まだまだ熱い上海編が続きますが、仕事の話ばかりもなんなので、食と言えば中国という事で、息抜きもかねて今日は、上海グルメについてお伝えします。

上海といえば、今もっとも中国で外国人が多く訪れる街でもあり、また歴史的にも租界時代など、西洋文化と中国東洋文化が融合してきた街でもあるので、もちろん食も充実しています。

それでは今回食べたものなど、どんどんご紹介していきます。


上海といえば、小籠包(ショウロンポウ)

▼ 上海No.1人気の「南翔饅頭店」


shagu01 <= クリックで拡大


▼ ちょっと大きめの小籠包はアツアツ!

shagu02 <= クリックで拡大


噛むと肉汁がほとばしります!熱っ!



▼ こちらも有名なお店!ですが...

店の名前 漢字変換が出来ませんでした!汗!


shagu03 <= クリックで拡大


▼ こちらは New York Times が選ぶ
世界のトップ10に選ばれたお店です!


shagu04 <= クリックで拡大


▼ とても上品な小ぶりの小籠包!


shagu05 <= クリックで拡大



shagu06 <= クリックで拡大


とってもおいしかったです~


高級なレストランだけでなく、屋台などのB級グルメもおいしいですね!


▼ こういう雰囲気がとってもイイ感じです!


shagu11 <= クリックで拡大


▼とっても活気のあるオープン厨房!


sahgu10 <= クリックで拡大



▼ 名前は忘れたけど、とても美味しい麺

shagu07 <= クリックで拡大


▼ 鴨や合鴨は私の大好物です!

shagu08 <= クリックで拡大


▼ 麺は「米麺」系(アジアでは多いですね)

sahgu09 <= クリックで拡大



まだまだ、美味しいものが沢山あって、もっとお伝えしたいのですが、写真も多くなってきたので、次の記事の合間にでもご紹介します!

AD
先週の週末、土曜日、日曜日と、ちょうど上海に来られていた、ネットエイジ西川CEO と一緒にお食事をさせて頂く機会に恵まれました。

ネットエイジ西川CEO といえば、IT業界で知らない人はまずいない、泣く子も黙る?(笑) 日本の ITベンチャーの礎 を作られた方で、「渋谷ビットバレー構想」などを提唱され、日本のITベンチャーの牽引役をされてきた方です。

▼ ネットエイジ西川CEO
(ネットエイジグループHPより抜粋)

nishikawaceo

読者の皆さんもご興味のある方が多いと思いますので、ネットエイジグループのHP に記載されていたプロフィールをご紹介しておきます。

*** 西川CEOのプロフィール ***
ネットエイジグループHP より抜粋)

(株)ネットエイジグループ
代表取締役社長 西川 潔

KDD(株)(現KDDI(株)) 勤務を経て、アーサー・D・リトルの米国本社勤務時に起業を志す。帰国後、世界最大のインターネット企業、アメリカ・オンラインの日本法人の創立に参加。その経験・人脈を生かし、1998年2月、ネットビジネスインキュベータ-という、日本初の業態をもって (株)ネットエイジを創業。NETAGE GROUPポートフォリオ企業4社の社外取締役を務める。
「渋谷ビットバレー構想」などに代表される起業家経済の活性化のための提唱をおこない、講演・執筆多数。東京大学教養学部卒。

*** ここまで ***


というわけで、本当に誰もが羨む華々しいキャリアですが、私が西川CEO を以前から尊敬していたのは、日本の若手ベンチャーの育成など、日本のITベンチャー発展のために、今まで数々の貢献をされてこられたところです。

西川CEO のご尽力が無ければ、きっと、今の日本にこれだけのITベンチャー企業が存在していなかったと思います。

今回は、前回の記事 でご紹介させて頂いた、私の大先輩?(笑)である、ネットエイジキャピタルパートナーズ上海江 博(Jang Bo)さん と一緒に、夕食を「2夜連続!」でご一緒させて頂くという、大変 光栄な機会に恵まれ、本当に貴重なお話をお伺いさせて頂きました。


▼ 上海の有名四川料理店にて...
とっても辣いけど、めちゃおいしかったです。

shisen01 <= クリックrで拡大

上段左から
ネットエイジキャピタルパートナーズ北京 木村CEO
上海 easy TVC 蒋さん
上海 easy TVC 中西さん


下段左から
わたし
ネットエイジグループ 西川CEO
ネットエイジキャピタルパートナーズ 小池CEO
ネットエイジキャピタルパートナーズ上海 江 博 CEO


今回は、ネットエイジキャピタルパートナーズ小池CEO も同席されており、きっとこのお二人と一緒にお食事できるなんて!めったに無いことなんだろうと、ただただ感動してました...(笑)
会食中に、ひとつ盛り上がった話題のトピックとして「PATRIOT」というキーワードが出てきました。
PATRIOT(パトリオット)
= 愛国者、志士、憂国の士
余談ですが、米国軍の有名なパトリオット・ミサイルの名前も、「敵地から飛んできたミサイルの弾道軌道計算をして迎撃する」「自国を守る」 ということに由来しています。
西川CEOも、小池CEOも米国生活のご経験があり、その他の方も、ロンドン、シンガポール、上海などで生活されてこられた方ばかり...
すなわち

日本を外から見る機会

が多かった人ばかり集まった会食のテーブルは、今後の日本を憂う、真の PATRIOT な方々ばかりで、ちょっと「右より?」(笑)な、米国IT社長的には、ウンウン!とうなずくお話ばかりで、今まで、西川CEOが若手ベンチャーIT企業の育成などに力を注がれて来られたベースのどこかに、このような PATRIOT な気持ちが ORIGIN としてあったのではないかと感じました。

以前、とあるベンチャー起業家と、お酒を飲みながら世界中で働く日本人をネットワークでつなぐ

倭橋(わきょう)プロジェクト

の話を、熱く語ったことがありましたが、なんだか、あの時感じた、「胸の辺りが熱くなる感じ」が、また久しぶりに込み上げてきました!
西川CEOからは、会食のときに、とある「オヤジ・ギャグ」に関するお題(宿題?笑)を頂いたので、次回お会いする機会があるときまでに、その答えを考えておきたいと思います!


上海編はまだまだ続きます!



AD
先の記事でもお伝えしましたが、私は今、世界がもっとも注目しているといっても過言ではない、中国でもっともエキサイティングな街

上海(SHANGHAI)

に来ています。


今日は、前回の記事に続き 「上海起業家登竜門」 というイベントの懇親会の様子をお伝えします。


今回のイベントには、日本を代表する上場IT企業の社長さんなどが、わざわざ日本からお越しになられていて、やはり日本の大手IT企業にとって「上海」は、IT先進国 韓国の「ソウル」と同様、今、もっとも注目する場所なのかもしれません。


今回、ご参加されていたのは(順不同)

イベントの実行委員長をされていた

(株)あきない総合研究所 吉田 社長


をはじめ、


(株) イー・クラシス 宮下 社長

(株) オプト 海老根 社長

(株) チャイナ・コンシェルジュ 大西社長

(株) インタースペース 河端 社長

(株) セプティーニ 佐藤 社長

(株)ウェブドゥジャパン 小渕 社長

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(株)
矢島 社長

さくらインターネット(株) 田中 副社長

ネットエイジキャピタルパートナーズ北京 木村 CEO

ネットエイジキャピタルパートナーズ上海 江 博 CEO


などなど、皆さんもよくご存知の IT系の会社の代表の方々が大勢ご出席されていました。


中には当社の日本支店が、日頃、大変お世話になっている会社の社長さんもご出席されていたので、遠く日本から離れた上海のイベント会場で「立ち話会議?」(笑
)なんて事にもなってしまいました!



▼ イベント終了後のレセプション会場にて


shang06

上左 : インタースペース 川端社長

上右 : ウェブドゥジャパン 小渕社長
下左 : わたし
下右 : イークラシス 宮下社長


▼ (株) セプティーニ 佐藤 社長と

shang07


ちなみに、日本ではお会いしたことがない企業のトップの方と、海外で偶然出会うというのは実はよくあることで、日本にいるときにはお忙しくて、ゆっくりお話する機会がなかった社長さんでも、海外出張中にお会いしたりすると、一緒にお食事をすることになったりと、何気に長いお時間お話させて頂く機会に恵まれたりすることもあります。

そういえば、先日、実刑判決が話題となった旧ライブドアの堀江社長(オンザエッジ時代)と、私が最初に出会ったのはロンドンだったことを、いま思い出しました!


で、今回、各社の社長さんとお話していて感じたのは、

はり

上海はスゴイ! (という予感がする?)

というご意見が多く、各社とも、この大陸でもっともエキサイティングな街の状況を、虎視眈々とウォッチされているようです。


先週から、本当に中身の(めちゃ?)濃い充実した上海での日々を過ごしていますので、当ブログではネタが尽きるまで、しばらく上海編が続くと思います!(笑)


しかし、中国のネット回線の遅さには閉口させられます。アメブロの管理画面が開かない...(泣)


AD