昼間のブログでも書きましたが、今日の日中は真夏日。そして、引きこもりがちだった反動もあり、水曜日の夕方からのレギュラーお供 Anego に早速連絡し、確約を取り付け、夕飯を共にすることに。半袖ポロにショーツ、そしてサンダルというまさに夏の出で立ちで出掛けました。

 

今日はお気に入りのスペインタパスバーへ。店に着くなり、マスターから「こないだの日曜に日本人客が来た時に、そういえば最近僕が姿を現さなぁと思ってたんだけど、そしたら今日顔を出したから嬉しいよ!」とすんごく喜んでくれたのですが、それはこちらとしても嬉しかったですよ。で、今日もハズレなし&新作のヒメジのフライのオリーヴオイル漬けもこれまた美味くて大満足。たっぷり食べた後で、教会脇のカフェへ移動。去年はデッキチェアが出てて、それを目当てに向かったのですが、残念ながら今年は無くなっていました。それとも、これから出現するのか?

 

久方ぶりの顔合わせだったのでいろんな話題が出たのですが、最後は(日本国)憲法改正問題まで及んで。まぁ、ちょうどカフェを後にして歩き出してから停留所でバスを待っている15分ほどの間だったのですが…。

 

Anegoを見送った後で僕も帰ろうと教会横まで来て見ると、おじさんのブロンズ像の前に大きな板が像を覆い隠すように立っていて、お目見えしてまだ2年も経っていないのにもう修復なのか?と。が、正面に回って見たら、この板がカンバスに見立ててそこには現代アートが!このおじさん、実は有名なフランドル画家、ブリューゲルのブロンズ像なのですが、画家本人の絵の模写を置かないあたりがまたいいじゃないですか。

 

 

そして、このカンバスの色と今宵の空の色がまたシンクロしているんですよね。

 

何故か猿が画家の肩に乗っています。

 

 

トラム通りまで出て来たので、ここから乗って帰ろうと思ったのですが、この濃い紺青色の夜空を見ていたくて、しばらく歩くことに。

 

 

反対側はプチサブロン広場という名の小さな公園。また違ったブルーが広がっています。

 

 

教会全体が濃紺の空に映えますでしょ?

 

 

王立美術館を通り過ぎたところでも、若干怪しげな雰囲気もある空が覗いているので、誘われるがまま進んでいき、

 

 

そこから折れて芸術の丘に抜けると、この妖艶な空を突き刺すように市庁舎の白い巨塔が立っています。

 

 

それにしても、この手前の群衆は何?音楽も掛かっていてナイトフィーバーの様相でしたが…。

 

あっ、思い出しました!夏になると水曜日を中心に市内各地で Soirée Afterwork と(Apéro Afterwork とも)呼ばれる仕事終わりから夜が更けた後まで、夜空の下で飲み明かそうというソワレ(夜会)が開かれるのでした。

 

 

夏によく見られるこのゴッホブルーとも広重ブルーとも言える空の色が僕好きなんですよねぇ。

 

かくして、歩くには適さないサンダルを履きながらも、結局寄り道しながら40分以上掛けて全行程徒歩で帰宅したのでありました。

 

↓2つのランキングに参加中!どちらにもクリック&応援お願いしま〜す!
 

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ 
にほんブログ村 ベルギー情報ランキング 
同性愛(ノンアダルト)ランキング

 

 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
ベルギー(海外生活)ランキング

にほんブログ村 ゲイブログランキング

AD