先日、シアトルに到着した後、その日は、久し振りに当社米国本社の役員たちや、インターンとしてお手伝いをしてくれていた、ワシントン大学の学生さんたちと、ちょっとした「マル秘パーティ」がありました。


折角の機会なので、ここで当社本社の役員達を紹介させて頂きます。


▼ 弊社役員のBob(左)と、マーケティングディレクターのTony(右)

友人宅パーティにてくつろいでいます。笑


BobTony01

Bob は、シカゴ出身の長身(2m3cmとか言ってました!笑)もあり、以前は、モトローラなどに勤務していた経験もある、優秀なエンジニア(というかマニアですね。笑)で、ジャズ・ピアノがとても上手いナイスガイです。


ちなみに、Bobの大学の専攻は linguistics(言語学)で、日本に留学した経験もある linguist(言語学者)という一面も持っています。


でも、日本語は少しだけしか話せません!笑


皆さん、アメリカ人の名前でBob(ボブ)と呼ばれている人は、全員、本当はRobert(ロバート)だってしってました? 私はずっと後で聞かされて「へぇ~」って思いました!笑



Tonyは、ワシントン大学を Double Major(同時期に2つの学位を取得すること)で卒業した秀才(そんな風には見えませんが...笑)で、もともとは韓国のソウルで生まれたのですが、中学生の時に両親とともに渡米した関係で、英語、韓国語ともに堪能なバイリンガルです。


ちなみに、こちらも日本語は少しだけしか話せません!笑



実はこの日、皆が集まったのは、翌日、当社役員のBobが、同棲している彼女 Jennifer(ジェニファー)に、


なんと!!!

プロポーズ


を、するということで、サスガはアメリカ人のボブですね。ジェニファーにはシークレットに、しかも我々みんなの前で、サプライズな告白をしたいとの相談を受け、そのための「マル秘会議」を行いました。


こりゃ!

役員会議より大変だっ!



▼ 緊張のせいで、やたらとハイテンションのボブ

ピアノはプロ並みに上手いです!


BobTony02


ボブの一世一代のプロポーズ劇は、後日改めて、その結果をお伝えしたいと思います。笑


いや~、こっちまで キンチョー する~っ!



AD

Halloween (ハロウィン)

テーマ:

ここ数年、毎年、ハロウィンの時期には、シアトルにいるのが恒例でしたが、今年は日本にいます。(といっても、明日からまた日本を離れますが...)


最近、日本でも知り合いのBARなどでは、ハロウィン・パーティなどを開催し、すごく盛り上がることも多くなっているようですが、本場アメリカでのハロウィンは、やはり「本場との差!」を見せつけられることも多いです。(笑)


この写真は、昨年、私がシアトルの家のすぐご近所で見つけた、スゴイ! ディスプレイの、完全にイっちゃってるお宅です。(笑)



▼ なにか飾ってあるな~と近づくと...


HALW02 <=クリックで拡大



▼ だから、ヤリすぎやっちゅーねん!(笑)


HALW01 <=クリックで拡大


とまぁ、こんなに無邪気に「アホになるときはなりきれる」 、アメリカ人のそんな一面は、私が好きな所でもあります。




ハロウィンにぴったりな、クールな写真と記事を見つけました!


Man Buried With Cellphone, But Now They'er Digging Him Up


HALW03 <=クリックで拡大


この写真、超クールでかっこいいですね~

AD

大雪のシアトル

テーマ:

シアトルは久しぶりの大雪に見舞われ、今日はお客様と何件か打合せの予定が入っていたのですが、すべてキャンセル


お客様の会社の周りでは、雪がまだたくさん積もっている所もあり、本日は会社から自宅待機を言い渡されたということで、学校や大学などもあちこちでお休みとなっているようです。 サスガ!車社会のアメリカ、こういうところは対応早いです。



▼ 夏はこんなだったプールも

apseapoo01




▼ 今日はとっても寒々しいです。泳げません!



poolsea01





こんな日は、一歩も外に出ず、坦々と仕事をこなしていましたが、そんな部屋の中を快適に暖めてくれるのが、



暖 炉 です!



▼ 自宅の暖炉 (とても心地よい暖かさです)


danro01



日本では、きっとセレブなお金持ちの家ぐらいにしかない暖炉ですが、ここシアトルではほとんどの家に備え付けで、別に暖炉が家にあっても、フツーのパンピー(一般人)です。笑



ゆったり広々とした、アメリカン・サイズのソファーに横たわり、暖炉のゆらゆらと揺れる炎を見ながら、よーく冷えたVeuve-Clicquot のシャンパン などを飲んでると、




本当に最高の気分....

なんですが...



▼ 私の大好きな Veuve-Clicquot とっても美味しいです!



vccha001


うちのクライアント様の女性担当者や、日本支店の女性社員も大好きです。

なぜ女性に人気が高いのでしょう?



▼ Veuve-Clicquot (ヴーヴ・クリコ 発音難しいです!)

フランスのシャンパンメーカで、もっとも斬新的な

マーケティングをやっている会社でもありますね。



vccha002





で、改めて!



本当に最高の気分....

なんですが...



そんなに甘くないですね!世の中!



今日はまだ平日、アメリカも日本も仕事で大忙し!

シャンパンは週末の楽しみにおいておきます。



でも、こんなゆったりとした炎の前で、IT系の企画書を作成したり、決算書見たり、スカイプしたりでは、ムードもなにもありませんね!笑



さっきまた雪がちらついていました。

今日はお客様のところへ行けるのでしょうか?




▼ 私の好きなグラス・メーカーRIEDEL社 のシャンパングラスです。

REDELのグラスは本当にそれぞれのワインの種類ごとに

美味しく飲むための研究がされつくされており、

とっても気に入っています!


普段使いに気にならない価格帯も魅力です。


Riedel
Riedel <ヴィノム> シャンパーニュペアー 416/8-2

AD