ebayのスカイプ買収について Vol. 2 - ebayの事情


前回の記事では、ebay のスカイプの買収 Vol.1として、企業のM&Aについてお話をしましたが、本日からはいよいよ本編ということで、今回の買収劇に至った「ebayの事情」について検証してみたいと思います。


今回の買収、ebay サイドの発表を要約すると、


「車や産業機器、マニア向けのコレクターズアイテムなどといった、売買時により細かい情報ならびに、コミュニケーションが必要となる分野で、SKYPEの技術を利用したVoIP(インターネット電話)を利用すれば、オークション・サイトなどの収益増が見込める」


と、いうものです。 が...


はてさて?これは正しいのでしょうか?

また? 本当にそれだけなんでしょうか?



今や、世界最大のオンライン・ショッピング・サイトに成長したebay

一見、順風満帆に見える、その成長の裏には、なかなか大変な「企業事情」も見え隠れしています。


今回の買収劇を検証する上で、まず初めに一番大切な要素として、

「ebayは何屋さんなのか?」という事を中心に考えていく必要があります。


ebayは何屋さん?


ebayの本業は、皆さんがご存知の通りオークションなどを中心としたオンライン・ショッピングであり、それが巨大化するにつれて、企業買収や業務提携などによって多方面のサービスを取り入れ、今や一種のポータルサイトと化しています。


ポータルサイト化?


ポータルサイトと聞くと、どうしても一番初めにアタマに思い浮かぶのは、GoogleYahooMSN などのサーチ・エンジン・サイト(検索サイト)だと思われるのは、きっと私だけではないと思います。


今回の買収劇、このebayのポータル・サイト化というキーワードが重要な

ポイントであると、私は考えています。


最近のインターネットビジネスの世界は、益々、ごく一部の巨大サイト

トラフィックを上げている傾向にあいりますが、これらの動きの中で、今ではGoogoleやYahooなどの検索サイトと、ebayなどの巨大オンライン・ショッピング・サイトの境目が無くなりつつあり、彼らの「本業」が何なのか?については、急速に「あいまい」になってきています。


Yahooなどの大手検索サイトが、巨大なショピングや、オークションのサイトに進出してきている中で、場企業であるebayとしては、恒久的に株主の期待に応じた売り上げを増大させ続けていくことが、容易ではなくなってきています。


現にeBayが、ここ数年の間に実施した企業買収は、2002年のPayPal 買収をはじめ、とても活発化してきており、これは成長鈍化をオブラートに包む、

一種の「まやかし戦略」の様にも見えてきます。


私の印象では最終的には、「大は小を兼ねる」という事で、今後のオンライン・ショッピングや、オークションサイトの行く末は、どちらかというと検索ポータルサイト陣営に「分」があると考えています。


また最近では、YahooやMicrosoft も、ベンチャーVoIP企業を買収したり、Google Talk などの今後の新たな動向も考慮すると、ebay tとしてはVoIP企業の買収、それも今後、このVoIP分野を利用したポータル展開で、他社を出し抜くためには、今や業界No.1に躍り出た、SKYPEは喉から手が出るほど欲しかったに違いありません。


それにしても、今回の買収で一番驚いたのは、その「買収額」で、まずはキャッシュで13億ドル(約1400億円)、株式交換で13億ドル(同じく約1400億円)、そして2008年までに一定の経営目標を達成した場合には、

さらに15億ドル(約1650億円を積み上げるそうで、最終的には、



なんと、総額40億ドル(4400億円)!


どこかの小国なら、国家予算に相当するような数字ですね。



もちろんこれはebay始まって以来、最大級の企業買収なわけで、SKYPE Technologies 社 は経営状況を公開していませんが、とある幹部の話では、まだ黒字変換を果たしていないということだそうで、いくら成長性の見込めるSKYPEだからといっても、これはちょっと行き過ぎな金額だと思います。


ただ裏を返せば、そこまでしてebyaが、「手に入れたかった」 SKYPE。


もちろん、ebayは本業のオンライン・ショッピング以外にも、このSKYPEの技術を利用した戦略を、いくつも打ち出してくると思いますが、この金額を見る限り、並々ならぬebayのVoIP戦略に対する「意気込み」を感じずにはいられません。


次回は、買収された側である、スカイプ側の事情についてお伝えします。


また今後ebayがスカイプを利用した場合、どのようなサービスが想定できるのかについても、別途、お伝えしたいと思います。


はぁ~ しかし、一生に一回でもいいから、

こんな大きな仕事がしてみたいですね。 笑




イチロー選手、5年連続200本安打(史上6人目)記録達成!


今、日本は(と、いうか特に大阪は)「阪神優勝」で盛り上がっていると思いますが、私も大阪出身なので、遠く米国で生活していても、とても喜んでいます。


で、同じ野球ネタという事で、本日はとある方からマリナーズ 戦のチケットを頂いたので、マリナーズのホーム球場であるセイフコ・フィールド に行ってきました。


今週の日曜日が今シーズンの最終戦という事で、最後の金曜日ナイター & Dan Wilson選手 の引退試合 & イチロー選手の5年連続200安打樹立か?という事もあって、とても大勢の方が観戦に来ていました。


今回は、頂いたチケットという事もあり、とてもいい席だったのでイチロー選手がよく見えました。


▼ イチロー選手がまた記録を達成しました!


ic01




▼ ちらっと?目が合いました??? 笑


ic02



イチロー選手は昨年の大記録の更新と、今回の5年連続200本安打(史上6人目)で、今ではマリナーズで一番人気のある選手といっても過言ではありありません。


まったく日本と関係の無い、アメリカの人たちが必死で大声を出して、「ICHIRO~!」と応援している姿を見るたびに、私は同じ日本人としてとても喜びと誇りを感じるのと同時に、慣れない異国の地でこんなに素晴らしい「成績」を残し続けている、イチロー選手にはいつも心から尊敬しています。


イチローさん! 本当におめでとうございます。



○ 本日のオススメ本


イチロー選手についての本です。アメリカでもたくさんのイチロー本がでています。こちらの人は、イチローの野球に対する真摯な姿勢とStoicさを、SAMURAI になぞって表現する事が好きなようです。


石田 雄太
イチローイズム―僕が考えたこと、感じたこと、信じること

Rob Rains
Baseball Samurais: Ichiro Suzuki and the Asian Invasion

Ichiro Suzuki, Shinchosha Publishing Co., Narumi Komatsu
Ichiro on Ichiro: Interviews With Narumi Komatsu

Jean Davies Okimoto, Doug Keith
Dear Ichiro
AD

ebayのスカイプ買収について Vol. 1 - 企業のM&Aとは...


ずっと気になっていたテーマだったのですが、このニュースが発表されたときは、日本出張や韓国出張で忙しくしており、なかなか時間を取ってリサーチする時間もなく、結局、今日まで記事を書けないままでした。


ただ最近では、逆にほとんどのメディアの記事も出尽くした感もありますので、今さならながらですが、本日より数回に分けて、私なりの見解をお伝えしたいと思います。


いつもブログでお世話になっている、【ドリームブログ】DreamBrog -起業へ向けての夢日記-のhiroさん (同じhiro同士です。笑) をはじめ、多くの方々から本件に関する、記事UPのご要望を頂いておりましたが、遅くなって申し訳ありません!


▼ スカイプ(SKYPE)


skype



スカイプについては以前に何度か詳しく記事を書いていますので、ご興味のある方、スカイプの事をあまりよくご存知でない方は、是非、こちらを先にお読みください。


1. 国際企業的? - スカイプ徹底活用法!

2. スカイプのカリスマ創業者達

3. スカイプ - 必ず成功するマーケティング戦略

4. スカイプ - 無料の裏にある経営戦略

5. スカイプ - 彼らに立ちはだかる壁

6. スカイプとインテルが提携!



さて、まず今回の買収劇、私、個人的には本当に驚きました!


と、言うのも、私にとって ebay は、まったく想定していなかったプレイヤーだったからです。当社でも日本企業と海外企業のM&Aも手がけていますが、関係者一同、まさかまさかの展開という状態でした。


(まぁ、これは欧米のアナリストも同様だったようですが...)


企業のM&Aというのは、わかりやすく言えば「適切な表現かどうかは別として」、ある意味、男と女の結婚のようなもので、これらのM&Aを手がける

ベンチャー・キャピタリストと呼ばれる人たちは、いわば企業と企業の「仲人」の働きを担うわけです。


そんなM&Aの世界。


世の男性と女性が結婚する時と同じように?双方とも、相手の容姿、スタイル、センス、アイデンティティ、、経済力、健康面、親類関係、将来性などなど、いろいろな面から「吟味」を行うわけですが...


相手の容姿 ・・・ ブランド力

スタイルやセンス ・・・ 企業文化

アイデンティティ ・・・ ビジネスモデル

経済力 ・・・ 資本金

健康面 ・・・ 財務状況

親類関係 ・・・ 株主構成

将来性 ・・・ 成長率


と、いった感じに言い替えられると思います。(かなりこじ付けですが...笑)


したがって、事の大小にかかわらず、世のどんなM&Aにもこれらの力学が働いているわけで、買収する側、買収される側、それぞれに「したたか」な事情が存在します。


というわけで、明日からはそれぞれの立場から、今回のebayのスカイプの買収について、いろいろと検証してみたいと思います。


テーマは、


「ebayのスカイプ買収劇 - なぜebayとSKYPEだったのか?-」


1.ebay の事情


2.SKYPEの事情


3.その他の要因?


4.考えられるビジネスモデル


5.業界に与える影響


です。こういった視点で考えてみると、全体像では見えないものも、

見えてくるような気が?しますね。ホントかな?(笑)


明日は、今回の買収に至った、ebayサイドの事情についてお伝えします。

AD

先日お伝えしたとおり、私はいまシアトルから3時間程、西に位置する、

「オリンピック国立公園」 で、ちょっと遅れた夏休み?を取っています。


「オリンピック国立公園」 は、手付かずの大自然が残る、アメリカでも有名な国立公園なので、さすがにネットの利用はムリだろうと思い、事前に自動アップデートで記事を書いておきました。


が、しかし!本日滞在しているLake Cresent Lodge のロビーで、なんとWi-Fiが利用できる事が判明し、あまりの嬉しさにこの記事を書いています。


つい先ほど、Lake Cresent の夕日を見たところなので、撮りたてホヤホヤの写真をアップします。


私は今、ココ にいます。

Google Mapsの衛星写真です。ズームするとLake Cresent が見えます!



▼ Lake Cresent のサンセット (つい先ほどの写真です)


sunset



▼ もちろん!お約束の釣りも楽しみました。(釣れませんでしたが 苦)


fishinglc


しかしこんな大自然の中のロッジでインターネットが利用できるなんて、本当にアメリカは急速にWi-Fiが普及してきているな~と再確認したのと、こんな所から日本の皆さんに、直接ブログをお届けできることって、本当に素晴らしいと、つい感動してしまいました。


明日はシアトルに戻ります。シアトルに戻ったらebayのスカイプ買収の話など、書きたいお話が沢山ありますのでお楽しみに。

AD