2014年08月30日(土)

「人間のクズ」 というべき昭和天皇 裕仁。 しかし、そんなことよりもっと重要なことがあります。

テーマ:政治・経済・社会問題に関するブログ

194712月、敗戦後初めて被爆地広島に入った時の天皇裕仁。 何の痛痒も感じない能天気な無責任ボンクラおやじにしか見えません。実際、後年そのような発言をして顰蹙を買っています(本文参照)。裕仁442改

    

昭和天皇裕仁(ひろひと)は、日本史上最も軽蔑に値する人間だと幼い頃から考えていて、その思いは今もまったく変わりません。

以下のことは、これまで何度も書いていますが、どれほど書いても書きつくせるということはないでしょう。

      

19751031日、日本記者クラブ主催の公式記者会見の席上、天皇裕仁は、広島の原爆被災についてきかれ、「原子爆弾が投下されたことに対しては遺憾には思ってますが、こういう戦争中であることですから、どうも、広島市民に対しては気の毒であるが、やむを得ないことと私は思ってます。」と他人事のように無神経な発言をして物議を醸す。

そして当然のように被爆者団体から抗議を受けました。
        

また戦争責任については、「そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしてないので、よくわかりませんから、そういう問題についてはお答えができかねます。」と戦争責任を 「言葉のアヤ」 と解し 「文学方面」 の問題と茶化したような不真面目でしらを切った返答をして、記者に呆れられています

       

裕仁の記者会見時の映像(抜粋):

https://www.youtube.com/watch?v=NQhVOTS0j7A&NR=1 Youtube版)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm23125825 (ニコニコ動画版)

  

なお、記者会見全記録など詳細は 「原子爆弾と昭和天皇裕仁氏」(2013. 8. 6.) をご覧ください。→ http://ameblo.jp/hirai-h/entry-11587135933.html
        

この記者会見からも分かるとおり、まさに昭和天皇裕仁は、百田尚樹の言葉を借りて、「人間のクズ」というべきでしょう。

この裕仁という男は、死んで25年余り経た今なお責任を追及すべき対象であることは、これまで何度も述べた通りです。

               
江戸時代、一般民衆には忘れ去られていた天皇が、大日本帝国憲法(明治憲法)によって突如、統治権の総攬者となり、国民は全て天皇の臣民とされ、現人神として崇めることを強要されました。そして日本陸海軍が天皇の直属に位置づけられました(後にこれが大問題を生みます → 統帥権干犯問題等 )。

       

ただし天皇の地位はかなり名目的なものだったのも事実で、実際には天皇を取り巻く組織が輔弼(ほひつ)する形をとっていました。要は天皇は無能ボンクラでも務まったのです。(事実、大正天皇は脳の障害により実務に支障があったものの、政治は何ら支障なく運営されました。)

要は、政権や軍の中枢が天皇の権威を盾に、自らの意に沿った国家運営をなしたと見るべきです。本当のワル(実力者)は天皇に心酔などしていません。利用することを考えたのです。

          
裕仁の息子現天皇明仁(あきひと)も、どう見ても凡庸無能の域を出ません。 さらにその長男で次期天皇候補の皇太子徳仁(なるひと)も、それに輪をかけたボンクラであることは誰の目にも明らかでしょう。

         
しかし実は、このように天皇・皇族個人を「人間のクズ」や「ボンクラ」と罵ることは、天皇一族など大した存在ではないという実態の認識を広めることに役立つのみで、それ以上の意義はさほどありません。

                         

むしろ本当に重要なのは、戦前・戦中の天皇制がどのような経過をたどり、どのような影響を与えたかを、「菊タブー」を恐れず、しっかり見つめ批判することです。真に警戒すべきは、天皇を利用し権勢を振るおうと企む者たちですから                        

           

統帥権干犯問題1930年)、五・一五事件1932年)、天皇機関説排撃事件1935年)、二・二六事件1936年)等を通して、軍部やその支援勢力が、名目的存在の天皇を、いかに都合よく利用し、独断専行暴走していったか、その過程を分析検証し、後世への教訓にすることこそ必要な作業です。
                                         

天皇制度が、軍部をいかに増長させ制御不能の怪物にしたか(特に昭和以降)、それがいかに日本を日中戦争の泥沼に追い込んだか、なぜ米国の挑発に乗り10倍もあった国力差を無視して日米戦争に突入し、玉砕や特攻など非人間的作戦を敢行したのか、なぜもっと早く和平工作を行ない犠牲を抑えることができなかったのか、なぜ「天皇陛下万歳」や「天皇陛下のために命を捧げよ」のもとに、多くの兵士や市民が理不尽な犠牲を強いられたのか・・・その背景や原因を明らかにし、さらにその責任を追及することを粘り強く続けるべきだと考えます。

その責任は、決して天皇にだけにあるのではなく、天皇を含めた多くの人間と組織が負うべきであることは間違いありません。 




追記2014. 9. 2.) :
この記事について、あるご年配らしき人物から電話があり、激しい口調で、「畏れ多くも天皇陛下を人間のクズだのボンクラだの言うのはとんでもない、不敬だ、けしからん、すぐ記事と写真を削除しろ!という旨の脅迫じみた抗議を受けました。
でも絶対に削除しません。 いまだにそんな時代錯誤的なことを言う人間がいることが残念です。 いったい天皇のどこが畏れ多いというのでしょうか。
たしかに、右翼保守思想や皇国史観の持ち主、皇室ファンの人々にとって、このブログの記事の内容や表現、写真の使い方が、不愉快なことは容易に想像できます。
無論一般人への批評には特別な配慮が必要です。 しかし、天皇は日本国家において憲法はじめその他の法令が定める重要な位置を占める公人中の公人です。 よって政治家と同様、天皇も当然自由に批評・論評の対象にすることができます。よって法律上も社会通念上も何ら問題ありません。
ましてこのブログは、冒頭のブログ趣旨に明記したとおり、「祖国日本を愛する日本人の一人として、タブー、特に『菊タブー』つまり天皇・皇族に関する禁忌、それに一切臆することなく、一般とは異なった視点から、特に幼少時から関心のあった『天皇』の問題を中心に意見を述べる」ことを目的としたものです。 いわゆる自虐史観反日思想とはまったく無縁です。
今後も自らの良心・
信条に従い、天皇に関した主張を積極的に述べるつもりです。

 

                  

© 2014 HIRAI HIROAKI 無断転載禁止 





※ ご注意! 私の「なりすまし」など、ネット上の悪質な行為にご注意ください。

相変わらず、私(平井宏明・日本再生投資()代表取締役社長)になりすまし、ネット上のあちらこちら(例えば右翼・保守系ブログやコメント非承認制の有名人のブログなど)に、くだらない愚劣な書き込みをするケースが多数発生しています。私に無関係な、嫌がらせ、悪ふざけ、他人を騙る虚偽発言、茶化し、暴言、脅迫など悪質なコメントが多数ばらまかれています。

また、私が他の多くのブログやサイト等で、いわゆる「荒らし」を行なっているとの虚偽の情報が流されたりもしています。

私がネット上でやり取りがあったのは、竹田恒泰氏とその支援者1名、百田尚樹氏、櫻井よしこ氏、田母神俊雄氏(本年417日分まで)、津川雅彦氏(本年325日分まで)、大日本皇國氏、地元前国会議員の8名のサイトおよび、最近では「BLOGOS」というオピニオン投稿・議論サイトだけに限られます。これら以外のサイトには一切関係していませんのでご注意ください。










AD
いいね!した人  |  コメント(78)  |  リブログ(0)

平井宏明・日本再生投資㈱代表取締役社長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

78 ■Re:すごいことです

unkowoanさんへ

力強い声援ありがとうございます。とても励みになります。
日本では、こと天皇のこととなると、特殊な雰囲気がただよい、多くの人は口をつぐんでしまいます。まして批判的な内容ともなると、いわゆる「菊タブー」に阻まれることになります。
そんな日本の世の中に、少しでも風穴を開けたいと願ってこのブログを書いています。
これからもよろしくお願いします。

77 ■すごいことです

先ほど投稿したばかりですが、レスを一通りよみ感動したのでまた投稿させていただきます。

昭和天皇でグーグル検索してこの記事が3番目ですよ!1番目はウィキペデイア、2番目が宮内庁HPですからね。
1・2番は当然ですがここが3番目ってことはすごいです。
2年半も前の記事なのにですよ、ほんと驚きです。

ここであなたを否定する人たちの言論は稚拙です、一定のレベルにも到達していません。
天皇否定=売国・左翼・非日本人という分かりやすい図式から一歩もでていないのです。
一般掲示板なら一々否定レスを入れてやるとこですが、個人のブログなのでそれは控えます。

記事を投稿された2年半前とは状況がかわってきています。
人畜無害のただのぼんくらだったはずの明仁さんと徳仁さん(とそれぞれの配偶者の4人)が昨年の夏からこっち国民に牙をむいて襲い掛かってきています。

早く何とかしないと日本がやばいですよ。
無邪気な性善説の多くの国民に早く気付いてほしいです。

76 ■すごいね

私もあなたと全く同じ意見をもっておりますがネットに顔と本名曝して言う度胸はありません。
尊敬します。

これからも頑張って天皇皇族の糞っぷり腐れっぷりをどんどん広げていきましょうね。
私も頑張ります。

75 ■Re:極左の実態

無名さんへ 裕仁は国のため少しも尽力していないので、私は死ななくてよいということだな。おバカさん。

74 ■極左の実態

これが極左かw
昭和天皇が戦中戦後どれほど国の為に御尽力なされたかわかっての発言だったとしたらもう死ぬしか助かる見込みはないなw

73 ■Re:考えるのは勝手ですが

七生報国さんへ

私は天皇・皇族のことを極めて冷徹にしか見ません(これまで彼らに敬語・敬称すら一度も使ったことがありません)。 日本の将来にとって天皇・皇族がどのように作用するかという観点で考えるだけです。

『根から「天皇」を理解されていないのでしょう。』 とのことですが、十分理解しています(少なくとも貴方の百倍以上は)。 それゆえ天皇を将来にわたって温存することに危機感を覚えるのです。

はっきり申しあげて、貴方の天皇への理解は、いわゆる皇国史観の描く、『神国日本は神武天皇以来、君民一体で歴史を紡いできた。』 という、大変オメデタイ願望的誇大妄想(あるいは「お花畑」)に過ぎません。 そんな薄っぺらな理解では、大東亜戦争(アジア太平洋戦争)に対しても適切な判断は無理です。

大東亜戦争(アジア太平洋戦争)は、日本を滅亡の崖っぷちまで追いやり、膨大な犠牲と苦痛を生じさせました。 にもかかわらず、『全ては何でもありの「戦の中」での事。』 という理屈で、責任や原因の究明をしなくてよいというのは、世間では通用しない暴論です。
裕仁は、軍の最高指揮権者(形式的要素が強くとも)だったので、少なくとも説明責任は果たすべきでした。

『陛下のお勤めや、日本国、国民に対するお気持ちを少しでもご理解されては』 とおっしゃるが、天皇の勤めや気持ちを理解したところで、そんなことは天皇崇拝者や皇室ファンの自己満足に過ぎず、日本の将来の幸福と安全のためには何の役にも立ちません。

最後に、貴方はこのブログ記事を読み誤っていることをお伝えします。 前半部分は記事への呼び込みに過ぎず、本題は後半部にあります。
裕仁や明仁といった天皇個人の思いなど大した問題ではなく、天皇というシステムを悪用されかねない危険性を排除すべきだというのが趣旨なのです。

72 ■考えるのは勝手ですが

先帝陛下、今上陛下ならずとも、人のことを悪く書くのはとても良い事とは思いません。

原爆投下に対する御言葉についても、現代の世の中の価値観や戦後以降の「行き過ぎた個人主義」の中で生きて来た私達の考えでは到底理解出来なくて当然でしょう。

しかし、当時は当時。
その時代を生きた人でなければ先帝陛下の御言葉は理解できないでしょう。

例え話として…
昔、切腹は名誉の死であり、斬首は不名誉とされた事はご存知ですよね。

現代の価値観からしたら、どちらも死ぬ事に変わりはない。
自殺か他殺か。で名誉か不名誉なんて現代人にはとても解りかねますでしょう?
特に貴殿のような思想の方なら。


それと同じであり昭和20年を境に日本の価値観は幸か不幸か大きく転換した。
戦前の価値観や文化が否定された世の中で生まれ育った戦争を知らない人が当時の事の何が分かりますか。

全ては何でもありの「戦の中」での事。

もちろん原爆投下なんて二度と起きてはならないし、起こさせてはいけない。
そして当時のアメリカ大統領トルーマンに対して怒りももちろん日本人としてあります。

しかし、実際の戦争では想像もつかない事が起こるのです。
先帝陛下も御心の内では色々と思う事もあったでしょう。

また今上陛下についても悪く書かれているようですが、そもそも貴殿のような方は根から「天皇」を理解されていないのでしょう。

陛下のお勤めや、日本国、国民に対するお気持ちを少しでもご理解されては??


71 ■Re:アハッ

ガヴァーナーダディーさんへ

『人格否定ばっかりの意見』では決してないことは、記事の後半(太字部分)を読んでいただければ分かります。

70 ■アハッ

少数意見を否定し叩き潰すのは日本人らしいとは思うけど意見や考えは個人の自由だから他の人がとやかく言うことではない。
この人の考えには賛同できないけど反論ではなくただの人格否定ばっかりの意見ばかりで残念です。
右寄りの人”も”やはり感情論ばかりでどこかお隣の国の人を連想しますね。

69 ■天皇は本当に必要?

天皇は国民の命なんて雑草や石ころ位にしか考えてないんだろうな
最低

私は天皇制度廃止を求める

68 ■Re:無題

名前さんへ

そのような説教じみた言葉は正直言って聞き飽きました。
このブログを始めた頃には、戦前なら「不敬罪」で酷い目に遭わされたであろう内容に対して、それこそ非難ごうごうでしたが、やがて収まり、今ではいたって平静です。
このように戦前なら考えられなかった言辞でも自由に発信できる下地がネット上ではできつつあるのではないかとも思います。

しかし現実社会ではむしろ「戦前回帰」の目指す勢力が力を増しつつあることに危機感を感じます。そうした動きを少しでも押しとどめたいというのがこのブログの目的でもあるのです。

したがって、貴方の言うように「後になって自分の愚かさに気づく」ということはあり得ません。

67 ■無題

しょうもない見出しやめなさいな。
ネット弁慶さん。
後になって自分の愚かさに気づくんですから。

66 ■Re:面白いね

名前入れないと投稿できないのねさんへ

ところがどっこい、そうではない。
書いた内容と同じことを、大勢の前でも話せるし、議論もできる。
ははは

65 ■面白いね

こんな頭の悪い見出しで気を引いている時点で失笑、議論に値しないよね
ネットでは気が強い、論破!と言いたい人間なんだろうけど、実際会って話したら何も言えないタイプの下らない人間だろうね
と内容読んで思ったよ
ははは

64 ■Re:Re:Re:Re:Re:無題

碇さんへ

「そういう特別な存在(天皇)のおかげでヒトラーや、スターリン、金日成みたいな独裁者が生まれず、2677年間国を保ってきたんじゃないですか。」を証明する、実証的研究成果があるのですか?
むしろ、独裁を目指す輩が、天皇から全権委任を取り付けるという形をでっち上げ、目的を果たそうとする危険性の方を警戒すべきだと思いますが。(ヒトラーがよく似た方法を使った)

63 ■どうぞごじゆうに

こんなしょーもない大人にはなりとうないですよー天皇てんのううるさいねんwうち皇居の近く通って学校行ってますねんwあんたみたいのたくさん来てて迷惑やわ、ほんま批判もけなすんもご自由にって感じやけど天皇はんけなすんやったら、わたしらほんま許さへんしーwあ!ウザい笑笑こう言うのも自由やろww

62 ■無題

GHQや共産主義、そして朝鮮系の日本に脅威を感じた勢力の思惑通りの人間ができあがった結果がこれなんだと思われます。正に洗脳教育の申し子たちです。少なくとも気の遠くなるような長い歴史と文化、そして精神性を保ってきた日本という国において、その根幹が天皇陛下を中心としたこの国のありかたであることに対し、まさに滑稽な主張であります。どうぞその考えを抱いたまま寿命を迎えてください。

61 ■Re:Re:Re:Re:無題

>平井宏明・日本再生投資㈱代表取締役社長さんへ

まぁ、これ以上私が何を言ってもあなたが保守的な(まともな)考えにはならないと思いますけど...笑

私は天皇陛下が天照大御神の子孫だと信じていますが、別に信じないにしても批判する必要はなくないですか?
天皇というのは絶対的な権力はないですが、権威があるのです。そういう特別な存在のおかげでヒトラーや、スターリン、金日成みたいな独裁者が生まれず、2677年間国を保ってきたんじゃないですか。神話抜きにしても世界一の長さですよ。崇拝、賛美はしてもしなくてもいい、批判だけはしちゃ、、ダメですよ...

60 ■Re:Re:あるとか、無いとか言ってみても…

>平井宏明・日本再生投資㈱代表取締役社長さん
「あった事」をどの様に解釈しても一向に構いませんが、そこにある種のイデオロギーを持ち込む事で、不毛な論争が生まれてしまうのでは?との思いを発したまでです。
 「南京事件」や「通洲事件」など歴史の上で発生した事件を、特定のイデオロギーのフィルターを通して視てしまい、不毛な論争が発生した事実を問題にしたかったのです。
 私も、特定のイデオロギーに偏向している自覚がありますが、歴史を問題にする時はイデオロギーを表立つ事はしたくありません。泥沼に落ち込むからです。

59 ■Re:あるとか、無いとか言ってみても…

あるとか、無いとかさんへ

前天皇裕仁のような重要人物の「あった事」に対して、様々な角度から解釈を加えるのは不毛ではありません。全く逆です。日本将来の幸福と安全のために、徹底的に議論し、教訓を獲得しより良い政策を追求すべきです。

貴方の「天皇陛下のご発言や、御行為についての賛否を、軽々しく扱ってはならないし、皇室に対して草莽の民が口出しすべき問題では無い」という考えには、真っ向から反対します。
あの大きな悲劇を生んだ大東亜戦争(アジア・太平洋戦争)のかなりの部分を知っているはずなのに、その説明責任すら果たそうとしない裕仁を、私は幼い頃から非常に腹立たしく思っていました。
なぜ天皇の発言を取りあげてはいけないのか? そして我々一般国民は「皇室に対して草莽の民」なのでしょうか。なぜそんなに皇室に対してへりくだる必要があるのですか。私は人間として皇室と全く平等だと考えています。
天皇といえど、議論の俎上に乗せるべきです。

天皇が神聖不可侵であるかのごとく、崇敬したり特別扱いすると、再び戦前戦中のように、天皇を利用する「悪賢い」輩によって、一般国民に惨禍が降り注ぐことになります。

58 ■Re:無題

ケイ・ホープさんへ

その問題については、すでにコメントの29番に詳しく述べていますので、そちらをご覧ください。

57 ■無題

マッカーサーの処に自分から面会に行きマッカーサーは、命乞いに来たと思っていたのを私の命で国民全員を救って呉と言ったのを知らないのか?人間のグズに国民を救う事が出来ますか?
此れは、マッカーサーの回顧録にキチンと書かれています。

56 ■あるとか、無いとか言ってみても…

ご意見拝聴いたしました。私自身は皇室の安泰を願う人間ですので、承服しかねる部分がある事を最初に申し上げておきます。
さて、コメタイの「あるとか、無いとか言ってみても…」についてですが、歴史を扱った論争で最も多いのが「あった(ある)、無かった(無い)」に関する不毛な論議では無いでしょうか?お互いが自分の立場に固守すればする程、論争にズレが生じ始め感情的になって行く。出来事の積み重ねが歴史だとすれば、「あったか、無かったか」論争は、出来事に対する解釈の相違では無いでしょうか?そしてそれは、「歴史学」の発展 に寄与することがあっても、「歴史」に対してはなんの価値も生み出すものでは無いと考えます。既に起きてしまった事に対して、「あるとか、無いとか」言ってみても、所詮後知恵の誹りは免れません。
先帝陛下(あえてこの様に表現いたします)の発言や行動について、「あった」事実は間違いないでしょう。しかし「あった事」をどの様に解釈するかは、個人の価値観や思想に左右されることが多く、一種の「イデオロギー戦」の感じを醸し出す事が多々ある事を思い出して欲しいものです。
私個人の思想を披瀝すれば、「天皇陛下のご発言や、御行為についての賛否を、軽々しく扱ってはならないし、皇室に対して草莽の民が口出しすべき問題では無い」と考えています。皇室をタブー視する事には大賛成です。

55 ■Re:Re:Re:無題

碇さんへ

日本に、後に「天皇」と呼ばれるようになる豪族の長が出現し他の多くの豪族を従えたのは、だいたい5世紀頃と考えられています。

しかしこの天皇が、天皇自身の意思で政治力と軍事力(=「権力」)を思いのままにできたのは、せいぜい平安時代の初期までです。
それ以降現在まで「権力」は失ったままで、単にわずかに残った「権威」だけを細々と引き継いでいただけに過ぎません。権力の方は、藤原貴族等を経て武士政権へ、そして明治以降は国民の政治家・軍人に移りました。
特に徳川時代は、皇室を取り締まる法律として「禁中並公家諸法度」が制定されました。皇室は、政治・軍事に口出しするな、和歌を詠んだり読書だけしていろというもので、徹底的に皇室を封じ込める内容でした。徳川政権は、皇室に僅かに残っていた権威的なものを儀礼として利用するだけでした。
そして当時の庶民は天皇の存在すら知らなかったというのが実態です。

さらに明治以降は、倒幕勢力中心の明治政権が、天皇への絶対忠誠を突然国民に強制し、天皇の名のもとに戦争で多くの国民が犠牲を強いられました。
大東亜戦争(アジア太平洋戦争)敗戦以降も、国民の心の奥底、本音の部分は、皇室を敬うなどという意識は皆無に等しい現実が続いています。

54 ■Re:Re:無題

>平井宏明・日本再生投資㈱代表取締役社長さん
え....
神武、綏靖、安寧天皇などの古代天皇は百歩譲って存在の有無が不明確だとしても飛鳥時代の頃になれば「天皇」という言葉も出てくるし、日本の伝統であるのは明らかです。こんなこと小学校の歴史の教科書にだって載ってます。
天皇の歴史は今年で2677年にもおよぶ世界で一番長い王朝で日本の歴史そのものです。
「天皇がいなくなっても、日本が日本らしさを失う心配はない。」というのは極左共産勢力の日本を思う気持ちの無さです。

53 ■Re:無題

碇さんへ

天皇制度は、明治維新後、江戸時代の民衆を国民国家に統合することを目的に、新政府が人工的に作った一種のカルト宗教のようなものです。決して日本古来の伝統ではありません。そこを多くの人たちが誤解しています。
その意味で、天皇制度の歴史はたかだか150年ほどです。 

従って今や立派な国民国家となった日本では、天皇制度の必要性は皆無であり、廃止しても、元来日本の伝統ではないので、日本が日本らしさを失う心配もありません。

「天皇がいなくなったら、日本は日本でなくなる。」というのは、右派保守勢力の誇大妄想でしかありません。

52 ■無題

天皇がいなくなったら、日本は日本でなくなりますよ。

51 ■天皇にたいする感情論はやめよう

私の発言はスルーとは・・
ですが、天皇に対する批判は自由にする。
これをタブーにしたことが悪んです。
最低限国家はそれに有形力を行使すべきではありません。
もっとも、個人が自分の責任でやるのはいいと思いますが。
天皇批判が生理的にいやうんぬんいうのでしうたら、
じゃや日の丸や尊王宣伝もいやという人いると思います。
天皇批判だけを糾弾することは結果として、尊皇派の主張を制約することにもつながりかねません。
天皇たりともタブー視せず、戦争責任やその皇統について自由に発言できることは守らねばいけません。
例えば天皇をポルノ化したりすることはともかく、
天皇の皇統や統治、戦争責任を検証することは自由です。
一部の暴力(天皇をなんらかの形で利用したい向き)によって妨害されることは許されてはいけません。

50 ■Re:無題

大東京音頭さんへ

マッカーサーとの会見で裕仁氏が発したという「私の命はどうなってもいいので、国民の助けてください・・・・・・」という逸話は、後日に作られたよくありがちな捏造美談です。まあ仮に事実だったとしても、裕仁氏は「一人の人間」としても見事なぐらい無責任でお粗末な男です。
戦時中、形式的要素が強かったとはいえ日本陸海軍の最高指揮権者(統帥権者)であったわけですから、少なくとも戦後、説明責任ぐらいは果たすべきでした。ところが、それすら全くすることなく、のうのうと生きながらえ、1989年1月7日87歳で死にました。
その他様々な理由がありますが、それはこれまで私が書いたブログの内容をご覧になれば、おのずとお分かりになると思います。

49 ■無題

あなたが「天皇制」を反対しているお気持ちはわかりましたが、昭和天皇個人は決してあなたが思っているような悪人ではありません。本来ならGHQによって日本の天皇制は廃止されかねなかったのが、象徴として残されたのは昭和天皇のお人柄によるものと思います。昭和天皇がマッカーサー元帥と初めて面会した時にどのような会話があったのかをちゃんと把握しておられたら,昭和天皇に対してそのようなことは言えないのでは…。天皇だからというフィルターを通してではなく、昭和天皇を一人の人間としてご覧になって下さい!!

48 ■Re:無題

ゆ さんへ

このような公人たる天皇に関する批判的論評は、「わざわざ公の媒体」で行なうからこそ意味があるのです。私は天皇に関してこの程度の表現が「過激且つ大胆」だとは全く思っていません。まして「傷付く人」がいるなどとは、到底考えられません。なぜこんな評論文で傷付くのでしょうか?
また、これでも十分慎重な表現を選択して書いています。事実この記事では、日常的に使われる言葉や言い回ししか用いていません。
なお、「永遠の0」などで有名になった作家百田尚樹氏などは、もっと頻繁に「人間のクズ」などの罵詈雑言を公の場で発しています。

47 ■無題

あなたが、天皇制を批判するのは、自由だと思います。しかし、それを、わざわざ公の媒体で、過激且つ大胆に表現する必要は無いと思われます。この様な発言が法律上許されるとは言え、これを見て傷付く人もいるのではないでしょうか。話題云々に関わらず、批判的内容を含む場合には、より慎重な表現を選ぶべきだと考えます。

46 ■天皇は神だから人間ではない。

オバマが原爆投下映像を見て点をたたいていた姿がまるでゴリラがシンバルをたたいているおもちゃのように感じたのが印象に残っています。しかも、似非核廃絶のアリバイ作りに広島訪問を悪用したりと、よくもここまでサルじゃなかったゴリラの知恵が働くかとむしろ感心してしまいました。
支配者と為政者とか権力者は所詮そんなものでしょう。ヒロヒトも別に特別な存在ではありません。ただの人ですから、そういう風に考えると広島原爆やむを得ない発言も怒りを覚えたり驚くようなことではないとおもいます。
天皇のマッカーサーの命乞いの美談にしてもそう。あれは、天皇免責を知っての上でのパフォーマンスだったわけですから、騙されてはいけせませんね。権力者は国民をだまして好き勝手なことをやるのが常なんです。天皇はその象徴的存在ですよ。

45 ■Re:うふ...w

リュウグウノツカイさんへ

日本人だからこそ日本が好きで、日本が好きなので日本の文化が好きで、日本の文化が好きだからこそそれを守るため、このような考えに至ったのです私は。
貴方は、色々と騙されていますよ。もっと自分で天皇制度の負の側面も深く調べて発言しましょう。

44 ■うふ...w

日本人なら日本が好きで、日本が好きなら日本の文化が好きで、文化が好きならそんな偏った考えにはならないと思います。色々と騙されていますよ。もっと自分で深く調べて発言しましょう(笑

43 ■ヤマザキ天皇を撃て

保守を自称する連中は天皇を自分たちだけで勝手に利用するだけ。利用価値があるこそ尊い、いや尊くなければならないんでしょう。男系男子後続の枯渇と女系天皇実現で、近い将来天皇制は元華族とかそういうのと同レベルの家柄におちぶれる消えてなくなるでしょう。
明治以降の天皇はどこの馬の骨かわからないなんて話もありますが、そもそも天皇が自体二千何百年続いているなんてこと自体嘘だろうし、皇統だって怪しいんじゃないでしょうか?
天皇は朝鮮大陸の出だから連れて帰ってあげますなんて言うシンスゴウなんていうのもいますが、だったら、「日本は韓国にこんなひどいことをした」なんてほざくな。お前たちの同胞の馬鹿天ころの仕業だろうってね。自業自得だろう。祖国に連れて帰ったらどうするつもりでしょうか?

42 ■Re:無題

はやしさんへ

そうです。

41 ■無題

平井さんは天皇制を廃止すべきとおかんがえなのですか?

40 ■無題

天皇を利用しているのはもしかしてあなたではありませんか?

39 ■Re:無題

なみのりさんへ

いまだにそんな与太話にダマされているのかね。右派論客が垂れ流したデタラメだ。
それはもう大昔に虚偽だと決着がついている。彼の証言は宣誓してしたわけでもなく、訪れた日本からの来客のご機嫌の良いように言われるままに話をしただけだ。全く信憑性は否定されている。だいたい通訳が本当のことを語るわけがない。
無知とは恐ろしいものだ。

38 ■無題

当時のマッカーサーの通訳(ハワーズ少佐)の証言もありますよ。ご覧になってみてください。
しかし、無知とは恐ろしいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=inE1DSH0jrk&sns=em

37 ■無題

なんというか無知って怖いですね
まともな教育を受けていればこういう考え方には至らないでしょうに…
両親が半島の方とかなのでしょうね
はやく祖国に帰国されればいいのに

36 ■無題

天皇を批判するならもう少し勉強した方がよろしいのでは。彼らの財産の増やし方や立ち回りかたを見ても「無能なぼんくら」にはどう考えても見えない。むしろ 希代
の戦略家として見るべきだと思うが

35 ■天皇制について

日本は天皇制を続ける限り、成熟した社会にはなりません。皇室一族を「様」付で呼ぶマスメディアがいる限り、ダメだと思います。
今回の「天皇の退位報道」も酷かった。

34 ■無題

うちも正論やと思います
世界大戦中原爆が落とされたのも仕方のない事と言い切ってしまうところが色んな意味で凄いと思いますね

人の命をなんだと思ってるんだ!?と!Σ( ̄□ ̄;)

そんな人がのうのうと生きているのはおかしいと思いますね
いくら天皇という立場で言えども人としてどうなのって思いますね

天皇一族は第二次世界大戦での事を忘れてはならないし、ちゃんと償って行くべきです

何が天皇陛下万歳だ( `ー´)
赤の他人の為に命を捨てる国民が居たことをお忘れなく

天皇陛下を慕ってる人達は天皇陛下の為に命を捧げる人は果たして何人居ることでしょうね?

33 ■無題

これが真実なのではないでしょうか

「爆撃にたふれゆく民の上をおもひいくさとめけり身はいかならむとも」
当時、昭和天皇がよまれた歌です。

戦後、日本にはGHQのマッカーサーがやってきました。マッカーサーは、当初、天皇は戦争犯罪者として起訴されないよう自分の保守を始めるのではないか?と不安だったといいます。しかし、昭和天皇に会ったマッカーサーは逆に心を動かされることになります。

9月27日。ただひとりの通訳を連れ、マッカーサーの元を訪ねられた昭和天皇。マッカーサーは、パイプを加えたままソファーから立ち上がろうともしなかったといいます。「どうせ命乞いに来たのだろう。」と思っていたのでしょう。

しかし、昭和天皇は、マッカーサーと挨拶を終えるとこう伝えました。

「私は、戦争の全責任を負う者として、あなたの国の裁決にすべてをゆだねます。(つまり、極刑を言い渡されても受けるということです。)ただ、国民は住む家もなく、着る物も不自由し、食べるのもままならぬ状態です。どうか、この国民の衣食住のみはご高配賜れますように・・・」

この死を伴うほどの責任を引き受け、国民を思いやる態度にマッカーサーは骨の髄まで揺り動かされたと後に語っています。

敗戦後は、日本各地を巡幸され復興に励む人々と親しく言葉を交わされた昭和天皇。

普通、世界の国では、戦争に負けてしまえば敗戦国の王は、殺されるか、国外追放されるのが一般的です。それなのに日本の天皇は、戦後たいしたお供も付けずに無防備なまま各地を巡幸している。これは、他の国から見るとかなり驚きであったようです。

32 ■Re:Re:Re:平井さんへ

しかおさんさんへ

もう撤退するのでか。情けないですね。
なお、私は「反日左翼」なんかでは断じてありません。

31 ■Re:Re:平井さんへ

>平井宏明・日本再生投資㈱代表取締役社長さん

あなたは、そう思うのですね。わかりました。

やはり反日左翼に議論などまだまだ早かったようですね。疲れました。

30 ■Re:平井さんへ

しかおさんさんへ

(続き)
裕仁が、原爆投下の決定済スケジュールを理解したうえで「やむを得なかった」と発言したとは到底思えません。そんな思慮深さは裕仁にはありません。
裕仁の世間知らずや社会性の無さ、鈍感さが原因であることは間違いありません。

先の大戦で、彼の真意とは無関係に「天皇裕仁」の名のもとに多くの人が苦しめられたことは事実です。 旧憲法では天皇は日本陸海軍の統帥権者であったため、無謀な侵攻作戦も玉砕も特攻も全て「天皇裕仁」の名において命令されたことになり、誰も逆らえなかった。

裕仁は、先の大戦で国民が命までささげた相手としては、あまりにお粗末で優柔不断な人間でした。戦後の言動もまるで無責任そのもの。最低限の説明責任さえ果たさず死にました。戦没者はあの世でこの裕仁の実態を知り、さぞ恨んでいることでしょう。

実際私も、天皇なるものが尊敬に値すると感じたことは、生まれてから一度もありません。
もし私が大災害で被災して、天皇明仁から慰めの言葉をかけられても、被災地訪問にかかる費用を被災者援助に振り向けてくれと反駁するでしょう。
なにゆえ天皇が畏れ多く尊い存在なのか、大げさな敬語をつけるのか、私には全く理解できません。

天皇を神聖視するようなったのは、たかが明治になってからです。政府・軍部が国民国家としての統治を進めるため、天皇を神聖不可侵と憲法で定め、国民に神聖視を強要したのです。
こうして、明治以降敗戦までの天皇を中心とする(利用する)国家統治体制が、戦争で莫大な犠牲を生じさせ、日本を存亡の崖っぷちまで追いやったのです。

実は、この日本に天皇を、建前や世間体は別として、「心底本音で」尊い存在だと敬っている国民などほとんどいないと思います。 貴方も心の奥底の深層に尋ねてみれば分かります。きっと天皇なんかドーデモイイと感じている自分に気付くはずです。

天皇の本質は、千数百年前の一時期に数ある豪族同士の武力抗争の末、西日本を支配した豪族の親玉の子孫「かもしれない」だけのこと。それ自体に本質的価値は無い。そんなものを敬う理由をどうしても見つけられません。

29 ■Re:平井さんへ

しかおさんさんへ

一昨年9月に出された「昭和天皇実録」をあたってみましたが、「昭和天皇実録」は、裕仁マッカーサー会見で交わされた会話については、唯一マッカーサー回想録にそれらしき記載があるものの、外務省と宮内庁が2002年に公開した日本側の公式記録には一切そのような発言は無い旨を記しています。

しかるにマッカーサー回想録の信憑性によることになるわけですが、実はマッカーサー回想録ほどあてにならないものはない、がもっぱらの評価です。なぜなら、マッカーサーは非常に自己顕示欲の強い人物で、自慢話で埋め尽くされており全く信用されていないそうです。
1945年9月27日の会見も、裕仁がそう言ってきたので、自分の寛大な心で赦してやったという自慢話を作り上げ、1955頃にそのような与太話を周囲に語り、その9年後に発行された回想録にもその話を載せたのです。どうもこれが真相のようです。藤田尚徳侍従長の回想録もそのマッカーサーの1955年頃の与太話を援用したものでしょう。

ともかく日本側の政府公式記録には、裕仁マッカーサー会見の会話内容にまで触れたものが一切なく、「昭和天皇実録」においても、マッカーサー回想録にそのような記載があるものの、日本の公式記録には無い旨の両論併記の形になっています。
したがって、この信憑性の低い美談は、おそらく日本の右派天皇礼賛的論客によって、まことしやかに広められたものでしょう。
裕仁自身も「あの時の話の内容はマッカーサーと私だけの永遠の秘密にしようと二人で決めた。男の約束だ」と語り、生涯喋らないまま1989年1月7日死亡しました。

ゆえに、マッカーサーとの会見時の美談は、私も全く信用していません。
また藤田尚徳侍従長の回想録にも、私の読んだ限りでは、裕仁マッカーサー会見の会話内容にまで触れた部分は、私は見つけることができませんでした。(そもそも藤田尚徳侍従長は会見に同席していない)

なお、竹田恒泰著の「日本人はいつ日本が好きになったのか」には藤田尚徳侍従長の回想録にその旨の記載があったかのように書かれていますが、この竹田恒泰なる人物自体、皇族近親者であることを笠に着て、天皇礼賛思想をあちこちで撒き散らす胡散臭い人物で、彼の書いたものは一切信用に値しません。(続く)

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。