{C1A0E6D1-DFE0-486A-B2C4-EADF40F6413F}

少し岸寄りのラインへ移ると高砂の美里丸さんも参戦中!!美里丸さんの僚船、シバキ丸さんではネットが入り・・・

ようやくお通夜から解放されて明るい兆しが見えてきました。

{5E559FC8-3D93-4686-A045-EF81061B3D4D}

まずは原人さん、裏本命のアッコチャンをキャッチ!!去年のリベンジが叶いましたね〜(笑)

続いてtakaさん、
とっておきの神カブラでファーストヒット!

{39DEDCF1-BC2E-48D6-9DFF-EFB6FB9DC246}

高活性の群れに遭遇するとアタルような感じで、
takaさん、原人さん、若松師匠は、単発ながらマダイを追加。
しかし私と若松パパさんはアタリすらなく完全に蚊帳の外(涙)

カブラが悪いか、色か、速度か?形状か?
腕は勿論のこと迷走しながら巻き巻き・・

いよいよ最後の切り札、
前回よく釣れた若松カブラ(紅柿色)に交換すると・・

{013837ED-2489-4B17-8916-C0CA24836473}

やっとこさ1枚目。
開始から4時間近く掛かりました。

スロースタートでしたが次の流しでも、、
ボトムを切ったら一気にひったくるアタリ!!

グッ、グッ、ギュィーーン!!

ジジジィーーージジジぃーー!!

おいおい、なんや??なんや?


{DBF0DC6D-07D3-4463-BF08-73E1F5F90410}

いつものアコラバのポイントじゃありませんが、
思わぬボーナス根魚に満面の笑み(笑)
こいつはうれしい。

この後、チャリコを追加しますが、お昼に近づくにつれ段々とアタリの数は激減。

{B273B9E5-BCBB-464A-AC7C-95BC00118CC0}

少しポイントを移動して阿那賀沖へ。

こちらはワニゴチくん(好物)が混じる砂地のポイント、今はマダイより旨いので大歓迎ですわ〜

流し始めはシブいんですが、ハニースポットに入ると、シブいながらもアタリが有ります。

アタリがあれば慎重に巻き上げますがなぜか、
中層でフックオフ。この次もバラシ。。その次も。
原人さんもお付き合いしてくれて、合わせるとフタ桁のバラシ(涙)

だんだん闇黒が漂ってきたので、
takaさんにシャツを着替えてもらう事にしました。

{47E1E5D9-8E11-4430-8CA7-9D3710EABC30}

やはり効果は絶大!!
簡単なお払いのあと、阿那賀〜ゼンサへ流すラインへ進入すると、マダイマダイのラッシュ、ラッシュ!!


{A3157579-6AE5-444C-9364-4A15C055D522}

神と原人さんのダブルヒットがあったり、

{B9DD9E13-BB06-4101-8432-F394BB3510DF}

僕と原人さん(笑)

若松師匠から:もうちょっとで潮が止まるから、
今のウチに釣っとかんとアカンで!!

高活性のマダイには誘いを入れて食わすのが面白い。
上下の動きに絶対ついて来てると信じて、
カブラを誘いながらフォールを入れると、、

ズシっとした重量感!!

よっしゃーー食わせた!!

ん?力強いが何が違う。

やっぱ君か? ガクッ(涙)

{AC564078-1D2F-49DD-A795-18EF9A937E35}

メーサー  寸法は不明。
久しぶりに釣ってしまいました。
takaさんの釣座にリリースしてこの暴れん坊を機に、
潮が終わってしまったのでゼンサの部終了。

船長:最後は潮がわりを狙って、アカンかったら帰りましょう。

丘上がりの時間は過ぎてるのにガンバってくれる船長さん、最初の潮が入ってくる潮目へ移動。

海峡側へ引っ張られるように流れるカケ下がりのポイント。仕掛けが先行しラインが斜めへと出てゆく感じで、船のアクセル音を聞きながらカブラを引っ張っるとアタリが多発して面白い!

チャリコ〜ヨンマルをまたまたゲット!!

潮先のtakaさんは、、
オレ次釣れたら初めてのツ抜けやねん、
プレッシャーに弱いからなぁ〜!って真剣な表情。

自分はテキトーな性格なので数えてもないし、
見習わなきゃいけません。

そんなtakaさんにメモリアルマダイがヒット!(笑)





うまく撮れたので動画を貼り付けました。
takaさんおめでとうございます㊗️🎊

いよいよ時刻は16時すぎ、
いくらでも釣れるので強制終了。
朝からここへ来てたら一体どんな釣果になったたのでしょう。

真っ赤っかのイケスから、
3人のマダイを締めるのも ひと苦労!!

{1BE1FE40-5F32-4F7F-876A-077F6EBA8A13}

うれしい悲鳴をあげながら、
小さなチャリコはリリースして。

{91EF68DA-897B-46E8-8064-7BAB049DD45B}

大きな桶も山積みに。


{89264577-7008-4D7D-B474-6E86464C98AB}

左から、私ヒロ、takaさん、原人さんの釣果。

{D518A1BC-DF2B-4990-B014-A4B883BB3FB0}

最後は記念の撮影をして

{27F439E8-89EE-40CC-BC11-1363A2101C4F}

若松さん親子2人分、

午前中は悪戦苦闘しましたが転流の前後からラッシュへ突入しアタリの総数は 30発以上。

バラシが多くキャッチ率は50㌫くらいなのが残念ですが、タイラバを始めて5年、今日が一番釣れたように思います。

ハイシーズンの鳴門海峡でタイラバ。
誘ってくれた若松師匠、ご一緒だったパパさん、takaさん、原人さん、ありがとうございました。
またメバルの数釣りも行きましょうね〜!

楽しかったなぁ〜!お疲れさまでした。


【日時】平成29616日(金)

【場所】鳴門海峡

【船宿】高進丸

【潮汐】小潮

【釣果】マダイ12枚・アコウ1



{940930AE-D026-4978-8E81-B7C43A190AC3}

あっ!原人さん、初物の明石ダコありがとうございます。翌日はお刺身で、昨夜はガーリック炒めで頂きました。とても美味かったですよ〜m(_ _)m

師匠もワニゴチありがとうございました(笑)


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

皆さん こんにちは〜

久しぶりの休日、お家でゆっくりしていると…

嫁はん:アオリイカ、そろそろ釣れてないの?タコは?こんばん刺し身で晩酌したいから、スマホばっかりしてんと何か釣ってきて!!

{8DC2424A-9585-4FED-92BB-5AF25A541D55}

ってな具合で、お家を追い出され、
今年初めての春イカ調査へ行ってきました(笑)

{F3AEA2DB-1BAD-4DDC-ACFF-4D9DEEDDB4ED}

バイクにまたがりお昼ごろ須磨海づり公園へ到着。

アオリイカの状況を伺うため職員さんに聞くと、、
だいたい 日/10杯くらいのペースで釣れてますね〜
テトラが入ってるあたりが好調で、岸寄り沖側とも釣れてますよ。とのこと。

{68FAC225-9AE4-4772-A3DA-A41B1143572F}

第1釣台のテトラ付近で、
じっくり回遊を待つことにします。

小走りで釣台へ向かうと、

{4C75267D-EB94-4CFC-83E1-3D8895BB3476}

入りたかったポイントには先行者さんが居たので、
少し離れた付近を陣取る事にしました。

{CEB3E3A9-9207-47BE-93E9-1468D164F42C}

おっ!スミ跡は新しい(笑)

期待しながら荷物を置き準備を始めると、

となりには往年の阪神タイガース、
名球会の方がいらっしゃいます!(驚)

{D7A215E1-5220-4564-BDCA-BF0481B61DD4}

現役時代は300勝を誇る野球界殿堂入り小◯正明さん、エサ釣りを楽しんでおられたのでそっとご挨拶させて頂きました。


{6346594B-F42E-4D64-A946-CA595D58A5F6}

軽くエギをキャストしてリハビリ エギング。

ちょうど転流が始まり ゆっくりと足下へ流れる さげ潮。タイミング的にもすごく良さそう。

あまりにも久々過ぎて、
ぎこちないジャークを続けていたら、、

入りたかったポイントでは、
500㌘くらいのアオリがキャッチ。
ええぁ〜オレもあんなの釣りたい。


どうやら聞く所に寄ると、
早朝から5杯目(全体)のアオリイカ。


だんだん流れが速くなると、
エギが足下へ戻され すごく釣りづらくなる。

場所を第3釣台に移って、
テトラに向かってキャストしたり、足下を探るが、
予想どおり厳しいです。

だんだん潮が抜けて釣り易くなった頃、
チャンスタイムが到来!!

{9A744FE2-BFC9-4DC3-86B1-5AF30C4FFCE9}

第3釣台を探ってる同戦者さんにネットが伸びる。

難しい中お値打ちの一杯ですね〜!

第4釣台でもそこそこのサイズ。
こちらはアジの泳がせつりかな??

つぎは僕にも・・・

チャンスを期待しましたがあまりにも厳しすぎ。

心が完全に折れてしまって、、
夕方の地合いまで頑張るつもりが、
潮が止まるとともに退散。

ビッグな親イカを仕留めてやろうと欲張って来ましたが、下手くそな僕には手強すぎました(涙)

しばらく我慢して秋の数釣りシーズンから再び挑もうと思います。

覚えてろよ〜海づり公園、
秋になったらまた来るからな!!(笑)


【日時】平成29年6月14日(水)

【場所】須磨海釣り公園

【潮汐】中潮

【釣果】BOUZE

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

皆さん こんにちは!

 
一昨日は(6/8)鳴門海峡でリベンジタイラバ!
 
前回の岡山タイラバはアタリすらなく大撃沈だったので、傷んだ心は鳴門で癒してもらおうと、南淡路の人気船 正和丸さんを予約。リベンジタイラバへ出かけてきました!(笑)
 
{F40AB676-2D81-4AA7-A509-D3CB277A489C}
 
午前3時半 出発
あれだけ降った大雨も出発の頃には止みましたが、強風だけが残ってて、大鳴門橋は2輪通行止めの表示。これから快復して良くなる予報なので、気にもせず走行し、午前5時すぎ福良港に到着しました。
 
{A2CC9985-68F1-40CA-9DB2-F33BA051F0BC}
 
今日のお客さんは僕らを含む 6名の乗船。
正和丸さんの釣座は予約の順で決まります、
最初の方がミヨシを選択したので 2番目の僕らは、トモ側のお席を選ばせて頂きました(嬉)

選んだ席から魚探が見えるし、船長さんの後ろなので話しも出来る。それにビールを飲みすぎてもすぐ側にトイレがあるから便利ですわ〜(//∇//)
 
{7E8E4432-D80B-4401-80A0-239A57E0D877}
 
さて準備が整うと、コンビニで頂いたエナジーを注入して、いよいよ出発です(笑)
 
{11F291A8-68E9-4224-8DFC-56C59F2BFB5C}
 
きれいな景色を見ながら福良湾を抜けるとザブザブの海上。
船長さん曰く、好調の南側のエリアに行きたいけど、波が残ってるから北側へ行きますわ〜とのこと。どんぶら揺られながら大迫力のうず潮を見学し、大鳴門橋を越してこの辺りまでやって来ました!
 
{EF89ECA6-239F-489A-9835-5B3C9E6C72C3}
 
水深は100m前後、だんだんと浅くなるポイント
今日はこれくらいのとこ(水深)を狙って行きますから、オモリは100〜120gをご用意くださいとの事。
 
そうそう肝心なことを聞きたいので船長に伺う。
 
ヒロ:船長さん、最近 何色が釣れとるんですか?
 
船長:赤とオレンジ、基本のカラーが釣れてて、
グリーンと何かを組み合すのもええ感じですよ〜!
 
ヒロ:ありがとうございます!!
 
ここはしっかり水深のあるポイント。
曇天だし ここはよく目立つ配色を。
オレンジ色(カーリー)+グリーンをボトムに投入!!
 
{5E7866D5-526D-4522-8A5A-04CD42A496A5}
 
昨日、今日の降雨で、二枚潮を心配しましたが、
そんなに影響もなさそうだし、
濁りもまだ来てないなぁ〜〜、明日くらいか?
まぁ色々考えごとをしてたら、、、
 
船長さん、ヒット〜〜♬♡♡
 
{42B49224-9F04-4D0C-A0C4-83C0D930D9DB}

左舷から聞こえるヒットコール!!
 
ヒットの主は最近好調な正和丸タイラバ女子。
 
ひと流しめからいきなり良型をキャッチ!!

しかも このあとがすごい!

このヒットを皮切りに落とすたび1091、、、
 
 
 
{353EA139-AF1E-4DDA-989B-FC4A9B44B012}
 
{6FF4B370-2796-491E-86A7-4A05B812D873}
 

マダイ→アコウ→マダイ→マダイのラッシュ!

サイズはすべて良型。
 
ヒットカラーを偵察すると、
赤色ネクタイ(ストレート)+オレンジのスカート。
 
とりあえず赤色の点光式、丹後用の残りがあったので、セットして挑みますが、、

確変中のお姉さんはドンドン釣り上げますが、
僕らは完全に蚊帳の外・・・
なにが違うんでしょうか!(涙)
 
 
潮登りの際、カブラを交換、
確か師匠のカブラがどっかにあったはず。
ドカッドの内を物色し見つけましたが、
針が折れてたので修復し投入しました!!
 
 
{C25FFE99-EBF5-4703-B483-28752F7EEECB}
 
若松カブラ、(柿紅色)、
これで釣れると思いきや、
ラッシュは終わりいつもの平穏な海へ。

ポイントを転々としながらゼンサ周辺へ
こちらは水深70mから次第に浅くなるポイント。
 
魚探にはイワシの反応が群がり
マダイや青物が高活性の様子!!
 
70mからエントリーして50m辺りへ到達すると、
 
今度はバタバタと男性陣にヒット!!
 
サワラもあがり興奮度はMAX!!
 
船長:もう一度流すから上げて下さい!!
 
回収の合図と共に巻き上げると・・
 
やっとこさタイラバをひったくるアタリ!!(嬉)
 
オシコンからは気持ちの良いドラグサウンド!
 
ジーーーーーっ!
 
{86AF26AE-7827-46CB-B1CD-695CB5E71835}
 
船長:青物ぽいですねー!全員仕掛けを上げてるからゆっくりやって下さい。回収の合図で一斉に巻き上げたから反射的に食って来たんですね〜と船長さんから言われ、青物だと思って力強いファイトをを楽しんでいると、水面へ上がってきてびっくり!!
 
{4DA4542E-9528-4E3A-B0CC-B1C7794E5E1B}

ロクマル弱のなかなかのサイズ。
フックが尾っぽに掛かったスレ掛かり。
 
そりゃ〜強烈に弾くはずですわw(笑)
 
まぁ掛かり方は別として、
リベンジも叶って後は気分よく巻き巻き。
 
転流が始まり、さげ潮が変われば、
次は本命、阿那賀〜丸山へ移り勝負開始〜!

良さげな潮目へ入りますが、二枚潮が効いてるうえに強風が加わり厳しいタイラバゲーム。
 
難しい条件ですが、幸運にも一枚追加!
 
{D90CFD8A-25E5-4F90-97BF-B3BE2EA62D01}

若松師匠のカブラ、ええ仕事してくれます。
 
しかし本命ポイントは波が高く釣りにくいので、
穏やかな朝イチのポイント周辺へ移動。

しばらく釣れない時間が続きましたが、
タイミングが合えばダブルヒットなどもあり、
プチラッシュ到来!!ここでも一枚追加して、今日はマダイ3枚。

最後は潮が緩んで来たので、
超岩礁ポイントへ入ってアコウ狙い。

この釣りをメチャクチャ楽しみにしてたので、
アコウ狙い鉄板のタイラバをセット!!

ここのポイントは一舜のタイミングしか入れないので、サッと勝負を決めたいところ。

まずは、神がかったお姉さんにビッグなアコウ。

次は男性の方に同サイズ。

掛かれば、うん万円するような良型。

やっと私しにも待望のアタリ!!

じっくり待ってからアワさないと行けないのに、
あせる気持ちが先行し思わす早合わせ⤵︎⤵︎
残念ながらヒットまで持ち込めず・・(涙)

次の流しでもアタリがあり、
今度は慎重に待ってじっくり合わすと、
少し小型ですがアコウがヒット!!

{253BA93A-9F2B-46FA-9DD8-280B507C6D55}

わずかなタイミングでしか味わうことのできない、
激流ポイントのアコラバゲーム。

かなりの高確率で良型をキャッチ出来るのが魅力的です。今日も50センチ近くのランカーアコウが連続してヒット、とてもスリリングでしたよ〜!

まだまだ釣り足りないのですが時刻は14時半すぎ、
船長さんは潮に合わせて残業してくれて(嬉)
今回もポテンシャルの高い釣りを堪能させてくれました(笑)

{BA4EB514-363E-4B1B-AF23-C25570EF07A9}

全体の釣果はこんな感じ。
マダイが20尾以上、アコウが7尾、
今年のワニゴチは平均デカく驚きでした。

今度はいつ乗れるか分からない人気船ですが、
またお邪魔しますのでよろしくお願いします(笑)

{9F80E259-C35D-4977-9E15-EC4242D460E5}


【日時】平成2968日(木)

【場所】鳴門海峡

【船宿】正和丸

【潮汐】大潮

【釣果】マダイ58㎝頭に3枚・アコウ1尾・ワニゴチ1尾


http://ameblo.jp/syowamaru/entry-12282006950.html

写真は正和丸さんのblogより引用しました。


{AC7236F3-12DA-4C6D-8ED4-DBFF6429DAC8}

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。