「入国管理局に申請はしたものの、なかなか結果が届かない・・・。そう言えば結果はどうやって届くんだろう・・・。もしかしたら封筒で届いててチラシと一緒に捨てちゃったのかも!?」

 という方、けっこう多いのではないでしょうか?
 東京入国管理局の管轄(主に関東)の場合、下記のようになってます。
 
■許可が降りた場合
○在留資格 認定 (認定証明書交付) 申請 : 簡易書留の封筒 (※「認定証明書」が入ってます)
○在留資格 変更 申請 : 葉書 (普通郵便)
○在留期間 更新 申請 : 葉書 (普通郵便)
永住許可申請 : 葉書 (普通郵便)

 まあつまるところ、申請のときに自分の住所を書いた封筒か葉書を提出していると思いますので、それを使って結果が届きます。
 しかし永住許可申請は結果出るまでが長いので、葉書じゃなくて簡易書留で届くように変更して欲しいですよね。葉書だと見落とし&郵送ミスが怖いです。

■不許可の場合
 通常、普通郵便の封筒簡易書留の封筒で届きます。
※まれに普通郵便の葉書で来ることもありますが、その場合は相談カウンターに直接呼ばれます。

■その他の通知
 申請後、入管から「追加書類」を要求する通知は、普通郵便の封筒で届きます(通常)。

 
 葉書、簡易書留、普通郵便と色々ありますが、行政書士に依頼している場合、原則的に入管からのあらゆる通知は行政書士のところに届きます。


在留資格・ビザ・永住・国際結婚の相談は・・・
平島国際行政書士事務所


AD