• 19 Jan
    • 限りある命

      知人の訃報。死について命について考えるとき、生かされている事を知る。その限られた時間の中で、余計なくだらない思いに翻弄されている場合ではない事を知る。身体を離れた魂が成仏される事を祈って今生きているこの身体の中の魂が、喜ぶ事に集中しよう。ありがとうございました。さようなら。

      11
      1
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 結局はシンプル

      私が本気で見たいもの向かいたい場所成りたい姿それだけを見続けよう後のことは、どうでも良いのだから全ての事にありがとう残念だったことも、悲しいな と感じたことも、そうやって超えてきたすごく幸せであったかい気持ちになれるそこに いつだって戻れる事に感謝します

      6
      テーマ:
  • 14 Jan
    • 2人の誕生日

      私とオットの事。お陰様で今年も2人揃って、同じ歳での誕生日を迎えられました。(なんと夫婦で生年月日が全て同じ)お付き合いをはじめて、比較的早い段階で、私が結婚を意識した頃、彼は私の離婚歴から、別れる周期が5年くらい、という事で、「5年付き合いが続いたら籍を入れよう」と、半分冗談で、(でもしっかり本音でもあったのかな?)言った事がありました。それを圧して、付き合って一年で入籍に持ち込んだのでした(笑)あれから、4年。いよいよその5年目に入ります。籍を入れ、二人三脚で歩んだこの4年間は、新鮮な経験と非日常の日々の方が多かったと言えます。彼のアート生活のサポート、個展、初めての海外生活、旅。どれも1人では成し得なかった経験ばかりです。2人だから出来る事、2人だからより楽しい、にフォーカスし、長い間1人が当たり前だった彼の生活に私が入り込み、2人という一単位が、自然になりました。お互いを補い合う中で、信頼を育んできた4年間。私は彼を尊敬しています。今日は、2人が生まれた日です。生まれてきてくれた事(産んでくれたこと)出逢えた事選んでくれた事今までの日々と、これからの日々に、深く感謝します。そんな思いを込めて、Happy Birthday❤

      8
      テーマ:
  • 09 Jan
    • タイでサムライを見たか?

      今日はバンコクFM放送局JーCHANNEL、モーニングキス。新年初の月曜日生放送だった。新年だし、日本は成人の日、ハタチを2周とっくに周りきったものの、晴着を着て行った。ただしタイはまだまだ服喪中、帯周りを地味にして対応。(本当は金の織り込まれた、刺繍のおめでたいものにしたかった)タイ語バージョン担当のDJナットさんは、王宮へ行くからと正式なタイの喪服だった。美しかった。「正統」の持つ凛とした美がそこにあった。それは、若い頃にはわからなかった、制服などに通じるスキのない美しさだ。つい、崩すことがかっこいい、そこに遊びや、粋や、色気や、洒落、を見いだしたくなるのだが、やっぱり、「正統」は完成された美しさがあるなあ、としみじみ思うのだった。ん?そんなことより、右!!!右の人はいったい…。ね、見ての通り、サムライ。もうね、年末の真田丸の最終回以来よ、こんなの見たの!ていうか、実際、この鎧兜着て歩く人初めて見たわ!!!生放送中だったため、プチ興奮(笑)動くたびにカチャカチャなるんだ?!とか…カブトだと目しか見えないんだ?!とか、目だけだと精悍な感じになるわねとか…、暑くないのか、重くないのか、税関はどうやって通ったのか?…この方『Sawasdee・SAMURAI』 "สวัสดี samurai " と名乗っています☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆正体は…【タイ住みます芸人】のぼんちきよしさん詳しくはこちらhttp://sirabee.com/2016/04/04/102978/この記事から約10カ月。たくさん、悩み、もがき、苦しみ、それでもなお前に進む姿がこちらのブログから伝わります。タイには、挑戦している人、道半ばの人がたくさんいる。私達もそう。どこでだろうと、自分以外のものにはなれない。言い換えれば、どこででも自分で居られる。どんな自分でありたいか、バンコクで見たサムライはそんな事を伝えてくれたような気がする。

      6
      テーマ:
  • 02 Jan
    • ”2017年からの開運習慣”

      素敵な習慣で、2017年をさらにハッピーに!!!

      3
      テーマ:
    • 2017年が始まりました

      あけましておめでとうございます!タイは服喪中なので室内のみでしたが、晴れ着をきました。元旦に、出かける為ではなく、晴れ着を着たのは子供の時以来…。家族が揃って、神棚のある和室でお屠蘇をいただき、新年の挨拶をする。楽しみだったお年玉もその仰々しい挨拶を交わした後にようやくいただけるのだった。前々日から仕込んだり、調理したおせちやらお刺身、一年に一度しか登場しない「我が家」のお雑煮が並ぶ。ひとしきり食べ終えた頃に配達される年賀状をそれぞれ仕分けし、それぞれが出さなかった、思いがけない人から早々に届いた年賀状に返事を書く頃に、恒例となった親戚一家がやってくる。そろそろ窮屈になってきた晴れ着を脱ぎたくなるのも、その頃だった。まだ日の暮れぬうちから夜の部?の宴がはじまり…。歳下のいとことのTVのチャンネル争いもセットだった。2日はこれまた家族揃って初詣、と決まっていた。だから私は友人達とカウントダウンに行った事はなかったし、予定を入れるのは三が日以降にしていた。窮屈なしきたりから解放されたのは、いつからだろう。今となっては、古き良き時代の思い出だ?!(笑)まあ、染み込んだ習慣とはなかなか縁がきれず、ちょっと変わったお雑煮だけは、調達出来る材料のみで、毎年作りつづけてきたが…。装いながら、そんな事を思い出した。しきたりに囚われても囚われなくても、新年は来る。2017年、健康で穏やかな新年が迎えられた事に感謝しよう。このブログにきて下さる皆様にとっても良い一年でありますように。

      3
      テーマ:
  • 29 Dec
    • スマホから離れる日

      何が原因かわからないままに、外出先から戻ると、自宅のWi-Fiが使えなくなっていた。契約している会社に問い合わせたところ、技術者に来てもらう事になったが…どうやらすぐには復旧しない事が判明。「年末なのに」と、一瞬だけナーバスになったものの、ここはタイ…。まあ、仕方ない。住まいであるコンドの共有スペースやら、プールサイドやら、近くのカフェに行けば良い。とはいえ、部屋でWi-Fiがなく、スマホもPCも繋がらないと、どうも落ち着かない(苦笑)調べたい事も、観たいTVや動画も、物色したいネット販売も、Facebookやインスタも、もちろんアメブロも、…見れない。毎日、毎時、毎秒、どれだけネットの中の世界に依存していたか思い知らされた。で、諦めた。繋がらないなら仕方ないし、その昔はネットなどなかった。諦めると、たくさんの事が見えてきた。普段やらない事が出来る時間があらわれた(笑)オットともたくさん喋った。(必要な事だけ事前に調べて)外に出た。行った事のない街。降りた事のない駅。好奇心を頼りに路地を曲がったり、延々歩いたり、(後でわかったが)有名なお寺に入ったり。風にふかれてみたり、日陰で休んだり、久しぶりに、バンコクに来たばかりの頃のように、知らない街を楽しんだ。そして、何を見ても、何を食べても、いちいち何処かに投稿する事もなく、今まで、誰に見せていたんだろう(笑)目の前にあるもの、横にいる人、触れたもの、そのリアルを十分感じ、ぐっすり眠った。他人がどうしているか、など、実はどうでも良い事なんだ。散歩したり、映画を観たり、およそ年末らしくない日々をゆったり過ごした。2日後Wi-Fi環境が戻った。相変わらずネットに釘付け…。繋がったフィードには年末の忙しなさが流れる。旅先ではいつもホテル以外のWi-Fi環境が不自由で、不便ではあったが、だからこその楽しさを体験していた。ここには住んでいるけれど、所詮は旅の延長…。あえて、Wi-Fiから離れ、どことも繋がらない時間や感覚や、出来る事を大事にしよう、と思った。

      7
      テーマ:
  • 25 Dec
    • メリークリスマス

      メリークリスマス。そして、いよいよ年末…。常夏のタイは日本に居た時のような年末感は残念ながら感じられないけれど、SNS上に流れる人々の日々や風景から、また、自分の発する、人と別れる際の「良いお年を…」という言葉から、否応無く、ああ、今年が終わるんだなあ…と。年末のラジオは早々と先週で終わり…年末年始のちょっとした挨拶を収録した。収録した時は、あまり考えずに思う事を言葉にしたのだが、今考えてみると、タイムリーというか、クリスマスだというのに重い気持ちを引きずってしまっている自分への言葉だった(笑)未来がわかったのか?いつ放送されるかわからないので、書き起こしておく。⬇〜サワディーカー(こんにちは)DJ hirokoです!さて、皆様の2016年はどんな一年だったでしょうか?嬉しかったり、楽しかったり、もしかしたら悔しい事や、悲しい事もあったかもしれませんね。不思議なもので、過ぎてしまうと人は「忘れる」という、ね。コレ、人に与えられた一つの知恵なんじゃないでしょうか?!「忘れる」から生きていける、又、チャレンジ出来る、許せる、前に進めるのかあ、と、いい事しか覚えていない私の持論ですが…。さてさて、早朝から頼まれもしないのに(笑)着物を着込んで(番組)モーニングキスに挑んだ2年目。途中、国王様ご崩御に伴い黒い洋服、喪服で出演したりという珍しい日々もあり、感慨深い一年でもありました。皆様お付き合いいただき、ありがとうございました。また、2017年も朝のひとときにお耳にかかれることを楽しみにしています。よろしくお願い致します。メリークリスマス、そして良いお年をお迎え下さい♥〜ま、忘れてしまうから繰り返す、という意見もあるだろうけど(苦笑)先週の私は自分がとっさに思いついた言葉通りに、忘れて感謝しよう、という幕引きをした。思えばそうやって生きてきた。この日も、今日も、(皆様に送る)大好きなXmasソングは、ジョンレノンとヨーコの、ハッピークリスマス。可愛いメロディとハッピーな歌詞とは裏腹にオフィシャル映像には、延々と未だ終わらない戦争の様子が流れる。https://youtu.be/S84RLgnz7Rs普通の日々がどれだけあったかいか、どれだけ素晴らしい輝きで満ちているか、思い知らされる。日常に於いて、ちっぽけな自分の小さな自尊心が多少傷ついた、としてもそんな事は大した事じゃない。傷ついたなあと、意識して、感じたら手放す。忘れる。稀に出来ない場合もあるが、大抵の事は、忘れよう、と静かに決めると後に残るのは、感謝だ。

      5
      テーマ:
  • 21 Dec
    • 夜の生活、ここだけの話〜より

      この記事⬇http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=9209&page=3結局は、男だろうと、女だろうと、稼ごうが稼ぐまいが、判断をそこに囚われない事なんじゃないか。現代社会でそれは難しい綺麗事みたいな気もするが、婚活も、そこから離れたらすぐに相手は見つかるだろう…。文中の〜「男らしさ」「女らしさ」の根深い縛りから私たちが自由になるためには、地道に日々の暮らしの中で、相手の美点を発見する以外に近道はない気がするのだ。〜に、大きくうなづいてしまった。お互いが、相手を尊敬し愛おしいと思うと、夜の生活もおのずとうまくいくものだ。

      7
      テーマ:
  • 17 Dec
    • プロテイン大事

      毎朝欠かさず、とってきたプロティン!身体、細胞のおおもとで、肌や髪はもとより、体型見た目にダイレクトに作用するプロテイン!!筋肉りゅうりゅうになる、とか、太る、とかかなり間違った情報にやられてきたプロティン。その辺のスポーツクラブで売ってる動物性の適当なものでなく、ちゃんと植物性由来のプロテインをちゃんととっている女性は、歳を重ねても肌と身体の締まり方が全く違う!!!ところが、この数ヶ月身体が受け付けない…。いよいよ来たのか?更年期?胃腸が反応するようになって、飲めない(T_T)それでも約15年ほど続けてきたプロティンを欠かすわけにはいかず…日本にもタイにもないので、オーストラリアから取り寄せてもらった同じプロテインで出来たコレに変えてみることにした。思っていた以上に甘さ控えめ、いや、甘くない。しかも、プロテインの味しっかり(⌒-⌒; )さて、これで保てるか。50代のくびれと腹筋♥

      10
      1
      テーマ:
  • 10 Dec
    • 「こうでなければいけない 」感

      正義であったり、常識であったり、また本来は人の数ほど多様で良いはずの価値観やら感性やらまでが、「こうでなくてはならない」「こうあるべき」にがんじがらめになっていて、少しでも外れると、いえ、大多数から外れると、それは「おかしい」と、攻撃の対象になる…。そこに窮屈さや、嫌悪を感じていても、一つ話題やら対象が変われば、また、権威あると言われたり、有名な人が声高に叫べば、大量にそちら側に流れる。自分にも、もしかしたらある側面。「こうでなければならない」が満載のニッポン人気質?というのが、結局は、みんな自分の首をしめているんじゃないかな?!と、強く感じる。確かに正しい事や、善悪はあるにせよ、すべてが理屈や正論で一つの答えや方向を向くはずもなく、「個性」を大事にすれば「社会性」はとツッコまれ、「集団」に重きをおけば、「個」がおざなりにされると危機感を持つ。この世のすべてはバランスで、それは常に流動的なんじゃないかと思う。大前提は「違う」こと。特に人、似ている事はあっても全く同じではない。だから、ここには共感出来るけど、ここは出来ない、は当たり前。そして、みんな誰かに助けられ誰かを助け、影響し合って、生まれて生きて死んでいくのだ。幸せでありたい、そう思いながら。その「幸せ」も、人それぞれ。「違う」から、同じでなければならないと不便だったり、困ることの中にルールが出来上がったはずなのに、いつしかルールが人を支配した。自分の中にもたまに感じるから、自分の感じる事も、チェックしたいと思う。優しくなれない寛容になれない時は、あるかもしれないけれど、基本的にあたたかく、優しく、寛容でありたい。人を気にしたくない人の言葉が攻撃しているのが、自分だと思いたくない。自分がした発信や発言も、誰かを攻撃しているわけではなく、誰をも攻撃したくない。ただ、意見や感覚や感受性や、その時の気分や、前後の出来事や、メンタルや、色んな要素で、気にしたり、させたり、はあると思う。だから、気にしなくてよいメンタルでいたい。特に悪意のある他人を自分の人生に深くは関わらせる必要はない。愛する、優しいものにくるまれている事だけにフォーカスしたらいい。自分とその愛おしいものが目指す先だけをブレずに見つめていたらいい。

      9
      1
      1
      テーマ:
  • 09 Dec
    • 同じ空のした

      会えないけれど大切な人の誕生日。そっと、一瞬健やかであるように、幸せを感じ感謝して生きて欲しいと願う。今年は同じ国の土を踏みながら。いつもは、続いている空を見上げながら。そんな日が一年に二回やって来る。ありがとう。

      3
      テーマ:
    • 改正ストーカー規制法 可決成立

      改正ストーカー規制法 可決成立NHKニュースより〜ストーカー対策を強化するため、ブログやツイッターなどで執ようにメッセージを送ることも規制の対象に加えた改正ストーカー規制法が、衆議院本会議で全会一致で可決され成立しました。ストーカー規制法の改正は、ことし5月、東京・小金井市で、芸能活動をしていた女子大学生が刺された事件で、ツイッターなどへの執ような書き込みがストーカー被害の相談として警察に扱われなかったことなどをきっかけに行われました。改正法では、ストーカー行為として規制する対象を拡大し、新たにブログやツイッターなどSNS=ソーシャル・ネットワーキング・サービスで執ようにメッセージを送る行為なども含めるとしています。また、被害者による告訴がなくても、ストーカー行為による罪で起訴できる非親告罪にして罰則を強化するほか、被害者へのつきまといなどを禁じる禁止命令の手続きを、緊急の場合には簡略化できるようにするとしています。改正法はすでに参議院で可決されていて、6日の衆議院本会議で全会一致で可決され成立しました〜朗報ですね。

      1
      テーマ:
  • 20 Nov
    • チョコレート好きに告ぐ

      友人でポルトガル在住のTomokoさんが丁寧に作ったチョコレート。FEITRIA DO CACAOそして、このチョコレートにはこんな志も…。〜そこで目にしたのは、カカオがどのように栽培、処理されて、世界中のチョコレート業者の手へ渡るのか、ということだけではありませんでした。それよりももっと衝撃的だったのは、私たちが知るチョコレートの甘くリッチなイメージとはかけ離れた、カカオ生産者の苦くも貧しい暮らしの現実でした。 それは、大きなショックでした。温かく迎えてくれるサントメの人々の無垢な笑顔とやさしさ、自らの無知と世界の不条理に対する暗澹たる思いが、私たちの心に焼きつきました。微力であれ、カカオ生産者とチョコレート産業の間に存在してきた経済的な落差を、少しでも埋めることに役立てたら…。そんな、サントメ・プリンシペでの得がたく忘れがたい体験と思いが、フェイトリア・ド・カカオのプロジェクトを立ち上げる力をくれたのです〜HPより抜粋世界中で、労働者が搾取され、正当な利益を得られない中での問題点は何もファストファッションに限った事ではないんだな…。安心と美味しさ、ほっこり誰かの生活を支えているという当たり前のような、小さなオマケが嬉しい。https://m.facebook.com/feitoriadocacao/日本で買える場所⬇️

      9
      テーマ:
  • 14 Nov
    • タイで見上げるスーパームーン

      タイの国王様ご崩御から、ちょうどひと月。国としての服喪期間は一年続きますが、TV局や、ラジオ番組などは、ようやく通常放送に戻ります。今朝はバンコクFMラジオ局j-channelのモーニングキス、生放送がありましたので、約ひと月ぶりに着物にて。スタジオは、22度設定というかなり寒い地域となっているので、着物だと冷えなくてかえって快適(笑)背筋の伸びる感じが嬉しかったです。まあ、帰り少し駅から歩いたら汗が…とはいえ、だいぶ良い季節になりました。90パーセント以上の道行く人が黒い服を着ていたひと月前を考えると、今は全体の75パーセントくらいが真っ黒コーデ。後は白など…。で、喪章や様々な黒リボンが配布されたり、売られたりしています。日本から観光に来られる方、一年は服喪期間が続きますので、頭の片隅に入れておいて下さいね。写真は鏡に写していますので、反転しています。右前左上で着ているので、ご安心下さい。そして今日はロイクラトン。⬇️ローイクラトン(วันลอยกระทง, Loy Krathong)は、タイ王国全土で陰暦12月の満月の日を中心に開催される祭り。毎年11月頃に行われる。ソンクラーンと並んでタイを代表するお祭りである。農業の収穫に感謝し、水の女神コンカーに祈りをささげ、罪を謝罪し、自らを清める祭りである。紙やバナナの葉で作った灯篭を川に流す。チェンマイにおいてはイーペン祭りと呼ばれ、コムローイ、コムファイと呼ばれる熱気球を空に飛ばす。サンサーイ郡で行われるイーペン祭りでは、数千個のコムローイが飛ばされる。それはもう夢のように美しく感動する光景です。そして❣️今日の満月は68年ぶりのスーパームーンとか!!月が地球に最も近づき、なおかつ満月である状態を指す『スーパームーン』。いつもより大きく美しい満月を楽しむことができるとのこと。全てに感謝しながら美しい月を愛でたいと思います。

      9
      テーマ:
  • 13 Nov
    • 11月15日は「きものの日」

      嬉しいご報告何と!表紙になれるアプリの記事の、表紙的に使っていただいた記事(笑)が、KIMONOBIJIN先週のランキングで2位になった、とのご報告をいただきました\(//∇//)\http://www.kimonobijin.jp/sp/11月15日は「きものの日」着物業界紙「ステータスマーケティング」さんの元記事⬇http://status-marketing.com/20161026-1423.html着物業界誌「ステータスマーケティング」は、着物小売店、卸商社、各メーカーのランキング、その他各種データを40年以上、調査し続ける着物業界屈指のマーケティング雑誌です!年10回発行しています。京都織物卸商業組合(KOMS)が、11月15日「きものの日」をより多くの人に知ってもらうため、無料アプリ「きものの日ブック表紙アプリ」(「きものの日」)を作ってくれました!このアプリは有名な着物専門誌3誌・プレジデント社「七緒」 ・世界文化社「きものサロン」・ハースト婦人画報「美しいキモノ」の協力がありました。撮影した着物姿のお写真の画像が3誌の表紙デザインに加工できるアプリです。着物ファンの中では「着物のモデル気分を味わえる!」と反響を呼んでおり、SNSでたくさんの投稿が行われています。アプリで「きものの日」で検索してもらえると簡単に見つかります。操作も簡単なのが人気な点ですね。アプリはこちらです。⬇Apple AppStore(iphoneの方)https://itunes.apple.com/us/app/kimonono-ribukku-biao-zhiapuri/id1162656676?l=ja&ls=1&mt=8Google GooglePlay(andoroidの方)https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.or.fashion_kyoto.koms&hl=ja「きものの日ブック表紙アプリ」提供者:京都織物卸商業組合http://www.fashion-kyoto.or.jp/event/kimonoday_appli.html

      3
      テーマ:
  • 12 Nov
    • プロ〜感動させる音と動き〜

      2012年は日本で、2015年からはバンコクで、ラジオのお仕事をさせていただいている。が、アナウンサーなどの経験もなく、いわば素人(>人<;)「いいのかな?」と思いながらも、周りもそうだという環境に甘えてきた…。が!!とうとうアナウンサートレーニングを受ける事にしたのだ(遅いっ)プロから受けるレッスンは、発声と滑舌。さらには「アナウンサー」的読み方。まだレッスンは続くのだが…一時間余りでクタクタになった。どれだけ「声を出す」事をなめていたか…。素人が素人に「聞きやすい声だね」などと言われた事を鵜呑みにしていた事が恥ずかしい\(//∇//)\だが、ここでやらなければ、ずっと恥ずかしい。「練習で出来ないのが恥ずかしいのではなく、出来ないまま本番に出る方が恥ずかしい」そう、励ま(?)され、納得した。何でもそうだが、「出来ている」と過信する事ほど、滑稽で、成長を止めるものはないなぁ、と改めて実感した。そして、レッスンをしてくれる先生(j-channel創設オーナーDJ)クミさんの、出す声の美しさと、豊かさに感動する。同じ日本語、同じ言葉なのに、滑らかで、ブツブツきれることなく、変な抑揚もなく、すっと耳に入り、心地よい。さらに、表現をつけると、音がまるで踊り出すかのように楽しげに変化した。訓練と経験。圧倒的に私に足りないものだが、目指す事はしたい、と思った。そして、クミさんの心地よい音を聞きながら、あれ?この感覚、どこかで感じた事がある…と、記憶を辿った。そうだ、バレエのレッスン時、先生が腕を胸の前から横へ広げた時だった。ただ、横に広げた。それだけなのに、そこの空気が優雅に動いた 気がしたのだ。腕を動かしたそれだけが、物語を紡いだのだ。同じだった。クミさんの出す音、声はたくさんの感覚を刺激し、心地よい。歌うのでもなく、踊るのでもなく、「喋る」「話す」という事。内容の前に、その音、声がどれほど聞きやすいものであるか、の重要さを十二分に感じる時間だった。こんな機会を与えて貰え、本当に恵まれている。環境に、人に、感謝したい。毎週月曜日朝6時〜9時 Morning Kiss (日本時間8時〜11時)の生放送。バンコクのラジオステーションj-channel www.j-channel.jpレッスン中静かに待ってくれていたワンちゃん❤終わってからたくさんボール遊びしたね(≧∇≦)

      3
      テーマ:
  • 09 Nov
    • 超多忙な人から受けるプロデュース

      日曜日の夜に日本から戻り、水曜日には北京に出張するという、超多忙な方が私達の為に時間を割いてくれた。きっかり2時間。ヘトヘトになるくらい頭を使い、話し合い、貴重なアドバイスとヒントをいくつも貰った。いつも、チャンスの扉を開けてくれる人。感謝しかない。お礼をしたくても、返しきれない…いつもそんなバターンになる。開き直って、受け取り、感謝し、私達が望む未来に進む事が、お礼?というか 喜んでもらえるのだと信じて…とにかく、慎重に急いで確実に今は書類との格闘の日々。人に恵まれ、応援される喜びを感じながら…以前書いた「お返し」は親切をくれた本人には返しきれない、のブログ。日本、インド、タイ、香港、ベトナム、ジャカルタ、フランス、イギリス、ポルトガル、キューバ、NY…人の親切や思いは世界をぐるぐる回っている(≧∇≦)

      5
      テーマ:
  • 07 Nov
    • タイ人化?!

      今日はバンコクのFMラジオ局j-channelの番組、モーニングキス生放送だった。毎週月曜日6時〜9時日本時間8時〜11時のレギュラーである。今タイは、国王様がご崩御され服喪期間中。なんと、TV局、ラジオ放送など一部を除き、ほぼ全てが国家特別番組となり、約ひと月…。(モーニングキスは、ニュースがメインとなるため、先週から一部内容を変更して放送を開始した)広告収入で賄っているTV局など、またそれに携わる製作会社、フリーランスのデザイナーなどはさぞ打撃であろう…。日本ではあり得ない措置だ。ほぼ白黒の国王関連の放送のみが流れるTV、それはどこの局も足並みを揃えている。ライブやイベント、毎年恒例のビアガーデンなども中止が決まっている。観光客用の歓楽街はネオンを消し、扉の向こうでは営業を続けているようだ。先週までは、90パーセントくらいの割合で、黒い服装だらけの街中も、今週に入ってから、70パーセントくらいになった印象だが、タイ人数人に聞いても、会社や年齢層、また亡き王様への親しみ度合いなどで、「一般の服喪期間はひと月」と言われてはいるが、3ヶ月続けるという人もいれば、きっちり一年は続けたい、という人もいる。そんなこんなで、黒い服の割合いを注視しながら乗るようになったスカイトレインBTS、ラジオの生放送が終わって帰宅する途中、駅のホームで私は呼び止められた。タイ語で。背後から、エクスキューズミーにあたる、コートーナカ?である。振り返ると、ぶわーっとタイ語で、多分タイ人と思われる若い女性がまくしたてた。最近、白人の友人から、皆が黒い服を着ていると、もうアジア人は殆ど見分けがつかない、と嘆かれた。そうだよね、皆んな同じような服で、日本人か否か?を認識出来るのは日本人くらいなもので、とはいっても、日本人かと思いきや、韓国人だったり、中国人だったり、と、言葉を発しているから判断するようなもので、実は「なにじん」なのか、見た目では本当にわかりにくい。で、私…。タイ人と思われたんだよね?!思いっきり。いや、ぶわーっとタイ語で、何を言われたか、聞かれたかすらもわからなかったから…道を聞かれたのか?何かを質問されたのか?理解不能だったから、わからないのだけど、とにかくタイ語で話しかけられたのだ。ま、道端で寄付だとか、アンケートだとかの人にも夫はスルーされるが、私は捕まるので…タイ人的要素があるのは何となく自覚はしていたんだが…。駅のホームだよ?!話しかけてきたの、一般人だよ?!で?どうしたかって?!そ!「私はタイ語がわかりません」をタイ語で言ってみたの!奇跡的に、咄嗟にタイ語が出てきたの!まあびっくり、大満足(笑)その若い女性は怪訝な顔をして頭を下げて去って行ったんだけど…何で英語で答えなかったんだろう。いや、日本語で。大抵、タクシーやお店などでも、相手がタイ語でも私は日本語で(笑)何故か通じる。本当は通じていないのかもしれないけれど、何故かコミニュケーションはとれている(と信じている)。それが、今日はタイ語よー?!今日のポイントは、私が限りなくタイ人に間違えられた、という事より、わからないタイ語で話しかけられ、タイ語で答えた、というところ!(笑)いやー、ビックリした。

      9
      テーマ:
  • 05 Nov
    • 未来に起こる事を感じ切った時、それは既に叶っている〈後で答え合わせをする為のブログ

      なんかね。狭くて小さいところで、くよくよしていて、何か変だな、って思っていたの。バイオリズムやホルモンや月の関係かと、分析していた。でも、その感情に囚われたくなくて、視線を上げて、広い世界と、可能性と、愛を感じるようにチャンネルを切り替えたの。素敵な人、素敵な場所、知性をもって、視野の広い人の発する言葉のかけらを集めた。その中の共感でき、共鳴する言葉にチカラをもらった。ポジティブなブログを読み漁ったり、面白い、上手い文章を見つけては夢中で読んでみたり、最終的には、どうなっていたいかの未来をやっぱり紙に書いて、それをイメージした。これは、落ちている時にはかなりの集中力と、妄想力がいるわけで、上手くいっている時に良いイメージを持つのは簡単な事、そうでもない時にはフラットな状態に戻すところから…そして、自分を信頼するために、心地良い事をして、心を満足させてあげる。安心感に包まれる。そうしたら、少しずつ、少しずつ見えてきて、嫌な事や、小さな小さな世界での出来事が、通り過ぎた感覚になった時…。具体的な未来に向かう出来事があっちからやって来た(笑)ああ、すっかり忘れた。忘れた、というかくよくよやら、は、どうでも良くなった(笑)未来は素晴らしく、思い描いたままだから。何故、あれほど嫌な思いに数日悩まされたか、の答えが素晴らしい望んだ未来はここだよ、というはっきりした形となって、やってくるために起きた事だったんだ。そこではない、を見せるためのものだった、と理解出来た。陰と陽光と影ハガキの裏とオモテ全ては同じところにある。また実際に起こった。間違いがない(笑)何度も経験している。思考は現実化するのだ。教えてくれた。さあ、未来に向かおう。ベクトルを全てあっちの世界に向けるのだ。楽しくなって来た。新月を過ぎて、次の満月はスーパームーンだ。2017年、2018年の為の今を感じる。はっきり見えた未来にただ向かうのみ。ぼんやりしていた輪郭に光がさした。これを待っていた。2020年、昨日まで見えていなかった未来。靄がはれたような感覚。未来、というか 近い将来、このブログに戻って答え合わせをしよう(笑)今日見た夢は予定となる。安心して信頼してそこに向かう日々を楽しもう。未来に起こる事を感じ切った時、それは既に叶っている。「大丈夫、全ては上手くいっている」メンターである大先輩が、数年前にくれた言葉だ。

      7
      テーマ:

プロフィール

hiroko

性別:
女性
自己紹介:
「三度の離婚より結婚が好き❤」著者。 自身の4人目となる夫と交際一年で入籍。 婚活、再婚活のコツ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。