ひらまつ耳鼻咽喉科の公式ブログです。    

よくあるご質問への回答や、スタッフのつぶやきなどを掲載していきます。


テーマ:
 真夏並みの暑さが続きます。イヌも暑いのか、散歩の途中、日陰になると座り込んでしまいました。路面温度は気温より高いので無理もないかな。。。。あまり動こうとしないので抱っこ、イヌはまんざらでもない顔をしています。抱っこして歩きだしましたが、すれ違うひとから不思議そうな顔をされてしまいました。いい加減に自分で歩けとおろすと、とぼとぼと歩き出し、また、日陰になっているところで座り込み、挙げ句の果てには伏せのポーズ、しばらく動かないぞと主張しているようです。仕方ないのでまた抱っこする、またおろす、こうしたことを数度繰り返しました。街路樹のある道を通り、散歩を短縮して家へ帰ることにしました。
 その街路樹の下に植えてあるツタのような植物の中に何か動くものが見えましました。クマゼミのサナギのようです。アブラゼミのサナギは脱皮前のものはみたことがありますが、クマゼミは初めてです。じっと見ていると、イヌもサナギに気がついたようで、一緒にクマゼミのサナギを見ていました。
 サナギは街路樹に向かっているようです。草やツタにはばまれて転倒、思わず手助けしたくなりましたが、自然のまま見守ることにしました。起き上がり、また木に向かって進み出しました。

 セミ1 がんばれ!!

 視線を上げるとすぐ近くの街路樹にはすでに脱皮したサナギの殻がありました。

セミ2 高さ的には道路に近くあまりにも低い
セミもこの暑さで登ることができなかったのかな?

 セミのサナギをみたその後、イヌは座り込むことなく、自力で歩いて家に帰ってきました。何か、感ずるところがあったのかな? もっとも適切な日陰もなかっただけかもしれませんが。。。。

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 巣立った翌日の月曜日の朝、駐車場にはツバメが数多く乱舞していました。巣をみると、一羽もいないようです。もう戻ってこないのかなと少し寂しい気がしながら、ぼっと立っていると、ツバメたちが私の近くを旋空し始めました。飛び方が安定していないものをいました。ヒナだと思いました。 
 ヒナたちはしばらくすると場所を変えて駐車場の移動しました。その姿をiPhoneで撮ろう近づいてゆくと、巣があった壁とは違う壁の換気扇の方にヒナたちは向かいます。よく見ると1羽が落っこちないように体を捻って止まっているようです。見つめているとヒナたちは飛び回るのをやめ近くの電線に止まりました。

 仲間たち

 まだ飛べない どうするのだろう?

 換気扇に止まっているヒナは飛び立とうとしますが、滑り落ちそうになると壁の方に体を近づけ堪えます。こうした動作を数度繰り返し、ようやく飛び立ちました。墜落しないように必死に羽をばたつかせているようでした。それでもしばらくすると羽ばたきが安定し仲間たちの方に行きました。電線に止まっていたツバメたちはうまく飛べないヒナを見守っていたようでした。

 昼にはツバメの姿はありませんでした。
 
 スタッフにはヒナたちが巣立ったことを話していましたが、夜になると巣にヒナが戻ってきたことを教えてくれました。帰りにみると、頭や胸を外側にグルと並んで巣の中にいました。

 昨日の朝、巣にも駐車場にもツバメの姿はありません。本当に巣立っていったのだと寂しい気持ちに襲われました。すると2羽のツバメが頭上を通り過ぎて、田んぼの方に滑空してゆきました。夜には巣には1羽も帰ってきませんでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ツバメが医院の壁の換気扇の上に巣を作りました。気が付いたのは今から20日前の6月10日のことです。

発見 6月10日 頭がみえるでしょ


 12年前の開業の時にも同じ場所に巣を作りました。そっと見守っていましたが、この時は巣立ちを迎えることができませんでした。
 昔、実家には家の中に巣があり、毎年のようにツバメがやってきました。巣立ちする前の十分飛べないツバメが庭にいて、ヨチヨチ歩きの時に追っかけて両親にしかられた記憶があります。この時か、その後か記憶は定かではありませんが、ツバメが南の国からはるばる飛んできていることや害虫を食べてくれる鳥であることを教えられました。人間が触ると親が育てなくなるともきつく言われました。いつもツバメをみると、子供のころを思い出します。無事に巣立つことを願って、毎朝確認することを日課としました。

 翌日、親の姿を確認しました。もう卵を産んだのかな? 親 6月11日

6月14日 卵を温めているのか?(6月14日)


孵化? 20日 卵が孵ったのかな? ヒナの頭らしきものがみえます(20日)
 鳴き声も聞こえるようです。この日ごろから親鳥がエサを巣に運ぶ姿がみられるようになりました。
 成長 27日 ヒナは巣から顔を出していました。かなり大きい(27日)
 親鳥は朝はやくから医院の前にある田んぼと巣の往復を繰り返しています。巣には一瞬近ずいたかと思うとすぐに田んぼの方へ滑空してゆきました。本当に、休む間もなく身をこなにしてがピッタリする働き者です。
休憩 27日 昼、玄関のアプローチに2羽のツバメがいました。休憩かな?


30日(30日)巣立ち前 1日(7月1日)
ヒナは身を乗り出すようになり、巣から落っこちないかとハラハラドキドキでした。

巣立ち前 2日 ヒナが巣から出ている?(2日)
親どりとは違うようで、巣立ちが近いことを直感しました。

 今日は日曜日。医院は休みですが、気になりツバメの様子を見にゆきました。


ひな? 3日 ツバメが巣近くにとまっている? ヒナたち?

まだいる 3日 巣をみるとヒナはまだいるようです。3羽だったと思うのでまだ巣立ってはいないな、でも何か賑やかさがないなと思いました。

 イヌを連れてきていたので、ドライブして関のサービスエリアにあるドックランで遊ばしてからまた見にくることにしました。

 約2時間して戻ると。。。。
いない 3日 巣には1羽もいません

 えっ、そんな。。。。見回すと電線に5羽とまっていました。
電線に 3日 1羽だけ離れて電線にからむようにして止まっていました

 ジッと見ていると、親どりが1羽のヒナに近づいたかと思うと、一緒に田んぼの方に滑空してゆきました。エサとりを教えているのでしょうか?
 そんな姿を見つめていると、ツバメたちが私たちの目の前近くに飛んできたかと思うとすぐに離れ、数も増していったようにみえました。チームでヒナたちを守る行動なのでしょうか?
ツバメの乱舞 感動しました。

 それにしても無事に、ヒナがかえり巣立って、本当に良かった。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。