ebay 爆笑プロモーションビデオ

テーマ:

先日、外出先からオフィスに戻ったら、当社、日本支店の社員たちが集まって、何やらワイワイと騒いでいる...



どうしたの?



と、聞いてい見ると、YouTube のとある投稿動画を見て、社員達が大爆笑!



いったい何だ?



と、思って見せてもらうと...




"Ebay" by Weird Al Yankovic





素直に

大笑いしてしまいました!



しかも、今、YouTube で「ebay」で検索すると、この動画がトップに表示されています。



この替え歌は、我々の世代ならよく知っている、80年代にマイケル・ジャクソンの替え歌などで一躍有名になった、Al Yankovic という歌手が歌っているもので、おそらく、これらのすべてが ebay などに許諾をとって、正式な形でリリースしているモノだと思われます。


Al Yankovic の歌う、マイケルジャクソンの「BAD」をパロった「FAT」や、「Beat It」をパロった「Eat It」なども、当時はすごくヒットした覚えがあります。今、思えば、これらもすべて「正式な許諾」を受けて、リリースされていたのでしょうね。






当社の日本支店の社員は、米国の大学卒業者など、米国在住経験者が多いのですが、彼らの本件に関する見事な「見解の一致」は、


誤解を恐れずに言ってしまうと...



アメリカ人は

本当に単純でアホなパロディが大好き!



という事で落ち着きました。



しかしながらハリウッド映画などでは、本当にくだらない(笑)パロディ映画などに、米国第7艦隊の空母で撮影許可を出したりと「くだらないものを真剣に創る」とういう、アメリカ人のエンターテイメント魂を感じさせられることもしばしばです...


現在、私がプロデュースしている、とあるサイトの企画も、「裏で動いている技術」はスゴイ!けど、そんなスゴイ技術を使って、ユーザが素直に楽しめる「くだならいエンターテイメント」を提供するというもので、現在、なかなか思うようなアイデェアが出なくて苦しんでいる私は、こんなアメリカの...



くだらないモノを真剣に創造する...



そんな気持ちが大切なのかもしれないと、マジマジと考えてしまった次第です...



いいアイディア!浮かんでコイっ!



AD

ロングテールの新たな潮流!

テーマ:

本日は、いつもブログでお世話になっている、最前線∞通信の龍司さん からもリクエストを頂いていた、前回の韓国出張のときに仕入れた、



「ロングテールの新たな潮流」


についてのお話です。 本記事は、過去記事、

「ロングテール提唱者 クリス・アンダーソン氏」

の、後編です。ご興味のある方は前編 もお読みください!


前回、ソウルで出席した、Soul Digital Forum(SDF) で、あの!クリス・アンダーソン氏の基調講演を聴く機会に恵まれました。

▼ クリス・アンダーソン氏


ChrisAnderson


世界で最もホットなIT系マガジンとして欧米で人気が高い「WIRED」 の編集長として活躍するクリス・アンダーソン氏。


▼ WIRED マガジン(私も愛読してます!)


wired001



その彼を一躍有名にしたのが、アマゾンなどのネットECサイトにおける新たなビジネスモデルを理論付けた著書「The Long Tail」(ロングテール理論)ですが...


最近の彼は、このあまりに有名な理論以外にも、「モノが溢れる時代」が与える影響への考察や、「FREE」 というオンラインの無料提供を扱った本も出版するようで、我々業界人?にとって、ますます興味深い活動を続けています。



今回の講演では、彼のロングテール理論をもちいて、現在の一般ブロガーや、YouTubeなどの動画サイトに投稿する一般の人々を例に、今後これらの一般消費者が、新たな自己表現のツールをネット上で手にすることで、一般消費者自身がロングテール化した、新たなビジネス商材(タレント化)になる可能性を説き、聴衆者の興味を集めていました。



一般消費者がタレント化する...


その現象をロングテール化して

ビジネスに取り込んでいく...


タレント・ロングテール!



これらの現象は、米国、韓国だけでなく、日本でも盛んになってきており、私自身の身の回りでも...

群馬で働く社長ブログ(笑)のtomiya社長 が発案者で、当社も販売などでご協力している...


■ B-Promotion

(消費者参加型クチコミ・プロモーション)



いつも当社の韓国ビジネスなどでお世話になっている
動画投稿サイト社長ブログのチャン社長 が手がける

■ キミスタ!

(10代向け動画配信サイト)

など、一般消費者(ユーザー)が主役のサービスなども、数多く立ち上がってきていますし、現在、当社が企画などで携わっているプロジェクトも数多くがこのタイプになってきました。

今回のアンダーソン氏の講演は、韓国内の活発な、


UCC (User Creative Contentsの略)

〔日本ではCGM(Consumer Generated Contents)と呼ばれる事が多い〕


の、動向をかなり意識したものだと思われますが、日本でもこれらのCGMメディアの動きが活発化しているとはいえ、お隣、韓国では、日本と比較にならないぐらい多くのユーザーが積極的にUCCに参加しており、文化の違いだけでは説明がつかない状況に達しています。

これらの韓国の不可思議現象詳しく分析することで、新たな日本における、CGMビジネス成功の鍵が見つけられるかもしれません。



ネット社会の中で、どんどんタレント化していく、一般消費者たち...



彼らを、どのようにロングテール化して、サービスに取り込んで行くのか...
私も最近ようやく、その糸口が見えてきた気がします...笑



■ きょうのオススメ本


▼ クリス・アンダーソン氏の原著


Chris Anderson
The Long Tail: Why the Future of Business is Selling Less of More


▼ 日本語に訳された書籍


クリス アンダーソン, Chris Anderson, 篠森 ゆりこ
ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略


AD

皆さん、こんばんわ! ここ数日、涼しい日が続いたと思ったら、また今日は暑い一日でしたね。

さて、今日は、英国の有名な経済紙でもある、FINANCIAL TIMES が運営する、

▼ FT. com


ft01 <= クリックでサイトへ

からの、仰天ニュースについてお伝えします!

記事のヘッドラインは...

Chinese military hacked into Pentagon

中華人民解放軍、ペンタゴンをハッキング!


という、衝撃的なモノです。

記事によると、なんと中国人民解放軍 が、アメリカの国防総省(Pentagon ペンタゴン) のネットワークに進入して、いくつかの内部情報などをダウンロードしたと、米国の政府筋が正式に発表したそうです!

しかも、そのハッキングの度合いが高かったため、国防総省では、急遽 ロバート・ゲイツ(Robert Gates)長官 のコンピュータ・システムの一部をシャットダウンさせたそうです。


▼ ロバート・ゲイツ長官


RG001 <= クリックで拡大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


いやはや... すごい話です!

アメリカ国防総省(ペンタゴン)といえば、米国の国防の要(かなめ)であり、当然の事ながら、コンピュータネットワークに対するセキュリティ・レベルも、ハンパなものではありません。

実際に、ペンタゴンを題材にした、シリアスな社会派映画なども、数多くハリウッドなどでも制作され人気を呼んでいますが、やはりペンタゴンは、米国市民、いや世界中の人たちにとって、ベールに包まれた興味深々な存在なのだと思います。

おそらく、世界でも「間違いなくトップ・レベル」のセキュリティ技術を持っている、ペンタゴンのネットワークをハッキングしてしまう、中国人民解放軍のスキルの高さもさることながら、それをディフェンスするペンタゴンとの戦いは、まさに映画そのもの...


と、興奮している場合ではなく...



ふと 「日本の防衛庁は大丈夫か?」と、マジメに心配になりました。安倍内閣の任命責任、身辺調査などという、ゴタゴタどころの騒ぎではありません!


しかし、コトの真相はわかりませんが、最近の様々な中国に関する報道を見ていると、当社のビジネスなどとはレベルが違いすぎますが、「この国を理解するのは、本当に難しいな~」と、改めて考えさせられる記事でした。


しかも、中国の国防省は、月曜日に、この指摘に関してコメントを差し控えたそうで、それって「やってた!ってコトですか~?」という不信感がつのりますし、なんといっても、今週?木曜日には、オーストラリアで行われるAPECサミットで、ブッシュ大統領と、胡錦涛主席の2人が顔を合わせるそうで....


いやはや、なんとも、政治家は 図太さが肝心 ですね。

そういう意味では安倍首相は少し気が優しすぎるのかもしれませんね。



ちなみに... ご存知の方も多いと思いますが...



皆さんは、なぜ、アメリカ国防総省が、PENTAGON(ペンタゴン)と呼ばれているかご存知ですか?


それは、ワシントンD.C.にある、国防総省の建物の形が...



Pentagon <= クリックで拡大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



正五角形



の形をしていて、五角形のことを、英語で PENTAGON と言うので、それが通称となった訳です。


私も以前、出張でワシントンD.C.に言ったときに、ペンタゴンにも立ち寄りましたが、とても大きな建物だったことを良く覚えています。 9.11テロ の時には、1機の飛行機がこのペンタゴンの建物に突入大破したのも、記憶に新しいところですが、クチで言うだけは、たやすいコトですが、本当に「世界平和」を望みたいものです。

AD