皆さんこんにちは。
今日は久しぶり?に、IT系のお話です。

今日のお題は、最近、もうすっかり知名度も上がり、一般の方々もよく知られるようになった「SKYPE(スカイプ)」 についてお話します。
▼ 無料インターネット電話 SKYPE

skypetec02

skypetec01


SKYPEは、以前に何度も詳しく記事を書いていますので、もし読者の方でSKYPEをご存知でない方がいらっしゃれれば、下記、過去記事もあわせて読んでみてください。 かなり深く掘り下げて書いていますので、覚悟を決めて、じっくりとお読みください。笑



過去記事の中で、延べ 5万PV以上あった、
もっともアクセスの多い人気記事です!


さて...
SKYPEは、インターネットを利用した無料電話として、世界中に浸透しつつありますが、最近では世界最大のオークションサイト ebay が、SKYPEの開発会社である、SKYPE Technology社40億ドル(約4400億円)で買収するという超大型M&Aのニュースが世間を騒がせました。
SKYPEの製品自体も、もともとは音声通話だけでしたが、現在ではWebCam(PC用の小型カメラ)を利用した、ビデオ・カンファレンスコール(テレビ会議)といった、動画にも対応してきています。
当社は、米国シアトルを本社とし、東京、ロンドン、ソウル、北京などに拠点を置いていますので、SKYPEはリリース当初より注目し、また会社運営上、とても重要なビジネス・ツールとして活用し続けてきました。
一昔前なら、米国大統領とか、日本国総理大臣など、特別階級の方々しか利用できなかった、国際間のテレビ会議が、今ではノートPCと、小さなWebCam、そしてインターネットに接続できるネットワークさえあれば、「ドコでも誰でも」こんなにすばらしいサービスが無料で利用できるようになったのは、本当にインターネット技術の進化のおかげだと思います。
現在、私は当社のシアトル本社にいますが、日本支店のスタッフとはいつもこのスカイプを利用したテレビ会議を行なっています。
▼ Seattle-Tokyo SKYPEテレビ会議の様子(シアトル本社)

novsea05

▼ ちなみに日本サイドでは、このような感じだそうです。(日本支店)
時差ぼけで仮眠をとっていたので、おもいっきり寝ぼけ顔です。笑

skypetec03

上記、「私の寝ぼけ顔」の写真についての詳しい記事?は、当社、日本支店の番頭をつとめている「番頭@米国IT企業(日本支店)」 yoshi71 が書いている、 「◆米国IT企業(日本支店)の番頭日記」 で、お伝えしていますので、ご興味のある方はコチラ からどうぞ!笑
アメリカは、国土が広すぎる関係もあり、日本ほど高速インターネット網(ブロードバンド)が整備されていない(当社のオフィスで 512Kbpsで、1Mbpsもありません! でもこれがアベレージです!)ので、回線状況によっては、たま~に日本サイドでコチラの声がプツプツと途切れたりするようですが、無料という事を考慮すれば、基本的にはまったく問題無いレベルだと思います。
SKYPEが全世界に与える影響は今後も計り知れず、それぞれの国の電話事業者のビジネスを脅かす可能性も非常に高いため、中国などでは国家レベルでのSKYPE締め出しの動きなどもありますが、ユーザーの観点からすると、これらの規制はまったくナンセンスな話であり、近い将来は、必ず「ユーザーが欲するサービスが主流になる」という観点からしても、これらの無料インターネット電話の動きは益々活発になると思います。
当社のビジネスは、米国、日本、韓国など、それぞれの国で優れた技術などを、それそれの国へ紹介(輸入、輸出)させることにも注力しており、そのビジネス・モデルにおいて、各国間のコミュニケーションを費用を掛けずに「無料」で行なえるというのは、本当にありがたいことであり、これらの技術がなければ、私自身もこういったビジネスのスタイルの会社を作らなかったと思います。
最近はこのSKYPEの周辺機器などのマーケットも活性化されており、明日は、こちらで見つけた面白いSKYPEの関連商品などについてお伝えします。


池嶋 俊
入門 Skypeの仕組み~無料IP電話を支えるピアツーピア技術
無料のスーパー電話スカイプ(楽)活用術 Skype 2.5 対応

Michael Gough, Salman Abdul Baset, Joshua Brashars, Larry Chaffin
Skype Me!: From Single User to Small Enterprise and Beyond
AD

本日のシアトルタイムズ が伝えたところによると、マイクロソフト(日本)と、

ソフトバンクが共同で、VoIP(インターネット電話)分野で業務提携し、

マイクロソフトのVoIP技術(インターネット電話)を日本で展開するそうです。



▼ シアトル・タイムス



st01

st02





記事のタイトルは、


Microsoft makes Net phone deal

with Softbank

◎ 記事の原文(英文)はコチラ



とても短い記事ですが、マイクロソフトは現在、先日 ebay に買収された SKYPE に対抗するために、インターネットを利用した電話管理ソフトを開発中とのことで、日本で既に BB Phone サービスを提供しているソフトバンクと組んで、これらのサービスを提供するそうです。


前々から、VoIP分野に関するマイクロソフトの動きがとても気になっていましたが、ビル・ゲイツ氏はどうやら、彼らのVoIP戦略の先鋒として日本を選んだようです。


今回の記事だけでは、具体的にどのような展開になるのかは、まだまだ不明ですが、彼らが日本を選んだ理由の一つは、ADSL世界一となった

ネット・インフラの充実があげられると思います。


マイクロソフトのMSNメッセンジャーについているVoIP機能も、そんなには悪くないので、これをベースにブラッシュアップをしているのであれば、かなり

期待できるクオリティになるのではと想像しています。


eBay Skype Technologies VS Microsoft


世界中に既に大きく広まった高品質なVoIPソフト SKYPEと、これまた世界中を独占したOSを持つマイクロソフトとの戦い、今後の動向が注目されます。



SKYPE は、先日、いよいよ待望のビデオ(Webカム)対応版を

リリースしています。


SKYPE 2.0 bata


まだβ(ベータ)版(試作版)ではありますが、とても使いやすい出来上がりで、これはもう少し使い込んでから、別途レポートをさせて頂く予定です。


ライフコーポレーション田村社長 もダウンロードされて、お話する相手を探されているようですが(笑)、β版とはいえ、十分実用に耐えれるレベルのものだと思います。


ちなみに、今回のソフトバンクと、マイクロソフトの提携のニュース、現時点で日本の主要メディアをチェックしましたが、まだ報道されていないようです。(たぶん?)


よしっ! CNET JAPAN に勝った!(のかな?)

=> 張り合ってどーするんだ!って感じですね。笑



日本は本日で仕事納めの所が多いようですね。

皆様、一年間、お疲れ様でした。


私も明日から休暇に入りますが、

ブログは自動更新?頑張りたいと思います。笑


(実は明日、明後日と オリンピック国立公園に釣りに出かけます!)


大きなサカナが釣れることを願ってます。

久しぶりの釣りなので、とても楽しみです。



**************************



明日の記事は、自動更新でアップされますが、先日出張で行った

ハワイの「超バブル」な状況についてお伝えします。


ワイキキ周辺の地価高騰!

ほんとに、異常な状態でしたっ!


それとオマケで、私の趣味の面白い写真も掲載してありますので、

お楽しみください!

AD

スカイプに関する過去記事へのアクセスが、とても多いので

皆さんが読みやすいように、このページから全ての記事に

飛べるようにリンクを作りました。


ご興味のある方は、是非ご一読ください。


◎ スカイプについての概要や彼らのビジネスモデルなどについて、

5回に分けてスカイプを検証。アクセスのとても多いコンテンツです。


1. 便利な利用方法

2. カリスマ経営者達

3. 必ず成功するマーケティング戦略

4. 無料の裏にある経営戦略

5. 彼らに立ちはだかる壁




◎インテルがCPUレベルでスカイプが効率よく

使えるようにするという業務提携のニュースを検証。


スカイプとインテルが提携!




◎全部で5回の記事にわけて ebayのスカイプ買収 を検証しました。

こちらも、継続してとてもアクセスの多いシリーズです。


「ebayのスカイプ買収について」


Vol 1. 企業のM&Aとは...

Vol 2. ebayの事情

Vol 3. SKYPEの事情

Vol 4. 両社のシナジー効果

Vol 5. 業界に与える影響

AD