皆さん、お正月はどのように過ごされていますか?


今年の年末年始は、暦の関係で長期の休暇になった方も多いと思いますが、当社の米国本店は、アメリカの商習慣にならい、元旦だけが「休日」としてのお休みで 1月2日から営業開始となっています。


ただ日本支店は 7日が初出社というカタチをとっていますので、私自身、今年は日本に滞在し、しかも大阪の実家に帰省して、久しぶりにゆっくりとしたお正月を過ごしています。



そこで本日は...



多くのブロガーさん達が、お正月の過ごし方や、お正月グルメなどの記事をアップされているので、私も関西風のお正月の過ごし方について、ご紹介したいと思います。



大阪も広いので、お正月の過ごし方もイロイロだとは思いますが、私の印象では、お正月に京都へ初詣にお出かけになる方も、結構多いと思います。


もちろん、大阪にも初詣に出かける所は沢山あるのですが、京都は距離的に近いのと、平安神宮八坂神社 など、日本を代表する情緒風情のある神社仏閣なども多いので、毎年かなりの数の「大阪人?」が、京都に流れ込みます。笑


かくなる、私もその一人なのですが、今年も、両親と一緒に毎年恒例(しきたり?笑)となっている、京都参りをしてきました!



まず始めに、京阪電車の特急で京都へ向かい...



▼ 京都七条にある法住寺 で厄払いのご祈祷


親の代より、私も子供の頃から毎年毎年

お払いをして頂いているお寺です。


g20080102001 <=クリックで拡大


法住寺 は、平安中期より続く 後白河上皇 ゆかりのお寺としても有名です。寺内の写真は撮れませんが、平安期の作風とされる「身代わり不動明王」像が圧巻です。


機会があれば是非お立ち寄りください。



▼ ご祈祷を済ませ、甘味処でお抹茶とぜんざいを...

甘春堂さんは、老舗の京菓子屋さんでもあります。


g20080102002 <=クリックで拡大



▼ 本日はゆったりと2階席へ通されました!

落ち着きます...


g20080102004 <=クリックで拡大


g20080102003 <=クリックで拡大



▼ お薄と白玉のおぜんざい

お膳や漆器は昔から甘春堂さんに

伝わる年代モノだそうです。風情がありますね!


g20080102005 <=クリックで拡大



とてもおいしく頂きました!



その後、清水寺のすぐ近くにある、七味屋さんで、七味と山椒を購入。ここの七味と山椒は香りが絶品です。


▼ 七味の老舗 七味屋さん


hichimi01 <=クリックで拡大



▼ 清水焼の粋な七味入れなども売っています!


g20080102007 <=クリックで拡大



その後、古都の風情が残る三年坂 <産寧坂(さんねいさか)とも呼ばれます>を下って丸山公園へ。


このアタリは京都観光のゴールデン・コースですね。

特に、女性にはオススメです!


▼ 三年坂、二年坂は実に京都らしいです!


g20080102008 <=クリックで拡大



▼ 丸山公園にある「垂れ桜」

春の満開の時期は、とてもキレイです!


g20080102009 <=クリックで拡大



▼ 丸山公園から八坂神社へ向かい初詣

八坂神社はいつも大勢の人で賑わいます。


g20080102010 <=クリックで拡大



▼ 八坂神社は商売繁盛のご利益があるらしく

京都の芸妓さん、舞妓さんの提灯が並びます。


芸妓さんらしい「いかにも」という名前に注目です。笑


g20080102011 <=クリックで拡大(必須)


▼ 芸妓さん、舞妓さんの提灯の前で父親と...

いったい?どんなご利益?があるのでしょうか?笑


g20080102012 <=クリックで拡大



その後、四条までブラブラと散歩。

途中で「一力茶屋」の前を通ります。



▼ 祇園 花見小路通りにある「一力茶屋」


g20080102016 <=クリックで拡大


一力茶屋は、あの大石内蔵助 が吉良邸への討ち入りを悟られないように、芸妓たちと放蕩三昧をした茶屋ということでも、とても有名ですね。



四条に到着する頃には、ちょっと小腹が空いたので 京都南座 の横にある松葉さんで「にしんそば」を頂きます。



「京風にしんそば」の老舗 松葉さん


g20080102013 <=クリックで拡大


▼ とてもあっさりとした上品なダシです。


g20080102014 <=クリックで拡大


▼ 松葉さんで使われてきた歴代のどんぶり

明治、大正、昭和と時代によって変わっています。


g20080102015 <=クリックで拡大



とまぁ、こんな感じで、1月2日を過ごした私ですが、東京の方などには、ちょっと「雅 MIYABI」な風情を、お楽しみ頂けたのではないかと思います。笑



皆さんはどんなお正月を

お過ごしですか???



■ 今日(京?)のおみやげ...


清水寺の近くにある骨董品屋に、フラっと立ち寄った時に見つけた、明治時代頃の染付けの大皿


▼ 染付けの大皿

程度もよくて、とてもお買い得でした!笑


koimari0001 <=クリックで拡大




AD

謹賀新年 2008

テーマ:

みなさん!あけましておめでとうございます。


昨年は、仕事に追われ、ブログの更新頻度がかなり落ちてきましたが、「継続はチカラなり」という言葉を信念に、今年も読者の皆さんと、ブログを通じて様々な情報共有が行えればと思いますので、今年もよろしくお願いします。


平成20年元旦の今日は、本来なら昨年のネット業界の総括や、今年の展望などをお伝えするところだと思いますが、それらのカタイお話は後日、ゆっくりとお伝えするとして、本日は、実家で過ごすお正月の様子をお伝えしたいと思います。


実は、このところシアトルでお正月を迎えることが多かったのですが、ラッキーなことに、昨年、今年と、2年連続で、大阪にある私の実家でお正月を過ごしています。


やっぱり...


お正月は日本がいい!


ですね。笑



うちの実家は、わりと古い「しきたり」がいろいろと残っていて(笑)、それはそれで大変なことも多いのですが、最近では、そういった日本の伝統的な文化が薄れてきていると感じることも多いので、これらの「しきたり」も大切にして行きたいと思う今日この頃です...



それでは、実家でのお正月の様子をお伝えします。


▼ 玄関のお飾りもお正月仕様です!


Gasyo25 <= クリックで拡大


▼ 鏡餅のお飾りは、東京とはちょっと違いますね。

ちなみにお餅は30日にみんなで杵と臼ついたものです。


Gasyo26 <= クリックで拡大


▼ 「おとそ」で新年を祝います。


Gasyo24 <= クリックで拡大


▼ 「睨み鯛」とおせち料理。


Gasyo200802 <= クリックで拡大


▼ 「睨み鯛」は、お正月の3日間、睨みを利かせて

家内安全を守るそうで、3日の日まで手をつけません。

鍋島の角大皿の白と紺に鯛の赤が冴えてとてもキレイです。


Gasyo200801 <= クリックで拡大


▼ おせち料理 その1

おせち料理は、いつも母親の手作りです。


Gasyo200803 <= クリックで拡大


▼ おせち料理 その2

丹波黒豆、田作り(ごまめ)、こぶ巻き、棒鱈など


Gasyo200804 <= クリックで拡大


▼ 練り物は色鮮やかですね。


Gasyo200805 <= クリックで拡大


▼ お雑煮

つきたてのお餅はとても柔らかくておいしいです。


Gasyo200806 <= クリックで拡大



▼ 数の子(歯ごたえのある食感がたまりませんね。)

有田の白磁に黄色がとても映えますね。


gasyo010101


▼ 赤なまこのポン酢あえ

お酒の肴にはもってこいです!笑


Gasyo200809 <= クリックで拡大


▼ ウニ

こちらは刺身醤油でいただきます。

高台のちょっと粋な器に盛り付けて。


Gasyo200808 <= クリックで拡大



とまぁ、こんな感じで、今年は久しぶりに実家で過ごす、ゆったりとしたお正月を過ごしています。



昨年は、当社日本支店の人員が予想以上に増えましたが、年明け早々また 2名 新しいメンバーがジョインします。


今年も社員、一人ひとりがそれぞれの目標に向かって、大きく飛躍してもらえればと思っています。



今年も頑張ります!



AD

先日、成田空港を出発する時、いつもはギリギリなのですが(笑)、今回は珍しく少々早めに到着したので、今年の7月19日に新しくリニューアルされたばかりというJALサクララウンジ に立ち寄りました。


新しいラウンジの詳細はコチラ!


シャワールームもあるそうですが、こんな所で出発前にシャワーなんて浴びる人なんているんでしょうか?笑


ラウンジはとても落ち着いた感じで、ゆったりと軽食などが取れますが、これは結構オイシカッタ!です。



▼ 日本をしばらく離れるときは和食がいいですね!笑


sakunari01 <=クリックで拡大



▼ 軽い軽食ですが、こちらは焼きおにぎりのお茶づけ!

海苔、三つ葉、梅、胡麻などがうれしいです。


sakunari02 <=クリックで拡大


▼ スープは サムゲタン でした。


sakunari03 <=クリックで拡大




とまぁ、


確かに落ち着いた雰囲気で、いいことはいいのですが...


▼ ロビーの様子


sakurnari04 <=クリックで拡大


▼ ラウンジの様子


sakunari05 <=クリックで拡大



最近、JALばかりとは言いませんが、航空機会社の事故や、経営面などの諸問題についてのニュースを聞くことも多い昨今、これらのサービスに多大なお金をかけて、見せかけの顧客満足度(CS)を向上を狙うより、正直言って航空機会社の一番大切な顧客満足とも言える「安全面」でスジの一本通った「硬派」な心がけを見せてもらう方が、利用者としてはずっとありがたいと感じました。



今日のワタシは、めずらしく?


「ちょっと辛辣」?


JAL勤務の友人達、ごめんなさい!笑




■ 今日の記事の関連書籍

JALの翼が危ない/安田 浩一
¥1,050
Amazon.co.jp

ANAとJALどっちがお得?マイレージ攻略BOOK (アスキームック)/橋本 和明

¥1,000
Amazon.co.jp

AD