以前から何度も SKYPE(スカイプ) について、このブログで書こうと思っていましたが、私の場合、本当にこのソフトに対する思い入れが深いので、書けば書いたで長くなるだろうという思いもあり、ついつい後回しにしていました。 が...覚悟を決めて本日より数回にわたり、このSKYPEについていろいろとお伝えしたいと思います。


skype


私が初めてこのソフトに出会ったのは、確か昨年の秋ぐらいだったと思います。教えていただいたのは、いつも仕事でお世話になっている、「壁紙.com」 で有名な GMOメディア の森社長からでした。


SKYPEに出会う前までは、私がシアトルにいる間、森社長との会議はいつもメッセンジャーの映像・音声チャットを使って行っていました。でも初めてこのSKYPEを利用したときには、その音質の良さに本当に感動したのを覚えています。


ウチの会社は米国シアトルに本社を置き、日本支店、ならびに情報収集拠点として、ロンドン、ソウル、北京に担当者がいます。そして日本のお客さんや各国の担当者とは、いつもこのSKYPEを利用して話をしています。もしこのSKYPEというソフトが無かったら、おそらく当社のビジネス・スタイルは成り立っていなかったかもしれません。


SKYPEはルクセンブルグ にある、小さなベンチャーからスタートした会社です。(今は世界中が注目する会社になっていますが...) SKYPE社のことや、SKYPE社のカリスマ創業者、彼らの考えるビジネスモデル等々については、また後日お伝えすることとして、本日はSKYPEの ご紹介第一弾として、 「国際企業的?-スカイプ徹底活用法!」と題し、私のSKYPE利用方法について皆さんにご披露いたします。



私の場合は通常の電話というよりも、どうしてもお客さんなどとの会議といった意味合いでこのSKYPEを利用すること多いので、いつもWebカム(PC用の小型カメラ)と併用して、簡易テレビ会議システムのような使い方をしています。


SKYPEは現在のところ音声にしか対応していませんので、「音声はスカイプ」で、「映像はMSN messenger などの映像チャト」を利用し、この2つを併用することでテレビ会議を実現させています。


▼ ヘッドセットとWebカム


head


ヘッドセットはどこにでも売っている20ドル程度のもので、私のWebカムは、CCDカメラを使ったちょっと高い商品ですが、通常は30ドル程度で売っているCMOSカメラ(30万画素)程度で十分だと思います。


▼ SKYPEとmessengerを利用したテレビ会議


sk


ひと昔前だと、アメリカと日本でテレビ会議をやるためには、数千万円の初期投資と、相当ヒヤヒヤする通信費を覚悟しなければなりませんでしたが、今はブロードバンドに繋がっているインターネットさえあれば、どこでも誰でも

国際テレビ会議を行うことが可能になりました。


いや~本当に素晴らしい時代になったと、

しみじみ感じている今日この頃 「38歳なりたて」 です。(笑)


SKYPEは基本的にはパソコン同士で無料で通話を行うソフトですが、SKYPE OUTという有料サービスを利用すれば、世界中の固定・携帯電話にも「格安」で通話を行うことが可能となります。これはSKYPEのサイトで10ユーロ程度のバーチャル・プリペイドカードのようなものを購入すれば、すぐに利用が可能です。


またSKYPE IN という逆のサービスもあって、これは自分のSKYPE IDに「通常の電話番号が持てる」というもので、たとえばシアトルの場合、電話番号は 206-xxx-xxxxx となりますが、この番号を自分専用に持てて、その番号にかかってきた電話を、自分のパソコンのSKYPEを使って取ることができます。


SKYPE IN は、パソコンがオフラインの時に応対するボイスメールのサービスも付いて、年間40ユーロ程度です。これは本当に便利でとても重宝しているサービスです。


皆さん!なぜそんなに便利なのか、わかりますか?


たとえば私の場合、名刺に記載しているシアトル本社の電話番号は、実はこのSKYPE INの電話番号を載せています。そうすることでシアトル本社の私宛にかかってきた電話を、いつでもどこにいても取れるようになるわけです。


これは私が日本にいても、ロンドンにいても、ソウル、北京にいても同じことで、世界中どこに滞在していようがネットさえ繋がれば、シアトルにかかってきた電話を直接取ることができるのです。しかも先方は市内通話料金のままで、私がアメリカ以外にいるなどとは思ってもいません。


これは本当に便利なことですし、今後は世界展開している企業のコールセンターなどでも、こういったIPサービスが利用される可能性が高いのではないかと考えています。


ちなみに、SKYPE IN は、国によって順次対応中で、日本はまだ対応していないようです。日本でSKYPE INが始まったら、固定電話を解約して SKYPE IN だけにする人が増えるのではないでしょうか?だって年間 5000円程度の固定費で、今の家にある電話に変わるサービスが利用できるわけですから。


確かロンドンなどでは、この SKYPE IN が大好評で番号の発行が追いつかず、いつもSKYPE INの電話番号が Sold Out 状態のようです。


こんな便利なSKYPEですが、日本ではまだまだ利用している人が少ないと思いますので、ぜひ皆さんお試しください。きっと感動すると思いますよ。


明日以降はSKYPE創業者の話や、彼らの考えるビジネス・モデル、そしてSKYPEを取り巻く巨人達(Yahoo、Google, 大手電話会社)などの動向についてお伝えします。


最後に、私にSKYPEを教えていただいた、GMOメディアの森社長のGMOグループ でも先日SightSpeed という映像、音声を同時に実現できるテレビ電話サービスを開始しましたので、ご興味のある方はコチラもお試しください。


■本日のオススメ本


清成 啓次, 石村 賢一
Skype―世界規模の電話代無料革命
AD

世界最大規模の会員数(3000万人)を誇る、全米No1. の倉庫店舗型会員制ホールセールクラブである、「Costco」 日本ではコストコと呼ばれていますが、アメリカ人は私が聞く限り の発音がとても小さくコスコと呼んでいるように聞こえます。


2ヶ月ぶりにシアトルに戻ったので、

いろいろと買出しもあり、昨日Costco に行ってきました。


▼ Costco外観 (大きすぎてデジカメに入りません)

Costco-gif


Costcoはシアトル市民にはとても馴染み深いディスカウントショップで、ホールセールクラブの元祖といわれた「PriceClub」と、当時業界三位であった「Costco」が1993年に合併した会員制のスーパーです。合併当初は「PriceCostco」という名で206倉庫店を有し、合併当初で年間160億ドル(約1兆8千億円)を売り上げたそうです。


ちなみに、この両社の合併は、

あのWAL-MART「SAM'S」との激戦が引き金だったとか...


PriceClubは1976年にサンディエゴで創業。一方Costcoは1983年シアトルで営業開始して、一気に売上げが伸び、アメリカ国内において、創業後わずか6年未満でその売上をゼロから30億ドル(約3,300億円)までに達成させた最初の会社になりました。ちなみに2004年度のCostcoのAnnual Reportでは、Net Sales が 471億ドル(5兆3千億円)となってます。 スゴイ金額ですね!


Costcoのビジネスモデルは下記の通りです。


1.会員制による会費での運営を原則としている


2.大型倉庫型店舗による大量陳列と箱売り等による合理化


3.大量仕入れによる徹底したローコスト調達



そうなんです、Costco は「大型倉庫」にそのまま「店舗機能」を付加することで、在庫や物流コストを削減しているので、全ての店舗は皆、「そのまんま倉庫」です。


▼Costcoの大型倉庫店舗(商品山積みです)

costco-int-gif


そして確かに「めちゃめちゃ安い」のですが、売っている単位がハンパじゃなく大きいので、ちょっと日本人の感覚ではあまりにアメリカ的で度肝を抜かれます。たとえばトイレットペーパーなら36ロールで13ドルが最小単位なので、日本の家のように収納場所がないと、大変なことになってしまいます。


▼ 山済みのトイレットペーパー(圧巻です。しかも最小単位は36ロール)

Costcojpg


▼ お肉も1パックが大きい!

meet


▼ ipodも山済みです!

ipod-jpg


ほとんど何でも売ってますが、野菜だとレタスが6個1パックで3ドルとか、タマネギが22Kg(50個ぐらい入ってます)で10ドルとか、お友達と分けないと絶対に使いきれる量ではありません。私の友人などは3年前にかったホッチキスの針が、まだタップリ残っているといってました。(笑)


会費はいろんなレベルがあって、それぞれのランクにより還元率が異なりますが、一番安い会員でだいたい40ドル/年程度です。会費自体は、たとえば MOET &CHANDON のシャンパンなどが、一般のスーパーなどにくらべ15ドルぐらい安く売っているので、すぐに元は取れる計算にはなっています。


こんなCostcoにも謎があって、たとえば欲しいもの(特に家電系)は、見つけたらその場で購入しないと、次に行ったときには大抵売り切れていて、もう二度と買うことができません。


というのも、Costcoでは一括大量発注することにより、メーカーサイドに相当なボリューム・ディスカウントを叩きつけて仕入れをしており、その売れ筋の読みと、仕入れる在庫数の「目利き」が、Costco購買部のノウハウだと思われます。


人気商品を売れ残らないギリギリの数で仕入れる。だから「コレ、いいな~」と思った商品は次に行くと大抵売り切れています。


以前、UIEvolutionの中島CEO とお食事したときに聞いた話では、なんでもCostcoでは大量仕入れして、それらを全て現金で売上げ(Costcoではクレジットカードは使えません)、その支払いは全て数ヵ月後に行うそうです。いくら金利が安い時代とはいえ、これだけの規模の店舗数でビジネスをやっているCostcoにとっては、それもまたすごい金額になっているのではないかと想像しています。


日本でもこのCostcoがいくつか進出しているそうです。わたしは日本のCostco には行ったことがないので、どんな単位で商品を売っているのかがとても気になります。


もしご存知の方がいらっしゃれば、是非教えてください!


Costcoの顧客中心型サービスには、まだまだ参考になるものが沢山ありますが、また後日、それらもご紹介させていただきます。


■ 本日のオススメ本

佐藤 生美雄
コストコ―会員制ホールセールクラブは、なぜ“高価値商品を低価格で”が可能なのか
AD

皆さんはRSS という言葉をご存知でしょうか?


最近、情報系のWebサイトや、ブログサイトなどを訪れると、こんなアイコンを見かけることが多くなってきました。


rss


RSS は、その頭文字の訳し方はいろいろありますが、主に「Rich Site Summary」と呼ばれ、今、インターネット業界全体が、このRSSに注目しているといっても過言ではありません。ちなみにRSS以外でよく見かけるXMLRDF というのも、ブログ関連の世界ではRSSと同義語のように使われています。


では、そもそも、RSSとはいったい何なのでしょうか? これを簡単に説明するのはとても難しいのですが、「専門家のご指摘」を恐れず、あえて簡単に表現してしまうと、Webサイトやブログのサマリー(更新情報や要約情報など)を、通知するためのファイルという感じです。


ここで一番大切なのは、「サマリー」「通知」するということで、特に、このNotification(通知)という機能が、最も重要な要素だと私は考えています。


私はこのRSSが、今まで e-mailや Webがインターネットの時代を書き換えてきたのと同じぐらいポテンシャルのある、新たなメディアの出現だと思っています。

 

e-mail や Webが、我々の生活にいかに重大な変革をもたらしたかは説明するまでもありませんが、これからは必ずRSSの時代が来ると思っています。確かアメリカのどこかの学者が、これら3つのメディア特性をうまく分類しいましたのでご紹介しておきます。

 

e-mail :  「発信者主導」の、「特定の人」に向けたメディア


Web : 「発信者主導」の、「不特定多数の人に向けたメディア


RSS : 「受信者主導」の、「欲しい情報の更新を知らせる」メディア

 

今まで我々は、e-mailやWebを利用して様々な情報収集をしてきましたが、RSSをうまく利用すると氾濫するインターネット情報の中から、自分の欲しい情報だけを、タイムリーに効率よく収集することが可能となります。


現在、RSSを効率よく利用するには、RSSリーダーと呼ばれるソフトを利用して、自分の見たいWebやブログのRSS情報を登録しておきます。そうすると、わざわざそのサイトに情報を見に行かなくても、RSSリーダーを見ているだけで、すべての情報が一元管理できるわけです。


▼RSSリーダー(glucoseというソフトの場合)

rssr



これは本当に素晴らしいことで、最近では私自身も仕事で必要な日々の情報収集は、すべてこのRSSに頼っている状況です。また、ほとんどのブログサイトはこのRSSに対応しており、今、ブログが騒がれている理由のウラには、実はこのRSSも一枚かんでいるワケです。


私がRSSを重要視しているのは、RSSの出現により従来型のWeb系メディアが全て受信者側(受け手)にコントロールされる可能性をもっている事で、これらはニュースサイトのビジネスモデルに新たな展開をもたらすでしょうし、既に朝日や日経のサイトがRSSに対応し始めています。


またRSSの中身を「日本語意味理解エンジン」 を利用して判断し、書かれている内容に沿った広告展開を行ったり、RSSの中に出てくる商品や固有名詞を解析することによるバイラル・マーケティング(口コミ効果)の検証が出来たり...と、その利用範囲はいくらでも広がる可能性があります。


ただしこれらの利用方法は、あくまで「人から人」すなわち、「情報の作り手や書き手」から「情報の受取り者」という視点での考え方であり、RSSがその真価を発揮するのは、「人から人意外のモノ」に広がっていく過程にあると考えています。


RSSを i-podのような音楽情報機器や、冷蔵庫のような一般家電が理解するようになれば、自分が好きなアーティストやタレントが持っている、i-podのデータと同じ内容の音楽を自動的にダウンロードしたり、スーパーで買ったミルクの情報が、買ったスーパーのPOSシステムから、ネットを介して自宅の冷蔵庫に送られ、そろそろ「賞味期限です」と冷蔵庫が教えてくれる日が来るかもしれません。(ちょっとコワイ話ですが。笑)


これらはまさに最初に書いたRSSの一番重要な役割、Notification(通知)であり、RSSが「人から人」、そして「人からマシン」、「マシンからマシン」と広がっていく...そしてその先にあるものは...?


そうです、それがまさにユビキタスの世界であり、私は今後、訪れるであろうユビキタス社会には、このRSSに関連する技術が必須になるだろうと確信しています。


RSSについては、まだまだ書きたいことが沢山ありますので、追々ブログでご紹介させて頂きます。


先日も書きましたが、気持ちを新たに再度したためます。


- 私の持論 -


e-mailや Webは 「張りぼての虎」

RSSは 「次世代インターネットの龍」



■ 本日のオススメ本


新納 浩幸
入門RSS―Webにおける効率のよい情報収集/発信
AD