元女将日記

元女将の備忘録


テーマ:

御報告

本年より女将としてお店に立つ機会を基本的には無くし店舗オーナーとしてかさねに携わらせ頂くことと成りました。

開店当時から支えてくれている山田真也氏に運営をお任せしますが、お声がけを頂ければ是非ともご挨拶に伺いたいと思いますので

何卒宜しくお願い申し上げます


8年前に初めて母親に成り

4年前の9月にかさねをオープンさせて頂き

去年の中旬に二人目を出産し

己を鑑みて、お店とお客様、何より子供達には本当に良いお勉強と経験をさせていただいたと感じています


去年9月の女将復帰後、私なりに手を抜く事のないよう母として女として女将として努めてまいりましたが

8年前のように体力的にも子供達の生活の為にも仕事や将来設計に無茶は出来ないと強く感じておりました。


だからといって落ち着いたり纏まるのはまだ早い

チャレンジは辞めません^_^

いつかまた女将以外の形でもご縁を賜りました皆様に喜んで頂ける事を成せるよう頑張りたいと思います


もう少しで私も30歳

悩み苦しんだ10代

そこから抜け出したくて

走り抜けた20代を思い

それらの経験が結実する30代にするべく

まずはこの一年

大切に日々を過ごしていきたいと思います


「三界は安きことなく、なお、火宅のごとし」


三界に家なしとは女の生き方をいう言葉でしたが

今は女性に限らず本来の意味で通ずるような気がします。


何か秀でたモノがあったり何か富や権威を持ってたり…

人からみて恵まれていると思われるものが沢山あったとしても、何もない事よりも知足という心持ちに至らない事こそが貧しいのだと頭ではわかっていた事が、面白いもので女将引退を宣言する事によりすっと中に入ってきましたf^_^;

その何方とも上手く付き合える人も勿論いらっしゃると思いますから、素直にすごいなと思います。


逆にとれば

何も豊かさや安定と呼べるものを持ち合わせていなくとも、それは背負うものや足枷なく自由に動ける可能性を持っているということ


清貧とは知足の境地…そんな風に考えていた拙い自分が恥ずかしいですね。


心や物質の、貧しさも豊かさも善でもなければ悪でもないのに

豊かさ・貧しさに、否定もジャッジも必要ないと昨日やっと気付きました。


受け入れる度量を積めば

三界にも家あり

なんですよね


女将引退を表明させて頂く事でまた自分の可能性を感じている

あつかましい私の事ですから

きっと総ては上手くいく

そんな気しかしません笑


まずは子供達の事

そして家族の事

その中で自分の心に素直に

また動き出す日のために

沢山お勉強させて頂かなくてはいけませんね

本当に皆様ありがとうございました。


というわけで


引退しました



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)