皆さんこんにちは!


「CES 2009 現地レポート」、かなり引っ張っていますが、皆さんにお伝えしたいことが、まだまだ沢山あるので、今しばらく続きます。笑


今日のテーマは


Eco (エコ)


▼ Sony BRAVIA ECO HDTV
◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-09012701 <= クリックで拡大


もうこのエコという言葉は、すっかり市民権を得て、皆さんの生活の中にも定着していると思いますが、これは消費者サイドだけでなく、家電メーカーにとっても重要なキーワードのようです。


今回の、CES 2009 は、やはり低迷する米国経済状況を反映してか、出店されている商品やサービスは目白押しなのに、来場者は昨年度の2割程度減(出張費が出ない!)という状況でした。


そうなんです、ここアメリカは、日本よりもずっとこの不景気の問題が深刻であり、先日はオバマ新大統領の就任もありましたが、なかなか経済的には尋常ではない状況が続いています。


こういった不景気の時代になると、皆が真っ先に気にするのが...


電気代


ですね。笑


そういった時代を反映してか、今年の CES 2009 では、メーカー各社がそれぞれエコをテーマに取り上げた展示を行っていました。


▼ Panasonic VIERA のエコ展示

電気消費量は3年前から50%ダウン!

◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-09012701 <= クリックで拡大


▼ HDD レコーダーも50%ダウン!

◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-09012701 <= クリックで拡大


私も知りませんでしたが、最近のデジタル家電製品の省電力化というのは、ものすごいスピードで進化しているんですね。大型プラズマTVなどの電気消費量が、たった3年で50%も削減できているなんて...


本当にスゴイと思います。私の日本の自宅には、まだプラズマTVが出始めたころに買ったPanasonicのTVがありますが、きっとビックリするような電気消費量なのだと思います。(泣)


しかし、これらのECOが、メーカーや我々消費者にもたらすメリットとは何なのでしょうか?


■ メーカー・サイドのメリット


1.自社製品の電気代が安い!とプロモーションできることで、消費者の購買意欲が高まり、他社との直接的な差別化につながる。


2.結局新しいTVを買った方が、古いTVを使い続けるより「お得」というプロモーションが可能となり、消費者の買い替え意欲を高めることができる。


3.自分たちは、常に環境を意識し、環境に配慮したメーカーであるという、とてもクリーンな企業ブランディングを確立できる。


というあたりでしょうか? 次に、


■ 消費者サイドのメリット


1.電気代が安くなる。


2.地球環境にやさしい生活を過ごしているという優越感が得られる。


という所でしょうか? まぁ消費者サイドは、ズバリ、電気代が安くなるという経済的メリットが大きいと思います。


しかし、これらのECOがもたらす最大の利点は、やはり消費電力を抑えることで、地球資源をすこしでも節約でき、我々の住む地球を守ることに繋がっている事だと思います。


私もECO生活、心がけたいです。



■ 本日の「平均日本人英語」!


~ ユーザー参加型で日本人の「平均英語力」を解明! ~
~ 現代日本人の英語は、どこまで外国人に通じるのか? ~


◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-eigotop01


■ 「意外と通じる!? 通じない!? 平均日本人英語」
http://nihonjineigo.com



○ 2009年1月28日のお題


◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-hne006


ん~ なんでしょう?


act cute

アクト・キュート


cutie girl

キューティー・ガール


over cute

オーバー・キュート


とかでしょうかね...?

これは結構ムズイ...


さて!本当は何というのでしょうか?

解説と正解英語は下記のサイトでチェック!


■ 「意外と通じる!? 通じない!? 平均日本人英語」
http://nihonjineigo.com

AD

皆さんこんにちは!


今日は、CES 2009 で見つけた、大容量SSD についてのご紹介です。


SSDって何?

Wikipediaの説明はコチラ!


SSD(Solid State Drive)は、一般的に内蔵型ハードディスクに変わる、フラッシュメモリーのことを指すコトバなのですが、最近、このSSDの大容量化が進んでいます。


▼ SanDiskのSSD(240GB)


◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-090126001 <=クリックで拡大


現在、一般的に流通しているSSDの容量は80GB~120GB程度だと思いますが、今回のCES 2009では、メーカー各社が競って大容量の次世代SSDを発表していました!


中でもTOSHIBAが発表していた、新世代SSDの容量はなんとっ!


512GB


って、スゴイですよね。しかもノートPCに入るものです。


▼ TOSHIBAの大容量SSD (512GB)


◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-090126005 <=クリックで拡大


現在、普通のハードディスク(HDD)でも、一般的にノートPC用として流通しているのは120GB~240GBあたりだと思うので、今回のSSDは、もうすでに一般的なHDDを上回っていると言えます。


このSSDの優れているところは、


1.アクセス・スピードが速い!

HDDと違いシーク時間(頭出しをする時間のようなもの)が非常に短く、アクセス時間が速い。


2.衝撃に強い!

機械的な構成のHDDは落下などの衝撃にとても弱いといますが、SSDはメモリーなので衝撃にとても強いので、外に持ち出す機会の多いモバイル機器にはとても適している。


3.耐久性がある!

一般的にSSDは耐久性(長寿命)とされており、HDDよりも長期間の利用に関する故障が少ないとされています。



▼ SSDアクセス・スピードの優位性


◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-090126002 <=クリックで拡大
SanDiskブースのパネルより


まぁ後は、肝心のお値段が気になるところですが、まだまだ大容量なモノは「お高い」んだと思います。笑



で、CES 2009の会場のアチコチで、これらの高速SSDの新商品を見ながら、技術進歩の早さに関心していたら...


なんと!


もうすでに、台湾の有名なPCメーカー ASUS より、512GBのSSDが搭載されたノートPCが発表されていました。


サスガ台湾PCメーカー

はっ早いっ!


▼ ASUSの新型ノートPC SSD512GB搭載


◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-090126003 <=クリックで拡大


▼ ディスプレイの右上には誇らしげに

512GB SSDの文字が...


◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-090126004 <=クリックで拡大


これマジで欲しいです。笑


ということで、今後の新世代SSDの大容量化と、低価格化は、今後の私たちのデジタルライフに、大きな影響を与えることになると思いますし、またそれに合わせたコンテンツの提供が可能となりますね!


大いに期待です!



■ 本日の「平均日本人英語」!


~ ユーザー参加型で日本人の「平均英語力」を解明! ~
~ 現代日本人の英語は、どこまで外国人に通じるのか? ~



◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-eigotop01


■ 「意外と通じる!? 通じない!? 平均日本人英語」
http://nihonjineigo.com

○ 2009年1月26日のお題


◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-090126006

ん~ なんでしょう?


写真なら...

Peeping shot

ピーピング・ショット


動画なら...

Peeping movie shot

ピーピング・ムービー・ショット


とかでしょうかね...?


さて!本当は何というのでしょうか?

解説と正解英語は下記のサイトでチェック!


■ 「意外と通じる!? 通じない!? 平均日本人英語」
http://nihonjineigo.com

AD

皆さんこんにちは!


今日は、先日ラスベガスで開催された、世界最大のデジタル家電&ネット産業のイベント CES International 2009で見つけた、とても興味深く、いかにもアメリカ人らしい光景についてお伝えします。


▼ CES International 2009 会場 視察の様子


◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-CES0124003 <=クリックで拡大



今回のCESでもかなり大型の展示ブースを構えていた、


▼ Panasonic 展示ブース


◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-psb01 <=クリックで拡大


今年も、薄さわずか8mmの50インチのプラズマTVを発表したり、家庭用3D-HDの発表を行ったりと大盛況な状況でしたが、実はそのPanasonicブースの一角に、いかにも日本企業らしい「おもてなしの心」という感じで、


▼ Panasonicブースに置かれた同社製マッサージチェア


◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-CES0124001 <=クリックで拡大


なるほど、CESの会場はとても広くて、一日中、歩き回っているとかなり疲れるのですが、この日本製のマッサージチェアの良いところは、フット・マッサージ(足揉み)機能が優れていることです。


私も日本の家電量販店などで、何度か試したことがあるのですが、靴を脱いでこのフット・マッサージを受けると、


とても気持ちイイィ~


という感じで、足の疲れが取れるので、こういった「細かいところまで気が利くモノ作り」は、やっぱり、


メイド・イン・ジャパン


だな~と思っていたものでした...

しかし、ここアメリカでは...


▼ フット・マッサージに靴を履いたまま...


◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-CES0124002 <=クリックで拡大


やっぱり、ここアメリカでは、


靴は脱がないんですね。笑


いくら文化の違いとはいえ、なんともこの光景がおかしくておかしくて、思わず写真に収めてしまいした!笑


最近は、アップルの iPod や、X-BOX360などをはじめ、米国発の大ヒット商品が日本でも目白押しですが、まだまだ、細かいディティールにこだわりを持てる日本製品、がんばれると思います!



がんばれ!

メイド・イン・ジャパン


■ 本日の気になる書籍


先日の歴史的なオバマ新大統領の就任スピーチ!

映像と対訳 DVD BOOK がもう発売になっていますね。

歴史的なスピーチをじっくり聞きながら英語の勉強というのも

いいかもしれませんね!

オバマ大統領就任演説 DVD Book
¥2,079
Amazon.co.jp

こちらもスゴク売れているみたいです!

生声CD付き [対訳] オバマ演説集/CNN English Express編
¥1,050
Amazon.co.jp
AD