この日は、築8年程度のオタクへ、ペレットストーブの取り付けでした

{38C9BAB1-CAE1-41A4-B430-DA320D9263F4}

{B2F93113-1C83-49D3-9E69-B29CBAFDAE80}

まずは、思い切って穴を開けます

柱とぶつからないように、開けますよ(^^)

{783B0D46-64B2-404D-88CD-8B2015E42CAF}

{11277963-6522-4B53-9BBC-3925D9CA25A2}

ペレットストーブの穴は、蒔ストーブほど大きくないんです。
120㎜程度の直径。
FF式なので、二重煙突。
内側が排気、外側が吸気です。
ですので、煙突が、それほど高温にはならないのです

{8741791A-F568-4104-B651-9D40A7B69E41}

{A634A59A-A867-4DBC-B5DD-D14304B27454}

こんな感じで穴を開けました。
当たり前ですが、外が見えます

{3AE92285-5D63-433D-B675-D3B0580707FB}

外側からも穴を開けていきました。
外壁はセラミックの素材でしたが、問題なく穴が開きます。

{BEA0D6FA-6F43-4123-9680-C2DFB860D4BC}

こんな感じで処理をして。
煙突を通しちゃえば、あとは、ストーブを設置しますよ

{6EA8F545-2234-4E19-9AEC-B4BE20383F8E}

{0344922C-63C9-493E-AA68-55C9CC9B7FAB}

{57BEDBD2-5077-4D6D-95C7-3158A56179E8}

あっという間に、ストーブを設置

でも、簡単に見えてここまでの作業を円滑に進めるには、イロイロなのでノウハウがあるのです。

素人の方がここまでやるのは、大変かと

そさここで、燃焼テスト。
実際に、燃料を入れて、燃やしてみましょう。

今回は、補助暖房としてご購入いただきました。

{A42F8D49-9113-4EFA-86E2-5EF674E7D986}

はい!
問題なく、出来ましたー!


平岡ベースでは、夏も、ストーブを展示しており、実際にレペアンてわ
AD