12月14日 旧知の釣友散ちゃんが広島からやってきた。


目的は、福岡の友人を訪ねてとのこと。


行き先は新宮町の相島。もちろんつり道具持参。


私もどうかと誘われ、仕事休みの翌日参加することに。


晴天の海。彼は連絡線で相島に向かった。



相島連絡船


12月15日


前日とは打って変わって冷たい雨。私、晴れ男のはずだったけどな~


朝1番の船で相島に向かい、港でのお迎えの軽トラックに乗って、釣り場へ


山越えで20分ほど歩けば地磯の良いところがあるということだが、昼までの釣という事と、山道20分は雨の中シンドイということで、近場の小学校下の岸壁で竿を出す。


学校下岸壁


折りしもこの日は私の誕生日。


海からのプレゼントを期待して2時間半ほど一生懸命撒き餌を撒いて当たりを待ったが、結局プレゼントは無し


12時前、竿を畳んで島の友人が準備してくれている会食を頂きに引き上げました。


そこで出会ったのが、このとんでもないヒラメ。


地元の猟師さんからの差し入れとのことだが、こんなヒラメ今まで見たことが無い。


長さ1m 重さ8kg だそうで年に何本も上がらない代物だとか。


大きなヒラメ


地元の猟師さんや、散ちゃんの友人、それから船でやってきた4人のコンパニオンさん。


併せて10人ほどの会食だが、これ以外にもブリが1本分テーブルに乗り、高級魚オンパレード。


刺身、シャブシャブ2通りで頂いたが、美味しいことこの上ない。


図らずも私の古希の祝いと化した感じの会食


17時の最終便が出る15分前まで、思う存分美味しい魚を味わいました。

AD