第1位 東名高速道路

第2位 アクアライン連絡道

第3位 関越道

第4位 京葉道

第5位 新湘南バイパス

第6位 常磐道

第7位 上信越道

第8位 館山道

第9位 山陽道

第10位 小田原厚木道路

 

次回は何のランキングがいいですか?

AD
松戸署は、殺人未遂の疑いで、
元株式会社CMIの代表取締役の岡村悠樹容疑者を逮捕した。

岡村容疑者は、電車のホームでポケモンGOに夢中になるあまり
誤ってホームの人を線路上に突き落としたものと見られ
警察も調べを進めている。

↓株式会社CMI↓
https://www.facebook.com/cmiholdings
毎日新聞 5月27日(金)12時9分配信

AKB48の元メンバーで女優の大島優子さん(27)が乗用車で物損事故を起こしていたことが、警視庁四谷署への取材でわかった。大島さんにけがはなかった。同署によると26日午後5時半ごろ、東京都新宿区左門町のコインパーキングに乗用車をバックで駐車する際に運転を誤り、フェンスにぶつかったという。【神保圭作】
【芸能】清原和博が供述した大物俳優「X」が警視庁に内偵されている!(1)検査をしようとしたところ…



日本列島を駆け巡った「清原逮捕」の一報から、100日余り。いよいよ初公判が開始され、クスリに溺れた実態があぶり出されようとしている最中、
警察は清原が取り調べで漏らしたある芸能人の内偵捜査を進めていた。
次々と出てきた“証拠”により、「大物」逮捕までのカウントダウンが間近に迫っている──。

5月17日、覚醒剤取締法違反容疑で起訴された元プロ野球選手・清原和博被告(48)の初公判が、東京地裁で開廷。
グラウンドで輝きを放ったスーパースターが、白球ではなくシャブを夢中になって追いかけた真相に注目が集まる一方で、
清原被告の薬物使用は逮捕前から芸能界で波紋を広げていた。芸能プロ幹部が声を潜めてこう証言する。

「14年3月に『週刊文春』で清原被告の薬物疑惑が報じられました。その報道を受けて、さる業界団体が『薬物の噂が出ているタレントもいるが、実際はどうなのか』と、
加盟する芸能事務所各社に対し、所属タレントの尿検査を実施するようお触れを出したんです。
こうした事態を受けて、業界団体には加盟していないある芸能事務所も、自主的に検査に踏み切りました。
ところがその方針に顔色を変えたのが、所属タレントで大物俳優の『X』だった。
他のタレントが素直に応じる中、『何で俺がそんなことをやらなきゃいけないの』と、かたくなに拒否したというんです。この一件はその後、警視庁の捜査員の耳にも入っています」

Xは主演したシリーズものの作品が大ヒットするなど、映画やドラマに数多く出演。
また、バラエティ番組での司会進行のほか、有名アーティストとCMで共演し、現在も幅広い分野で活躍する大御所である。

このXの薬物使用疑惑は「清原逮捕」によってさらに深まり、「確信」に変わっていったという。
薬物事情に詳しいジャーナリストが声を潜めて明かす。

「もともと、Xがシャブを使用しているという噂は数年前からあり、警視庁が作成する『疑惑の芸能人リスト』に載っている一人でした。
そして警視庁が数年前から清原被告の薬物捜査を始めると、その過程でXの存在が浮上。
問題は、2人の接点がどこにあるのか、でしたが、清原被告の逮捕後、取り調べ中にXの名前が出てきたんです」

清原被告の供述によれば、Xと知り合ったのは3年ほど前、都内のサウナ「A」だった。
岩盤浴やヨモギスチームサウナが評判のこの店は、芸能人やテレビ局関係者の利用が多く、2人とも常連客。
顔を合わせるうちに意気投合して、一緒に飲み歩くまでの仲になったという。

「清原被告はXとの接点を説明したほか、Xのシャブの使用についてもほのめかしたそうです。
清原被告から証言を得た警視庁は、本格的に捜査に動きだしました。
仕事のオファーが絶えないXを尾行するなどして行動を確認するだけではなく、さまざまな関係者に当たって外堀を埋めていきました」(前出・ジャーナリスト)

取り調べで「シャブ仲間」の存在を証言した清原被告は保釈後、持病の糖尿病治療のため、千葉県松戸市内の総合病院に直行。だが、程なくして退院し、雲隠れしていた。

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/agp-58451/1.htm
2016年5月21日(土)17時57分配信 アサ芸プラス
連日多くの観光客が訪れる、千葉県浦安市にある大型エンターテイメント施設『ディズニーランド』。

とくに女性は毎日行っても飽きないという人が多いほど人気のある施設だが、とある男性はディズニーランドが非常に苦手で、絶対に行きたくないのだという。

記者もそこまでディズニーランドは好きではないのだが、その男性はなぜそこまでディズニーランドを嫌うのだろうか? 彼に聞いた10の理由は、以下のとおりである。

(1)東京駅の京葉線乗り場が遠すぎ

「だいたいね、行く前から東京駅の京葉線の乗り場が遠すぎてテンションが下がるんですよ! 1キロ以上あるんじゃないですか?

え、有楽町駅で乗り換えればいいだろって? 考えるのがめんどくさいから無理!」

(2)モノレール260円は高すぎ

「あと、モノレールがめちゃ高くて萎えるんですよ。なんですか260円って? どうせリゾート内しか回らわないんだからタダにしろよ! って思うのは僕だけ?

これから園内でお金をたくさん使わなきゃいけないのにモノレールから搾取されるのは勘弁です!」

(3)駐車場代が2,500円は高すぎ

「電車は嫌だってことで車で行ったら、なんですか1日の駐車料金2,500円って! 銀座や赤坂じゃないんだから高すぎでしょ!

東京ディズニーランドとか言ってるけど千葉の浦安ですからねココは! マジで適正価格にしてくださいよ!」

(4)パスポートがひとり7,400円は高すぎ

「入場口に着いてチケットを買うため大行列に並び、パスポート代を見てみると...7,400円ってなんですかこの超高額なチケットは!

こんな高いならとしまえんでも行ってたほうがましですよね? え、比較対象になってないって!? これだからディズニーマニアは(苦笑)」

(5)園内レストランでファミレスだと800円ぐらいのセットが1,500円ぐらいして高すぎ

「仕方なくチケットを買って園内のレストランでメシ食おうとしたら、ファミレスだとせいぜい800円ぐらいのセットが1,500円以上するんです...。

高いからイクスピアリでメシ食おうぜ! って連れに言ったらドン引きされるし、どんだけディズニー大好きなんだよ...って思いません?」


http://news.nifty.com/cs/item/detail/sirabee-120670/1.htm
2016年5月15日(日)7時30分配信 しらべぇ

http://rubeusu-trend.com/wp-content/uploads/2013/07/a36265d1a858485404311cdf279204d9.jpg
http://ディズニー.net/wp-content/uploads/2014/08/a36265d1a858485404311cdf279204d9.jpg
https://arashi1969.files.wordpress.com/2014/04/20120221_0954481.jpg
http://www.geocities.jp/mizu1869/tokyo9.jpg

(6)入園直後のファストパス争奪戦が激しすぎ

「あと、入園直後にダッシュして人気アトラクションのファストパスを取りに行くヤツなんなんですか? そういうレースでもあるんですか?

連れに僕もそのレースに参加させられて死ぬかと思いました。乗り物乗るのにどんだけハードなバトルしてんだよと。」

(7)『イッツ・ア・スモールワールド』がいつもガラガラで不気味すぎ

「イッツ・ア・スモールワールドってなんであんなにいつもガラガラなんですか? ちょっと不気味ですよ。どうでもいいですけど。」

(8)なんか尋常じゃない雰囲気の中年女性がいつもいて怖すぎ

「テンション低めでディズニーランドを歩いてると、だいたいなんか尋常じゃない雰囲気の中年女性を見かけるんですよ。

どう尋常じゃないかはプライバシーもあるので控えますが、とにかく普通じゃないオーラを放ってる女性を毎回見かけません? 僕だけ?」

(9)ディズニーマニアと行くと開園時間から閉園時間までいさせられてキツすぎ

「女性ってなんで開園時間から閉園時間ぎりぎりまで粘ろうとするんですかね? ディズニーランドへ行ったらもうへとへとですよ。

土曜に行っても日曜まで疲れが残っている気がして、正直キツいです。女性のバイタリティハンパないっす。」

(10)あんまり楽しめないからノリが悪いと次の日からネクラ扱いされるのが嫌すぎ

「ペアで行っても疲れるからグループで行くと、ノリが悪いヤツはハブられるじゃないですか。
そんなに好きじゃないんだからテンション低くて当たり前だっていうね。そしたら次の日からネクラ扱いですよ。

でも行かなかったら行かなかったでノリが悪いと思われるでしょ? なんですかあのマニアたちの変な仲間意識は?」

京葉線の遠さなどは確かに「ディズニーランドあるある」だが、この内容をディズニーファンの女性に話したところ
「京葉線への通路はワクワクを高めるためにあえて遠くしてる」という反論を貰った。

また、料金の高さについても「人が少なくなってもっと多くのイベントを楽しめるようになって最高!」ということであった。
ディズニー嫌いとディズニーファンの気持ちの差は、埋まりそうにないようだ。