「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック

のだめカンタービレの最終回を見ました。


あっという間でした…。


では感想を。



人との出会いを熱く語るミッチーがかっこいいですね~。


いつものハジケっぷりはどこへやら。


自分には才能がなかったから、それを千秋に託すなんて


なんていい人なんでしょ。



そしてもう一人いい人、峰。


千秋をのだめに会いに行かせるためにオケの練習を中止に。


細かいところまで気が回りますね。



実家の福岡に逃亡したのだめを連れ戻すために千秋は


新幹線で福岡入り。


まだ一人じゃ飛行機に乗れないようです(;^_^A


ってのだめの実家は福岡だけど佐賀に近いんかい!



プリゴロ太NEWSがハリセンで笑った~。


困ったときのプリゴロ太w



のだめを推薦してくれた先生の国はフランス。


…千秋、後ろから抱きつくなんて大胆だな。


口説き文句が上から目線なのが実に千秋らしいです。


その場面を親父に見られちゃうのはお約束。


いや~、家族みんなうるさくて、まさにのだめの家族という感じでw



ゲームをやりすぎてピアノをサボっていたのだめを


千秋は東京へさっさと帰そうとする。


そこでのだめの親父からのだめのトラウマについて


千秋は聞かされることに。


「僕はあいつのピアノがすごく好きなんです」


だってさー!


見てるこっちが照れるぜ~。



千秋はのだめの家族を見てプラハに行こうと決心していたのに


影で着々とパリ行きが決定。


千秋は親父と一緒がイヤなのですか。


ふむ、ここで新キャラ出すとは。


多くを語られることがなかったのが残念ですが、


どんな因縁が…。


やっぱり原作を読まないとダメかな。


来期からのアニメでやってくれるとありがたいんですけど。



ずいぶん唐突に始まったクリスマス公演。


今日編集してるって言ってたけど、マジだったのか…。


いきなりもうラストだったのでびっくりしましたよ。


まぁでも「交響曲第7番」は感動した!


終わりに近づいていくに従って、千秋の顔が崩れていくんだけど


音楽を楽しんでいるところがね。




久しぶりにいいドラマを見ましたよ。


しかし、どうもラスト唐突過ぎたような…。


そこだけ気になりました。


連載中の作品だから仕方ないのかもしれない。


続編への布石?


でも、毎週すごく楽しみにしていたし、見ていて面白かったので


良かったと思いますよ。



キャスト、スタッフの皆さんお疲れ様でした。

AD