平野幸夫のブログ

ギリシャ語を語源とする「クロニクル」という
言葉があります。年代記、編年史とも訳されま
す。2014年からの独自の編年記として綴りま
す。


テーマ:


いくら釈明を重ねても、大多数の
の有権者を納得させられないのに
、政府与党幹部は「いつまで経っ
ても平行線だ」と開き直る。加計
学園疑惑について、国会の閉会中
審査で安倍晋三首相自身への疑惑
がさらに深まったといえる。疑惑
の中心人物の首相は審議から逃げ
隠れして、加計孝太郎理事長は姿
をくらましたままだ。疑惑を晴ら
したいのなら堂々と答えれば済む
ことだが、それをしないのは、や
ましいからである。憲法で定めら
れた臨時国会さえ開こうともせず
、もう刑事事件として解明するし
かない局面を迎えたのではないか
。ここにきて、良心的な市民メデ
ィアによる根気のある取材や司法
関係者の指摘から立件への道筋が
見えてきた。突破口は明らかに今
治市と内閣府の中に存在する。



政府与党は前川喜平前文科事務次
官証言の衝撃を何とか薄めようと
躍起だった。こともあろうに、約
30年前リクルート事件に連座して
文部省官房長を降りた経歴のある
加戸守行元愛媛県知事まで引っ張
り出した。加戸氏は「獣医学部新
設は12年前からの県の悲願だった
」と述べ、ネット上では極右思想
の持ち主の青山繁晴自民党参院議
員の質問中にでたこの証言を「な
ぜテレビは報道しない」と抗議が
飛び交う。


しかし、毎日新聞や朝日新聞など
のメディアは無視した。それは、
加戸氏が「加計学園事務局長と愛
媛県会議員だったから話がつなが
り、飛びついた。友達ならすべて
だめなんですか」とあきれた物言
いをしてしまったからだ。語るに
落ちるとはこのことだ。公平な審
査で選ぶべき国家戦略特区進出対
象者がそんな縁故だけで決まって
良いはずもない。かつて大疑獄事
件に連なり、公職を追われた人物
を思わす、恥し気もない妄言だっ
た。



今回の閉会中審査で、最も疑惑が
深まったのは、出席を拒否した杉
田和博官房副長官の関与である。
前川前次官は具体的場面を挙げて
「行政がゆがめられた」とき然と
言い切った。前川前次官は、杉田
副長官から官邸に呼び出され「加
計ありき」の政策遂行を迫られた
ことを、これまで以上に明白に証
言した。警察庁公安警備畑出身者
として、前川氏の「出会い系バー
通い」もこの人物による読売新聞
へのリークが強く疑われる。萩生

田官房副長官が京都産業大を振

り落とすため「広域的に存在しな

い地域に限り」などの文言を入れ

させたのもの、杉田副長官とのタ

ッグと見られる。



官邸の密室のやりとりを森ゆうこ
自由党参院議員は今治市の情報公
開文書を挙げて、昨年11月よりは
るか以前の4月2日に官邸が今治
市職員と「加計ありき」で応対し
たのを立証した。当日午前11時半
から官邸真向かいにある内閣府で
藤原豊地方創生推進室次長、麦島
健志同審議官、内田康隆担当官ら
が今治市の秋山直人企画課長、波
頭健同課長補佐と会い、その後午
後3時から4時半まで官邸に入る
よう促がされ、官邸の責任のある
人物と交渉したことが判明した。
森ゆうこ
氏の「誰が今治市の課長
らと会ったのか」とただしたが、
菅義偉官房長官は「入廷記録は廃
棄し残っていない、誰が会ったか
は今治市にきいてくれ」と答えを
拒否した。応対したのは杉田副長
官か萩生田副長官と推測されるが
、政府側は頑として認めない。詳
細が明らかになれば、前川氏に「
総理のご意向」と追い立てた杉田
氏らの具体的行動が立証されてし
まうからだ。今治市側もこの件の
取材に応じていないが、最大焦点
となった場面だ。3月以来、根気
よく情報公開の資料を集め吟味し
てきた森ゆうこ氏の努力は「これ
ぞ本来の議員活動」と賞賛したい



実は既存メディアの感度の薄さと
鈍い取材活動をよそ目に、ネット
上で「市民メディア放送局」と名
乗る発信元からのニュースが多く
の有権者の共感を呼ぶ。信頼でき
る取材ネットワークを構築し始めて

いる。当初、今治市役所の8000
枚にも及ぶ公開資料から、官邸と
の交渉ぶりをあぶり出したのは、
この発信元で既存メディアが後追
いせざるをえないほど敏速な資料
収集をみせている。



安倍首相自身による今回の疑獄は
、様々な手段によって隠蔽が図られ
表層的な取材だけでは全容に迫れ
ない。その点で、検察経験者の見
方も知りたいと思っていたところ
、何とタイミングよく、元も特捜
検事
の郷原信郎氏が事件の核心に迫る
手段を報道陣に教えている。かつ
てラジオ番組で何度も郷原氏とや
り取りをしたことがあり、うなず
くことが多かった。この元敏腕特
捜検事は大学設置の仕事を5年も
した経験もあり、そこから導き出
した詰めるべき論点を多くの人と
共に考え、一人一人が事実究明に
寄与したい。。関心のある方はぜ
ひ@nobuogoha「加計問題の真実

」を参考にしてほしい。



論点は多いが、簡潔に紹介すると
、誰でも思う疑問から解き明かし
ている。「それは加計学園はなぜ
文科省の大学設置審議会(8月末
)の認可を待たずして、148億
円もの校舎建設工事に昨年秋から
着手できているのか」という点で
ある。誰でもフライイングと思う
が、郷原氏は不認可にならない確
証を加計側が得ているからだ、と
する。「加計側は明確な内定を得
ているはず。大学設置審は事実上
フリーパス状態。それは今年1月
4日付けの総理大臣名の公示で裏
付けている」と述べ、この公示が
出された経緯を調べれば、それが
突破口になると、報道陣の取材を
強く促す。それを受けた最前線の
特に社会部記者の奮起を望みたい


この疑獄は官邸ルートだけでなく
下村博文元文科相のルートも浮上
した。下村氏への加計側の献金も
刑事事件に発展する可能性を強く
はらむ。文春は最近の月刊、週刊
誌で下村氏と加計孝太郎氏との料
亭での面談場面まで記事化してお
り、まるで政治ドラマのように鮮明

に贈収賄を思わす場面が描かれ

興味深い。側近の秘書らしか知り

えない内部情報を入手したことを

うかがわせる。下村氏にとっては

身から出た錆が命取りになる可能

性もある。



依然臨時国会は開かれる気配はな
い。それどころか国会対策委員会
の議員らは18日から欧州視察名目
で外遊しようとさえしている。こ
んな時に実現すれば、有権者への
あからさまな背信行為だろう。以
前から述べているように、この疑
獄は特区をめぐる官邸中枢による
巨大利権バラマキと政治家自身も

一体となった国家利権食い散らかし

である。あっせん利得、背任などの

刑事罰を想定させる。全容解明はま

だ緒についたばかりだ。


  【2017・7・13】

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

平野幸夫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。