活動概要セミナー情報コンサルティングプログラム取材依頼




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-22 22:10:02

「本物とニセモノの見分け方」~老舗うなぎ店コンサルにて

テーマ:◆企業コンサルティング◆
○今号のテーマ

「本物とニセモノの見分け方」
~老舗うなぎ店コンサルにて


公式サイト
http://www.kensakudo.com/
〃 ブログhttp://ameblo.jp/hiro-reiko/  

▼メルマガ「新夢を形に」の購読はこちら
http://www.mag2.com/m/0000133759.html

☆------------------------------☆

○はじめに

ひろ健作です。


オリンピックが終わりますね。


今回のリオオリンピックは
前評判では盛り上がらなかったけど
いざ始まってみると予想以上の
盛り上がりを示しました。


前回のロンドンオリンピックでは
まだ震災直後ということもあって
世の中の雰囲気がまだ沈んでいた。

だから選手たちもいまひとつ力を
発揮できませんでした。


しかし4年が経った今回のオリンピックでは
ほんとうの意味での復興を意味し、
メダル取得数も史上最多となりました。


2016年に流れが変わると言っていましたが、
そのひとつがこのオリンピックでの大活躍でも
あったわけです。


これにより日本が自信を取り戻す
きっかけになったと言えるのでは
ないでしょうか。


なかでも印象的だったのは
卓球の愛ちゃんとレスリングの吉田選手。

泣きながら卓球をしていた愛ちゃんが
主将となりチーム全体を引っ張っていたことや

2年前に亡くなったお父さんの思い出を
引きずりながら戦った吉田選手の雄姿には
少なからず感動を覚えたことと思います。


【ブログ記事】「最強吉田が負けたワケ」
http://ameblo.jp/hiro-reiko/entry-12192173677.html


出るからにはメダルを取りたい。

それも銅よりも銀。
銀よりもやっぱり金が絶対イイ。

そこへの想いが
毎日何時間もの厳しくも過酷な
トレーニングを自らに課すのでしょう。


よく
「好きだからこそ成功する」
みたいなことを言いますが、

選手のインタービューを読むと
負けたくないから練習する
勝つために何度でも練習し
上を目指していることがわかります。

ハードな練習は
嫌なことも多々あるはず。


あの、金メダルを取ったバドミントンの
高松コンビでさえ
試合中は楽しかったと言いつつ
練習はとても苦しかったと
言っていました。


勝つために嫌なことも
苦しいこともやっているんです。


その意味では
好きなこと楽しいことだけして
成功する、というのはあり得ないな、と。

そういう場合、
嫌なことを人にさせているか、
超ポジティブで苦労を苦労と感じない
前向きなだけ。


練習をせずに勝つとか
あり得ない。


ある意味不安を打ち消すためにも
これでもか、これでもかって
練習に励む。


そこからすると
すぐ○○屋さんを名乗って
さもカッコよくブログを作り
稼いでます! みたいなことを言う人は
あまりにも中身が薄っぺらいな、と。


中身が無い(実力が無い)のに
カウンセリングやコーチングをしたり
セラピストとして人にアドバイスをして
よくお金をもらえるものだな、と
感心します。


私だったら
恥ずかしくて申し訳なくて
とてもじゃないけどできない。


オリンピックにたとえれば
ほとんど練習せず試合に出るようなもの
ですから。


やはりアマで練習に次ぐ練習を
こなしてからデビューしてほしいもの。


でないと
デビューしても続かず消えてしまう運命に
なるからです。


さてきょうは

「本物とニセモノの見分け方」
~老舗うなぎ店コンサルにて

というテーマでお話ししましょう。

───────────────────

■新608 「本物とニセモノの見分け方」
   ~老舗うなぎ店コンサルにて

───────────────────

〔目 次〕

1 本物とニセモノの見分け方

2 実力が伴わないと着いていけない

───────────────────

1 本物とニセモノの見分け方

よくインターネットの情報では
「○○か月で〇〇百万円稼いだ」とか
「○○か月で〇〇千万円稼いだ」なんていう
自慢とも取れる釣り広告が目立ちます。


○○人をあっさり集め
いくら稼いだ。

だからあなたも参加しろ!

みたいな広告。

あおって参加させようとする。


インターネットでは
原材料にかかるコストが
ほとんどゼロに近いため

「言ったもん勝ち」
「参加させたもん勝ち」

みたいなところがあります。


参加費20万で
10人集めたら200万、
20人集めたら2000万と
倍々ゲームで儲かる。


そのために
何万人にも告知していく。

それで元が取れる計算。


しかしそんなことばかり
していたらどうなるでしょう?


ダマされたとか
批判や攻撃、ねたみなどの念が
お金やインターネットを通じて
乗ってきます。


その結果数年経つと
体がボロボロになってしまう。


まるでブードゥー教の
悪魔の呪いではありませんが、
人の負の想い・念というのは
想像を超えてバカでかいです。


それをまともに食らう訳ですから
いくらお金をもらっても、
いやもらえばもらうほど
ダメージも大きくなる。


だとしたら
割が合わないと思いませんか?


----------------------------------

2 実力が伴わないと着いていけない

じつは私、
イチイチ言ってはいなかったのですが、
会社や個人企業のコンサルも
おこなってきました。


たとえば
街の電器屋さんに
チラシ作りから集客、
提案の方法を伝授し
1日で20人から40人のお客さんを
集め、1000万から4000万の
受注を手伝ったり、


主婦の方たちに
住宅リフォームの提案を投げかけ、
訪れたその日に100万から500万
くらいのリフォームを次々と成約して
いました。


またホテルの接客のしかたを
ちょっとだけアドバイスしただけで
予約だけでしょっちゅう満席になる
ようにもしました。


そのなかで思うのは
実力以上に見せたら絶対にいけないな
ということです。


私がしたのは
品質やサービスの良さが
わかりやすく伝わるようにしただけ。


よくあるネット情報・広告のように
実力が無いのにあるように見せかけて
売らないようにしてきた。


だからこそ
お客さんは
こんなにいいサービスなら
早く知りたかったと
大満足して帰ってくれるのです。


----------------------------------

~マジメな人は謙虚過ぎる

よくあるのは
実力の無い人があるようにPRするのに
実力のある人が全然PRしないこと。


マジメな人はその性格が災いして
自分を必要以上に卑下するんです。

だから多くを受け取れない。

そこで私は蹴飛ばしてでも
あなたはできるよって
言ってあげるんです。

そうしないと
出て行けないから。

----------------------------------

~実力がモノを言う
 2軒の老舗うなぎ屋

じつは以前
古くからある老舗うなぎ屋2軒を
コンサルしたことがあります。


1軒は2代目の息子。

もう1軒は初代オーナーです。


どちらも味に定評があり
特にせいろ蒸しは唸るほど旨い。


初めてのコンサルでは
その旨みがわかるよう
「鹿児島産」「名水」
「病気しないよう水質の徹底管理」
「新潟産の銀シャリ使用」
などありとあらゆるアピールポイント
を筆文字で訴えました。


するとうまいもの好きの方が
すぐさまお越しになったんですね。

私の作ったチラシを観て。


しかし逆効果となった。

その方は
チラシがあまりによくできていたので
観たその日に食べに行ったと言います。

すると期待外れだったと
言われました。

「接客」が追いついていなかったのです。


2代目で店を出すのは初めて。

そこへ持って私の強力なPRチラシ。

それが効き過ぎて
期待が膨らみ過ぎたのです。

「いま修行中の身なので
お許しください」

と私が代わりにお詫びしました。


その後数年して
2軒目のコンサルでは
チラシなどには言及せず、
この味、この価格、このボリューム
なら間違いないと太鼓判だけを押して
自信を付けてもらいました。


そうしたら
次々と常連さんができ、
夏の季節には売り切れが続出するように
なりました。


そのときに学んだのは
どれだけ品がよくても
お客さんを入れる受け皿(器)が無いと
受け入れることができないこと。


サービスは味だけでなく
接客時の受け答え、
店の雰囲気、清潔感なども
当然影響すること。


実力以上にPRすると
逆効果になることを学びました。


しかし
いいものなのにPRがヘタ・
できていないものも
数多くあります。


私はそういう実力のある人を
応援していきたいし、
売れて行ってもらいたいと
節に願っています。


 ~未来を変えるお手伝い ひろ健作

----------------------------------

○あとがき

「売れたい」「売っていきたい」
ということばかり考えていると、

攻め方がワンパターンになります。


○○な人へ

~○○が問題を解決します

とか、

○○さんに▲▲を提供したところ、
売上が急増! 満席が続出!

という「売り文句」ばかりになります。


もちろんそれ自体が
一概に悪いとは言えないけれど、
みんながみんなやっているので
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ワンパターンなセールストークになるんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

逆に言えば、
「稼いだ!」「儲かった」
「人がたくさん集まった」(集合写真)
「いまだけ動画」(ユーチューブの動画)
といった邪念を排除して眺めれば、

本物かニセモノかは
すぐにわかるようになりますよ。

───────────────────

○お知らせ

~個人コンサルティング

「ほかでは聴けない答を手にしたい」
「満ち足りた人生を手に入れたい」
「個人的に、深く掘り下げ解いてみたい」

そんなあなたには
個人コンサルティングがオススメです。

※1ヶ月間のメールフォローと、
30分の電話セッション付き


※詳細&お申し込みはこちらから
 
▼ひろ健作の「ビジョン・コンサルティング」
http://www.kensakudo.com/consulting_3.html

▼ひろ健作の「未来セッション」アドバンス
http://www.kensakudo.com/session.html


▽マダムれいこの「愛のコンサルティング」
http://www.kensakudo.com/m-reiko/consulting_2.html

▽ひろ&れいこの「幸せなコンサルティング」
http://www.kensakudo.com/consulting_1.html

───────────────────

○ひろ健作の
【究極の音声シリーズ これ1本 第3弾】

「ビジョンが現実になる方法」
~なりたい自分になるには?
http://kensakudo.com/kyozai_15.html

--------------------------------

○付けているだけで幸運を呼び込み、愛される
 愛されジュエリー発売中~【16個限り】

※「ピアス」と「イアリング」ができました!

【写真あり】「愛されジュエリーにピアスとイヤリングが仲間入り」
http://ameblo.jp/reiko-madamu/entry-12189391324.html

▼【愛されジュエリー】詳細&お申し込みはこちら
 
http://www.kensakudo.com/m-reiko/jewelry.html

--------------------------------

○好評公開中(無料小冊子)

人生に奇跡を起こす、究極の引き寄せメソッド
▼「クリアリング」
http://hiro-reiko.jugem.jp/?cid=8

なぜ、あなたは引き寄せられないのか?
▼「引き寄せの公式(解説編)」公開中
http://ameblo.jp/hiro-reiko/entry-12104809044.html

--------------------------------

○個人コーチング・プログラム

あなたの未来をひらき、愛されるように導いていく
マンツーマンの1年間プログラム

▼「プライベート・コーチング」
http://www.kensakudo.com/program_private_coaching.html

あなたを幸せな結婚へと導いていく
マンツーマンの1年間プログラム

▼「幸せな結婚コーチング」
http://www.kensakudo.com/program_wedding.html

--------------------------------

そんなの聴いたことない!

【読むだけで未来が変わるメール講座】
「マイナスマンの反撃」
http://bit.ly/1a2V7MV

●30年5千万かけ製作
 5分で読める無料小冊子
 「マイナス思考の成功哲学」
 
http://1muryoureport.com/?6625

◆◇「大好きなあの人にずっと愛される本」◇◆

おかげさまで
みなさまから応援していただきました
マダムれいこの著書「大好きなあの人にずっと愛される本」は
現在、品切れの状態です。

在庫は、
全国の書店様にある限りです。
(インターネット書店は、品切れのところが多いです)

本を購入したい方は
お近くの書店様にお問い合わせくださいますよう
お願いします。

▼発売記念プレゼント
http://www.kensakudo.com/m-reiko/book/

※「電子書籍」発売記念プレゼント
http://www.kensakudo.com/m-reiko/book/ebook.html

▼アマゾンでのご購入はこちら
http://amzn.to/wVsjvQ

▼[公式ファンページ]
http://www.facebook.com/aisareru

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇ご意見・感想をお待ちしています。

個別にお返事はできませんが、
お便りはすべて読んでいます。
今後の参考や励みにもなりますので、
送ってください。
   
ご紹介させて頂くこともあるので、
匿名がいい方は、
ニックネームでお願いします。

◆お便り宛先 kensakudo@yahoo.co.jp

----------------------------------------

※メールが届かないときは
「迷惑メール扱い」にされている可能性が
あります。

そんなときは
こちらで設定してください。
http://help.mag2.com/000335.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ひろ&れいこ公式サイト「健作堂」
http://www.kensakudo.com/
----------------------------------------
◆ひろとれいこ公式ブログ「幸せのカタチ」
http://ameblo.jp/hiro-reiko/
────────────────────
★facebook
http://www.facebook.com/profile.php?id=100001366981862
----------------------------------------
◇ツイッター
https://twitter.com/hirokensaku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-20 21:37:46

最強ヨシダが負けたわけ

テーマ:◆ひろの賢者の知恵◆

ひろ健作です。




レスリング世界最強の吉田が負けました。連勝連勝(206連勝)でオリンピック4連覇をかけた試合で負けてしまいました。



そこできょうは

「なぜ、最強のヨシダが負けてしまったのか?」

をテーマにお話ししましょう。


(「マイナスマンの反撃」~誰も教えてくれなかった教えをあなたに

https://www.facebook.com/minusmanhiro/  )



y
リオデジャネイロ五輪 レスリング女子53キロ級決勝

(写真:Julian Finney/Getty Images)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「最強吉田が負けたわけ」



レスリング世界最強と称された吉田が負けてしまった。メディアやコメンテーターは「年齢的な衰え」「徹底的に必殺技を封印された」「テレビに出て満足に練習できなかった」「主将を務めたプレッシャー」だのいろいろと敗因を列挙している。



たしかにそういう要因も少しはあるかも知れない。

しかしいくら相手にマークされたとしても「バックを取られてしまった」という点からもっと別な原因があるのではないか?




なぜなら「本来の力が発揮できなかった」ように観えたからだ。




「吉田、まさかの敗退銀メダル」

http://matome.naver.jp/odai/2147153324509089001


「守り続けた父との約束」

http://matome.naver.jp/odai/2147140591105119101





スポーツ紙で観た内容から彼女の「心理状態」をひも解いてみたい。





最近吉田は



「昨年喘息が出た」

「ALSOKを辞めて練習に専念」

「レスリングの普及でテレビに出たことで気を紛らわせた」

「オリンピックに専念するため最近試合に出ていなかった」



そうである。




私は

今回の吉田の敗因の一番の原因は



「大好きなお父さんがそばにいなかったから」



とみる。




2年前の2014年にクモ膜下出血で突然無くなった。突然こころの支えを失ってしばらくは実感が湧かないものだ。しかし数か月が経ち、いつもいるはずのお父さんがそばにいてくれないことが不安を増長させていったことは想像にかたくない。





喘息は心因的な要因からも出ることがある。さびしさや不安が引き金となって喘息が出るのだ。




主将となり弱音を吐けなかったことも、元来ポジティブなイメージの吉田にとってはキツかった。




バラエティに出た、直前の試合に出なかった、年齢、相手側の対策、は負けた原因には直接ならない。




それよりも怖くて、嫌いだった父が最愛の応援者、指導者だった吉田にとって、いつもいてくれた父がそばにいないことがどれだけ不安だったか。




その不安を表に出せず戦った。だから負けた。不安をバネにまではできなかった。「金を取らなかったらお父さんに怒られる」30を過ぎた吉田がいかにお父さんっ子だったか、このコメントからもよくわかる。




たしかに金でなく銀はこのうえなく悔しい。これで終わるなんてことは彼女にとって許されるものじゃないかも知れない。




しかしこころの支えを失って戦い、負けて手にした銀だからこそ、意味あるのではないだろうか。




父を失った喪失感は計り知れない。しかしだからこそ、その悲しみを乗り越えたとき、ほんとうの力が出てくるのだ。





(「マイナスマンの反撃」~誰も教えてくれなかった教えをあなたに

https://www.facebook.com/minusmanhiro/ )から



【ひろ&れいこ】 


公式HP

http://www.kensakudo.com/


公式ブログ

http://ameblo.jp/hiro-reiko/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-13 17:25:15

トラウマとの向き合い方【ジョニー・デップの真実】

テーマ:◆ひろの賢者の知恵◆

ひろ健作です。



いま、リオ・オリンピックでの日本人選手の活躍を観ながら、金メダルの価値やメダルを取るまでの葛藤、諦めにいた選手の活躍などに想いをはせているところです。



さてきょうは、「トラウマとの向き合い方」というテーマでお話ししましょう。じつはこれ、今度発表する電子書籍に向けて、過去のメルマガを整理していたときに見つけたテーマが元となっています。そのテーマとは



【ジョニー・デップの真実】

http://archives.mag2.com/0000133759/20041229060000000.html



この記事は12年前に書いたものですが、現在アンバー・ハードとの泥沼の離婚騒動に陥った原因が彼のトラウマにも関係していることを示唆しています。




a
アンバー・ハード



アンバー・ハードはバイセクシュアル。かつてのシャロン・ストーンを彷彿とさせる美貌、魅惑的な女性です。ジョニーにとって12年間という長きにわたったヴァネッサ・パラディーとの事実婚生活は彼に、初めての心の平安をもたらしました。けれども悲しいかな、あまりに成功し過ぎてしまうとパートナーとの関係にもひずみを生じてきます。



そんななか、アンバー・ハードとの映画での共演は、彼の心に火を着けました。手に入りそうで入らない彼女、超絶的な美貌を持つクセにバイセクシュアルというあまりにミステリアスな存在である彼女はジョニーを燃え上がらせるには十分でした。



しかし手に入りそうで入らない。手に入れるために結婚をしたもののいつ居なくなるかわからない(しばられない生き方をする)彼女といると、ジョニーのダメさ加減がムクムクと出てきます。彼女と居るとまるで精彩を欠いてしまうのです。



人を好き過ぎると自分を見失います。一緒にいても苦しくなります。でもそれが恋をするということなのですね。私も経験があるからわかるけど、この苦しさやもどかしさが何とも言えず、生きている感覚にもつながる。



ジョニーはシザーハンズで主演デビューしましたが、シザーハンズのキャラクターそのままにいまも生きています。そんな彼が好きだからこそ、かつての交際・結婚相手はジョニーの味方をするのでしょう。



恋愛や結婚に答えはありません。だからこそトラウマと上手に付き合うことが幸せへの切符になるのですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>