ミカド珈琲

テーマ:
何といっても、旧軽井沢にあるお店のモカソフトが有名で、ずっと、軽井沢のお店だと思っていました。日本橋を歩いていて、お店を見つけて、"日本橋にも出店しているのか..."と思ったのですが、どうやら、日本橋にあるこちらが創業の地だそうで、日本橋本店(他の店舗はミカド珈琲紹介の運営ですが、日本橋本店の運営は関連会社の有限会社ミカド珈琲店)となっているようです。

で、有名なモカソフトにしようかとも思ったのですが、今回は、"旧軽ロール"をコーヒーとのセットでいただきました。

最近、ロールケーキは、色々なところで様々なタイプのものが作られていて、結構、世の中、美味しいロールケーキで溢れていて、そんな中で、特別官は薄まっていますが、程よくコーヒーが香り、コーヒークリームは滑らかで、生地はしっとりフワフワで美味しかったです。軽井沢辺りでお赤飯に使われる花豆が1個、添えられています。花豆は甘く煮てあるのですが、控えめな甘さで、ロールケーキの合間にちょうど良い感じ。セットで800円ですから、立地を考えればコストパフォーマンス的にも悪くないと思います。

店内は、少々狭く、詰め込まれた感もありますが、思いの外、落ち着ける感じ。接客も丁寧で好感が持てます。肩ひじ張らず、気軽に利用できるちょっとゆっくりできる場所といったところ。1Fはスタンドになっていて、メニューは限られますが、ちょこっと一服できる場所になっています。勿論、名物モカソフトもいただけます。

別の日に、かの有名なモカソフトをいただきました。コーンとカップの2種類があるのですが、カップだとシロップ漬けのプラムがつくので、カップにしました。ほろ苦くふんわりとしたソフトクリームとプラムの相性が良かったです。こちらも、最近は、美味しいソフトクリームが普通にあちこちで食べられるので、時代とともに特別感は薄れてしまっていますが、それでも、やはり、老舗としての存在感を味わわせてくれます。

旧軽ロールにしても、モカソフトにしても、何度か食べても飽きの来ない味わいです。奇を衒わず真っ当に作られた感じが良いのかもしれません。コストパフォーマンの点を含め、上質の日常のオヤツといったところでしょうか。


公式サイト
http://mikado-coffee.com/


↓よろしければ、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ
AD

Tiny Toria Tearoom

テーマ:
人形町近辺を散歩した際に、イイ感じのカフェを見つけました。

ちょっと入りにくい感じもして、どうしようか迷ったのですが、道から見えるように張り出されたメニューが魅力的で、思い切って扉を開けると、とても居心地の良さそうな空間がありました。

センスの良い落ち着いた雰囲気。白い壁。天井からは可愛らしい小振りのシャンデリア。椅子やテーブルは木製。カウンター席4席とテーブル席が8席というこじんまりとしたお店。

本当はスコーンを食べたかったのですが、売り切れとのことで、イチゴのクランブルケーキと紅茶のセットにしました。

イチゴのクランブルケーキは、素朴な外見で、あまり水気のないパサッとした食感を想像したのですが、意外にも、フワッとした柔らかな優しい感触。甘さも程よく、上に乗せられたクランブルはサクッとしてほんのりとスパイスが効いていて、中に入っている苺のフレッシュな味わいを引き立てていて美味しかったです。

紅茶もティーバッグだったのですが、とても美味しく淹れられていました。焼き菓子に合う紅茶として勧められたのですが、ケーキとの相性の良さも美味しく感じた要因の一つかもしれません。ポットで、ミルクも一緒に提供されるので、最初はストレートで、少し濃くなったらミルクを入れて、3杯か4杯位、美味しく頂けました。リーフティーだとセットにはならないようですが、次回は、折角の紅茶のお店なので、リーフティーをいただこうと思います。

30分ほど、お店にいたのですが、入店時に1人先客があり、その方が店を出てからは1人だけでした。平日の午後2時過ぎという時間帯だったからかもしれませんが、のんびりとゆったりした時間を過ごすことができました。

何の予備知識もなく、前を通りかかって偶然知ったお店なのですが、入ってみて良かったです。近いうちに、再訪したいです。今度は、是非、スコーンを。ランチには、食事もできるようなので、お昼時にも訪ねてみたいです。

*この3日後に再訪。スコーンをいただきました。スコーンはプレーンと全粒粉製のレーズン入りのものがあり、プレーンのスコーンのセットに全粒粉のスコーンを1個追加し、2種類のスコーンを1個ずついただきました。程よい酸味のあるマーマレードとしっかりとミルクを感じさせながらしつこくないクロテッドクリームが添えられています。外側がサクッ、内側がフワッ。大き目のスコーンでしたが、あっという間に食べ終えてしまいました。もう1個、追加していただこうかとも思いましたが、折角ダイエットしたのにリバウンドは避けたいと思い我慢。お楽しみは次回にとっておこうと思います。k


公式サイト
http://www.tinytoria.com/


↓よろしければ、ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ
AD

togo カフェ

テーマ:
原宿の東郷神社にある東郷記念館の1階にあります。以前、東郷神社を訪れた時、案内板が出されているのに気づき、カフェがあることを知りました。そこに書かれたメニューに心惹かれるものがあったのですが、時間的な余裕もなく断念。今回、チャンスがあり、カフェに入って見ました。

正直、ちょっと入りにくい感じはしました。広い出入り口を入るとすぐ右側に受付のようなコーナーがあり、担当の方が立っていて迎えてくれます。温かく迎えてもらえるので、全然問題ないのですが、ドアを開ける時にちょっと思い切りがいる感じではあります。気軽にフラッという感じには入りにくいというか...。

中に入ると、結構、広いスペースがあり、奥の方の一角にカフェがありました。トイレの並びには更衣室もあります。披露宴の出席者の着替えのためのものなのでしょう。

カフェは去年7月にできたようです。まだ、あまり知られていないのでしょうか。閑散としていました。

竹下通りも近く、特に西側の参道入り口近くには有名クレープ店もありとても賑わっているのですが、東郷神社の境内に入ると静かな空間が広がるのですが、それでも、神社にはほぼ途切れることなく参拝の人が訪れていますし、カフェから眺められるお庭にもチラホラ花を見に来た風な人の姿もありましたが、カフェには、他に1組だけ。後は、結婚式・披露宴の予約らしき人がいただけ。いつもこうなのかどうかは分かりませんが、この辺りで、これだけ静かで落ち着ける空間というのは貴重だと思います。

今回、いただいたのは、パンケーキと紅茶(セイロン)。

パンケーキは、直径6cm位でですしょうか、かなり小振りなものが4個。小麦粉のものと米粉のものが2個ずつとのこと。そこに、イチゴジャム、生クリーム、ブルーベリーやイチゴの果実、バニラアイスクリーム、さらに、ここでとれたという"東郷はち蜜"が添えられていました。イマドキのフワッフワでとろけそうな食感のものではなく、ちょっと粉の雰囲気を味わえる昔ながらの美味しさ。紅茶も、余計な渋みなく、美味しく入れられていました。

庭を眺められる席に案内していていただいて、そろそろ散り始めた満開の桜が咲く庭を堪能することができました。

さすがに披露宴が行われる場所だけあって、丁寧でありながら煩すぎず接客も落ち着いた雰囲気で良かったです。

なかなかの穴場だと思います。原宿を訪ねる機会はあまりないのですが、また利用して見たいと思います。水曜日のカレーランチが評判だそうですし、クリスマスの時期のシュトーレンも人気のようです。神社の関連施設でクリスマス関連商品を売り出すというのは、神道の懐の広さでしょうか。(明治神宮に向かう表参道もクリスマスのイルミネーションしますし...。)まぁ、八百万の神様の世界、800万人が8000001人になってもどうってことないのでしょう。そんなところが好きだったりします。


東郷記念館公式サイト
http://www.togo.co.jp/

TOGOカフェオープンの告知
http://www.togo.co.jp/news/1822.html


↓よろしければ、ポチッとお願いします。
人気ブログランキング
AD

CACAO STORE

テーマ:
昨年9月15日に開店したまだ新しいお店です。

シックな黒を基調としたデザインの店頭で、高級ブティックと言った雰囲気なのですが、店名を見て、チョコレートを売っていることが分かるといった感じです。"ビーントゥバーチョコレート"(カカオ豆の状態から板チョコレートにするまで全ての工程を一社で一貫して作られたチョコレート)を扱うお店です。

奥にカフェスペースがあり、チョコレートを使った飲み物食べ物が中心に用意されていて、ちょっと一服することができます。アルコール入りのメニューも提供されていて、カウンターには各種のお酒の瓶も置かれています。

カフェスペースの壁は、この場所が、以前、製麺工場だった時のものをそのまま使っているという趣のある壁。カウンター5席、奥に2人掛けテーブル席と4人掛けテーブル席各1、カウンター横にテーブル席数人分。あまり広くはないのですが、茶と黒のインテリアで、落ち着ける空間となっています。

今回は、ショコラショーのビターを注文。カップに入ったショコラショーに一口大のチョコレートが添えらえて702円。

あまりしつこくない飲みやすい濃さで、すっきりした味わいでした。ビターということだったのですが、あまり苦みは強くなく、ほどよい感じ。それでいて、チョコレートの香りが感じられます。

2016010316420000.jpg

お値段は、お店で販売されているチョコレートを含め、全体に高めでしょうか。レジ横にも、カカオ配分が様々なチョコレートが売られていましたが、3、4cm四方の小さいタブレットで100円くらいから。

チョコレートの他にパンやケーキ、そしてノートなども販売されています。タブレットチョコレートの包装が可愛かったりするので、プレゼント用にも良いかもしれません。


所在地
東京都渋谷区富ヶ谷1-6-8 (小田急線代々木八幡駅、千代田線代々木公園駅から徒歩1分弱)

テオブロマ公式サイト
http://www.theobroma.co.jp/index.html
テオブロマのオーナー、土屋シェフのお店で、テオブロマの公式サイトにはこのお店のスタッフ募集の記事も掲載されているのですが、何故か、"Shop"のリストには、このお店が掲載されていません。


↓よろしければ、ポチッとお願いします。
人気ブログランキング

LA MAISON LADUREE

テーマ:

マカロンで有名なお店です。そもそも、マカロンを生みだしたのがこのお店だそうです。




新宿のルミネⅡに、お店があり、時々、ケーキやクッキーなどを買っていました。基本的にリッチなしっかりした深みのある味で、全体にかなり美味しいです。かなりのカロリーだろうとも思いますが...。




今回、銀座三越にある"サロン・ド・テ"に行ってきました。食事もできるのですが、やはり、スイーツかなぁと...。ケーキも美味しいのですが、今回の目的は代表作のマカロン。紅茶(セイロン)と一緒にショコラとピスターシュ、2個のマカロンをいただきました。




紅茶は変な苦みを出さず、すっきりとした感じに淹れられていました。ポットで出されるのですが、3杯飲んで、まだ、余裕な雰囲気でしたから、結構、たっぷりだと思います。




マカロンは、外側は柔らかくてサクサク。口の中で自然に崩れていきます。中のクリームはしっとりしてクリーミー。サクッとした感触と、ねっちりしたクリームの舌触りのバランスが良かったです。結構な甘さなので、小さいお菓子ですが、1個でも、ボリュームを感じます。"サロン・ド・テ"でマカロンを食べるとなると、2個か4個のセットになる(好きな味をチョイスできる)のですが、本当は、1個で欲しいところかもしれません。いや、思ったより、サックと食べてしまいましたが、軽くお茶したい気分の時なら、1個でも満足できるボリューム感だと思います。




マカロンそのものが、特別に好きというワケではないので、他のお店のマカロンにあまり詳しくないのですが、美味しかったと思います。甘味は強いですが、後には残らない甘味で、後味は割とすっきりしていますし、紅茶には合うと思います。



食べ終わったお皿は、邪魔にならないよう、すぐに下げてくれるし、"お会計はお席で"だし、店内の雰囲気も、接客も、お菓子も、お茶もラグジュアリーな感じ。もちろん、お値段も。何と言っても、飲み物は1000円オーバーが基本ですから。まぁ、正直、コストパフォーマンスが良いとは言えませんし、"高くて美味しいのは当たり前"とも言えるのでしょうけれど、実際は、結構なお値段を払わされても、"エッ???"って感じのところも意外にあるもの。それを思えば、まぁまぁ、納得できるセンだと思います。




平日の午前中だったので、比較的、混まない時間帯ということもあったのだとは思いますが、空いていました。お店を出る時には12時を過ぎていて、少しずつ混んできてはいましたが、入りは60%弱といったところ。銀座4丁目の交差点辺りを見下ろせる位置にある窓際の席に通してもらいました。銀座を行き交う人々を眺めながら、ゆったりとした時間を味わうことができました。




機会があれば食事もしてみたいです。






公式サイト


http://www.laduree.jp/

コメダ珈琲店

テーマ:

久し振りに映画関係でない記事です。


最近、東京都内にも、ちらほらと出店されているコメダ珈琲店。"名古屋のモーニング"や"小倉トースト"の話は前から聞いていて、ずっと行ってみたいと思っていました。なかなか、私の生活圏で行きやすい場所にはないので、これまで行けずにいたのですが、ついにその機会を得ることができました。


でもって、その場所が石和店。別に、私の生活圏にあるからというワケではなく、GWだし、どこかに行こうと思いながらなかなか計画を立てられず、結局、近場でのんびり温泉でもと言うことになって行った石和温泉の宿のすぐ近くで、偶然発見したのです。


まずは、チェックインする前にここで一服。ワンフロアで、禁煙席と喫煙席に別れていました。喫煙席の入り口には扉があり、喫煙席の煙が禁煙席には届かない工夫がされています。


初めて入ったコメダ珈琲なので、他の店舗の様子は全く知らないのですが、基本は4人用テーブル席。2人用のテーブル席も数カ所。そして、割と細かく区切られている感じで、他のお客さんの様子があまり気にならないような席の配置になっていました。


昼過ぎくらいの時間に行ったのですが、店内の込み具合は、人の入れ替わりがありながらも、常に、若干の空席があるような状態。店に入るのに待つ必要はなく、けれど、店内はなかなかの盛況振り...といったところでしょうか。


名物の"小倉トースト"や、何と言ってもこれぞコメダの"シロノワール"を食べたい気持ちヤマヤマだったのですが、昼ごはんの量が多過ぎて、ちょっと受け付けられない状況。取り敢えず、今回は飲み物だけで、食べ物関係は、明日の再挑戦を心に誓ったのでした。


で、


翌日、宿でのバイキングの朝食は、ごくごく軽めに抑え、コメダ珈琲へ。


結構、広い駐車場は、そこそこ車が停められていました。山梨ナンバーの車がほとんどでしたが、他に近隣都県のナンバーがちらほら。そして、名古屋ナンバーも!店内も昨日同様のほどほどの込み具合。


それぞれ、飲み物を注文し、モーニング(+小倉あん)とシロノワールミニを注文。


↓これぞ、シロノワール(ミニですが...)



デニッシュ生地の甘さもソフトクリームの甘さも割と控えめで程よい感じ、ソフトクリームが溶け合ってしっとりした内側の部分と外側の香ばしさが残る部分とのバランスも程よくて美味しかったです。昔は喫茶店のジュース系飲み物にはつきものだったサクランボのシロップ漬けなど、懐かしい演出も心憎い感じ。シロップで適度に甘さを調節しながら楽しめました。


ただ、量はもう少し少なくても良いかも...。小倉トーストも一口食べたりはしたのですが、ミニでも1人で食べるには多い感じがしました。


そして、もう一つ注文した小倉トースト。アンパンというものがあるのですから、パンに小倉あん自体は何の不思議もないのですし、どらやきにバターを入れるというパターンもときどき見かけるので、小倉あんとトーストのバターも納得できるのですが、やはり、トーストに小倉あんというのは、少々、不思議な感じ。でも、よくよく考えてみれば、十分にあり得ること...といった感じでしょうか。


並んでも食べたいか、わざわざ遠出をしても食べたいか...と言われると、躊躇してしまう感じですが、ちょっと遠回りして並ばずに入れるのなら、再訪してみたい感じはします。他のメニューも試してみたいですし...。


私の生活圏にはない...と思っていたのですが、ちょっと遠回りすれば行ける範囲に2店舗、発見したので、再トライもありかなぁ、というのが、今のキモチです。


公式サイト

http://www.komeda.co.jp/

Segafredo ZANETTI ESPRESSO

テーマ:

カフェというより、コーヒーショップ...というより、お店のコンセプトとしては、"カフェではなく、イタリアのバール"なのですが...。


カフェ・ラテが好きで、「ちょっと一服」のために、いろいろなお店に入るのですが、私のカフェ・ラテのベストが、このお店。私の場合、エスプレッソというより、エスプレッソの味が入った牛乳を飲みたいほうなので、エスプレッソそのものの味というより、問題なのは、牛乳の味。で、イマドキのコーヒーショップの中では、ダントツに牛乳がタップリな感じとしっかりした味わいが嬉しいです。


ケーキや食べ物メニューもそこそこ揃っています。決して、品数が多いわけではありませんが、味はそこそこ以上のレベル。アメリカ系のコーヒーショップに比べ、さすが、イタリアンという感じはします。スイーツも種類は多くないのですが、定番メニューの他、季節により変わるメニューもあり、その時期、その時期で、それなりに楽しめます。


時間帯によって違うセットメニューが、終日、用意されていて、朝は「カプチーノ他+クロワッサン」、昼前後はパニーニやサンドイッチと飲み物、午後はスイーツと飲み物、夕方以降はアルコールとおつまみといった具合。


"バール"というだけあって、アルコールも提供されています。イタリアのビールやワイン。カクテルといったメニューと、おつまみになるような食べ物メニューが、それなりに揃えられています。


本格的なレストランに較べてしまえば物足りない内容と質だとは思いますが、それは、まぁ、当然のこと。ちょっとした時に手軽に気軽に利用でき、時間のあまりない時でもサッと飲み食いできる店で、このレベルであれば十分と言っていいでしょう。


残念ながら、日本国内の店舗は、まだまだ少なく、都内で16店舗、それを含め国内で19店舗しかないので、ごく限られたエリアでしか利用できないのですが、幸い、一番店舗数の多い新宿エリアが近いため、毎日のように利用しています。


もう一つ残念なのは、店舗によっては、禁煙席がごく僅かしかなく、しかも、しっかりと分煙されていなかったりする点。喫煙できる場所が少なくなっている今、愛煙家には嬉しい場所かもしれませんが...。


お値段的には、スターバックス、タリーズといったコーヒーショップよりお高め。一番小さいサイズのカフェ・ラテが350円。ただし、カードを利用することで、割り引きが適用されるシステムが用意されています。そして、このカード、利用回数が多くなると割引率がUPする仕組みになっていて、最高で10%OFF。350円の10%OFFなら、315円となり、そうなれば、まぁ、高くはない値段といったところでしょうか。


渋谷店は、渋谷駅から東急文化村の「ル・シネマ」、「ユーロスペース」、「シネマヴェーラ渋谷」「渋谷シアターSUTAYA」といった映画館に行く途中にありますし、「シネセゾン渋谷」にも近いです。新宿三丁目店は、「K's Cinema」、「新宿武蔵野館」、「バルト9」、「シネマート新宿」、「角川シネマ新宿」といった辺りが徒歩5分圏内。


ということで、新宿、渋谷エリアの映画鑑賞の合間にお試しあれ!



公式HP

http://www.segafredo.jp/

洋菓子舗ウエスト 銀座本店

テーマ:

銀座、数寄屋橋の交差点から少し歩いたところにシンプルな看板が出ています。


数種類のケーキやクッキーが並べられたショーケースの横には目立たない扉があり、そこを開けるとちょっとタイムスリップしたかのような喫茶店。全体に落ち着いた静かな雰囲気。白いカバーのかけられたテーブルと椅子。穏やかに流れるクラシック音楽。


かつて「モダンガール、モダンボーイ」が闊歩した頃の銀座を思わせるような空気がそこにはあります。まだ、洋菓子が日本人の生活に溶け込んでいなかった頃、ここでは時代の最先端の味であったシュークリームやケーキを味わえたのでしょう。


外界よりもゆっくり時間が過ぎていくような空間。不思議な懐かしさを感じながら、ゆったりした時の流れとともにケーキや紅茶を愉しみながら寛ぐ...。


コーヒーや紅茶などのドリンク類も、ケーキ類も、当たり前に「美味しいケーキ」を食べられるようになった今では、格別どうこう言うほどのレベルの味ではないと思います。けれど、どれも安心感のある真っ当な味がします。真面目にきちんと作られているという感じ...。


流行に惑わされず、こうした空間が長く残っていく。それこそが、銀座の魅力を作っているのかもしれないと思えます。


各テーブルには「風の詩」と題されたリーフレットが置かれています。恐らくは、その多くは、このお店の顧客であろうと思われる読者から投稿された文章と各店舗の案内などを掲載したものです。一週間に一回発行されているようですが、すでに、3000号を超えています。


こんなところも、このお店らしい特徴です。


銀座の他にも、青山斎場前、目黒に喫茶店があり、都内のデパート数箇所などに売店が置かれています。


生ケーキは、喫茶店、日本橋三越新館のみで扱っていますが、大きくてカスタードと生クリームが入ったシュークリームが有名。焼き菓子では、リーフパイ、ドライケーキ(ナッツ類が入った大き目のクッキー)が有名。東京の土産物としても誰にでも勧められる逸品です。




公式HP

http://www.ginza-west.co.jp/


HPから通信販売で商品を購入することもできます。

cafe ユイット

テーマ:

新宿駅東口から歩いて6、7分のところ。紀伊國屋書店本店の隣(ウラ?)のアドホックビルの向かい側にあるTOPS HOUSEの最上階、8階にあるカフェです。


エレベーターを降りて右手に入り口があり、そこを入るとギャラリーがあり、個展が開かれていたりします。そして、その奥にカフェ。


結構、混んでいることが多く、これまで、何回かトライしたのですが、いつも、満席ということで退散。挑戦5回目くらいにして初めて席に着くことができました


木製のテーブルに木と籐でできた椅子。机と椅子の配置が、あまり整然とした感じではなく、微妙にバラバラな感じに並べられています。室内には、ピアノが置かれていて、ピアノの上や、ところどころにある棚の上には本が雑然と重ねられています。


席に着いていると「喫茶店にいる」というより、「自分の空間で寛いでいる」という気分になれる演出がされています。大人しめのクラシカルなBGMのボリュームも程よく、席と席との空間も程ほどに空いていて、ゆったりとできます。


今回、注文したのは、HOTアップルパイとロイヤル・ミルクティー。


HOTアップルパイは、暖めたアップルパイにバイラビーンズの香りがしっかりしているバニラアイスとホイップクリームが添えられていました。アップルパイの熱にアイスクリームが程よく溶け、甘さ控えめのホイップクリームとあわせるとバランスのとれた味でした。


ロイヤル・ミルクティーは渋さを出さず、紅茶の香りをしっかり出してコクのある仕上がりになっていました。


他のお店に比べ、特別においしいというほどのレベルでもないと思いますが、味、値段、雰囲気を総合して、なかなかのもの。安心して人に勧められるお店の一つといえるでしょう。


なかなか入れないのは残念ですが、ゆっくりとしていたくなる空気が漂っていますし、あまり席数も多くないので、いつも混んでしまうのもやむを得ないのだとは思います。


これからも、機会があれば、是非、利用したいお店です。


cafe ユイット

新宿区新宿3-20-8 トップスハウス8階

TEL 03-3354-6808


営業時間 13:30~23:30

年中無休


残念ながら、2009年6月28日にトップスハウスのビルが全館閉館されるとともに閉店。このエリアでは数少ない...もしかしたら、唯一と言っても良い、ゆったりと落ち着ける雰囲気のある喫茶店だっただけに残念です。

CICOUTE CAFE

テーマ:

下北沢駅から徒歩5分くらい、エグザスのすぐ近くにあるマフィンとスコーンが評判のカフェです。


評判のマフィン、スコーンは、特別に印象的な味でもありませんが、そこそこ美味しかったです。やや粉っぽい感じもしますが、そこが、イギリスっぽい雰囲気が出ている感じがして、悪くありません。ドリンク類も丁寧に淹れられています。
 
休日はかなり混んでいて、並ぶこともあるようですが、並んでまで食べたくなる味ではないでしょう。
 
平日の空いた時間帯は、ゆったりできて寛げます。白い壁と木製のテーブル、椅子が落ち着いた雰囲気を作り出しています。女性の一人客も多く、静かでゆっくりできる雰囲気になっています。
 
価格設定は、やや高い感じもしますが、静かに落ち着ける時間を過ごせる場所代としては悪くないという印象です。


CICOUTE CAFE[チクテカフェ]

世田谷区代田5-1-20


公式HP

http://hello.to.cicoute