盛りだくさんになってきた上海編ですが、あと2つほどどうしても書きたい記事がありますので、いましばらくお付き合いください。(笑)


今日、ご紹介するのは、

いわば、中国版の...


@cosume (アット・コスメ)
cosume01

とも言える、中国最大級のクチコミ・コスメ情報サイトです。


余談になりますが、若い女性をターゲットとした、クチコミ型 化粧品情報サイトとして人気の高い@cosume 、最近、この手の CGM(Consumer Ganerated Media)を活用したサービスが増えています。
そしてこの中国での Web2.0 においても、やはりこのCGMというキーワードがかなり重要な要素となってきているようです。


さて、この CGM(シー・ジーエム)いう言葉、IT業界やネット広告業界の方にとっては、とても馴染みのあるフレーズかもしれませんが、業界以外の方にとっては、すこし???な状況かもしれませんので、簡単に説明をしてみると...

Consumer 消費者
Ganerated生成・生み出す
Media メディア・媒体
ということで、日本語的には

消費者 生成型 メディア

などと呼ばれることも多いようですが、要するに、一般の消費者達(Consumer)が、積極的に「カキコミ」を行う(Ganerated)ことにより、成り立っているメディア(Media)ということで、@cosume のようなユーザー参加型のサービスなどを、業界では一般的に CGM と呼んでいます。

もちろん、このブログの読者の大半を占めるブロガーの皆様も、実はこの CGM に大きく関係していて、ブログそのものが、まさに世界最大のCGMメディアであり、皆さん一人一人が、CGM サイトの運営者であるといえるわけです。
さて...

前置きが長くなりましたが、今回、ご紹介させていただくのは...
なんと、
中国最大規模の化粧品CGM情報ポータルサイト



luce01


▼ LUCEのサイト

luce03

ちなみに中国の回線が遅いせいか、
日本からだとつながり辛いです!
を運営されている、SHANGHAI LUCE NETWORKS CO.,LTD です。

しかもこの会社を運営されているのは、なんと「日本人」なのです。驚!
▼ LUCEの西谷CEOと一緒に!

Luce02

西谷社長は、元ライブドアの出身で、ライブドア時代にお仕事で上海に渡り、その後、ライブドアを退社された後も、そのままこの上海に残り、この LUCE の運営を行うようになったそうです。
元ライブドアといえば、先の記事でご紹介した、easyTVC の 中西さん も、元ライブドア出身で、堀江さんの事件があってから、皆さん、外で活躍されるようになったそうです。

くしくも、私が上海に出張していたときに、日本では堀江さんの実刑判決が出たので、中西さんなどは、
「とても複雑な心境だ!」

と、素直におっしゃっていたのが、とても印象的でした。


あのような事件があり、自分の会社が大騒ぎになるような状況に見舞われても、冷静に様々なことを判断して、自分の新たな道を探され、そして、今の活躍の場を見つけられたというのは、お二人とも、本当にすばらしい精神力だなと感じました。

祖国を飛び出し、遠く異国の地でがんばっているお二人と、米国シアトルと、場所は違えど似た境遇にある私。 もちろん会議での話も弾み、いろいろと興味深い意見交換をさせて頂きました。
今回も、また一人、二人と、世界でがんばるパッション(情熱を持った

倭橋 (注1)

と、出会えました!


西谷さん、中西さん、がんばってください!
応援しています!


(注1)

中国の華僑と同じコンセプトで、海外で働く
日本人を私の中ではこう呼んでいます!
AD

上海 IT企業 訪問記 easy TVC

テーマ:

上海から一旦、日本に帰国し何日も経たちましたが、ブログのほうでは継続して盛りだくさんだった、上海の熱き IT関係の記事をお届けしたいと思います!



帰ってきたら、日本はすっかり


「さくら満開」ですね!笑


満開の桜を見ると、日本人に生まれてきてよかったといつも思います。



さて、



今回の出張では、現在、上海で注目されているホットな IT企業をいくつか訪問し、いろいろとお話などをさせて頂きましたが、今日は、私がもっとも印象に残った会社などをご紹介したいと思います。



■ EasyTVC 社


EasyTVC, Inc. (本社:中国上海市、代表:金泳秀)は、中国におけるローカルTVの広告枠を束ねて、地域に絞った広告出稿サービスや、格安広告枠の販売などを行う、とても面白いコンセプトの事業を推進しており、あの広い中国に無数に存在する各TVローカル局の空き広告枠を、ITを活用して販売して行こうというものです。


▼ EasyTVC 社 金 CEO と一緒に


etvc01


この日は、急遽お邪魔することになったので、

えらいカジュアルな私服でお邪魔してしまいました!汗!



ちょうど私が訪れた日に、この会社の記事が上海で一番有名な経済紙(日経新聞のような感じ)や、英字新聞で紹介されていて、この会社への中国メディアの注目ぶりが感じられます。



▼ EasyTVC社と、金 CEOが大きく取り上げられた記事


etvc02



この会社は、今回の上海出張中、もっとも印象的な出会いとなった、中西さん(ブログはありません!)が、取締役を勤める会社で、なんと中西さんは、以前より私のブログの読者だったということと、先日ご紹介した ネットエイジキャピタルパートナーズ上海の 江 博 CEO 同様、前職は同じ某商社グループ出身ということで、なんだか、とても不思議なご縁を感じました!笑


しかし、この某商社は、インデックスの落合会長、小川社長 や、グッドウィルの折口会長をはじめ、業界に優秀な人材を、たくさん輩出していますね。

(私も頑張らねば...笑!)



▼ 中西取締役と一緒に!


etvc03


ここの会社の方々は、皆さんとてもフレンドリーで、副社長の面々とも一緒にパチリ!


▼ 蒋SVP 、Chen SVP と一緒に!


etvc04



この会社の面白いところは、韓国出身の金CEOと、日本出身の中西さんと、シンガポール出身の蒋さんなど、違う国の異文化環境で育って来た3人が、この上海という中国でもっともホットな場所で出会い、そして同じ夢をもって会社を運営していくという、とてもドラマティックであり、またいかにも上海らしいコスモポリタンな所です。



日本では、なかなかこういった環境の会社は生まれづらいですよね~



easyTVC社 は、中国のメディアだけでなく、いまでは日本の企業も注目する会社となっており、先にご紹介した ネットエイジキャピタルパートナーズも出資をしていたりと、今後の活躍が期待できます!



日本のVCの皆様

この会社は注目ですよ!



アメリカでも、地方のローカルTV局の空き広告枠をネットで束ねていくような動きがありますが、それらの共通項は「あまりにも広すぎる国土」であり、その広い国土に無数に散らばったローカル局とのネットワークを広げていくには、サービス提供者側の熱いパッションが、とても重要な要素だと思います。


この狭い日本でも、キー局、そしてローカル局との格差などが広がりつつあり、一部のローカル局では広告枠の値崩れが発生しているというウワサも耳にしますが、そういった意味では、easyTVCの様なサービスの日本展開も、チャンスがあるかもしれませんね。



今回、中西さんとお会いして、また一人、遠く離れた異国の地で頑張る新たな「倭橋」に出会え、私もまた熱いパッションをもらったような気がします。


そういえば、今回、中西さんの奥様とも一緒にお食事をする機会があったのですが、「旦那さまの夢を理解し、そして支えている感じ」が印象的な、とてもステキな奥様でした。



ひょっとすると、海外で働く日本人ビジネスマンを支えているのは、こういった女性の「内助の功」が、とても重要なポイントかもしれませんね!笑




AD
先の記事でもお伝えしましたが、私は今、世界がもっとも注目しているといっても過言ではない、中国でもっともエキサイティングな街

上海(SHANGHAI)

に来ています。


今日は、前回の記事に続き 「上海起業家登竜門」 というイベントの懇親会の様子をお伝えします。


今回のイベントには、日本を代表する上場IT企業の社長さんなどが、わざわざ日本からお越しになられていて、やはり日本の大手IT企業にとって「上海」は、IT先進国 韓国の「ソウル」と同様、今、もっとも注目する場所なのかもしれません。


今回、ご参加されていたのは(順不同)

イベントの実行委員長をされていた

(株)あきない総合研究所 吉田 社長


をはじめ、


(株) イー・クラシス 宮下 社長

(株) オプト 海老根 社長

(株) チャイナ・コンシェルジュ 大西社長

(株) インタースペース 河端 社長

(株) セプティーニ 佐藤 社長

(株)ウェブドゥジャパン 小渕 社長

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(株)
矢島 社長

さくらインターネット(株) 田中 副社長

ネットエイジキャピタルパートナーズ北京 木村 CEO

ネットエイジキャピタルパートナーズ上海 江 博 CEO


などなど、皆さんもよくご存知の IT系の会社の代表の方々が大勢ご出席されていました。


中には当社の日本支店が、日頃、大変お世話になっている会社の社長さんもご出席されていたので、遠く日本から離れた上海のイベント会場で「立ち話会議?」(笑
)なんて事にもなってしまいました!



▼ イベント終了後のレセプション会場にて


shang06

上左 : インタースペース 川端社長

上右 : ウェブドゥジャパン 小渕社長
下左 : わたし
下右 : イークラシス 宮下社長


▼ (株) セプティーニ 佐藤 社長と

shang07


ちなみに、日本ではお会いしたことがない企業のトップの方と、海外で偶然出会うというのは実はよくあることで、日本にいるときにはお忙しくて、ゆっくりお話する機会がなかった社長さんでも、海外出張中にお会いしたりすると、一緒にお食事をすることになったりと、何気に長いお時間お話させて頂く機会に恵まれたりすることもあります。

そういえば、先日、実刑判決が話題となった旧ライブドアの堀江社長(オンザエッジ時代)と、私が最初に出会ったのはロンドンだったことを、いま思い出しました!


で、今回、各社の社長さんとお話していて感じたのは、

はり

上海はスゴイ! (という予感がする?)

というご意見が多く、各社とも、この大陸でもっともエキサイティングな街の状況を、虎視眈々とウォッチされているようです。


先週から、本当に中身の(めちゃ?)濃い充実した上海での日々を過ごしていますので、当ブログではネタが尽きるまで、しばらく上海編が続くと思います!(笑)


しかし、中国のネット回線の遅さには閉口させられます。アメブロの管理画面が開かない...(泣)


AD