年の瀬に

テーマ:

皆さん、おはようございます。

本日の日本は、アメリカよりも1日早い大晦日ですね。


皆さん、大掃除やお正月の準備に追われている事と思います。


今年一年、皆さんにとってはどのような一年だったのでしょうか?


私にとっての2005年は、自分の会社を初めて立ち上げた年となり、

本当にいろいろな意味で有意義な一年となりました。


特に私の場合、人生で初めて起業したのが、アメリカのシアトルであり、通常ではこんなに短期間でアメリカで起業するなんて不可能な事だと、今でも他人事のように感じていますが、それを可能にしたのは、やはり私の周りにいる方々のサポートを受けれたおかげだと思っています。


現在の会社を設立する際に、親身になって手伝ってくれた当社の役員達、そして社員、インターンの留学生の皆さん、当社のクライアント様、そしてなによりも、このブログを読んで頂いている読者の皆様にも、いつも励まされています。


そして、普段はあまり直接伝えるチャンスがないのですが、遠い異国の地で好き勝手にやらせてくれている、私の家族にも感謝の気持ちで一杯です。


人間というものは、周りの方々に助けられて生きているんだと、

本当に強く再認識した一年でした。


今後は、このご恩をしっかり返せるような自分自身、

そして会社へと、共に成長して行きたいと感じています。


皆様、良いお年を、そして来年も「米国IT企業社長ブログ」を、

よろしくお願いします。


来年のIT業界は、様々な big wave が待ち構えており、とても大きく時代が動く一年となりそうです。これらの動向を少しでも早く読み取り、皆さんにすこしでも早く、わかりやすく、そして楽しくお伝えしたいと考えています。



**********************


◎ 追伸


2日間、休暇を頂いて釣りに出かけていましたが、残念ながら今回は、

降り続いた雨のせいで、川がとても増水しており、最悪のコンディションだったので釣果はゼロでした。


ただ、今回いったオリンピック国立公園は、たくさんの Bold Eagle(白頭ワシ=アメリカの国鳥)が生息する地域でもあり、釣りのほうはダメでしたが、何度もこの Bold Eagle を見る事が出来ました。



▼ Bold Eagle (とても偉大で Cool な鳥です!)


bold eagle の勇姿



bold eagle 白頭ワシ



私は、この Bold Eagle がとても大好きで、現代の粋の集大成ともいえる最新の戦闘機よりも、このBold Eagel のほうが美しいと感じています。

AD

現在、2日間のお休みを頂いて、私は今、オリンピック国立公園に釣りに出かけていますので、この記事は自動アップデートにて更新されています。



もうクリスマスも終わり、もうすっかり年の瀬という感じですが、

皆さんはどの様にお過ごしですか?


私は、休みが取れると、フラフラと旅行をしたり、釣りに行ったりしていますが、今年の釣りは「強運」に恵まれて、とてもよい思いをしました。


皆さんがこのブログを読まれる頃、丁度、私は釣りをしていると思いますので、「願掛け」の意味も含めて、皆さんに今年一番の大物をご紹介したいと思います。


「ブログ願掛け」で紹介しておけば、もっと大きなサカナが

釣れるかもしれませんので。笑



下記の写真は、今年の秋に、オリンピック国立公園にあるソルダック川で釣った、シルバーサーモンです。重さは約20ポンド(9Kg)で、ワシントン州の最大レコードが21ポンドぐらいだったと友人が言っていたので、ほぼ同サイズです。



▼ 雄の シルバーサーモン (鼻が曲がって精悍な顔つきですね)

とても重かったです。 でも嬉しい!笑



シアトルの釣り 01


シアトルの釣り 02



▼ この日はたくさん釣れました!


シアトルの釣り 03


▼ メスのサーモンからは「イクラ」がたくさん取れます!

フレッシュなイクラとてもおいしいですよ。でもアメリカ人は

殆ど食べません。



シアトルの釣り 04

シアトルの釣り 05




というわけで、この年の瀬にこういう写真を自分のブログに掲載して、

実は日本にいる釣り友達に自慢できるというのも、ある意味、

「ブログの恩恵」でしょうか?笑


釣師というのは、どうしても子供のように自慢したがるものですね。


悪い癖です。

AD

超バブルなハワイ

テーマ:

ハワイ出張、決算対応などで、クリスマス休暇も取れなかったので、本日より、日本の年末休暇に合わせてちょっと休暇を頂いていて、私は今、オリンピック国立公園に釣りに行っていますので、この記事は自動更新にてアップされています。


さて、


先日ハワイに出張しましたが、その時感じたのが最近のハワイは、まさに

「超バブル」で数年前に行ったときよりも、ワイキキ周辺などは再開発が大規模に行われており、まさに昔のバブル時の日本を彷彿とさせる状況でした。


▼ ワイキキ・ビーチ


honolulu02




というのも、アメリカはとても広い国ですが、ここハワイ州だけは別な話で、

当然のことながらハワイ列島という島々なので、基本的に土地には限りがあります。


また利用出来る土地の40%近くは、軍隊の施設や公園などで占められており、さらに別の40%近くが、カメハメハ大王の子孫などで運営されている財団が所有していて、実際に不動産として売り買いできる土地は全体の4%程度しかないそうです。



たった 4% !



しかも、ハワイの土地を欲しがる人は、ハワイの現地人だけでなく、アメリカ本土、そしてオーストラリア、アジア(もちろん日本人もハワイが大好きですね)と、全世界中にいるわけなので、いままでずっと「右肩上がり」で土地の値段が上昇しているそうです。


特にワイキキ周辺では、小さなお土産物屋さんでも、お店の賃貸料が一月で2万ドル(230万円程度)と急騰しており、かなり厳しいビジネスを強いられているようです。


アメリカ、そして海外の方々は、あまりワイキキには固執しないようですが、日本人は何故かワイキキに強いこだわりを持っているようで、それらもまた地価を高騰させる要因となっているようです。


今回、ワイキキを散策していたときに、ワイキキでNo.1と言われる、ハレクラニ・ホテル周辺が大規模に再開発されており、本当に驚きました。


アメリカ本土の巨人達がどんどんワイキキに投資を行っているそうで、あの不動産王 Donald Trump もこのアタリに新しいホテルを作るそうです。


再開発が進み、街がさらに快適でキレイになるのは、とてもいいことですが、それに伴いホテル代なども上昇することは、あまり好ましいことではありませんね。笑



**************************



そんなハワイの土地ですが...


実は私、以前の記事にも書きましたが、ちょっと飛行機好きということもあり、いつもハワイに行ったときには、毎回、操縦訓練を受けていて、いずれは自家用小型飛行機の免許を取りたい思っています。(平均80時間程の飛行訓練が必要だそうです。)


今回もハワイ出張中に2日間の休暇があったので、またちょっと

操縦してきましたので、その時の写真をご紹介します。


オアフ島を上空から一周です。

空から見ると、まだまだ土地があるように見えるんですけどね。笑



▼ 今回はこの飛行機で出発です。


飛行訓練01


▼ 飛行機に乗り込み....

飛行訓練03




▼ ホノルル国際空港の滑走路から出発です。


オアフ島にはホノルル国際空港しかないので、

軍用機、民間機、小型飛行機も皆同じ滑走路を

利用します。 ビックリですよね。笑


飛行訓練04




▼ バブル真っ只中のワイキキ

飛行訓練05




▼ 人気のハナウマ湾(とてもキレイです。)

飛行訓練06




▼ ちょっと緊張気味に操縦。高度1500フィート。

何回、操縦しても緊張しますね。笑


飛行訓練07




▼ コクピットの様子(計器類が一杯です!)


飛行訓練08




▼ サーフィンで有名なノース・ショア

ビッグ・ウェイブが常に来ています。


飛行訓練09




▼ パイナップル畑を越えて....


飛行訓練10



▼ 真珠湾へ


左翼の真下に見えるのが、戦艦ミズーリ。今は記念館として

中が見学出来るようになっています。ミズーリの左上に見える

白い建物がアリゾナ記念館で、今でも重油が漏れているのが

ハッキリと見えます。

飛行訓練091




▼ そして着陸。滑走路が見えてきました!


飛行訓練11



▼ 操縦を終えて、ホット一息!


飛行訓練12




▼ インストラクターと一緒に記念撮影。


飛行訓練15



と、いう感じでした。


飛行機に乗ると、何だか子供の頃のように、いつもはしゃいでいます。笑

AD