皆さんこんばんは。

大型連休も多忙で激務でしたが、最終日にやっと時間が取れたので
、あまりにも時間が経ってしまいましたが、書き上げることは約束
なので書きます。

前回は睡眠楽を忘れて眠れないというとこまで書きましたが、結局
3時か4時くらいには眠れました。

翌朝は7時くらいに目が覚め、朝食は8時からだったので、それま
で大浴場の温泉に風呂に入りにいきました。まあ、でも温泉という
ふれこみでしたが、実際は普通の大きなホテルの大浴場といった感
じでしたね。

入浴のあとは部屋に戻って少しゆっくりして、そのあと部屋の皆さ
んと朝食を食べにいきました。朝食はバイキング形式で、僕はいつ
も朝食はがっつり食べる派なので、たくさんいろんな料理を皿にも
りつけて食べました。

食後は、部屋でまったりして、もうチェックアウトの時間とのこと
で、荷物をまとめて参加者全員で大広間に待ち合わせしました。そ
して、それからは隣の大広間に移り、いろんな道具がおいてある机
の前に自由席におのおの座りました。

すると、ようやくこの日初めてのかなかなとの対面。そこでやるこ
とはかなかなと体験とのことでキャンドル作りをしました。ちょっ
と道具の名前がよく分からないので説明できないんですが、ガラス
にいろんなパーツをのせていき、最後に透明の蝋燭?を注ぎ込んで
完成しました。かなかなもファンの皆が作っているのをいろいろ見
て回り、かなかなが俺のところに来たとき「ふくチャンのかわいい
ね」と言ってもらえてうれしかったですね。

このキャンドル作りの最中にかなかなの撮影会があり、皆順番にス
マホでポーズをとって撮る撮影タイムがありました。俺は安定のガ
ラケーなので、他のファンの人たちから物珍しそうに見られました
(苦笑)

キャンドル作りも終わり、このあと昼食タイムとのこと。ただ、今
回の食事は大広間ではなく朝食を食べた食堂でした。それなので荷
物は大広間におき、食堂に皆で集まりました。そのあと、かなかな
もスタッフさんとちょっと場所の離れたお誕生日席に座り、参加者
は縦に並んだ椅子の上に座りました。

そこであったのは、かなかなへの質問コーナー。俺はメモをとって
いなかったので時間も経ったことだし、どんな質問をファンの人た
ちが質問をしていたのか忘れてしまったのですが、かなかなは10く
らいの質問にたくさん一つひとつ丁寧に答えていましたね。俺は小
心者なので、挙手をして質問するのですが、手をあげられず聞きた
いことを聞けず仕舞いでしたね……聞きたいこととは、今年で芸能
生活十周年だけど、今までやってきたお仕事のなかでいちばん思い
出深いのは何?ということでした。まあ、その質問に対する答えは
ハニシナの夏展示会で聞けたのですが、やっぱりもっとじっくりた
くさん話して欲しかったので、その意味では後悔ですね……

質問コーナーも無事に終わり、昼食タイムへ。かなかなが昼食のカ
レーをよそってくれるとのことで、またかなかなとふれ合えてうれ
しかったですね。「かなかなのよそったカレーだから尚更美味しそ
うだよ」って言ったら「本当?それなら味わって食べてね」とのこ
とでした。

かなかなもスタッフさんもファンも一緒にカレーを食べ、皆食べ終
わったら、いよいよこれでかなかなとはお別れ(泣)名残惜しかった
ですが、笑顔でかなかなに手を振ってお別れしました。

かなかなともお別れし、あとは帰りのバスの時間まで自由時間との
ことで、簡単にお土産売場を見ましたが、俺は旅行に行くと誰にも
言ってなかったし、お土産は何も買いませんでした。それなので、
時間は十分にあったので、キリコさんとホテルの外にでて積雪で滑
りながらも白樺湖の湖畔を散策したりしました。

すると、いよいよ帰りのバスの時間に。ただ、名前毎に整列して並
んだのでどうしてだろう?と思ったら、何と先程お別れをしたはず
のかなかながバスの入口にいて、一人ひとりへのお手紙を渡してく
れたのです。これは本当にうれしかったなぁ……たぶんかなかなは
参加者全員に手紙を書くのは大変だっただろうし、寝る時間も削っ
て書いたのかもなぁと思うとうるうるきてしまいました……ただ、
宛名が俺は光満月さんとなっていて、その隣に(ふくちゃん)と書いて
あって、多分参加者の名簿を見てそれで宛名を書いたんだろうと思
うけど、他にもふくのつく人はいたし、俺はかなかなに本名を言っ
たのは大声ダイヤモンドの握手会のとき以来一度もないし、よくか
なかなあの本名が俺だとわかったなぁとかなかなの勘の鋭さには驚
くばかりでした。

そして、手紙を渡すとき「お手紙ありがとう。かなかな本当にお泊
り会楽しかったよ」「それじゃあ気を付けて帰ってね。ばいばい」
「ありがとう。またねかなかな」と少しだけお話できたのもうれし
かったです。

そして、いよいよ本当にかなかなとのお別れ。バスの車窓からめい
っぱい手を振りつづけました。

帰りのバスのなかでは、ファンの人がスピーカーでSKEの曲を流し
てくれて、お泊り会の余韻に浸ることができました。程無くバスは
茅野駅前に到着し、みなさんお互いに挨拶を交わしながら解散とな
りました。俺とキリコさんとは、帰りの特急券を渋滞等の不測の事
態に備えて遅めに取っていたので、特急に乗るまで駅前の喫茶店で
お話しながら時間を潰し、一時間ほどしてからやっと特急が来てあ
ずさ号に乗り込みました。

帰りもキリコさんとかなかなトークをしてたら、話に夢中になるば
かり、二時間ほどであっと言う間に新宿に着きました。

そして、まだ話足りなかったので、前にキリコさんと一緒に行った
ことがある個室居酒屋に行くことにしました。ただ、それが確か2
年くらい前のことなので、店に辿り着けるかどうか心配でしたが、
何とか着くことができました。

お店のなかは休日なのに空いていて、個室居酒屋でも壁づたいに他
のお客さんの声が聞こえてくるストレスもよくあるのですが、この
日はそれもなく快適な時間を送れました。

話の内容は今までのかなかなと、これからのかなかななど、時折他
のアイドルの話もでたりしましたが、基本的にはかなかなトークで
盛り上がりました。俺が話したなかでいちばん印象に残っているの
は、かなかなはハニーシナモンのプロデューサーをやって、十代か
ら二十代前半の女の子たちのファッションリーダーになれる可能性
があったのに、そのチャンスを逃してしまったということです。そ
れは、ハニシナの最初の来店イベントは200人以上の女の子たちが
来てくれたのに、回数を重ねるたびに動員がおちていき、最後のほ
うは数十人までおち込んでしまったということです。その一因だと
俺が思うのは、かなかなのファン対応が悪いとは言わないけど、必
ずしも良くはなかったのも影響してると思います。だから、かなか
なはSKE時代に兎に角たくさんのファンの人と接してきたことです
から、その時の経験を全くとは言わないですけど生かしていなかっ
たのだと思います。男性のヲタも女の子のファンも、基本的には同
じですから、自分のことを知ってくれて優しくしてくれることによ
ろこびを感じると思いますから、本当に、かなかなはアイドル時代
何を学んできたんだろうと思います。厳しいことを書いてきました
が、これはかなかなに成功して欲しいとの気持ちからだと思ってい
ただければ幸いです。

あとは、やっぱりファッション誌の専属モデルになれなかったのも
大きいですね。かなかなのことを比較的使ってくれていたCUTiEが
休刊になったのも大きかったですし、LARMEの扱いも小さかったの
も痛かったですね。

まあ、そんなかなかなトークもあっと言う間で、俺は次の日仕事な
ので早めに上がらせてもらいました。それで、会計はそれぞれ3000
円くらいでしたが、そこは茅野の往復券が金券ショップで買ったお
かげでそれくらい安くあがったので、実質たた飲みのような感じで
したね。そして、キリコさんと一緒に新宿駅まで戻り、またの再会
を誓ってキリコさんとお別れしました。

それでは、今回のお泊り会の総括をしたいと思います。やはり集合
場所が長野県の茅野と遠く、まあ東京と名古屋の中間だからそこに
したという話もありますが、それで諦めたファンの人もいると思い
ます。あとは、相部屋で知らない人と一緒になるのが嫌だという人
もいるでしょう。事実、その理由で行くのを取り止めた女性のかな
ふぁむさんがいることを俺は知っています。あとは何と言っても参
加費が三万六千円強と高額だったことが一番の理由ですかね……ま
あ、参加者が最低催行人数に届くかどうかだったので、そこらあた
りは厳しかったですね……でも、人数が減れば減るほど接触は多く
なるのでいいとは思いますが、それは逆に悲しいことでもあるので
難しいですね……

あとは、実質上かなかなと一対一でちゃんと話せたのがチェキのと
きくらいなので、できれば最低一分はかなかなと話せる時間を設け
て欲しかったですね。

それでは、また次もお泊り会があることを願って……失礼いたしま
す。

172

テーマ:
かなかなリプ返どうもありがとう☆こういうファンサービスは本当うれしいなぁ★こちらこそいつも本当にありがとうだよ☆6日は愛知のイベント司会だし実家には帰省できそうかな?もし帰れるなら家族にいっぱい甘えてエネルギーを沢山補強してきてね★それではまたかなかなに会えるの楽しみにしてるね☆

171

テーマ:
舞台挨拶お疲れ様☆絶叫上映という事で、俺もかなかなコールしたり最後にかなかなが死んじゃった時に、かなかな死なないでーって叫んだらかなふぁむのお友達から気付かれたみたい(笑)あとは、今日の舞台挨拶は子どもたちに囲まれて、かなかなも大人の綺麗な女性になったなぁって親の気持ちになったよ★