今日は一日小雨の降り続いたブリュッセル。アールヌーヴォー&アールデコツアー3日目です。ヴィクトール・オルタの建築3軒(アールヌーヴォーと徐々にアールデコに移行しつつある建物)とアールデコの1軒を見学してきました。

 

先週もお世話になったガイドさんや運営スタッフさんとまた会ったりして、雑談が弾んだりして、特にYvesが…。

 

運営スタッフさんの一人と再会した最後の見学先、オテル・レスペランス Hôtel L'Espérance。ブリュッセルのダウンタウンのショッピングストリート、Rue Neuve から小路に入ったところにある隠れ家的なホテル。

その昔は、hôtel de rendez-vous とか hôtel de passe という、日本で言えばラブホテル的な存在で有名だったというこちら。見学させてもらった、当時の内装がかなり残っているアールデコの一室(3号室)を含め、現在はツーリスト向けホテルとなっています。

 

ツアー最後の訪問先でしたので、本日のプログラム終了後に1階のタヴェルヌ Taverne(フランス語で「居酒屋」の意味)のビールで乾杯!

 

こちらの空間もアールデコのレトロな雰囲気たっぷり。広くないのがかえって落ち着きます。

 

 

シーリングライト以外は、この建物をデザインした建築家レオン・ゴヴェール Léon Govaerts が設計したほぼ当時のままです。

 

 

1930年当時、入口のほうから見た写真

 

 

ブリュッセル市内には、他にもアールヌーヴォーやアールデコのカフェやレストランがありますが、やむなく閉店に追い込まれているところもあります。同じレオン・ゴヴェールによるアールデコのカフェは既に取り壊されて無くなっていたりしますので、こちらは貴重な歴史を伝える生き証人として生き残っていって欲しいですね。

 

 

Hôtel L'Espérance

1-3, Rue du Finistère 1000 Bruxelles BELGIUM

http://www.hotel-esperance.be/index.php


 

 ↓2つのランキングに参加中!どちらにもクリック&応援お願いしま〜す!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ 
人気ブログ同性愛(ノンアダルト)ランキングへ
にほんブログ村 ベルギー情報ランキングへ

 にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 ゲイランキングへ
ベルギー(海外生活・情報)ランキングへ

AD

コメント(2)