設計

テーマ:
私の好きな設計で、外部と内部の堺を曖昧にして、視覚的に広がりを持たせるという
空間作りをよくします。

アプローチのRの塀が内部まで突き抜けたり、ピロティータイプもそうですね。

いま計画中の建物も、リビングがまるごとはいるくらいの大きな庇をもうけています。

水平ラインが強調された、美しいプロポーションの住宅になると思います。

$金田博道建築研究所のブログ