永住許可の条件(2) 日本の滞在年数 その2

テーマ:
 「永住許可の条件(1)」で日本の滞在年数について説明しましたが、その補足です。

 「滞在年数x年以上」、となっているところ、途中で期間が途切れているとダメだと書きました。
 しかし「在留期間中」に、一時的な帰国や短期出張、海外旅行等で、短期間だけ日本から離れた場合は「途切れている」とはされず、日本の在留が継続しているとみなされます。

 とは言え、これはあくまで「在留期間中」でのことです。
 「再入国制度」(あるいは「みなし再入国制度」)を使った出入国ですね。

 しかしこれが例えば、いったん在留期間が切れて帰国、1ヶ月以内にすぐまた在留資格を取得(認定)して日本に戻ってきたとしても、これは在留期間が「途切れている」とみなされてしまいます。
 つまり日本に戻ってきてから年数はカウントし直しになります。

 将来、永住申請を考えている方は在留期間が途切れてしまわないように気をつけましょう。


在留資格・ビザ・永住・帰化・国際結婚の相談は・・・

平島国際行政書士事務所







AD