現在「留学」の在留資格を持って専門学校に通う留学生が、卒業して日本の会社に就職したい場合の話です。

 通常、「人文知識・国際業務」か「技術」の在留資格に変更することになります。
 「人文知識・国際業務」と「技術」のどちらなのか?それは職務内容によって変わってきます。簡単に言うと文系の職務なら「人文知識・国際業務」、理系の職務なら「技術」ですね。
 そして・・・、専門学校卒業生が就職する場合で最も重要な部分が、

 「職務内容専門学校で学んだ内容が一致すること」

です。
 どこの学校の何の「学科」・「コース」に行っていたのかはあまり重要ではありません。実際に学校で受けていた「授業内容」が重要なのです。そしてその授業内容と職務内容が一致することが求められます。
 ここが一致していないと、在留資格の変更申請をしても不許可になってしまうことでしょう。

 つまり専門学校生は就職先が非常に限られている、と言えますね。



在留資格・ビザ・永住・帰化・国際結婚の相談は・・・

平島国際行政書士事務所




AD