今日、クルマに関するとある面白いニュースを見つけましたので、皆さんにご紹介します。


米国道路安全保険協会(IIHS)が、なんと50年前のクルマと、現代のクルマの衝突実験を行ったそうです。



▼ 米国道路安全保険協会(IIHS)
◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆


このとても興味深い「実験」の対象となったのが、1959年製造のシボレー「Bel Air」と 2009年製造の同じくシボレー「Malibu」。この両方のクルマの「年式の差」はちょうど50年!


しかも同じ自動車製造メーカーであるシボレー製なので、この50年でのクルマの進化を評価するには持ってこいの実験対象ですね。



▼ ガツン!と、いっちゃいました!
◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-IIHS03


で、その結果はというと...


▼ 50年前のクルマは運転席までかなりのダメージが・・・
◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-IIHS02


あらら~ これはヒドイですね。(笑)



こうやって実際に写真を見せつけられると、スゴイ!という感動に近い感情と、旧車とよばれる古いクルマが大好きな私からすると、逆にコワイ!という衝動に駆られます...



サイトでは動画も見れるようです。 動画はコチラ



クルマは、飛行機と同様、アメリカが最も誇ってきた産業であり、また20世紀の米国経済を強力に牽引してきました。


最近では、昨年10月のリーマン・ショク以降、米国の自動車産業は、大変な状況に陥っていますが、こういった進歩を証明する画像を見ると、まだまだ米国の自動車産業の再生は可能であり、また時間はかかっても、是非、復活を果たしてもらいたいと願うばかりです。


最近のクルマは、ハイブリッド車や電気自動車など、各種のIT技術とのコラボレーションも相まって、ものすごい速度で進化していますが、これはとてもわかりやすい「人間の進化」ではないかと思う今日この頃です!



■ 本日の「平均日本人英語」

当社で運営している人気サイトです。英語を勉強するのではなく、エンターテイメントしてみました。英語を学ぶのではなく、英語に楽しく親しんでもらうためのサイトです!


10月9日には講談社さんから本が発売されます!


皆さんはこれって英語で言えますか?



◆ 米国 IT企業社長ブログ ◆-HNE091006



これは、やっぱり...ビートルズのあれですかね???(笑)


Mushroom Cut (マッシュルーム・カット)でしょうか?


日本語の「おかっぱ頭」には、ちょっと古臭い感じの軽視感があるので、ちょっと違うかな~


皆さんはわかりましたか?



ズバリ!正解英語は コチラ!

「意外と通じる!? 通じない!? 平均日本人英語」



■ 本日のオススメ書籍

いよいよ書籍の発売日も決まり、すでにAmazonでは予約販売がされています!


私も著者の一人として、コラムなどいろいろと執筆しています。


意外と通じる!? 通じない!? 平均日本人英語/ゆるゆる研究所
¥1,260
Amazon.co.jp

皆さん!お申込み お待ちしています!

AD

週末の息抜き

テーマ:

皆さんこんにちは。


週末より風邪を引いてしまい、すこし寝込んでいました。


日本に帰国してから、仕事に追われていたので、少し疲れが出たのかもしれませんが、「体調管理も仕事の一部」、しっかり健康面も気をつけていきたいと思います。


さて本日は、熱でアタマがまだ少し「ボーっ」としていますので、以前によく書いていた「週末息抜き記事」として、私の趣味のひとつである、クルマやオートバイについてご紹介したいと思います。



私も、多くのほかの男性諸氏と同様、ご多分にもれずクルマやオートバイなどの乗り物系が大好きで、いつも「オモチャ」を与えられた子供のように、趣味のひとつとして楽しんでいます。


そんな「乗り物好き」の私ではありますが、最近は米国と日本を行ったり来たりということもあり、今回、久しぶりに日本に帰ってきたら、クルマは「車検切れ!」、オートバイの1台も「車検切れ!」、もう1台は友人に「預かってもらっている」状況にて、今乗れる「乗り物」が一台も無い状況にて、とてもフラストレーションが溜まっています。

 

クルマはちょうど入れ替えの時期でもあるので、新しい車にするか悩んでいる所です。


皆さんのオススメのクルマは何ですか?


今回はあまり乗る機会も少ないので、

スポーツ・カーにしようかと思っています。


年齢的にも「最後のチャンス?」かもしれませんしね。笑



オートバイは、昨日、車検に出すために、ディーラーにトラックで取りに来てもらいました。



▼ 「動かぬ鉄馬」 車検切れの愛車


hd001

 

 

▼ トラックに詰まれ整備工場へ!

 

hd002



ハーレーダビッドソンは、創業100年を超える、とても歴史あるモーターカンパニーですが、そのブランディング戦略に基づく、幅広いビジネス展開もまた、とても興味のあるところです。


ハーレーダビッドソンのビジネス戦略については、以前に記事を書いていますので、ご興味のある方はお読みください。


ニッチから巨大マーケットへ ハーレーダビッドソン



これからは、少しずつ季節も春に向かいますので、次回アメリカに戻る前には、何とか時間を見つけて、一度、ツーリングにでも出かけたいと思っています。


そして、もう一台のオートバイは、また次回の機会にでもご紹介します。

こちらは皆さんがビックリするような、私が「自慢のシロモノ?」なので、楽しみにしていてください!笑



明日からは、ガンガン記事を書いていきたいです。
ほんとに時間がもう少し欲しい!


 
AD

現在、2日間のお休みを頂いて、私は今、オリンピック国立公園に釣りに出かけていますので、この記事は自動アップデートにて更新されています。



もうクリスマスも終わり、もうすっかり年の瀬という感じですが、

皆さんはどの様にお過ごしですか?


私は、休みが取れると、フラフラと旅行をしたり、釣りに行ったりしていますが、今年の釣りは「強運」に恵まれて、とてもよい思いをしました。


皆さんがこのブログを読まれる頃、丁度、私は釣りをしていると思いますので、「願掛け」の意味も含めて、皆さんに今年一番の大物をご紹介したいと思います。


「ブログ願掛け」で紹介しておけば、もっと大きなサカナが

釣れるかもしれませんので。笑



下記の写真は、今年の秋に、オリンピック国立公園にあるソルダック川で釣った、シルバーサーモンです。重さは約20ポンド(9Kg)で、ワシントン州の最大レコードが21ポンドぐらいだったと友人が言っていたので、ほぼ同サイズです。



▼ 雄の シルバーサーモン (鼻が曲がって精悍な顔つきですね)

とても重かったです。 でも嬉しい!笑



シアトルの釣り 01


シアトルの釣り 02



▼ この日はたくさん釣れました!


シアトルの釣り 03


▼ メスのサーモンからは「イクラ」がたくさん取れます!

フレッシュなイクラとてもおいしいですよ。でもアメリカ人は

殆ど食べません。



シアトルの釣り 04

シアトルの釣り 05




というわけで、この年の瀬にこういう写真を自分のブログに掲載して、

実は日本にいる釣り友達に自慢できるというのも、ある意味、

「ブログの恩恵」でしょうか?笑


釣師というのは、どうしても子供のように自慢したがるものですね。


悪い癖です。

AD