2014年

テーマ:
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

皆様、いかがお過ごしですか?

今年は5年ぶりに日本でお正月を過ごしています。

9月に日本に帰国してから、出合いがあり、マッサージ以外にも多くの収穫がありました。

健康の大切さを、本当に実感しています。病気や怪我、傷みを少しでも楽にしたいと、整体やフットマッサージやヒーリングの勉強をしています。

メルボルンで、身体が欲しがるマッサージ。ダイエットに効くマッサージ。ストレスを軽減するマッサージ。色々出来るようになりました。

そして、念願の東日本の震災の被災地、仮設住宅でのマッサージ、整体のボランティアに行って来ました。

陸前高田市の惨状を目の当たりにして、いかに報道されていても、自分の目で見ることの大切さを痛感しました。

また、メルボルンでお会いする事を楽しみにしております。

現在、日本にいる方でマッサージが必要なら会った時に教えて下さい。背骨の調整や胃を上げるのに5分くらいしかかかりません。
いつでもどうぞ。

皆様の幸せと健康を祈っております。

日本、東京から

平井 まや
AD

ワイン?

テーマ:
発酵食品が実は大好きです。

味噌、天然酵母パン。

そして今年はこれ。

hiralimのBeading Days


で、何だって?
これが

hiralimのBeading Days


こうなって

hiralimのBeading Days

出来上がり。

そう、ワインを造るため、ブドウをつぶしたんです。
足でやれば良いけど、ちょっと発酵させるのが嫌だったので
2個のブルーのプラスチックのボールにはさんでつぶしました。

毎日、発酵を見てますが順調です。
良い匂いがしてます。

アルコール度はなし、みたい。

ブドウの残りの皮ももちろん、発酵ジュースへ。
すごい、リサイクル。
こちらの飲み頃は来週かな。

多分、一人でキッチンドリンカー
AD
基本はオーストラリアは手芸をあまりしない国です。

ビーズはクラフトの中の一部でしかありません。
多いのは刺繍、キルト、編み物、洋裁です。
かといって、日本刺繍や組みひもをするサークルもあるので
多種多様です。

私は日本では普通に釣り糸にスワロフスキーのビーズをしてました。

ここでのビーズはアメリカ、ヨーロッパと同じ、針と糸を使ったビーズステッチ
が主体です。

私の最新作、ビーズステッチの作品、ネックレス

hiralimのBeading Days


5年ほど前に作った釣り糸のキーホルダー

hiralimのBeading Days
hiralimのBeading Days

この5年で大きく作風が変化しました。

1つはコンテストで評価されるため。
もう1つ、オーストラリアではスワロが高すぎです。
全部スワロで作れません。
そこで要所要所でスワロを使って凌いでます。
新色も小さいサイズも数も揃わないし。

そこで手に入りやすい丸小などでネックレスを作っています。
郷に入れば、郷に従えって事です。

ここで作っていて自分を発見しました。
私が作りたい作品は日本向きでは無いって事です。
たぶん、日本人には重すぎで豪華すぎ。
私はひたすら、豪華で華奢で、美しいものが作りたい。

今も次の作品向けに準備してます。

AD
2月に入ってしまいました。
先月のワークショップことです。

2人の姉妹が以前、見かけたクリスマス・リースを
作りたいと言って、いらっしゃいました。
次の年になってしまったのですが。

それぞれクリスマス・リースを3つ作った後、
ピンも自分でデザインしました。
これは針金で留めるので私が作りました。

その後、もう終わるかと思いきや。

「クラウンを作る」とお姉さんは2つ作って帰られました。

お疲れ様。
私のお客さんでは始めてワイヤーワークをしていかれました。

安全メガネをして取り組んでいる姿は
子供と言っても、侮れませんよ。
次に作るものも予約して帰って行かれました。

そして今日やっと、材料を入手。
やっと次回の連絡ができます。


作りたいものがある方、ご相談にのります。


January had gone.
My lovely clients came and made beads.
They are sisters.

They made Christmas wreaths and pins a bracelet.

And elder girl made two crowns.
She is amazing.

She order me next bead work, so I get new beds for her.

hiralimのBeading Days



hiralimのBeading Days

hiralimのBeading Days


hiralimのBeading Days



hiralimのBeading Days

Stone Necklace Jan No.2

テーマ:
今回、オブディシアンという石を選んでネックレスを作りました。

黒曜石の事でメキシコ産です。

この石は新しいことを始めるのに良い石だそうです。

大きい方は私が身につける予定です。

小さいのは販売しようと思います。

I made Obsidian pendant tops and a necklace.

I hope to wear bigger one, and I hope to sell a smaller one.


hiralimのBeading Days



もう一つ、自分のネックレスを修理。

トップの部分(孔雀石)が折れたので、ガーデンクォーツに変更。

また、お気に入りになりました。



hiralimのBeading Days


これらのネックレスについて、どう思いますか?

Wire Work necklace Jan/2013

テーマ:
依頼があり、久しぶりにワイヤーを使いました。

素敵な石、思い出の石を身につけたい
そんな思いから生まれたワイヤーワークです

依頼の思いが一杯の石は2点。
1つはワイヤー、1つは袋に入れてみました。

The client ask that two crystal stones wearing.

hiralimのBeading Days

hiralimのBeading Days


以下は今回、一緒に作ったオブディシアンのワイヤーワーク

I made other two Obsidian wire works


hiralimのBeading Days

修理も引き受けますと書いたら、
友人から4点の修理と3点のビーズネックレスを頼まれました。
これから、少し忙しくなります。
嬉しいな。

I wrote that I love fix jewelry before.
My friend order to make three necklace and to fix four necklace and ear ring
These makes me happy.
Thank you.

ゴシック調ネックレス

テーマ:
もう年末。

ずいぶんご無沙汰です。

先日、友人から修理を依頼されたネックレスです。

$hiralimのBeading Days



いただいたパーツは赤のビーズ調のもの。
紐が接着剤でついているので、ビーズとしては使えません。
このままでは単調なネックレスになるので
思い切ってゴシック調に変身させました。


黒のレースのリボンを一緒にして3連にしてます。
ふふふ、私好み。ドキドキ
友人は私より少しだけ年上のインド人の女性です。
インド系の女性がこんなネックレスを着けているのは見た事がありません。
彼女の好みに合うかしら?

修理やパーツの変更を承ります。
眠っているアクセサリーを蘇らせませんか?


I fixed my friend necklace.
She gave center red parts, so I attached black laces.
I love fixing and creating

I love this very much, but I don't know she like this.
So She is a Indian woman. I have never seen Indian woman wear like this necklace.

Please let me know if you need fix your jewels.
久しぶりにバラの選定をしました。
今はバラの花の季節です。

黄色のバラの匂いを嗅いで、昔を思い出しました。

今から10年前、私は香料会社の研究所でパヒューマーの下で働いていました。
毎日毎日、香りを作り、評価する仕事でした。
当時はパヒューマーになりたくて、自主的に毎日、単品香料の匂いのチェックをしていました。
多分、単品香料で300ほど、ミックスした香料ベースは1000くらい。
製品としては憶えていませんが、毎年の香水の新製品だけで数百、合計で数千は嗅いでいました。

10年以上専門家として仕事をしていましたが、ある時に
「私は凄く鼻が良いのよ」
と言われ、ちょっとショックでした。

でも、「そんなに勉強して無いでしょ!」と思いましたが何も言いませんでした。
アロマの専門家は結構いますし、勉強できます。
でも、香料の専門家には決してなれません。
長い系統的な訓練と専門的な知識が必要です。
その時は、ちょっと侮辱されたような気がしていました。

ずいぶん時間が経って、香料のほうから、アロマの形で私に近づいてきました。
アロマは天然品です。
今の工業製品は殆ど天然品は使っていません。
アロマの中のヒーリングする部分が、今の私に大事だなと実感しています。
天然のアロマの良さをもっと知ってもらいたい、そんな風に思っています。

バラの香りは色によって違います。
赤はNitril, Anthranirate系の匂い
白はCitoronelyl, Rose Phenoneの匂い
黄はpinen系の匂い

どれもが心を癒してくれる香りです。
昔はバラの季節にバラの匂いを嗅ぎに深大寺植物園に行ったものです。
南半球のバラの季節は、今。
移ろい易い、素晴らしい繊細な香りを堪能されたし。

一枚目だけ、我が家の真紅のばら、残りは日本での写真です
hiralimのBeading Days
hiralimのBeading Days
hiralimのBeading Days
今日はロイヤル・メルボルンショーでの展示品の返却日でした。

ロイヤル・メルボルンショーではいろいろな部門のコンテストがあります。
毎年、参加しているのですが、ショーグラウンドに入る入り口で言われた言葉です。

とっさに「知ってるわよ」と思ったけど、もう1度言われたので

"Light or Hazard"

って気がつきました。

タイトルの文章は「右曲がって突き当たり」って意味ですが
「ライトかハザード(ランプ)をつけなさい」
って意味だったんですね。

あわててハザードをつけました。
もう少しで聞き返てしまうところでした。
危ない危ない。

返却された作品はこちら。
$hiralimのBeading Days

始めはサンキャッチャー、次はネックレスとピアスのセットです。
それぞれの部門の3位と佳作(?)をいただきました。
2つ入賞は初めてです。

ちなみに全体の審査員特別賞はこちら。

hiralimのBeading Days
hiralimのBeading Days

これは人型のトルソーの上にびっしりビーズ刺繍がしてあります。
気が狂ったか?と思われるビーズの使用量。
5キロ以上は使っています。
10キロ使っているかも。

こんな作品は作りたいけど、これは作りたくないと思わせる作品でした。

だって、家に置いたら家族に邪魔って嫌味言われそうで。