ヒッキー☆ドルファーの            Music is Good Medicine !

シャンソン、オペラ、カンツォーネ、歌曲、ジャズなどを
聴き、歌い、ピアノを弾く。映画や舞台,ライブに足を運ぶ。
Jazzyに生きたい!
歌うように、この一回きりの人生という舞台を☆彡

ライブ出演のご案内


次回の出演は・・・・・♪


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


次回のライブ出演☆



Coming Soon








--------------------------------------------



☆音源のアップをスタートいたしました☆



ヒッキーの音源☆



--------------------------------


   シャンソンの楽譜製作・販売



私自身も、自分専用の楽譜を

    作っていただいており

    ピアニストでもあります


藤本正孝先生の公式HPです。


 

  「シャンソン・あかいくつ」

     http://akaikutu.com/index.html

--------------------------------












NEW !
テーマ:

冬休み中に、いったい自分のシャンソンの

 

レパートリーが何曲あるのかと数えてみました。

 

わたしの楽譜はすべてキーを自分にあわせて

 

オーダなのです。

 

せいぜい、50~60曲くらいあるのかと

 

楽譜を数えてみましたら、なんと120曲ありました。

 

自分でも驚きましたが、これを多いとみるか

 

少ないとみるか。

 

一応、ほぼ全曲歌詞を暗譜しております。

 

それとは他にカンツオーネ、オペラアリア

 

日本歌曲などは、上記には含めておりませんので

 

歌曲のレパートリーとしては、もう少しあると

 

思います。

 

しかし、有名な曲、お客様からよくリクエスト

 

頂く曲などはライブでも頻繁に歌っておりますが

 

その中でもしばらく歌っていない曲なども

 

ありますので、意識的に今年はライブの選曲にも

 

取り入れていきたいと考えました。

 

 

さ、今年の演奏会初め。

 

明日の会員限定の新年会での演奏から

 

スタートいたします!

 

 

いつも楽譜制作を行ってくださっております

 

シャンソン赤い靴首謀者、藤本正孝先生の

 

ホームページ掲載の楽譜例です。

 

シャンソン赤い靴HP

 

http://akaikutu.com/index.html

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ジャズ界の巨匠、マイルス・デービスの自伝映画であります。

都内でしか、上映されておりませんでしたが、近隣の映画館

でも配給になり、さっそくみてきました。


こういった自伝映画でまず感じることは、主演の方が

本当にご本人そっくりに見えることです。


とにかく、マイルスが「音」にこだわりぬいたこと・・・

わたしたちジャズファンにとって名盤と言われ、全世界の

いったい何千万人の方が持っているアルバムを、過去の遺物と

いい、いつも新しいものを追求していた姿。



映画館内には、昔みていた、ジャズ喫茶によくいた

頑固おやじ?、若者は多分ジャズミュージシャン・・・

知り合いもひょっとしているかな・・・・と周囲を

見まわしましたが、この回にはおりませんでしたが

やはり同じ気持ち?で、周囲をみている同じ輩も

おりましたっけ。


昭和の時代に国内でも大きな野外でのジャズライブが

いくつか行われていた。

その一つでマイルスの来日がありました。

近くでみられる場所まで移動し、数メートル先で

ご本人はみましたが、とてつもないオーラが

あったのを、今でも覚えております。


この作品、やはりジャズファンには必見かと・・・。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の最初のミュージカルは

 

現在日生劇場で行われております

 

「フランケンシュタイン」をみてまいりました。

 

セットも、衣装もやはりとっても豪華でした。

 

ただ、今回が初演?ということで、従来のミュージカルに

 

比べて、聞きなじみの曲がないと感じてしまいましたが

 

仕方がないことなのでしょう。

 

 

 

 

 

ここからは内容に少し触れますので、これから

観劇ご予定の方は、ご了承いただきました方

のみお進みください。

 

 

 

 

登場人物が、別日のWキャストとは別に

 

同じステージ上で、また違う役を演じられているという

 

設定がすごいと思いました。

 

一部、休憩、二部の構成。

 

 

前半のストーリーは、集団での息のあった

 

ダンスシーン、また友情シーンもあり心

 

あたたまりましたが、後半は、演出的に

 

そう写したいことと思ったのでしょうが

 

すこし残虐なシーンが強いように感じて

 

しまいました。

 

日常でも暗いニュースや、目を伏せたくなるような

 

事件が多い中、わたしにはちょっと・・・と思って

 

しまいました。

 

(あくまでも一個人の感想です)

 

 

 

また、別件で気になったことがあったのですが・・・・

 

ロビーにて、劇場入り口の一番目立つところに

 

「報道関係者受付」、「関係者各位」の受付が設定されて

 

おりましたが、招待客よりも、自腹で数万円のチケットを

 

購入してやってくる一般のお客様が一番で、そういった方の

 

受付は、その次に設定してあるのがと、私は思うのですが

 

なにか私の言っていることは、おかしいでしょうか。

 

もちろん主催者側にいろいろなご事情があることは理解

 

できますが。。。

 

年間に何十回も、オペラ、ミュージカル、映画作品

 

ライブ、コンサートetc.で、劇場やライブハウス

 

映画館などに伺っておりますと、最近はそんな

 

ことまで、気になってしまう私でした(笑)。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。